40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

男性がアクセサリーを付ける際の5つのルール!守れば女子ウケするぞ!

      2017/12/10

シンプルな指輪

男性だって、オシャレのためにアクセサリーを付けたいけど、女性から評判が悪いから、躊躇しちゃう人もいるでしょう。

でも、しっかり身に付けるルールを守れば、女性からの評判を、下げずに済むらしいから、大丈夫みたいですよ。

そこで今回は、男性がアクセサリーを身に付ける際のルールと、ついでにおすすめのアクセサリーをご紹介します。

似合う似合わないはあるけど、ルールさえしっかり守れば、40代の男性でも、アクセサリーを付けても問題なし。

ただし、あるアンケートだと、女子の約7割が男性のアクセサリーを嫌がっており、その点はご注意ください。



40代の自分が持っているアクセサリー!

自分の場合は、父がアクセサリー好きだったので、指輪・ブレスレッド、ネックレスを形見として、譲り受けました。

ただし、ブレスレッドとネックレスは、暴○団っぽい感じのアクセサリーなので、実際に付けられるのは、指輪だけです。

あと持っているのは、元カノとのペアリング、自分で買ったネックレスだけど、ほぼ付けることはありません。

指輪は亡き父親の形見です。

ゴールドの指輪

ゴールドの指輪は、父が生前に付けていたもので、もっと細いものが良かったけど、形見だからときどき付けています。

女性からの評判は、全く良くないけど、これは形見なので、勘弁して欲しいですね。

ネックレスは自分で買いました。

ネックレス

ネックレスは、20年くらい前に欲しくなって、1万円くらいの物を買ったけど、実際はあまり付けていません。

理由としては、ネックレスを付けると、首の後ろがチクチクしてウザいからです。

ブレスレットは母親の形見です。

バングル

ブレスレッド(正確にはバングル)は、まだ生きているけど母親の形見で、生前贈与としてもらいました。

個人的には、馬蹄がデザインされており、競馬好きの自分には、一番のお気に入りです。

キシ
父の形見のアクセサリーは、お金に困ったら、すべて売ります。

アクセサリーを付ける男性のイメージ!

チンピラ風の男性

女性の場合は、ほぼ必ずと言って良いほど、指輪・ネックレス・ピアスのどれかを、1つくらい身に付けていますよね。

でも、男性の場合は女性に比べたら、圧倒的に付けている人は少なく、やはり良いイメージがないからなのでは。

自分も付けていない頃は、以下のようなイメージを持っていたので、アクセサリーには抵抗がありました。

チャラくて遊びまくっているイメージ

アクセサリーを、何個も付けている男性を見ると、やはりチャラくて、遊びまくっているように見えます。

指輪やネックレスだけでなく、両耳にピアスなんてしていたら、自分は近寄らないです。

ヤバい感じの仕事をしているイメージ

ゴールドのブレスレットやネックレスをしていたら、ヤバい仕事をしている人に、見えてしまうでしょう。

さらに髪形が、パンチパーマだったら、確実に本物の方なので、すぐに道を譲りますね。

自分が大好きなナルシストのイメージ

上記に当てはならない人は、自分が大好きなナルシストが、アクセサリーを付けているイメージがあります。

芸能人で言ったら、ちょっと古いけど、役者をしている京本政樹さんのような感じです。

キシ
自分も持てますが、アクセサリーを付けている人のイメージって、あまり良くありませんね。

どんな男性にアクセサリーが似合う?

ブレスレッドを付けている男性

アクセサリーを付けたいけど、自分が似合うか分からない場合は、以下のタイプに該当したら、付けて大丈夫でしょう。

ただし、女子に聞くと、その人に似合うかどうかは、実際に付けて見ないと、分からないそうです。

ちなみに、自分は指輪をときどき付けるけど、あまり似合っていないと言われて、ちょっとショックを受けています。

手が大きく指が細くて長い人

手が大きくて、指が細くて長い人は、指輪をするとキレイに見えるから、とても良く似合います。

逆に、手がゴツゴツしている人は、指輪が凶器に見えるので、似合わないそうです。

見た目が暴〇団のような感じの人

喜平のアクセサリーを付けるなら、見た目が暴○団のような感じの人が、とても良く似合います。

ただし、本物の暴○団に間違えられてしまい、怖い思いをするかもしれないので、ご注意ください。

背が高くてガッシリとした体型の人

アクセサリーを付けているのが、欧米人に多いからだと思うけど、似たような体格に人に似合います。

ただし、ガッシリとし体格が必要なので、アンガールズタイプは、止めた方が良いでしょう。

キシ
簡単に言うと、イケメンか暴○団、この2タイプが似合うのでしょうね。

アクセサリーを付ける際のルール!

アクセサリーを付ける際は、以下の4つを守れば大丈夫なので、ルールを知ってから、付けるようにしてください。

もし、ルールを守らずに付けてしまうと、女子からの評判は、ガタ落ちになってしまいますよ。

前述でご紹介した、似合うタイプの人であっても、この5つのルールを、すべて守らないと、ヤバいのでご注意を。

何個もアクセサリーを付けない

ネックレス・ブレスレッド・指輪を、同時に付けてしまうと、品がないと思われるので、付けるなら1個にすることです。

また指輪を、両手に付ける人もいますが、やはり2個以上を付けると、ウザったいので止めましょう。

安物のアクセサリーを付けない

露天などで売っている、安物のアクセサリーは、作りが粗悪で付けていると、その人まで安く見えてしまいます。

具体的な金額は、お財布の事情で決めて欲しいけど、女子はすぐに安物を見抜くので、注意してください。

シンプルなアクセサリーにする

アクセサリーも、シンプル・イズ・ベストらしいので、派手な装飾がされていない、シンプルなものを選びましょう。

極端に大きいアクセサリー、ドクロのアクセサリーなどは、女子からの評判が悪いので、止めてください。

ネックレスはあまり評判が良くない

女子から聞いた意見では、ネックレスを付ける男性が、あまり好きじゃないらしいので、気になる場合は止めましょう。

大きさなどにもよりますが、指輪やブレスレッドなら、まだネックレスよりもマシらしいです。

ピアスをするのは論外

ネックレスよりも、もっと女子からの評判が悪いのはピアスで、同じ男性としても、さすがにピアスはないですね。

さらにピアスは、右側だけに付けてしまうと、ゲイと勘違いされるので、始めから付けない方が良いかも。

キシ
簡単に言うと、高価でシンプルな指輪かネックレスを、1つだけ付ければ大丈夫です。

女子はアクセサリーを付ける男性が嫌い?

ダメ出しをする女性

5つのルールを守れば、付けて大丈夫だけど、それは男性のアクセサリーを、好きだと言ってくれる女子だけの話。

冒頭にも書きましたが、約7割もの女子が、男性のアクセサリーを嫌いと言っており、好きと言うのはわずか約3割。

女子のアクサセリーは、男性のほとんどが認めるけど、男性のアクサセリーを、女子は認めてくれないみたいです。

Q.男性のアクセサリーは好きですか?

「好き」30.7%
「嫌い」69.3%

引用:チャラ男確定! 男性がアクセサリーをつけているのが嫌いな女性は●%
URL:https://woman.mynavi.jp/article/150913-34/

Q.男性にはつけないでほしいと思うアクセサリーをお教えください。(複数回答)

第1位 ネックレス……32.2%
第2位 ピアス……26.95%
第3位 アクセサリー全て……21.05%
第4位 ブレスレット……16.4%
第5位 指輪……10.5%

引用:絶対つけちゃだめ! 女子ウケの悪い「メンズアクセ」ランキング
URL:https://woman.mynavi.jp/article/161208-39/

上記のアンケートを見ると、女子が許してくれるアクセサリーは、指輪ぐらいなので、他は選ばない方が良いでしょう。

では、実際にアクセサリーを付ける場合、どんな指輪にすると良いのか、簡単に3つほどご紹介します。

ベーシックなホワイドゴールドの指輪

K10ホワイトゴールド ペアリング
一見すると、シルバーのように見えますが、実はホワイトゴールドなので、品のある光沢が特徴的な指輪。

もう少し太さが欲しい気もするけど、これくらいシンプルな指輪だったら、女子ウケも良いでしょう。

太くて存在感のあるゴールドの指輪

DETAILS/The Ring

デザインはシンプルだけど、指輪の幅と太さがあるので、見た目にインパクトが欲しい人におすすめ。

できれば、もう少し幅がない方が良かったけど、これくらいなら、女子も許してくれるでしょう。

結び目がモチーフのシルバーの指輪

Sailor Knot Ring

このシルバーの指輪は、船乗りの結び目をモチーフにしており、個性的な指輪が好きな人に良いでしょう。

シルバーの素材のみで作られいるので、適度な存在感とシンプルさを、兼ねそなえた指輪ですね。

キシ
無難なのは1つ目だけど、ちょっと個性がないので、2つ目と3つ目ぐらい、攻めて良いのかもね。

まとめ

冒頭と最後に書いた通り、もともと女子は、男性のアクセサリーに否定的だから、付けるときはご注意を

どうしても、男性がアクセサリーを付けたい場合は、シンプルな指輪をすると、一番に女子ウケするでしょう。

ネックレス・ブレスレッド・ピアスをしたい男性は、女子ウケを無視して、付けるしかありませんよ。

彼女がいるなら、ペアリングを付けるのもアリですが、大人の場合だと、デート中でしか許してくれません。

かなり条件が付くので、こうなったら、女子ウケなんて気にせずに、自分の好きなアクセサリーを付けてください。

キシ
あれこれ気にすると、なにも付けられないので、5つのルールだけを守り、好きなアクセサリーを選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフスタイル