40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

ちょっと切ない夏うたベスト15!夏の終りに聴くのがピッタリです!

      2018/09/24

夕暮れの夏

こんにちは。お盆が終わると、季節は一気に秋へと進み、夏が終わるんだと、実感している、独身ブロガーのキシです。

今年の夏に、良い思い出が、あった人もなかった人も、秋が来る前に、夏の終わりの余韻を、夏うたで感じませんか?

そこで今回は、ちょっと切なくなる夏うたから、厳選した15曲をご紹介するので、夏の余韻に浸りながら、聴きましょう。

ご紹介する15曲は、すべて心が切なくなる曲だから、今年の夏の思い出が、全くない人も、しんみりした気分になるはず。

夏の始めは、明るくて楽しい曲、夏の終わりは、切なくてしんみりした曲、これが夏うたの定番ですよね。

夏のクラクション|稲垣潤一

1曲目は、1983年に発売した『夏のクラクション』で、稲垣潤一さんは、冬だけではなく夏にも、名曲があります。

夏の終わりに、海岸線をドライブしながら、『夏のクラクション』を聴くと、あまり切なくて、涙が出るかもしれません。

あとで、登場しますが、冬に名曲があるアーティストは、しっかり夏にも、名曲を持っているのが、面白いですね。

キシ
稲垣潤一さんは、冬だけじゃなく、夏にも聴きたい、アーティスですね。

真夏の果実|サザンオールスターズ

2曲目は、1990年に発売の『真夏の果実』で、サザンオールスターズの夏うたと言えば、この曲を思い出す人も、多いのでは。

サザンの場合は、夏の終わりの名曲が、他にもあるので、かなり迷ったけど、切ないのは、やはり『真夏の果実』でしょう。

『真夏の果実』を聴くなら、今回ご紹介できなかった夏うたが、他にも入っている『海のYeah!!』を、買ってください。

キシ
『真夏の果実』を、夏の終わりに聴くと、絶対に切ないですよ。

夏祭り|JITTERIN’JINN

3曲目は、1990年に発売した『夏祭り』で、JITTERIN’JINNの代表曲の1つと言って、間違いないでしょうね。

若い人なら、Whiteberryの『夏祭り』を、思い出すでしょうが、もともとは、JITTERIN’JINNが歌っていたんですよ。

ボーカルの春川玲子さんの声は、素朴でかすれた声なので、歌詞の内容とハマって、切なさが半端ない曲になっています。

キシ
明るいメロディのに、歌詞がとても切ないので、そのギャップにやられますね。

少年時代|井上陽水

4曲目は、1990年に発売した『少年時代』で、井上陽水さんの名曲と聞かれたら、この曲を思い出す人も、多いでしょう。

『少年時代』は、子供の頃夏を、思い出す名曲として、かなり有名だけど、発売した当初は、ヒットをしていません。

発売したあとに、映画の主題やCMで、人気に火がつき、誰もが知る夏うたになったのは、ちょっと驚きですね。

キシ
『少年時代』を聴くと、当たり前ですが、少年時代を、思い出しますね。

さよなら夏の日|山下達郎

5曲目は、1991年に発売した『さよなら夏の日』で、冬のイメージだった山下達郎さんを、夏のイメージに変えました。

『さよなら夏の日』は、タイトル通りの切ない内容で、なんと歌詞に出てくるモデルが、山下達郎さん本人らしいです。

他にも、山下達郎さんには、切ない夏うたがあるので、ベストアルバムを聴き、夏の余韻に浸るのは、どうでしょうか。

キシ
タイトル通り、夏の終わりには、『さよなら夏の日』を、いつも聴いています。

EDGE OF THE KNIFE|浜田省吾

6曲目は、1991年に発売した『EDGE OF THE KNIFE』で、有名な曲ではないけど、夏の終わりにはピッタリです。

歌詞を読むと、学生時代の淡い夏の思い出が、すぐに蘇る内容なので、この曲を聴くと、大抵場の場合は、切なくなる。

学生時代に、夏の思い出がない人でも、この曲を聴くと、疑似体験ができるから、夏の終わりに、しんみりしますうよ。

キシ
学生時代に、ヤンチャだった人は、真夜中の学校のプールへ、入っていたでしょうね。

君がいた夏|Mr.Children

7曲目は、1992年に発売した『君がいた夏』で、なんとこの曲が、全く人気が衰えない、ミスチルのデビューシングル。

今は大人気のミスチルだけど、デビューした当時は、無名だったこともあり、過去のシングルの中で、この曲が最低順位。

売上は最低でも、切ない気持ちにさせる歌詞が、夏の終わりにピッタリだから、ミスチルの夏うたでは、ベスト1位ですね。

キシ
初期の名曲としても、『君がいた夏は』は、人気がありますね。

あの夏の花火|DREAMS COME TRUE

8曲目は、1992年に発売した『あの夏の花火』で、シングル曲ではないけど、人気のある曲だから、かなり有名です。

この曲は、別れた彼氏を、花火とともに思い出す歌詞で、彼氏を彼女に変えれば、男性でも切ない曲に、変わります。

以前は、二人で見ていた花火を、今は一人で見ている人は、この曲を聴くと、かなりヤバいので、ご注意ください。

キシ
花火は、終わったあとの切なさが、半端いないので、夏の終わりにピッタリです。

祭りのあと|桑田佳祐

9曲目は、1994年に発売した『祭のあと』で、タイトルを見るだけで、切ない夏うたなのは、決まっていますよね。

途中の歌詞では、「夏は終わらない」と歌ってますが、最後は花火とともに、夏が終わってしまい、本当に切ない曲。

ひと夏の恋をして、見事に玉砕された人は、『祭のあと』を聴くと、夏の終わりが、今まで以上に、切なくなるでしょうね。

キシ
『祭のあと』は、失恋ソングなので、ひと夏の恋をした人に、ピッタリです。

サマーヌード|真心ブラザーズ

10曲目は、1995年に発売した『サマーヌード』で、夏の始めの曲かもしれないけど、自分の場合は、夏の終わり派。

PVを見る限り、これから始まる夏ではなく、もうすぐ夏が終わる感じが、スゴく出ているから、夏の終わり派なんです。

ちなみに、PVでが真心ブラザーズと、一緒に遊んでいる女性が、デビュー前のPUFFYなのは、かなり有名な話。

キシ
『サマーヌード』は、20代前半に、めちゃくちゃ聴いた曲です。

センチメンタル|ゆず

11曲目は、1999年に発売した『センチメンタル』で、ゆずの場合、夏の始めも終わりも、名曲があるんですね。

ゆずの場合、夏の始めは『夏色』、夏の終わりは『センチメンタル』、この2曲があれば、完璧な夏になりそう。

歌詞は、歌詞の通り、センチメンタルな夏が、描かれているので、切ない気持ちになりたい人には、ぜひ聴きましょう。

キシ
夏になると、ゆずを聴きたくなる人は、多いでしょうね。

夏の終わり|森山直太朗

12曲目は、2003年に発売した『夏の終わり』で、今回のテーマから考えると、この曲がベスト1位なのかもしれません。

森山直太朗さんの声と、夏の終わりに、好きだった人を思い出す歌詞、これを聴いたら、誰だって切ない気分になるはず。

自分も、夏の終わりには、部屋の明かりを消し、月明かりの中で、この曲を聴きながら、過ぎゆく夏を、過ごします。

キシ
みなさんは、『夏の終わり』に、誰に会いたくなりますか?

同じ窓から見てた空|コブクロ

13曲目は、2005年に発売した『同じ窓から見てた空』で、コブクロの隠れた名曲でもあるから、ぜひ聴いて欲しいです。

今年の夏に帰省して、学生時代に好きだった人と会い、玉砕された人が聴いたら、ほぼ間違いなく、泣くでしょうね。

詳しい歌詞は、ここで書けないから、『うたまっぷ』で確認しながら、切ない夏の終わりを、しっかり感じてください。

キシ
『同じ窓から見てた空』は、スゴく歌詞が良いから、大好きな曲です。

若者のすべて|フジファブリック

14曲目は、2007年に発売した『若者のすべて』で、夏の終わりに、好きな人と出会えますが、なぜか切なく感じる曲。

会いたい人に、会えないと思いながら、心のどこかで、会えるかもと、期待をしているのが、とても切ないんです。

結果的に、ハッピーエンドになるけど、切なく感じるのは、もしかしたら、歌い方と声質が、影響してるのかもね。

キシ
志村正彦さんの声は、亡くなっていることもあり、スゴく切なく感じます。

打上花火|DAOKO×米津玄師

15曲目は、2017年に発売した『打上花火』で、新譜を聴かない自分が、久しぶりに良い曲だと、感動した曲です。

若い人なら、アニメ映画の主題歌だったので、かなり知っているだろうけど、40代以上場合は、知らない人もいるかも。

自分も、姪っ子から教えてもらって、『打上花火』を聴いたら、切ない歌詞で良かったから、好きになりました。

キシ
『打上花火』は、米津玄師さんのソロより、DAOKO×米津玄師が、おすすめです。

まとめ

夏の終わりになると、楽しい曲よりも、切ない曲を聴いて、過ぎゆく夏の余韻に浸るのが、一番の過ごし方。

実際に自分も、夏の終わりに、紹介した曲を聴いて、切ない気持ちになるのが、夏の終わりのルーティン。

不思議なもので、春と冬の終わりは、切ない曲が合わないけど、夏と秋の終わりは、切ない曲がハマります。

夏の始めには、明るい曲を聴き、夏の終わりには、切ない曲を聴くのが、BGMを選ぶ際は、ベストでしょうね。

ちなみに、切ない夏うたを聴く際は、夕暮れや夜に、部屋を暗くすると、さらに切なくなるから、おすすめです。

キシ
切ない夏うたは、昼間ではなく、夕暮れや夜が、ピッタリですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽と書籍