初回30日間無料で音楽聴き放題!

40代におすすめしたい吉田カバンの人気メンズバッグ種類別ベスト5

吉田カバン ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「大人の40代にも似合う吉田カバンのメンズバッグを買うならどれがおすすめ?」

久しぶりにお気に入りのバッグを使おうとクローゼットから出したら、見るも無残な姿に変貌していました。

価格は1万円程度だったので安物のバッグは手入れをしないと、あっと言う間にダメになるみたいです。

しかし、10年以上前から持っている吉田カバンのバッグは、ほとんど劣化は見られず今も現役バリバリ。

そこで今回は40代の男性におすすめしたい吉田カバンのバッグを、種類別に5つほどご紹介します。

ビジネス・出張・アウトドアのシーンから選べるので、お気に入りの逸品が見つかったら、お買い求めください。

スポンサーリンク

40代に吉田カバンのバッグをおすすめする理由

吉田カバンは1935年に設立された日本のバッグのメーカーで、男性だけではなく女性にも人気があります。

自分も20代の頃から吉田カバンのバッグや財布を持っており、品質が良いから10年が過ぎてもまだ現役。

10年以上は使い続けられる吉田カバンのバッグは、他にも優れた点があるのでこの機会にぜひ知ってください。

有名ブランドのようなイヤミがない

海外の有名ブランドは露骨にロゴモノグラムが入っているので、これ見よがしな感じがして使いにくいかもしれません。

でも吉田カバンのバッグは、ロゴが端にちょっとだけついている程度だから、全くイヤミがないので問題なく使えます。

メイド・イン・ジャパンなので安心

日本のブランドでも製作は海外のケースがあるけど、吉田カバンは企画から縫製のすべてを日本で行っています。

吉田カバンの製品のタグには「TOKYO・JAPAN」と記されており、本物の日本製を意味しているから安心です。

コストパフォーマンスに優れている

すべて日本で製作すると人件費がかかるので、一般的には価格も高くなるのですが、吉田カバンは違います。

高品質でも有名ブランドのような高い価格ではないから、高校生でも買えるのが吉田カバンの凄いところです。

機能性が優れている

吉田カバンのカバンや財布はシンプルなデザインではあるけど、使い勝手がとても良く機能性に優れています。

使う人の気持ちを考えたデザインや設計だから、収納する物が多い人は吉田カバンの製品がピッタリです。

壊れても修理をしてくれる

吉田カバンの製品は購入したお店や取り扱っている店舗に持って行くと、相談した上で修理をしてくれます。

修理をした人に聞くと度合いよってお金が掛かるそうですが、使い込んだ感じが好きな人には嬉しいサービスです。

キシ
キシ

ちなみに吉田カバンの製品は一切セールをしません。

おすすめのボストンバッグは『フリースタイル』

1つ目におすすめしたいバッグは、シンプルなデザインが秀逸なPORTERのフリースタイル・ボストンバッグ

色はブラウンブラックホワイトキャメルの4色があり、ビジネスと兼用で使うならブラウンかブラック。

用途はビジネスから旅行に使えて、大きさは14リットルもあるから、出張で使いたい男性にもおすすめ。

価格はちょっと高めの23,000円台だけど、用途の幅や大きさを考えればかなりお得なボストンバッグです。

キシ
キシ

2万円以内で買えれば最高におすすめなんだけどなぁ

おすすめのトートバッグは『ライナー』

2つ目におすすめしたいバッグは、荷物が多くて粗雑な人へおすすめしたいLUGGAGE LABELのライナー・トートバッグ

このトートバッグは頑丈な布地から作られており、重いものをたくさん入れても問題なく雨にぬれても大丈夫。

色は2種類から選べて休日など遊びで使うならカーキ、平日の仕事などで使うならブラックがおすすめです。

価格は17,000円台なのに頑丈で長持ちをするから、手入れをしっかりすれば10年は余裕でしょうね。

キシ
キシ

このトートバッグなら地面に置いても大丈夫です。

おすすめのショルダーバッグは『ヒート』

3つ目におすすめしたいバッグは、アクティブな人にピッタリなPORTERのワンショルダーバッグ・ヒート

自転車や釣りを楽しむ人は、両手が常に空いていないと厳しいからワンショルダータイプのバッグがおすすめ。

素材は耐熱耐摩擦引裂き強度に優れており、かなり乱暴に扱っても問題ないからアウトトドアにちょうど良い。

価格は22,000円台なのでもう少し安いとありがたいですが、素材の丈夫さを考えれば仕方がないでしょうね。

キシ
キシ

アクティブなシーンで使いバッグは丈夫さが肝心ですね。

おすすめのリュックサックは『ポーター エルファイン』

4つ目におすすめしたいバッグは、レアものが好きな人が気になりそうなPORTERのデイパック・ポーターエルファイン

ポーターエルファインは、PORTERとILSが共同開発して作られたバッグで、吉田カバンでは珍しく裏地がレッド

裏地はレッドだけど表地は落ち着いたブラックなので、ビジネスでも使えるから人と違うバッグが欲しい人におすすめ。

価格は20,000円台なので、お金がある人は他のバッグと一緒に買い併用して使うのはどうでしょうか。

キシ
キシ

ブラックの生地にレッドのアクセントがオシャレですね。

おすすめのビジネスバッグは『クリップ』

5つ目におすすめしたいバッグは、実際に自分が何年も使っているPORTERのビジネスバッグ・クリップ

所持品の多い人には、収納が充実しているからおすすめで、さらにショルダータイプにもなり凄く便利。

雨に濡れても染み込みは少なく、汚れてもタオルで拭けば簡単に取れるから、少しくらい乱暴に扱っても大丈夫。

価格は15,000円台で用途はビジネスに限定されるけど、この価格なら1個は持つべきバッグでしょうね。

キシ
キシ

使う機会は少ないけど今も現役のバッグです。

1万円の安物バッグは絶対に買ってはいけない

安物のバッグ

上記の画像のカバンは3,4年前に買ったあるブランドのバッグで、持ち手の部分がボロボロになりました。

価格は1万円くらいだから仕方がないと分かってますが、3,4年で使いものにならないとは凄く残念です。

1万円くらいの金額なだけに修理をしても逆に高くつくから、結局はこのまま捨てるしかないでしょうね。

吉田カバンのバッグは全く問題なかった

ビジネスバッグ

上記の画像はキリンビールのプレゼントで当たり、使い始めてから10年以上が過ぎた吉田カバンのビジネスバッグ。

タグはキリンビールになっていたので外したけど、種類は最後に紹介した「クリップ」で間違いありません。

吉田カバンのタグ

念のため本物かを確認したら正規品のタグがしっかりあったので、このバッグ正真正銘の吉田カバンのバッグ。

吉田カバンのバッグ

前述のバッグと素材は違うけど、上記の画像を見れば分かる通り、吉田カバンの頑丈さがよく分かりますよね。

金額的には某ブランドのバッグと5,000円ぐらいしか違わないのに、耐久性がここまで違ってしまうとは驚き。

ちなみに、このビジネスバッグは底にファスナーがついており、サイズが大きくなるからとても便利。

バッグの底を閉じた状態

ファスナーを開けると一気に広がるので、急に荷物が増えたときでも安心して入れられます。

バッグの底を開けた状態

ビジネスで使うペン入れや小物を入れるポケットも充実しており、仕事で使いベストのバッグではないでしょうか。

バッグの中身
荷物が多くて重たくなったら、ショルダータイプに変えられるので、腕が痛くなることはありません。

ショルダーショルダーにした際、肩に当たる部分が気になる人は、肩カバーがあるから痛くなりにくいですよ。

キシ
キシ

個人的には究極のビジネスバッグだと思っています。

まとめ

値段が高いバッグもあったけど、品質・機能性・デザインをを考えれば、吉田カバンで買うのが正解。

それに丁寧に使えば10年くらいは簡単に持つので、コスパを考えたら少しくらい高くても、元はすぐに取れますよ。

実際に自分は、ビジネスバッグの他にスモーキーも10年くらい使っていますが、こちらも特にまだ現役。

ただし、お手入れを忘れると高いバッグでもダメになるから、ときどきは掃除することをお忘れなく。

すべての点において吉田カバンのバッグは優れているから、この機会に40代の男性はぜひお買い求めください。

キシ
キシ

大切に使えば一生ずっと使い続けられるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ファッション
\ この記事をシェアする /
独身男のド定番

COMMENT