40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

1人で聴くと泣いちゃうクリスマスソングのおすすめ名曲15選!

   

サンタクロース

クリスマスが近づくと、クリスマスソングを聴きたくなるけど、独身の人は聴く際に、ある覚悟はできているでしょうか?

家族や友人と過ごすなら別にして、独身が1人きりの部屋で、クリスマスソングを聴くと、泣いてしまう可能性があるんです。

そこで今回は、1人で聴いたら泣いちゃうかもしれない、おすすめなクリスマスソングの名曲を、15曲ほどご紹介します。

明るいクリスマスソングだとしても、1人で聴いてしまったら、元カノや元カレを思い出して、泣いてしまうでしょう。

それでも、クリスマスソングを聴きたい人は、ぜひおすすめの15曲を聴きながら、涙のクリスマスをお過ごしください。

昔の邦楽からは8曲!

最近の曲をあまり知らない世代には、昔から定番のクリスマスソングが一番だけど、探してみると、悲しい曲が多かったです。

下記のクリスマスソングが、流行した時代はバブル期だったのに、盛り上がる曲よりも、悲しい曲が多いのには意外でした。

40代以降の人が、ご紹介する8曲のクリスマスソングを一人で聴くと、若い頃を思い出して、泣いてしまうでしょうね。

クリスマス・イブ|山下達郎

1曲目は、定番中の定番である山下達郎さんの『クリスマス・イブ』で、クリスマスが近づくと、必ず売れる曲です。

歌詞の内容が、1人きりのクリスマスの話だから、同じ境遇の人が聴くと、泣くのは当然でしょうね。

サイレント・イヴ|辛島美登里

2曲目は、歌声が悲しさを助長している辛島美登里さんの『サイレント・イヴ』で、これは絶対に泣いてしまいます。

間違っても、歌詞を読みながら聴くのは、号泣の危険性があるので、くれぐれも気をつけてください。

いつかのメリークリスマス|B’z

3曲目は、男性が聴くと泣いてしまう、B’zの『いつかのメリークリスマス』で、これはかなりヤバいクリスマスソング。

間違っても、『いつかのメリークリスマス』を聴きながら、元カノのことは思い出さないように。

クリスマスキャロルの頃には|稲垣潤一

4曲目は、稲垣潤一さんの代表曲と言って良い『クリスマスキャロルの頃には』で、特徴のある歌い方が当時は話題でした。

こちらの場合は、号泣すると言うよりも、切なくて目に涙が浮かぶクリスマスソングでしょう。

MIDNIGHT FLIGHT|浜田省吾

5曲目は、あまり知らないであろう、浜田省吾さんの『MIDNIGHT FLIGHT』で、現実の話のような歌詞になっています。

クリスマスに別れた人は、少ないだろうけど、似たような経験があったら、泣いてしまうでしょう。

THE CHRISTMAS SONG|竹内まりや

6曲目は、外国のクリスマスソングとして有名な『THE CHRISTMAS SONG』で、竹内まりやさんが、カバーしている曲。

竹内まりやさんの歌い方が、悲しい雰囲気を出しているので、悲しい気分になってしまいます。

雪のクリスマス|DREAMS COME TRUE

7曲目は、英語と日本語の歌詞の2つがあるドリカムの『雪のクリスマス』で、片思いの人が聴くと、泣いてしまうでしょう。

吉田美和さんの声で、悲しいクリスマスソングを歌われたら、幸せな人も泣いちゃうかも。

雪に願いを|槇原敬之

8曲目は、冬の名曲が槇原敬之さんの『雪に願いを』で、歌詞を読まず曲だけ聴いていれば、泣くことはないと思います。

でも、歌詞を読むと、一人でいることを励まされている気分になって、たぶん泣くでしょうね。

キシ
歌詞を読みながら、クリスマスソングを聴くのは、とても危険です。ご注意ください。

インストゥルメンタルからは1曲!

インストゥルメンタルのクリスマスソングは、明るくて楽しい曲が多かったので、見つかったのは1曲だけでした。

ジャズなどからも探したのですが、あまり悲しい気分にならなかったので、定番すぎるけど、この曲をご紹介します。

Merry Christmas Mr. Lawrence|坂本龍一

9曲目は、映画・戦場のメリークリスマスで使われた、坂本龍一さんの『Merry Christmas Mr. Lawrence』です。

ピアノの旋律が、独りぼっちの寂しさを引き立たせるので、悲しい気持ちになるでしょうね。

キシ
この曲は、心に重く響くから、途中で耐えられなくて、止めてしまうかもしれません。

洋楽からは4曲!

洋楽のクリスマスソングは、全部で4曲ほどご紹介しますが、実はどれも明るくて楽しい曲を、あえて集めました。

明るい曲を、あえて集めた理由は、40代以降の人だけに限定するけど、楽しかった若い頃を思い出すからです。

恋人や友人と盛り上がっていた頃を、独りぼっちで思い出したら、悲しくなって泣いてしまうでしょうね。

Jingle Bell Rock|ボビー・ヘルムズ

10曲目は、1957年に発売されたボビー・ヘルムズの『Jingle Bell Rock』で、初めて聴いた人でも、懐かしく感じるのでは。

聴いているうちに、子供の頃を思い出してしまって、今との違いに悲しくなるかもしれません。

Last Christmas|ワム!

11曲目は、バブル期に大ヒットしたワム!の『Last Christmas』で、40代以降の人は、若い頃を絶対に思い出すでしょう。

当時は、カップルで聴いたでしょうが、和訳をすると、失恋のクリスマスソングだったんですよ。

Happy Xmas (War Is Over)|ジョン・レノン

12曲目は、ジョン・レノンの『Happy Xmas (War Is Over)』で、副題にあるように、反戦歌の意味合いもある曲です。

この曲を聴くと、今年も終わりなのかと思い、一人でいる自分に対して悲しくなるでしょう。

Wonderful ChristmasTime|ポール・マッカートニー

13曲目は、ジョン・レノンが出たから、次はポール・マッカートニーの『Wonderful ChristmasTime』でしょう。

普通に聴けば楽しい曲だけど、1人のクリスマスを『wonderful』と言われたら、悲しくなりませんか?

キシ
この4曲は、2人で聴けば楽しい曲になるけど、1人で聴くと、悲しい曲になってしまいます。

2010年以降からは2曲!

最後の2曲は、2010年以降に発売された、そこそこ新しいクリスマスソングをご紹介しますが、若い人なら定番な曲でしょう。

ただし、自分と同じ40代以降になると、新しい曲をあまり聴かないから、知らな人もいると思うで、この機会に知ってください。

女性が歌う曲も探したけど、同性の方が感情移入をしやすいので、男性のバンドから2曲のクリスマスソングを、ご紹介します。

Merry Christmas|BUMP OF CHICKEN

14曲目は、すでにクリスマスソングの定番になっている、BUMP OF CHICKENの『Merry Christmas』です。

歌詞を読みながら聴くと、1人でも頑張ろうと言う気持ちになって、涙が出てしまうかも。

クリスマスソング|back number

15曲目は、片思いの男性が聴いたら、泣いてしまうback numberの『クリスマスソング』で、この曲を一番におすすめします。

男の情けない感じと、好きな人への気持ちが伝わるから、片思いじゃなくても涙が出そうです。

キシ
最近の曲もなかなか良いので、『クリスマス・イブ』のように、毎年ヒットするかもしれませんね。

まとめ

昔の曲から最近の曲まで、クリスマスソングを全部で15曲ご紹介しましたが、お気に入りの1曲は見つかりましたか?

カップルや友人と聴く分には、楽しいクリスマスソングもあったけど、1人で聴いたら、どれも悲しく聴こえるでしょう。

最悪の場合は、クリスマスソングを聴きながら、独りぼっちの部屋で泣くと思うので、タオルの用意をお忘れなく。

ご紹介した曲の中で、自分が泣きそうになるのは、昔の曲だったら、『サイレント・イブ』か『いつかのメリークリスマス』。

あとは、『Happy Xmas (War Is Over)』も、クリスマスと年末の寂しさを感じるので、泣きそうになってしまいます。

キシ
1年に1回ぐらい、涙を流す日があっても、良いのでは?ただし、顔のむくみには、注意してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍