初回30日間無料で音楽聴き放題!

THE BLUE HEARTSの歌詞がめちゃくちゃカッコいい名曲ベスト10!

THE BLUE HEARTS 邦楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代の人たちは、10代や20代の頃に、絶対に聴いてたであろう、伝説のパンクバンド。THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。

THE BLUE HEARTSは、心に響くヒロトとマーシーの歌詞で、80年から90年のロックシーンを、席巻してました。

そんなTHE BLUE HEARTSは、解散して20年以上が、過ぎた今でも、当時と変わらず、カッコいい名曲が盛りだくさん。

そこで今回は、歌詞がめちゃめちゃカッコいい、THE BLUE HEARTSの名曲を、全部で10曲、ご紹介します。

今の若者は、新しいバンドとして、40代以上は、当時を思い出して、THE BLUE HEARTSを、お聴きください。

スポンサーリンク

THE BLUE HEARTSのおすすめアルバム!

THE BLUE HEARTSとの出会いは、姉がダビングして持っていた、1本のテープから、始まります。

姉が『TRAIN-TRAIN』を持っており、それを借りてから、すぐファンになって、アルバムを買いました。

ポップなメロディ、ハードなサウンド、真っ直ぐな歌詞、この3つが、THE BLUE HEARTSの魅力だったかな。

しかし、自分の場合、凄く聴いていたのは、前半の3部作で、後半のアルバムは、あまり聴かなかった。

個人的には、前半の3部作が、一番にカッコいいから、1st・2nd・3rd、この3枚を、おすすめします。

キシ
キシ

ベスト1位のアルバムは、2ndの『YOUNG AND PRETTY』です。

THE BLUE HEARTSの名曲①「リンダ リンダ」

『リンダ・リンダ』は、デビューアルバム『THE BLUE HEARTS』に、収録されている曲で、メジャーデビュー曲でもある。

歌詞は、汚い生き物を例えにして、美しさや優しさを表現した、ヒロトのセンスの良さが、本当にカッコいい。

THE BLUE HEARTSが、パンクバンドだと、言われる代表的な曲は、この『リンダ・リンダ』で、間違いありません。

キシ
キシ

『リンダ・リンダ』は、カラオケでも、盛り上がる曲ですね。

THE BLUE HEARTSの名曲②「世界のまん中」

『世界のまん中』は、デビューアルバム『THE BLUE HEARTS』に、収録されてる曲で、歌詞の内容がカッコいい。

歌詞の内容を、具体的にご紹介できませんが、『世界のまん中』を聴いて、生きる勇気をもらった人も多いはず。

もし、生きることが、ツラいと感じたら、の『世界のまん中』を聴いて、生きることに、命を掛けてください。

キシ
キシ

『世界のまん中』は、短い曲だけど、メッセージ性が、ありますね。

THE BLUE HEARTSの名曲③「ラインを越えて」

『ラインを越えて』は、THE BLUE HEARTSの2ndアルバム、『YOUNG AND PRETTY』に、収録されてる曲。

この曲は、ヒロトではなく、初めてオリジナルアルバムでマーシーが、メインボーカルになって歌った曲でもある。

歌詞は、反戦歌のような内容で、THE BLUE HEARTSが、ただのパンクバンドではないと、思った人も多いはずです。

キシ
キシ

当時は、大人はみんな、夕刊フジを読むんだと、思ってました。

THE BLUE HEARTSの名曲④「チューインガムをかみながら」

『チューインガムをかみながら』は、THE BLUE HEARTSの2ndのアルバム、『YOUNG AND PRETTY』に、収録されてる曲。

歌詞に出てくる、「チューインガム」のフレーズが、10代のイキがってる感じを、醸し出していて、凄くカッコいい。

立派な大人だけど、イキがりたいときは、『チューインガムをかみながら』を聴き、ヘッドバンキングをしましょう。

キシ
キシ

歌詞のように、いつまでも、生意気なガキのまま、生きたいですね。

THE BLUE HEARTSの名曲⑤「チェインギャング」

『チャインギャング』は、THE BLUE HEARTSの2ndアルバム、『YOUNG AND PRETTY』に、収録されてる曲。

作詞と作曲はマーシーで、ちょっと捻くれた感じが、ヒロトの真っ直ぐな歌詞と、対比していて、カッコいいです。

THE BLUE HEARTSは、明るい曲も良いけど、『チャインギャング』のような曲も、おすすめなので、聴いてください。

キシ
キシ

ヒロトはパンク、マーシーはブルース、こんな感じですね。

THE BLUE HEARTSの名曲⑥「TRAIN-TRAIN」

『TRAIN-TRAIN』は、ドラマの主題歌に使われた、THE BLUE HEARTSの5thシングルとして、大ヒットした曲。

この曲は、サビがメインではなく、その前の部分が、凄く歌詞がカッコいいから、そこを聴いて欲しいですね。

自分の場合、『TRAIN-TRAIN』を聴いて、元気をもらったから、落ち込だときは、この曲で、元気をもらいましょう。

キシ
キシ

『TRAIN-TRAIN』は、凄く流行った曲だけど、全く色褪せませんね。

THE BLUE HEARTSの名曲⑦「青空」

『青空』は、THE BLUE HEARTSの8枚目のシングルで、アルバム『THE BLUE HEARTS』にも、収録されてる曲。

ご紹介する10曲の中で、ベスト1位を選ぶなら、『青空』かもしれないくらい、本当に、カッコいい曲です。

歌詞の内容は、反戦歌と言なので、解散後は歌ってないけど、できれば、また歌って欲しいファンは、多いでしょうね。

キシ
キシ

『青空』は、カラオケで熱唱すると、凄く気持ち良いですよ。

THE BLUE HEARTSの名曲⑧「情熱の薔薇」

『情熱の薔薇』は、THE BLUE HEARTSがレーベル移籍をして、1発目に発売した、通算9枚目のシングル曲。

今までのような、真っ直ぐで純粋な歌詞から、少し変わりつつある、分岐点のような曲だと、当時は思ってました。

リスナーが成長するように、THE BLUE HEARTSも、成長したと、この曲を聴いて、感じた人も、多いのでは。

キシ
キシ

『情熱の薔薇』は、最初で最後のオリコン1位の曲でした。

THE BLUE HEARTSの名曲⑨「TOO MUCH PAIN」

『TOO MUCH PAIN』は、THE BLUE HEARTSの12枚目のシングルで、5thのアルバム、『HIGH KICKS』にも、収録されてる曲。

歌詞は、めちゃめちゃ切ないバラードで、やっぱりTHE BLUE HEARTSは、カッコいいバンドだと、思うはずです。

この曲は、アマチュア時代の曲だから、新しい感じがせず、オールドファンは、違和感なく、聴けるでしょう。

キシ
キシ

この曲は、意外と知られてないので、たくさんの人に、聴いて欲しいです。

THE BLUE HEARTSの名曲⑩「チェルノブイリ」

『チェルノブイリ』は、チェルノブイリ原発事故をテーマにした曲で、契約の問題から、インディーズで発売された曲。

歌詞は、「チェルノブイリに行きたくない!」と、批判してるように、聴こえますが、実際は、全く違います。

福島の原発事故が、風化しつつあるので、この『チェルノブイリ』が、事故を忘れないためにも、価値がある曲なのでは。

キシ
キシ

チェルノブイリのような事故が、日本で起こるなんて、想像できませんでした。

THE BLUE HEARTSの名曲「まとめ」

THE BLUE HEARTSが解散して、20年以上が過ぎたけど、やっぱり今も、カッコいいバンドでした。

できれば、1回で良いから、THE BLUE HEARTSの曲を、ヒロトに歌って欲しいけど、無理でしょうね。

ヒロトだけは、解散してから1回も、THE BLUE HEARTSの曲を、歌っておらず、思うところがあるのかも。

結果的に、再結成もしないし、一度も歌わないから、THE BLUE HEARTSの凄さが、分かるんですけど。

ちなみに、ヒロトはマーシーと、今もバンドを組んでるけど、やっぱりTHE BLUE HEARTSには、勝てないなぁ。

キシ
キシ

曲の中では、ヒロトもマーシーも、当時のままだから、それで良いのかもね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
邦楽音楽
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました