40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

テレビを置かないメリットとデメリット!1年間試して出した答え!

   

テレビ

最近のテレビは面白くない! そう思っている人は、試しにテレビを置かない生活をやって、本当にテレビが必要か考えませんか?

自分も、約1年間ほどテレビを置かなかい時期があり、部屋でテレビを全く見ないことで、本当に必要なのかどうか分かりました。

そこで今回は、テレビを置かなかったときのメリットとデメリットをご紹介するので、手放すどうかの参考にしてください。

結局は、デメリットの方が強く感じてしまい、新しいテレビを買ったけど、人によってはメリットの方が強く感じるかも。

最近はテレビよりも、スマホがあれば良いと思う若い者が多いらしいので、テレビを置かない生活もできそうですね。

1年間テレビを置きませんでした!

自分の部屋に1年間だけ、テレビを部屋に置かなかったことがあり、それはブラウン管テレビが使えなくなったときでした。

新しくテレビを買うほど、お金に余裕がなかったし、テレビがなくてもそれほど困らなかったので、思い切って買わなかったんです。

始めの頃は、ちょっとテレビを見たくなってしまったけど、しばらくすると慣れてしまい、パソコンが1台あれば十分でした。

ただし、自分の場合は実家暮らしなので、リビングに行けばテレビが見られたから、全くテレビを見なかった訳ではありません。

どうしても見たかったのは、ニュース・野球・サッカー・競馬などのリアルタイムの番組だけだったので、この他の番組は見なかったです。

キシ
1カ月くらいすると、テレビがないくても、全く気になりませんでした。人間は、やはり慣れる生き物なんですね。

テレビがないことのメリット!

自分の場合、テレビを置かなかった1年間は、これからご紹介する4つのメリットがあったので、結果的には正解でした。

始めは、テレビを置かないことで、デメリットの方が多いかと思ったけど、慣れて来たらそんなことはなかったです。

ただし、自分の場合はリビングにテレビがあり、前述で書いた状態のときに見ていたので、その点はご了承ください。

電気代が掛からない

以前は、ブラウン管テレビだったので、テレビを置かなくなったことで、多少だけど電気代が安くなりました。

特に見たい番組がないのに、つい付けてしまう人には、テレビがなければムダな電気代が掛からないのでメリットでしょう。

時間が有効に使える

テレビがあると、やらなければダメなことがあっても、つい見ていしまい、作業がなかなか進まないことがあります。

つい見てしまうテレビがなければ、集中力が持続できて、作業が順調に進むから、時間を有効に使えるのがメリットです。

欲しいものが増えない

情報番組やCMを見てしまうと、いろいろなものを紹介して来るから、欲しいものが増えてしまうことはありませんか?

でも、テレビがなければ、どんなものが発売されたか分からず、欲しいものが増えないので、メリットになるでしょう。

ムダに怒る回数が減る

テレビを見ていて思ったのは、全く必要のない情報まで提供するから、イライラしてしまうことが何度もありました。

ムダに何度も怒るのは、精神的にも良くないので、全く必要のない情報を知らずに済むのが、テレビのないメリットでしょう。

キシ
この中で1番のメリットは、時間を有効に使えることでしょう。テレビがあると、つい見てしまった時間を、ムダにしてしまいますからね。

テレビがないことのデメリット!

テレビを置かなかった1年間に、メリットがあった4つあったけど、同じようにデメリットも存在して、3つほどありました。

スマホがあれば、デメリットではないかもしれませんが、テレビで育った自分は、以下のようなことがデメリットだったんです。

このデリットは、最近の若い人よりも、テレビを見て育った40代以降の世代が、多く感じることかもしれません。

見たい番組が見られない

めったにテレビは見ないけど、週に1回ぐらいどうしても見たい番組があったときに、テレビがないとデメリットです。

リビングにテレビがあっても、別の家族が見ていた場合は無理なので、部屋にテレビ置いてあったらと、何度か思いました。

最新のニュースが分からない

災害や大きな事件のとき、ネットが見られる状態なら良いけど、そうではない場合は、テレビがないとかなり困ります。

特に地震や台風のときは、テレビだと被害状況が映像で見られるから、部屋に置いてあった方が良いと思うでしょう。

最近のトレンドに鈍くなる

いくらネットから情報を得る時代とは言え、まだテレビの影響力は大きいので、置いていないとトレンドに鈍くなるのがデメリット。

流行していること、話題になっていることなどは、テレビの方が分かりやすいので、テレビが置いてあった方が良いかもしれません。

キシ
スマホでも、テレビ・ニュース・トレンドは分かるけど、テレビの方が見やすいので、デメリットに感じてしまうかも。

本当にテレビはいらないのか?

ニュースはネットで見られるので、バラエティ・ドラマ・スポーツを、全く面白くないと感じるなら、テレビはいらないでしょう。

特に最近のテレビ番組は、偏った放送をしたり、スキャンダルをもみ消したりなど、見ている側に不愉快なことが多いです。

それに、最近はネットで好きなときに、好きな番組を見られるようになったから、テレビに固執する必要はありません。

各局のオンデマンド放送と、Hulu・Netflix ・グリーンチャンネルweb・DAZNなどあれば、テレビがなくても大丈夫そう。

大画面で映像を見たい人だったら、テレビが必要だけど、20インチくらいで大丈夫だったら、パソコンのディスプレイで良いのでは。

もしかしたら、10年後くらいすると、テレビ番組はテレビで見るものではなく、スマホやパソコンで見るものに変わるかもしれませんね。

キシ
テレビを捨てるか、パソコン・スマホを捨てるか、どちらかを選べと言われたら、確実にテレビと言うでしょうね。

自分がテレビを買った理由!

金銭的なことを理由に、テレビを部屋に置かなくなってから、1年ぐらい経過して液晶のテレビを買うことになりました。

買ったきかっかけは、母の友人が土日の昼間に来ることが多くなり、自分の趣味である競馬を見られなくなったからです。

ネットでも、競馬を始めスポーツは見られますが、スマホやパソコンよりも、テレビの方が見やすいので、買ってしまいました。

それともう1つは、やはり確かな情報を得るためには、ネットだけではなくテレビも、必要不可欠だと感じたからです。

ネットの情報だけを信じるのは、やはり危険なので、テレビとネットの双方から情報を精査しないと、正確な情報は分かりません。

この2つの理由から、テレビが必要だと思いましたが、逆に言えばこの2つがなければ、今もテレビを置いていないでしょうね。

キシ
以前は、大きいテレビを置いていたけど、今は小さい22インチのテレビです。ニュースやスポーツなら、このサイズで十分です。

まとめ

今回ご紹介したテレビを置かないメリットとデメリット!1年間試して出した答え!はどうでしたか?

テレビを置かないメリットが4つ、デメリットが3つほどありましたが、どちらの方が強く感じ方で、テレビが必要か分かるはず。

結局、自分は1年間ぐらいでテレビを置く生活に戻ったけど、ムダにテレビを見る機会が減ったから、良い経験でした。

テレビには、メリットとデメリットがあるので、1年間くらい置かない生活をして、必要か確かめるのはどうでしょうか。

もし1年間が過ぎて、デメリットがあればテレビを買い、デメリットがなければ、そのままテレビを置かない生活を続けてください。

キシ
結局は、テレビをまた置いてしまったけど、1年間ない生活は良い経験でした。不安な人でも、パソコンかスマホがあれば、大丈夫ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフスタイル