40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

40代の懐かしい漫画20選!格闘から恋愛まで7ジャンルを完全網羅!

   

読書をする男性

40代が少年の頃は、ジャンプ、サンデー、マガジンなどの少年誌を読んでいて、好きな漫画の単行本を持っていたはず。

自分も、何作品か単行本をすべて持っていたけど、邪魔なって売ってしまったので、また買って読み返したいです。

そこで今回は、40代が懐かしいと思う漫画を、格闘から恋愛まで、7つのジャンルから、合計20冊をご紹介します。

ジャンルは、格闘・スポーツ・不良・ギャグ・ハードボイルド・歴史・恋愛があり、少年時代は、すべて読んでいたでしょう。

40代のみなさんは、合計で20冊ある懐かしい漫画の中で、何作品ぐらい全巻の単行本を、持っていましたか?



強い男に憧れた格闘漫画!

格闘家の拳

今は違うかもしれないけど、40代が子供だった頃は、強い男に憧れていたので、格闘漫画がかなり流行しました。

ご紹介する漫画には、たくさんのワザが登場して来て、それが強くてカッコいいから、マネした人もいるのでは。

自分は、以下の格闘漫画を1つだけ、当時は全巻を持っていて、読むと必ずシャドーボクシングをしていました。

リングにかけろ(全25巻)

『リングにかけろ』は、週刊少年ジャンプで連載していた、世界チャンピオンを目指す少年のボクシングの漫画。

始めは、普通のボクシング漫画だったのが、次第にオリジナルのパンチが登場して、聖闘士星矢の原型の漫画に変ります。

個人的には、主人公の高嶺竜児が、飲んだくれの義父を、思いっきりぶん殴るシーンが、大好きで何度も読みました。

キン肉マン(全36巻)

『キン肉マン』は、週刊少年ジャンプで連載していた、超人と言われるレスラーと、ギャグを一緒にしたような漫画。

主人公のキン肉マンよりも、味方や敵のレスラーに人気があり、自分は、初期の頃のレスラーが好きでした。

弱い敵だけど、カレクック、ベンキマン、ティーパックマンなど、くだらないネーミングが良かったです。

※2010年から、再びキン肉マンが、再開されたけど、36巻が区切りだと思うので、全36巻にしています。

ドラゴンボール(全42巻)

『ドラゴンボール』は、週刊少年ジャンプで連載していた、若い世代から外国人も知っている有名な漫画。

個人的に好きなのは、ピラフ一味編・天下一武道会編・レッドリボン軍編、この3つの辺りが、最高に面白かったです。

ただし、敵を倒すたびに、また強い敵が出るパターンは、ちょっと閉口したので、ピッコロ編が終わりで良かったような・・・。

キシ
この3つに共通するのは、どれも続編のような、漫画が出ていること。それだけ人気だったんですね。

始めるキッカケになったスポーツ漫画!

サッカーボール

40代の男性が子供の頃は、1つぐらいスポーツを、やっている時代だったので、スポーツ漫画も多かったはずです。

そこで、スポーツ漫画からは、野球・サッカー・バスケの3つから、少年時代に読んだ懐かしい漫画をご紹介します。

もしかしたら、漫画の影響を受けて、以下のスポーツを始めた人も、多いのではないでしょうか。

タッチ(全26巻)

『タッチ』は、週刊少年サンデーで連載していた、甘酸っぱい恋愛もある、高校野球が舞台の漫画。

漫画本で読んだ人よりも、アニメで見た人の方が多そうだけど、喫茶店に置いてあって、読んだ人もいるのでは。

『タッチ』の場合は、野球に憧れると言うよりも、南ちゃんが好きになって、読んでいた人の方が多いでしょうね。

キャプテン翼(全37巻)

『キャプテン翼』は、週刊少年ジャンプで連載していた、サッカーブームを作ったキッカケの漫画。

当時は、サッカーをすると、「タイガーショット!」や「ドライブシュート!」と言って、シュートしてる人が多かった。

ただし、さすがにスカイラブハリケーンは、ムチャクチャで、実際に試合でやったら、確実にイエローカードでしょうね。

SLAM DUNK(全31巻)

『SLAM DUNK』は、週刊少年ジャンプで連載していた、バスケブームを作ったと言っても良い漫画。

実際『SLAM DUNK』をきっかけに、バスケを始めた男性も、かなり多いのではないでしょうか。

『SLAM DUNK』の最後は、桜木のリハビリ?で終わっていたはずで、スポーツ漫画では、珍しいエンディングでした。

キシ
スポーツ系の漫画は、床屋によく置いていましたね。漫画がメインで、通った人もいるのでは。

ワルに憧れてしまった不良漫画!

学校

40代が中学生になる頃は、学校が荒れていた時代で、スクールウォーズのようなことが、リアルに起きたのでは。

教師を殴ったり、後輩を絞めたり、自分はおとなしかったので、無関係だったけど、かなり怖かったです。

そんな悪い時代だったからこそ、以下のような不良漫画が、大人気になったのでしょうね。

BE-BOP-HIGHSCHOOL(全48巻)

『BE-BOP-HIGHSCHOOL』は、週間ヤングマガジンで連載していた、不良の高校生2人がケンカをしまくる漫画。

当時は、『BE-BOP-HIGHSCHOOL』をモデルに、違反制服が流行したので、実際に着用した40代はいるはずです。

映画にもなった漫画なので、仲村トオル(トオル)と清水宏次朗(ヒロシ)のイメージの方が、強い人も多いのでは。

魁!!男塾(全34巻)

『魁!!男塾』は、週刊少年ジャンプで連載されていた、不良が集まる男塾(高校?)が舞台になっている漫画。

ストーリーは、不良が更生すると思いきや、上級生や他校とバトルが始まり、最終的には死者が出るのがスゴかった。

当時から疑問に思っていたのは、死んだはずの仲間が、実は生きているパターンで、何度も驚かされましたね。

ろくでなしBLUES(全42巻)

『ろくでなしBLUES』は、週刊少年ジャンプで掲載されていた、吉祥寺にある不良がいる高校を舞台にした漫画。

原作者が、ボクシング好きと言うこともあり、登場人物などに元チャンピオンの名前を、使っていることが多いです。

当時は太尊たちを見て、カッコいいと思う反面、こんな怖い生徒がいる高校へは、絶対に行きたくないと思ってました。

キシ
今の若い世代には、こんな不良が高校にいたなんて、信じられないでしょうね。

腹を抱えて笑ったギャグ漫画!

笑う子供

今も昔も、ずっと人気があるのはギャグ漫画で、一人で読みながら、クスクスと笑っていた人も多いでしょう。

電車の中だと、変な人と思われるから、顔を隠して笑い声を抑えながら、少年誌を読んでいた人もいるはずです。

ギャグ漫画の良いは、基本的に1話で完結するので、巻数に関係なく途中から、読み始められるところだと思います。

Dr.スランプ(全18巻)

『Dr.スランプ』は、週刊少年ジャンプで連載していた、人間型ロボットのアラレちゃんが主役の漫画。

アラレちゃんが主役ではあるけど、かなり個性的なキャラクターが登場するので、読んでいて全く飽きませんでした。

ニコちゃん大王、スッパマン、Dr.マシリト、警官など、好きなキャラクターがたくさんいて、本当に面白かったです。

ハイスクール!奇面組(全20巻)

『ハイスクール!奇面組』は、週刊少年ジャンプで連載されていた、高校を舞台にした個性的な5人組がメインの漫画。

登場人物は、語呂合わせで作られた名前の5人組がほとんどで、必ず○○組と言うような、グループを組んでいました。

自分が好きだったのは、冷越豪で高校生なのに、一升瓶でお酒を飲んでいたのが、スゴく印象に残っています。

こちら葛飾区亀有公園前派出所(全200巻)

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、週刊少年ジャンプで連載されていた、ハチャメチャな警官の両津が主人公の漫画。

連載は、1976年から2016年の40年間なので、10代から50代までだったら、最低でも一度は読んでいるかもしれません。

こち亀を読んで気になるのは、両津の借金の総額だったので、調べたら「1,663兆2,928億5,903万8,850円」もありました。

キシ
ギャグ漫画は、読みきりなので、暇なときに読むのが、ピッタリの漫画なんですよね。

主人公がカッコいいハードボイルド漫画!

幸せそうな男性

漫画の主人公は、基本的にカッコいいけど、その中から、特に主人公がカッコいい、ハードボイルド漫画があります。

ときに強く、ときに優しく、まさに男の中の男である主人公がいると、漫画も面白いから、読んでしまうんですよね。

自分も、あの主人公のように、カッコいい男になりたい!そう思いながら、少年時代に読んでいた人も多いのでは。

北斗の拳(全27巻)

『北斗の拳』は、週刊少年ジャンプで連載されていた、最終戦争後の世界を舞台のアクション満載の漫画。

主人公のケンシロウもカッコいいけど、ラオウ、トキ、レイなど、他の登場人物も、スゴくカッコいんです。

個人的には、ラオウが好きで、やはりあの名台詞を聴くと、カッコいいなぁと思ってしまいます。

CITY HUNTER(全35巻)

『CITY HUNTER』は、週刊少年ジャンプで連載されていた、新宿が舞台の始末屋・冴羽遼が主人公の漫画。

冴羽遼が、いざと言うときに見せるカッコ良さは、この中で一番だけど、問題なのは無類の女好きであること。

でも、『CITY HUNTER』に登場する女性は、ほとんど美女なので、遼の気持ちも分かりますけどね。

静かなるドン(全108巻)

『静かなるドン』は、週刊漫画サンデーで連載されていた、昼は会社員、夜は暴力団の総長、2つの顔を持つ主人公の漫画。

昼間は、下着メーカーで会社員の近藤静也が、夜になると別人の顔を見せるのが、とてもカッコいいんです。

実写版では、中山秀征さんが主人公を演じてたけど、個人的には、中野英雄さんの方が、似合っていた気がします。

キシ
『静かなるドン』は、行きつけの床屋に置いてあり、読むのが楽しみで通っていました。

読むだけで勉強になった歴史漫画!

勉強をする男性

漫画ばかり読んでいると、バカになってしまうから、ときには勉強になる漫画も必要と思い、読んでいた人もいるでしょう。

特に歴史の勉強をする上で、漫画が役に立った人は多いと思うから、普段は読まない人でも、読んだ記憶があるのでは。

友人たちがそうだったけど、ご紹介する2作品をきっかけに、歴史小説に移行した人も、かなり多そうですね。

三国志(全60巻)

『三国志』は、少年ワールドなどで連載されていた、中国の後漢末期から、三国時代の歴史の勉強ができる漫画。

吉川英二の『三国志』を読む前に、横山光輝の漫画の『三国志』で、歴史の勉強した人も多いのでは。

なぜか地区の図書館に、漫画の『三国志』が置いてあったので、自分も何度か読み勉強していました。

お〜い!竜馬(全14巻)

『お〜い!竜馬』は、少年ビッグコミックなど連載されていた、幕末で活躍した坂本竜馬を主人にしている漫画。

坂本竜馬で有名なのは、司馬遼太郎が書いた『竜馬がゆく』が有名だけど、この漫画で勉強した人も多そうです。

当時から知っていたけど、原作者が武田鉄矢さんだと知ったら、若い人たちは驚くかもしれませんね。

キシ
漫画で読んだ方が、歴史って頭に入りやすいんですね。でも、実際の歴史と違うパターンもあるけどね。

ドキドキしながら読んだ恋愛漫画!

ラブラブなカップル

最後にご紹介するジャンルは、少年時代に漫画を読みながら、キュンキュンしていたであろう恋愛モノの漫画。

今とは違い、当時はネットのない時代だから、かなりソフトな内容でも、ドキドキしながら読んでいたはずです。

特に登場する女の子が、どの漫画もカワイイ子が多かったので、好きになってしまった人もいるでしょうね。

きまぐれオレンジ☆ロード(全18巻)

『きまぐれオレンジ☆ロード』は、週刊少年ジャンプで連載されていた、高校を舞台にした微妙な三角関係の漫画。

当時は、「ひかる派」と「まどか派」に分かれていたと思いますが、自分は断然に「まどか派」でした。

実は、最終回まで読んでいないから、恭介とまどかの結末を知りたいので、漫画喫茶に行って全巻を読みたいです。

電影少女(全15巻)

『電影少女』は、週刊少年ジャンプで連載されていた、ビデオテープから美少女が出て来る夢のような漫画。

当時は、本当にこんなビデオ店があったらと、真剣に思っていた中学生や高校生は、自分を含めて多かったでしょう。

当時は、洋太とあいともえみの最後がどうなったか、ハラハラドキドキしながら、『電影少女』を読んでいました。

BOYS BE…(全32巻)

『BOYS BE…』は、週刊少年マガジンで連載されていた、当時の高校生がドキドキしながら読んだ学園モノの漫画。

当時は、女の子の気持ちなんて理解できなかったから、『BOYS BE…』を読んで、勉強していた人もいるのでは。

自分の場合は、同級生が買ったマガジンを借りて、『BOYS BE…』に出て来る大人のシーンを、見るのが好きでした。

キシ
この3つに共通するのは、登場する女の子が、みんなカワイイことです。

まとめ

ご紹介した懐かしい漫画は、7ジャンル20作品もありましたが、40代なら1作品ぐらいは、全巻を持っていたのでは。

自分の場合は、『リングにかけろ』『電影少女』、この2作品をすべて持っていて、当時はよく読んでいました。

他の漫画も、ジャンプなどの少年誌、漫画喫茶、床屋などで読んでいたから、またもう一度、読み返したいですね。

でも、『こち亀』のように、巻数が多い漫画だと、全巻をそろえたら、部屋が狭くなって困る人もいるでしょう。

そんな人はダウンロードして、スマホで読めるサイトもあるから、置き場所にも困らないので、そちらがおすすめですよ。

おすすめサイト!
  • パソコン・スマホだから、置き場を気にせずたくさん読める。
  • 54万冊以上のラインナップ。
  • コミック品揃え世界最大級 ナイショの「あの本」も読もう。
  • 老舗、17年も続いていて安心 会員数なんと170万人。
  • あの人も実は eBookJapanかも!? 会員登録は無料。
  • 月額費もず~っと無料(0円)
キシ
今だったら、『CITY HUNTER』と『きまぐれオレンジ☆ロード』、この2つをまた読みたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍