40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

松田聖子と中森明菜の名曲対決!アイドルが好きならこの2人を聴け!

      2018/10/15

音楽を聴く女性

40代以上のアイドルと言えば、可愛くて歌も上手だった、本物のアイドル、松田聖子さんと中森明菜さん。

当時の二人の人気は、AKBや乃木坂よりも、圧倒的にスゴく、今のアイドルとの違いは、歌の上手さでしょう。

実際、この2人は、アイドルであり、アーティストでもあるから、今でも違和感なく、聴けるんですよ。

そこで、松田聖子さんと中森明菜さんが、名曲で対決をした場合、どちらがスゴいかを、勝手に検証しました。

検証は、5つのジャンルに分けて、二人の名曲を対決させますが、選曲は、自分の独断なので、ご勘弁を。

デビュー曲で松田聖子vs中森明菜の名曲対決!

最初に対決するのは、人気のきっかけになったデビュー曲で、ファンじゃなくても、聴いたことがあるはず。

二人の曲は、リアルタイムで聴いてないのに、よく知っているのは、大人気アイドルだった、証拠でしょうね。

勝敗は、サビの部分が大好きななので、中森明菜さんのデビュー曲を、勝ちにさせていただきます。

裸足の季節(松田聖子)

『裸足の季節』は、1980年4月に発売された、松田聖子さんのデビュー曲で、アイドルらしい曲です。

驚くべき点は、デビュー曲でありながら、歌唱力がしっかりあることで、さすが聖子ちゃんと、言えますね。

松田聖子さんは、初期・中期・後期で、作詞家と作曲家が変わるから、違いを楽しむのも、良いでしょう。

スローモーション(中森明菜)

『スローモーション』は、1982年5月に発売された、中森明菜さんのデビュー曲で、意外と知らない人もいるのでは。

中森明菜さんと言えば、大人っぽい曲を、多く歌っているけど、デビュー曲は、アイドルらしい曲でした。

逆に、2枚目からは、全く違うテイストになるので、デビュー曲のイメージが、ないのかもしれません。

キシ
二人のデビューを、リアルタイムで聴いたのは、50代以上の人だけかな。

バラードで松田聖子vs中森明菜の名曲対決!

次の対決は、名曲が多いバラードで、どちらも曲も大好きだから、勝敗を付けるのが、かなり難しいです。

コアなファンは、違うバラードを薦めそうだけど、人気曲の対決なので、以下の2曲がベストでしょう。

勝敗は、若い頃の淡い恋愛を、思い出させてくれる、松田聖子さんの曲を、勝ちにさせていただきます。

SWEET MEMORIES(松田聖子)

『SWEET MEMORIES』は、1983年8月に発売された曲で、CMに使われたから、知っている人も、多いはず。

30年以上も、前の曲だけど、若い頃の甘酸っぱい恋愛を、思い出させるくれるので、本当に良いバラード。

この曲は、カラオケで歌いたい人が、多そうですが、2番が英語だから、そこがネックなんですよね。

難破船(中森明菜)

『難破船』は、1987年9月に発売された曲で、歌手の加藤登紀子さんが、作詞と作曲をしたことでも有名。

心が痛くなる切ない歌詞、中森明菜さんの悲壮感が漂う歌い方、この2つが揃うと、精神的にやられますね。

本当に、切ないバラードなので、『難破船』を聴く際は、体調や精神状態を、十分に考慮してください。

キシ
2曲のバラードを聴くと、この2人がアイドルなのを、忘れてしまいます。

盛り上がる松田聖子vs中森明菜の名曲対決!

3番目の対決は、盛り上がる名曲で、楽曲の問題だから、松田聖子さんよりも、圧倒的に中森明菜さんが有利。

松田聖子さんの場合は、ゆったりした曲が、多いのに対して、中森明菜さんは、激しい曲が多いですから。

勝敗は、中森明菜さんの曲を聴くと、思わず踊り出したくなるので、勝ちにさせていただきます。

天使のウインク(松田聖子)

『天使のウインク』は、1985年1月に発売された曲で、サビの部分で、手をウインクさせる人が、必ずいるはず。

自分も聴いていると、自然と手をウインクさせているので、知らぬ間に盛り上がって、聴いているのかも。

他にも、盛り上がる曲はあるでしょうが、シングル曲で思い出したのは、『天使のウインク』ぐらいでした。

DESIRE(中森明菜)

『DESIRE』は、1986年2月に発売された曲で、中森明菜さんの曲だと、間違いなく、一番に盛り上がります。

『TATOO』や『十戒』で、迷いましたが、サビが盛り上がるので、思わず踊り出す、『DESIRE』にしました。

『DESIRE』を聴きながら、合いの手を入れたり、一緒に踊ってしまう人は、本物の生粋なファンですね。

キシ
盛り上がる曲は、松田聖子さんより、中森明菜さんの方が強いです。

男でも歌える松田聖子vs中森明菜の名曲対決!

4番目の対決は、男でも歌える曲の勝負で、アイドルの曲だけど、自分も何曲か、カラオケで歌っています。

もちろん、歌詞の内容を考量して、選ぶ必要がありますが、ご紹介する2曲なら、男が歌っても全く問題なし。

勝敗は、男が歌っても、大丈夫かがポイントなので、実際に合唱コンクールで歌った、松田聖子さんの勝ち。

瑠璃色の地球(松田聖子)

『瑠璃色の地球』は、1986年6月に発売された曲で、音楽の授業で歌った人も、多いのではないのでしょうか。

歌詞を読んでも、アイドルが歌う曲ではなく、平和や愛をテーマにしているので、男性が歌っても問題なし。

実際に自分も、合唱コンクールで歌っており、男性でも歌いやすいから、カラオケで歌ってください。

飾りじゃないのよ涙は(中森明菜)

『飾りじゃないのよ涙は』は、1984年11月に発売された曲で、作詞と作曲は、井上陽水さんがしました。

井上陽水さんも、2002年にセルフカバーをしており、井上陽水さんバージョンを、聴いたことがあるのでは。

男が歌っても、全く問題ないけど、明菜さんのイメージが強すぎて、男が歌うのは、ハードルが高そうです。

キシ
『瑠璃色の地球』は、男性のアーティスが、実際にカバーしています。

ガチンコで松田聖子vs中森明菜の名曲対決!

最後の対決は、誰もが認める本当の名曲で、勝負をしますが、たくさん名曲があるので、かなり悩みました。

二人の名曲は、素晴らしい曲が多く、勝ち負けなんて、付けることは無理だから、最終対決は引き分け。

本物の名曲は、どんなに時間が過ぎても、色あせないと言うので、ご紹介する2曲は、まさに名曲中の名曲です。

瞳はダイヤモンド(松田聖子)

『瞳はダイヤモンド』は、1983年10月に発売された曲で、ファンではなくても、絶対に聴いているでしょう。

作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂は、当時の最高のコンビだから、名曲になるのも、納得ができますね。

この曲を聴けば、当時の松田聖子さんが、本当にスゴいアイドルなんだと、間違いなく、分かるはずですよ。

セカンド・ラブ(中森明菜)

『セカンド・ラブ』は、1982年11月に発売された曲で、最大の売上枚数を、記録した名曲でもあります。

歌詞は、かなり大人っぽいけど、歌っていた当時の年齢が、17歳だったなんて、ちょっと信じられません。

今も昔も、『セカンド・ラブ』を歌える17歳は、当時の中森明菜さんの他に、いないでしょうね。

キシ
『瞳はダイヤモンド』と『セカンド・ラブ』に、勝敗を付けるのは、無理ですね。

歌の上手いアイドルはこの2人しかいない!

当たり前だけど、松田聖子さんと中森明菜さんの名曲に、勝ち負けなんてつく訳がないから、引き分けは当然の結果。

今のアイドルは、自称で名乗れるから、飽和状態だけど、この2人の時代は、簡単にアイドルなんて、名乗れない時代。

ある意味、厳選されたアイドルの中から、さらに厳選したのが、トップアイドルの2人なので、勝敗は決められません。

これからも、たくさんの自称アイドルが、誕生するでしょうが、この2人を超えるアイドルは、絶対に出ないでしょう。

アイドルが好きな人は、この機会に、松田聖子さんと中森明菜さんの曲を聴き、本物のアイドルを、知ってください。

キシ
この2人の次に、アイドルと名乗れるのは、キョンキョンぐらいでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

音楽と書籍