40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

夏が恋しくなる「夏うた」ベスト15!これを聴かずして夏は来ない!

      2018/07/01

ビーチのカップル

こんにちは。夏は嫌いだけど、7月を過ぎた頃から、聴く音楽が「夏うた」に変わる、独身ブロガーのキシです。

夏が好きな人は、梅雨が明けないうちから、7月になると夏が恋しくて、「夏うた」を聴きたくなるでしょう。

そんな人のために、この「夏うた」を聴くと、夏が目の前に感じる、ド定番の曲をご紹介します。

ご紹介する曲は、40代以上が懐かしく感じ、20代以下が新鮮に感じる、そんな名曲ばかりを揃えました。

今年の夏は、「夏うた」ベスト15を聴きながら、海や山へ行って、思いっきり夏を満喫してください。

君は天然色|大滝詠一

1981年3月に発売した7thシングル。

歌詞の内容は、ちょっと切ないけど、イントロ部分がさわやかなので、聴いたら夏が恋しくなる曲。『君は天然色』は、30年以上前の曲なので、もしかしたら、40代よりも50代の方が、「夏うた」として定番かも。

キシ
夏うたで、真っ先に思い出したのが、この『君は天然色』でした。

夏の扉|松田聖子

1981年4月に発売した5thシングル。

タイトル通り、まさに夏が来るときに、『夏の扉』を聴くと、気持ちがワクワクしませんか?40代の後半の人なら、サビの部分で、聖子ちゃんの振り付けを、カンコピできるでしょうね。

キシ
聖子ちゃんには、たくさん「夏うた」があります。『青い珊瑚礁』とかね。

LOVELAND, ISLAND|山下達郎

1982年1月に発売した6thアルバム『FOR YOU』収録。

『LOVELAND, ISLAND』も、リアルタイムじゃなくて、大人になってから聴いたから、40代よりも50代の定番な「夏うた」かも。自分の場合は、ドラマの主題歌がきっかけで、この曲を聴くようになりました。

キシ
大滝詠一さん、山下達郎さんの声は、夏を感じさせますね。

君に、胸キュン。|YMO

1983年3月に発売した7thシングル。

『君に、胸キュン。』は、CMに使われており、知っている人も、多いでしょう。前出の『君は天然色』と『君に、胸キュン。』は、松本隆さんが作詞で、この人に「夏うた」を書かせれば、日本一かも。

キシ
『君に、胸キュン。』は、夏をギラギラと、待つのではなく、まったり待つ感じかな。

世界でいちばん熱い夏|プリンセス・プリンセス

1987年7月に発売した2ndシングル。

『世界でいちばん熱い夏』は、1987年・1989年・2001年の3回も、発売した珍しい曲。この曲は、8月の猛暑のド定番な、「夏うた」かもしれないけど、夏が恋しい時期に、聴いても良いですよ。

キシ
ギラギラした夏が、大好きな人は、この曲を聴くと、ワクワクするでしょうね。

浪漫飛行|米米CLUB

1990年4月に発売した10thシングル。

歌詞を読むと、夏の文字は、1つも入っていませんが、CMのイメージと曲調から、「夏うた」に『浪漫飛行』を入れました。この曲を聴くと、夏休みにどこへ旅行しようか、考えちゃう人もいそうですね。

キシ
『浪漫飛行』を聴くと、キレイなビーチへ、行きたくなりませんか?

希望の轍|サザンオールスターズ

1990年9月に発売した『稲村ジェーン』収録。

夏と言えば、やはりサザンなので、たくさんある「夏うた」から、『希望の轍』を選びました。自分もそうだけど、イントロのピアノを聴いただけで、すぐに夏を思いだし、ワクワクしちゃいますね。

キシ
サザンには、たくさんの夏うたの名曲があり、どれにするか、迷いましたね。

夏が来た!|渡辺美里

1991年6月に発売した20thシングル。

渡辺美里さんは、夏が似合う女性アーティストで、「夏うた」を聴くなら、やはり『夏が来た!』でしょう。シングルとしては、オリコンで最高が8位だったけど、本当に良い曲なので、ぜひ聴いて欲しいです。

キシ
渡辺美里さんは、夏と言えば思い出す、女性アーティストの一人ですね。

私の夏|森高千里

1993年4月に発売した18thシングル。

森高千里さんの『私の夏』は、航空会社のCMに使われたから、飛行機に乗って、旅行をしたくなる「夏うた」。自分は、行ったことがないけど、歌詞にも出てくる、沖縄のキレイな海が、頭に浮かびますね。

キシ
夏休みに、旅行する人は、この曲を聴くと、ウズウズするでしょうね。

夏が来る|大黒摩季

1994年4月に発売した8thシングル。

『夏が来る』は、リアルな女性の心情を、歌っている曲で、今の女性が聴いたら、ちょっと引くかも。でも、40代以上の場合、7月の後半には、必ず「夏うた」として『夏が来る』を、思い出しますよね。

キシ
大黒摩季さんは、渡辺美里さんと合わせて、夏うたの女王かもね。

太陽が燃えている|THE YELLOW MONKEY

1995年9月に発売した8thシングル。

『太陽が燃えている』は、THE YELLOW MONKEYが、ブレイクした曲で、自分もこの曲で知りました。この曲を聴くと、ギラギラした太陽を思い出すので、暑い夏が好きな人に、ピッタリの「夏うた」ですね。

キシ
個人的に、ギラギラした太陽が、得意じゃないので、そんなに聴かないです。

You’re my sunshine|安室奈美恵

1996年6月に発売した6thシングル。

正直に言って、安室奈美恵さんの曲を、全く聴きませんが、夏になると、『You’re my sunshine』のサビを、思い出します。今の若い人が聴いたら、かなり雰囲気の違う曲だから、新鮮に感じるかも。

キシ
久しぶりに、終わりまで聴いたら、結構よい曲と再確認しました。

渚|スピッツ

1996年9月に発売した14thシングル。

さやわかな初夏に、ピッタリな「夏うた」と言えば、スピッツの『渚』です。この曲を聴くと、初夏の海で女の子と、遊びたくなりませんか?もちろん、自分は一度も、経験ないですけどね。

キシ
人が少ないビーチで、『渚』を聴くと、イメージにピッタリじゃないですか?

くじら12号|JUDY AND MARY

1997年2月に発売した11thシングル。

『くじら12号』は、眩しい太陽が、恋しくなる「夏うた」で、歌詞にも出て来るけど、自分の場合、海へ行きたくなります。海へ行くとき、車の中で聴いたら、かなり盛り上がるでしょうね。

キシ
『くじら12号』は、夏のドライブにも、ピッタリな曲ですよ。

夏色|ゆず

1998年6月に発売した1stシングル。

『夏色』は、「夏うた」として、かなり定番だから、若い人でも知っているはず。世代に関係なく、この曲を聴くと、高校生の頃を、思い出しますよね。特に、自転車通学だった人は。

キシ
「ゆず」の2人は、同世代なので、『夏色』を聴くと、青春時代を思い出します。

まとめ

ご紹介した「夏うた」を、すべて聴いた人は、頭の中が夏でいっぱいになり、海へ行きたくなっているのでは。

聴くタイミングは、7月の初めぐらいからで、夏休みの計画を立てながら、聴くのはどうですか。

自分の場合、渡辺美里さんの『夏が来た!』を聴くと、夏が嫌いでも、ウズウズしちゃいますね。

40代以降なら、すべて知っているだろうけど、20代の人だったら、ほんとんど、知らなかったりして。

知っている人も、知らない人も、ご紹介した15曲を聴いて、恋しい夏が来るのを、待ちましょうね。

キシ
日本の夏に、湿度がなければ、「夏うた」を聴きながら、満喫できるんだけどなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍