40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

ネット限定!CDレンタルのおすすめは大手3社だとズバりここだ!

      2017/11/06

CDプレイヤー

40代を過ぎたことから、若い頃に聴いていた曲を再び聴きたくなって、ときどきCDをレンタルするようになりました。

以前だったら、店舗でレンタルする必要があったけど、今はネットで簡単にレンタルできるから、とても便利なので助かります。

でも、問題なのはCDをレンタルする際に、DMM・GEO・TSUTAYAのうち、どこからレンタルするのがお得かと言うこと。

頻繁にレンタルをするなら、月額会員になった方が良いけど、ときどきしかレンタルしないから、それだと単品レンタルしかありません。

そこで今回は、CDをレンタルするなら、どこがおすすめなのかを、いろいろなパターンからご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

対象は旧作のCDアルバムをときどきレンタルする人!

今回ご紹介するDMM・GEO・TSUTAYAの場合は、すべて旧作のCDアルバム、ときどきレンタルをする人、この2つを対象にしています。

若い人なら、新作をレンタルする人が多いだろうけど、自分と同じ40代ぐらいの人だと、旧作の方が多いのではないでしょうか。

参考までに新作と準新作の料金を掲載していますが、9枚以上をレンタルしたい場合は、掲載していないのでご了承ください。

ちなみに、ネットの場合は「TSUTAYA 」ではなく、「TSUTAYA DISCAS」ですが、長くなるので「TSUTAYA」に省略しています。

キシ
自分は、一度も新作をレンタルしたことがありません。最近のアーティストを全く知らないから、当たり前か(笑)。

DMMの場合!

dmm

テレビのCMでも、頻繁に見るようなったDMMは、レンタル事業も展開しており、実際に使っている人も多いのでは。

他の2つの会社と大きく違うのは、DMMの場合だけ実店舗を持っておらず、ネット上でしかCDをレンタルできないこと。

後述で価格をご紹介しますが、DMMの場合は単品よりも、月額会員でレンタルさせることに、力を入れいます。

単品はレンタル料が高いけど送料は無料

DMMの場合は、レンタル料の中に、すべて送料が含まれているので、枚数に応じて金額が変わることはありません。

ただし、送料が含まれている分だけ、もともとのレンタル料の設定が高くなっており、あまりお得ではないですね。

CD1枚をレンタルする料金は、送料が無料で480円かかり、高いのか安いのかは、他の会社を見てからにしましょう。

レンタル料 送料 合計
1枚 480円 0円 480円
2枚 960円 0円 960円
3枚 1,440円 0円 1,440円
4枚 1,920円 0円 1,920円
5枚 2,400円 0円 2,400円
6枚 2,880円 0円 2,880円
7枚 3,360円 0円 3,360円
8枚 3,840円 0円 3,360円

月額会員は4枚で980円・8枚で1,680円

DMMの場合だと、単品で3枚以上をレンタルするなら、月額会員の方が断然にお得なので、単品でレンタルしない方が良いのかも。

レンタル料は、4枚まで980円、8枚まで1,680円だから、DMMの場合は、月額会員をメインに、レンタルを展開しているのでしょう。

キャンペーンだと単品が240円(旧作のみ)

1カ月に、4枚以上もレンタルしないし、ときどきしか使わないから、月額会員になるのは面倒と言う人には、キャンペーンがおすすめ。

DMMがキャンペーンをすると、旧作のCDアルバムのレンタル料が、半額の240円になるので、6枚までなら単品がお得です。

DMMでレンタルする際の注意事項(単品の場合)

  • レンタル期間は、8泊9日。
  • 返却遅延時は、延滞金が1日につき210円が発生。
  • 最大16枚まで同時にレンタル。
  • 新作も旧作も同じ金額。
  • 表示料金はすべて税込。
キシ
送料無料なのが、DMMの売りなのでしょうね。でも、もう少し1枚あたりのレンタル料金を、安くして欲しいなぁ。

GEOの場合!

geo

DMMとは違い、実店舗を持っているのがGEOで、あまりCMでは見掛けないけど、お住いの街に1店舗ぐらいあるのでは。

知名度で言えば、ご紹介する3つの中では、低いかもしれないけど、レンタル料だけだったら、一番にお得なのがGEOです。

ただし、あまり在庫状況が良くないのか、レンタルしたいCDの貸出中率が高いので、それがちょっとネックかもしれません。

単品は送料が8枚以上だと変わる

GEOの場合は、送料が無料になっていませんが、その代わり1枚のレンタル料が、3つの中では最安値。

1枚から7枚まで同じ送料かだから、CDをレンタルする際は、できるだけ7枚に近いCDを、1回で頼むのがおすすめです。

ただし、今回は旧作に限定しているから最安値であり、新作が(338円)、準新作が(248円)ので、レンタルする際はご注意を。

レンタル料 送料 合計
1枚 103円 313円 416円
2枚 205円 313円 518円
3枚 308円 313円 621円
4枚 410円 313円 723円
5枚 513円 313円 826円
6枚 616円 313円 929円
7枚 718円 313円 1,031円
8枚 821円 518円 1,339円

参考までに新作と準新作の料金

新作 準新作
1枚 389円 248円
2枚 497円 497円
3枚 1,166円 745円
4枚 1,555円 994円
5枚 1,944円 1,242円
6枚 2,333円 1,490円
7枚 2,722円 1,739円
8枚 3,110円 1,987円

目安としては、新作がレンタル開始・3カ月間、準新作がレンタル開始・4カ月~12カ月、旧作がレンタル開始・1年目以降。

今回は、旧作に限定しているけど、新作や準新作を入れてしまうと、GEOはあまり安くないので、レンタルする際は注意してください。

月額会員は4枚で900円・8枚で1,860円

GEOの場合だと、単品をメインにレンタルをしているのか、月額会員になるのは、あまりお得ではない気がします。

ただし、仮に2枚同時のレンタルを2回、もしくは4回する場合は、月額会員になった方がお得なので、貸出の状況次第かもしれません。

キャンペーンだと単品が50円(旧作のみ)

1カ月に、何度もレンタルしない場合は、単品が1枚あたり50円になるキャンペーン期間を狙って、レンタルするのがお得です。

ただし、ただでさえ貸出中の多いGEOなので、キャンペーン中はさらに貸出中が多くなるから、その点はご注意ください。

GEOでレンタルする際の注意事項(単品の場合)

  • レンタル期間は、10泊11日。
  • 返却遅延時は、延滞金が1日につき150円が発生。
  • 1枚103円は旧作のみ。
  • 最大20枚まで同時にレンタル。
  • 消費税はすべて四捨五入で計算。
キシ
GEOは、単品でレンタルするのがおすすめだけど、やはり問題は貸出中が多いことですね。

TUTAYAの場合!

TUTAYA

CDのレンタルだと、一番の有名なのがTSUTAYAで、2017年1月の段階では、全国に1400店舗もあり、お住いの街にもあるのでは。

家の近くにあるなら、ネットでレンタルする必要はないだろうけど、自分と同じように田舎の場合は、ネットがあると助かります。

あとTSUTAYAは、会社の規模が大きいから在庫数も豊富で、3社の中では一番に、レンタルしやすいかもしれません。

単品は送料が2枚ごとに変わる

TSUTAYAの場合も、GEOと同じように、送料が別途かかりますが、料金はこちらの方がちょっと高め。

送料は、2枚ごとに金額が変わるので、奇数よりも偶数でCDをレンタルした方が、お得だと言えます。

料金形態だと、TSUTAYAはGEOに完敗なので、おすすめポイントを上げるなら、在庫の豊富なので、レンタルしやすいことですね。

レンタル料 送料 合計
1枚 238円 292円 530円
2枚 475円 292円 767円
3枚 713円 335円 1,048円
4枚 950円 335円 1,285円
5枚 1,188円 432円 1,620円
6枚 1,426円 432円 1,858円
7枚 1,663円 540円 2,203円
8枚 1,901円 540円 2,441円

月額会員は4枚で933円・8枚で1,865円

GEOの場合だと、DMMと同じように月額会員がメインで、価格は一番に高い変わりに、8枚の場合はシステムがちょっと違います。

8枚のプランは、8枚目まで新作と旧作からレンタル、9枚目以降は旧作のみ借り放題になるけど、頻繁にレンタルしない人は不要かも。

キャンペーンだと単品が54円(旧作のみ)

TSUTAYAも、GEOと同じ金額の単品が、1枚あたり50円のキャンペーン期間をやっており、お得にレンタルするならこの期間。

送料は、GEOの方が少しだけ安いけど、その代わり在庫数が多いので、すぐにレンタルできるのがTSUTAYAの強みでしょう。

TSUTAYAでレンタルする際の注意事項(単品の場合)

  • レンタル期間は、30泊31日。
  • 返却遅延時は、延滞金が1日につき50円が発生。
  • 新作も旧作も同じ金額。
  • 最大16枚まで同時にレンタル。
  • 消費税はすべて四捨五入で計算。
キシ
TSUTAYAは、価格は真ん中ぐらいだけど、レンタルのしやすさが強みでしょうね。

単品をレンタルするならここだ!

全部で、DMM・GEO・TSUTAYAの料金形態ご紹介しましたが、表にする必要がないとは思うけど、一番にお得なのはGEOでした。

ただし、何度も書いているけど、すべて1回で同時にレンタルができないと、それぞれ送料が発生してしまうのが、ネックでしょう。

またGEOの場合は、何度も書いている通り、貸出中が多いので、すぐにレンタルしたいなら、TSUTAYAを選ぶべきですね。

1回で指定の枚数をすべてレンタルした場合(旧作)

DMM GEO TSUTAYA
1枚 480円 416円 530円
2枚 960円 518円 767円
3枚 1,440円 621円 1,048円
4枚 1,920円 723円 1,285円
5枚 2,400円 826円 1,620円
6枚 2,880円 929円 1,858円
7枚 3,360円 1,031円 2,203円
8枚 3,840円 1,339円 2,441円

GEOの際にも記述してありますが、GEOは旧作での金額なっているので、新作でレンタルする場合は、TSUTAYAの方がお得です。

以下の表は、参考までにご紹介するので、もし新作や準新作をレンタルしたい人は、ご覧ください。

1回で指定の枚数をすべてレンタルした場合(新作)

DMM GEO TSUTAYA
1枚 480円 702円 530円
2枚 960円 810円 767円
3枚 1,440円 1,479円 1,048円
4枚 1,920円 1,868円 1,285円
5枚 2,400円 2,257円 1,620円
6枚 2,880円 2,646円 1,858円
7枚 3,360円 3,035円 2,203円
8枚 3,840円 3,628円 2,441円

※消費税はすべて四捨五入で計算。

1回で指定の枚数をすべてレンタルした場合(準新作)

DMM GEO TSUTAYA
1枚 480円 561円 530円
2枚 960円 810円 767円
3枚 1,440円 1,058円 1,048円
4枚 1,920円 1,307円 1,285円
5枚 2,400円 1,555円 1,620円
6枚 2,880円 1,803円 1,858円
7枚 3,360円 2,052円 2,203円
8枚 3,840円 2,505円 2,441円

※消費税はすべて四捨五入で計算。

キシ
単品の場合、金額だけならGEO、レンタルしやすいならTSUTAYAでしょう。

単品と月額料金での比較!

単品と月額では、遅延金など多少の条件やシステムの違いはありますが、念のために比べてみると、以下のようになりました。

指定の枚数だけをレンタルする場合だったら、やはり月額会員になった方がお得で、4枚ならGEOで8枚ならDMMがおすすめです。

ただし、月額会員の場合は、自動契約になっているので、指定の枚数のレンタルが終わったら、停止や解除をする必要があります。

旧作・単品の場合(1回に2枚でレンタル)

DMM GEO TSUTAYA
4枚(2回) 1,920円 1,036円 1,532円
8枚(4回) 3,840円 2,072円 3,064円

GEOの料金の内訳

  • 4枚の場合、1回の注文で518円(レンタル料が205円・送料が313円)になり、これを2回すると1,036円。
  • 8枚の場合、1回の注文で518円(レンタル料が410円・送料が313円)になり、これを4回すると2,702円。
  • すべて消費税込み(小数点以下は切り捨て)

TSUTAYAの料金の内訳

  • 4枚の場合、1回の注文で766円(レンタル料が475円・送料が291円)になり、これを2回すると1,532円。
  • 8枚の場合、1回の注文で766円(レンタル料が475円・送料が291円)になり、これを4回すると3,064円。
  • すべて消費税込み(小数点以下は切り捨て)

月額料金の場合(1回に2枚でレンタル)

DMM GEO TSUTAYA
4枚(2回) 980円 973円 1,008円
8枚(4回) 1,680円 2,008円 2,014円

月額会員だと、GEOの場合でも新作をレンタルできるので、やはり4枚の場合だったら、GEOの月額会員をおすすめします。

ちなみに、表は出しませんでしたが、GEOで新作や準新作をレンタルした場合でも、4枚なら月額会員がお得です。

キシ
1回の注文を2枚にする場合、合計で4枚ならGEO(旧作)で、8枚ならDMMですね。

初めて借りるなら無料月額を利用すること!

DMM・GEO・TSUTAYAは、8枚までレンタルできる月額会員を、初めて利用する方に限り、1カ月だけ無料キャンペーンをしています。

自分も、DMMとTSUTAYAで月額会員になり、合計8枚のCDをレンタルをできたので、まだ月額会員になっていない人におすすめです。

ただし、自動継続になっているはずなので、そのままなにもしないと、翌月の料金が発生してしまうから、ご注意ください。

ポイントは、無料期間中に月額会員の停止や解除をすることで、その際に注意して欲しいのが、レンタルしたCDをすべて返却していること。

もう1つが、次にレンタルしたいCDを、リストなどに入れていないこと、この2つを守れば大丈夫なので、ご安心を。

最後に注意して欲しいのは、無料期間中に返却が完了することも条件なので、1週間ぐらい余裕を持って、返却した方が良いでしょう。

月額会員の解除や停止の注意点

  • 停止や解除をする段階で、リストなどを空っぽにすること。
  • 無料期間が切れる前に、レンタルしたCDをすべて返却すること。
  • 無料期間中に月額会員の停止や解除をすること。
キシ
3社の無料キャンペーンを上手に使えば、合計で24枚のCDを、ただでレンタルできますよ!

まとめ

今回ご紹介したネット限定!CDレンタルのおすすめは大手3社だとズバりここだ!はどうでしたか。

旧作に限定するなら、単品だったらすべてGEO、月額会員なら4枚がGEOで8枚がDMM、このパターンがおすすめです。

ただし、在庫状況などの違いがあるので、タイミングがハマればレンタルできる条件が付くのを、くれぐれもお忘れなく。

特にGEOの場合は、貸出中になっていることが多いので、急いでいる人には、あまりおすすめできません。

実際にレンタルする場合は、新作・準新作・旧作・在庫状況などを考慮して、ご自分に合ったお店から選ぶようにしてください。

キシ
GEOの在庫状況が良くなれば、断トツでGEOになるんだけどなぁ。がんばれGEO!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフハック