今なら4000万曲が3カ月99円で聴き放題!

本人が歌うよりカッコいいカバー曲ベスト15!こっちの方が好きです!

歌っている女性 邦楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、秦基博さんのアルバムを、レンタルした際、カバーした曲を聴いて、スゴく感動した、独身ブロガーのキシです。

本人には悪いけど、秦基博さんのように、原曲よりカバー曲の方が、良い曲に聴こえることが、結構あると思いませんか?

そこで今回は、本人が歌うよりも、カッコいいカバー曲を、全部で15曲ほどご紹介するので、ぜひ本人と聴き比べましょう。

ただし、あくまでも個人的な感想なので、原曲のファンの人は、原曲を冒とくしていると、怒らないようにお願いします。

あと、正確に言うと、カバーではなくトリビュートになる曲も、入っているので、その辺は、大目に見てください。

※おすすめのカバー曲は、原曲の発売日の古い順で、ご紹介します。

スポンサーリンク

君ノ瞳ニ恋シテル|椎名林檎

原曲は、1967年に発売。フランキー・ヴァリさんが歌っています。

君ノ瞳ニ恋シテルは、正確に言うと、『Can’t Take My Eyes Off You』であり、たくさんの人に、カバーされた有名な曲。

椎名林檎さんのバージョンは、疾走感があって、スゴくカッコ良いから、原曲のイメージと、かなり離れています。

しかし、原曲のまったりした感じより、疾走感のあるバージョンの方が、曲のイメージにあうので、こちらがおすすめです。

キシ
椎名林檎さんの声が、スゴくカッコいいので、ぜひ聴いて欲しいです。

なごり雪|秦基博

原曲は、1974年に発売。かぐや姫が歌っています。

『なごり雪』は、イルカさんのイメージが、スゴく強かったけど、もともとは、かぐや姫の曲だったとは、知りませんでした。

この曲も、たくさんの人に、カバーをされていますが、その中で一番は、聴けば絶対に聴き惚れる、秦基博さんのバージョン。

ただし、秦基博さんの『なごり雪』は、CDだと限定盤だから、中古で手に入れるか、レンタルで借りるか、どちらのみです。

キシ
秦基博さんが歌うと、全く違ううとと曲に、聴こえますよ。

勝ってしやがれ|松本孝弘

原曲は、1977年に発売。沢田研二さんが歌っています。

『勝ってしやがれ』は、ジュリーの代表曲だけど、B’zの稲葉さんのカバー曲の方が、めちゃくちゃカッコいいです。

正確には、稲葉さんの声と、松本さんのギターが、この曲をカッコよくしているから、原曲を超えたのでしょうね。

ちなみに、アルバムは松本孝弘さん名義ですが、『勝手にしやがれ』は稲葉さんが、ボーカルトで参加しています。

キシ
この曲の場合、松本さんのギターが、スゴくカッコいいですよ。

化粧|清水翔太

原曲は、1978年に発売。中島みゆきさんが歌っています。

『化粧』は、他にも桜田淳子さんが、カバーをしていますが、自分が好きなのは、清水翔太さんのバージョンです。

ただし、中島みゆきさんバージョンも、同じくらい良いから、清水翔太さんの聴き比べると、同意見は半々かもしれません。

中島みゆきさんの曲は、女心を歌っているのに、なぜか男性が歌うと、しっくりくるので、ちょっと不思議な気がします。

キシ
清水翔太さんの声質が、『化粧」にピッタリと、ハマるんですよ。

色・ホワイトブレンド|竹内まりや

原曲は、1986年に発売。中山美穂さんが歌っています。

『色・ホワイトブレンド』は、もともと作詞と作曲が、竹内まりやさんなので、正しく言うと、セルフカバーの曲です。

中山美穂さんが歌うと、アイドルソングに聴こえますが、竹内まりやさんが歌うと、全く違う曲に、聴こえますね。

原曲もカバー曲も、発売から30年以上、すでに経過しているけど、今の時代に聴いても、全く違和感がありませんよ。

キシ
竹内まりやさんが歌うと、どんな曲でも、本人の曲に、聴こえそうですね。

休みの日|bank band

原曲は、1991年に発売。JUN SKY WALKER(S)が歌っています。

『休みの日』は、JUN SKY WALKER(S)の曲だけど、自分の場合、bank bandがきっかけで、この曲を知りました。

ジュンスカの宮田さんの声も、曲のイメージに合っており、ダメじゃないけど、やっぱり桜井さんの方が、個人的に好き。

CD版の『休みの日』も良いですが、ライブDVDの『休みの日』も良いから、両方のバージョンを、聴いて欲しいです。

キシ
bank bandは、他に2曲ほど、ノミネートしています。

慟哭|中島みゆき

原曲は、1992年に発売。工藤静香さんが歌っています。

『慟哭』は、中島みゆきさんが作詞、工藤静香さんが歌い、大ヒットした曲で、90万枚も売れたから、かなり有名な曲。

でも、歌唱力の違い、歌詞の内容、これらを考えると、やはり中島みゆきさんが、『慟哭』のイメージに、合っています。

特に、最後のサビの部分は、中島みゆきさんらしい、怨念のある歌詞だから、本人が歌うと、迫力が半端ないですね。

キシ
中島みゆきさんが歌うと、工藤静香さんとは、全く違うイメージに、聴こえますね。

and I close to you|スキマスイッチ

原曲は、1993年に発売。Mr.childrenが歌っています。

『and I close to you』は、ミスチルの初期の名曲で、今と歌い方が違うから、スキマスイッチの方が、個人的におすすめ。

スキマスイッチの大橋さんが、スゴく気持ち良さそうに、歌っているから、聴いているこちらまで、伝播してきます。

この曲は、本当におすすめなので、ぜひ聴いて欲しいけど、CD化されてないから、聴きたい人は、YouTubeで見ましょう。

キシ
桜井さんが、ちょっと引くくらい、大橋さんが、興奮していますよ。

LUNA SEA|SCANNER

原曲は、1994年に発売。hideさんが歌っています。

『SCANNER』は、hideのトリビュートアルバムで、LUNA SEAがカバーしており、個人的に、このアルバムで一番に好き。

hideのバージョンも、カッコいいのは、間違いありませんが、打ち込み音源を使っており、自分はそこがダメでした。

しかし、LUNA SEAのバージョンは、前半は静でしっとり、後半は動でハードに変わり、カッコ良く仕上がっています。

キシ
LUNA SEAのバージョンは、運転中に聴くと、かなりヤバいです。

今夜はブギー・バック|KREVA

原曲は、1994年に発売。小沢健二 featuring スチャダラパーが歌っています。

『今夜はブギー・バック』は、小沢健二さんの声よりも、個人的には、KREVAの方が、曲と合っている気がします。

このバージョンではないけど、スチャダラパーとKREVAが、コラボしており、こちらもスゴく、カッコいいですから。

ちなみに、原曲とカバー曲では、歌詞の内容が、少し違っているので、そこを聴き比べるのと、面白いですよ。

キシ
一番にカッコいいのは、KREVA featuring スチャダラパー かもね。

歌うたいのバラッド|bank band

原曲は、1997年に発売。斉藤和義さんが歌っています。

『歌うたいのバラッド』は、斉藤和義さんの声が、ステキなので、ちょっと迷いましたが、やはりカバーの方が良い。

基本的に、桜井さんがバラードを歌うと、大抵の場合、原曲を上回るので、どんなに原曲が良くても、たぶん勝てません。

個人的には、CDバージョンよりも、「ap bank fes」の方が、桜井さんがカッコいいので、こちらをおすすめします。

キシ
CDバージョンを聴き、好きになったら、「ap bank fes」のDVDですね。

ミルクティー|秦基博

原曲は、1998年に発売。UAさんが歌っています。

『ミルクティー』は、UAの曲ではあるけど、あまり売れていないので、カバーの方が原曲と、勘違いするかもしれません。

自分も、秦基博さんの声が、『ミルクティー』のイメージに、スゴく合っていたから、てっきり原曲かと思っていました。

この曲で、カッコいい場所は、秦基博さんの高音の声で、こんな声に生まれたかったと、誰しもが思うはずですよ。

キシ
秦基博さんも、声がカッコいいので、カバー曲なのに、原曲と勘違いしそうです。

愛のしるし|スピッツ

原曲は、1998年に発売。PUFFYが歌っています。

『愛のしるし』は、歌唱力のないPUFFYが、歌っていたので、スピッツが歌えば、原曲を上回るのは、当たり前です。

そもそも『愛のしるし』は、草野正宗さんが作詞と作曲をしており、スピッツが歌えば、カッコいいのは、当然の結果。

PUFFYが歌うと、流行りの音楽に聴こえますが、スピッツが歌うと、今の時代でも聴ける曲に、変わっちゃいますね。

キシ
PUFFYファンのみなさん。ボロカスに言ってしまい、すみませんでした。

夜空ノムコウ|スガシカオ

原曲は、1998年に発売。SMAPが歌っています。

『夜空ノムコウ』は、もともと、スガシカオさんが、作詞をしているので、やはり本人が歌うと、スゴくカッコいい。

SMAPの原曲も、カッコいいけど、スガシカオさんの声と、切ない歌詞が合っているので、こちらがおすすめです。

ただし、スガシカオさんは、ライブなどで『夜空ノムコウ』を、歌わないと宣言しており、CDでしか聴けないのは残念。

キシ
スガシカオの『夜空ノムコウ』は、しっとりしていて、スゴくカッコいいです。

そろそろいかなくちゃ|秦基博

原曲は、2000年に発売。スガシカオさんが歌っています。

『そろそろいかなくちゃ』を、初めて聴いたのは、秦基博さんバージョンだったので、こちらの方が、自分は好きです。

もちろん、スガシカオさんの原曲も、淡々と歌って、カッコいいけど、サビの盛り上がりは、秦基博さんの方がいい。

ぜひ、秦基博さんのバージョンを、おすすめしますが、限定盤のみの発売なので、レンタルして聴いてください。

キシ
最後のサビの部分が、めちゃくちゃに、カッコいいから、ぜひ聴いて欲しいです。

一番にカッコいいカバー曲は?

本来、原曲は本人が歌うと、一番にカッコいいはずですが、ときどき、カバーしたアーティストが、カッコいいんです。

実際に、ご紹介した15曲を、原曲と聴き比べたら、ほぼ確実にカバーした曲の方が、原曲かもと、勘違いしますよ。

特に、秦基博さんと桜井さん(bank band)の声は、どんな曲を歌っても、本人より上回るから、間違いありません。

ただし、人によっては、原曲の方が好きかもしれないので、ちょっと面倒だけど、試しに聴き比べるのは、どうでしょうか。

最後に、ご紹介した15曲の中で、一番にカッコいいカバー曲は、KREVAが歌う、『今夜はブギー・バック』ですね。

キシ
KREVAの声も、スゴくカッコいいから、カバーしたら原曲を上回りそう。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
邦楽音楽
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番