初回30日間無料で音楽聴き放題!

お風呂で音楽を聴くにはどの方法がベストなのかを検証した結果!

お風呂 ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お風呂は最高のリラックスタイム。さらに効果をアップするなら、一緒に音楽を聴くのがおすすめ。

でもお風呂の中で音楽を聴く場合、いろいろな方法があるので正解がどれなのか、分からない人も多いはず。

そんな人のためにお風呂で音楽を聴く方法を調べた結果、3つほど見つかったのでどれが正解かご紹介します。

日頃の疲れがたまっている人は、音楽を聴きながらゆっくりお風呂に入り、身も心も癒されてください。

ただし、熱いお湯の長風呂は逆に疲れてしまうから、39度前後の温度で15分くらいを目安にしましょう。

スポンサーリンク

防水タイプの音楽プレーヤーで聴く場合!

1つ目は防水タイプのイヤホンで聴く音楽プレイヤーを使いお風呂で音楽を聴く方法。

防水タイプの音楽プレイヤーを買えば、すぐに音楽を聴けるから手っ取り早いです。

ただし、イヤホンで聴く音楽プレイヤーの場合、防水加工をしてるから音質の問題があります。

防水になるとイヤホンの音質が悪くなるので、通常のイヤホンに比べたら音質が悪いです。

その代わり音楽プレーヤーは、持ち運びが便利で耳に付けるだけだから、面倒な人にピッタリ。

さらに、お風呂だけではなくランニングやプールにも使えるので、アクティブな人におすすめ。

音楽プレーヤーの場合、音質にこだわる人は不向きだけど、気楽に聴きたい人なら良いでしょう。

音質にこだわらない人。
面倒なことが苦手な人。
運動をしながら使いたい人。
キシ
キシ

お風呂で音楽を聴く際は短時間だから、音質にこだわる必要がないかもね。

防水タイプのスピーカーで聴く場合!

2つ目は音楽プレーヤーと防水スピーカーをBluetoothでつなぎお風呂で音楽を聴く方法。

ポイントはスピーカーで音楽を聴けるから、音楽プレーヤーとは違い音質が良いこと。

最近は価格が安いのに重低音がしっかり響くから、音質にこだわるはスピーカーがおすすめ。

ただし、防水スピーカーはプレイヤーがないと、音楽を聴けないのが最大のネックです。

Bluetoothがついてるプレイヤーで、Bluetoothの感度が良くないと、お風呂の中で使えません。

さらに脱衣所で音楽プレーヤーをセットしたあと、お風呂に防水スピーカーを持って行くのは面倒。

音質にこだわる人は、防水スピーカーがおすすめだけど、こだわりがない人は止めた方が良いでしょう。

音質にこだわりがある人。
面倒が嫌いじゃない人。
Bluetooth機能のプレーヤーを持ってる人。
キシ
キシ

音質にこだわるなら面倒だけどスピーカーで聴くのが一番です。

防水機能があるスマホで聴く場合!

3つ目はプレイヤーとスピーカーがセットになっている防水機能のスマホで聴く方法。

防水機能のスマホは、スピーカーや防水イヤホンを使いお風呂で聴けるからとても簡単。

さらにお風呂でネットも見られるし、「Amazon Music」の音楽も聴けるから凄く便利です。

iPhoneだと「8」以降が防水なので、音質にこだわる人は前述のスピーカーを買うだけ。

音質にこだわらなければ、防水のイヤホンかスマホ内蔵のスピーカーで大丈夫。

Androidだと「arrows」「AQUOS」「Xperia」などに防水機能がついています。

ただし、iPhoneは本体がクソ高くAndroidは性能が良くないから、決め手に欠けるかもね。

iPhoneユーザーの人。
防水スマホが欲しい人。
ネットの音楽を聴きたい人。
キシ
キシ

「8」以降のiPhoneユーザーならスピーカーを買うだけですよ。

おすすめの防水プレーヤー『AGPTEK 防水プレイヤー』

防水プレイヤーは、ソニーのウォークマンが初め良いと思ったけど問題なのは価格。

さらにレビューを見ると1万円以上するのに、性能が見合わないらしいから却下。

次に目を付けたのが、「2,000円台」で買える「AGPTEK」の防水プレーヤーです。

防水は国際防水レベルIPX4だけど、「湯船に入れない」「シャワーのときは外す」を守れば大丈夫。

IPX4:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)

音質にこだわる人は物足りないだろうけど、音楽が聴ければ良い人ならこれで十分。

容量は8GBで約2000曲も入るので、お風呂で聴くには問題ないでしょう。

お風呂で使う場合、専用機の方が便利だから、普段用とお風呂用の2台を持つのがおすすめです。

価格が2,000円台でかなりのお買い得。
防水レベルIPX4でも普通に使えば大丈夫。
容量は8GBもあり約2000曲を収録できる。
連続再生時間は約12時間で問題なし。
キシ
キシ

2台持ちにすると脱衣所に置きっ放しにできるから便利ですよ。

おすすめの防水スピーカー『Anker SoundCore Sport』

防水スピーカーでおすすめはBOSEやJBLだけど、お風呂のために1万円近くの価格は高すぎ。

お風呂で使う場合は使用頻度も多くないから、音質を考慮しても5千円以下が望ましい。

この条件で探したら、「3,000円台」価格で評判の良い「Anker」の防水スピーカーを発見。

性能は国際防水レベルIPX7をクリアしており水深1mで最長30分の操作が可能。

IPX7:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)

音質は、特殊なドライバーとウーファーでクリアな音質と低音を実現。

伝送距離は約10mもあるから、浴室の外に音楽プレーヤーを置いても問題なく届きます。

連続再生時間は10時間もあり、サイズもコンパクトだから、狭いお風呂でも大丈夫です。

価格は約3,000円台。
クリアな音質としっかりした低音。
水深1mで最長30分の操作が可能。
伝送距離が約10m。
連続再生時間は10時間。
キシ
キシ

お風呂だと使う時間が短いので、高級なスピーカーは必要ありません。

どの方法がお風呂で音楽の正解なのか?

どの方法も一長一短があるので、音楽の聴き方により正解が分かれるでしょう。

お金の方はメーカーにこだわらないと、5,000円もあれば買えるので問題ありません。

5,000円でも高い人はどの方法でもダメだから、自分で歌ってガマンしてください。

曲が聴ければ良い人は音楽プレーヤー。

とりあえずお風呂に入りながら音楽が聴ければ良い人は、防水タイプの音楽プレーヤー。

価格も2,000円台なら気軽に買えるのでベストな選択でしょう。

AGPTEK ヘッドホン一体型 防水・運動MP3プレーヤー

音質にこだわる人は防水スピーカー。

良い音質で音楽を聴きたい人は、お風呂に入る前のセットが面倒だけど防水スピーカー。

ただし、別にBluetoothのある音楽プレーヤー(スマホ)が必要です。

Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー

どちらも面倒な人は防水スマホ。

簡単で音質にこだわりたい人は、「iPhone」や「arrows」の防水スマホ。

スピーカーとセットで使えば部屋で聴くレベルの音楽が聴けます。

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04

キシ
キシ

お金があればiPhoneだけどさすがに高すぎますね。

お風呂で音楽を聴く方法「まとめ」

初めはスピーカーが良いと思ったけど、手間を考えたら音楽プレーヤーがベストかも。

音楽プレーヤーの場合、お風呂だけでなく運動中やプールで使えて便利ですからね。

心配だった価格も、3,000円台で品質もお値段以上ならば買って損はないでしょう。

ただし、シャワー中に音楽が聴けないので気になる人は、スピーカーかスマホです。

とりあえず音楽を聴ければ良い人は防水タイプの音楽プレーヤー。

音質にこだわる人はBluetooth機能がついてる防水タイプのスピーカー。

お金のある人はiPhoneのような防水機能のついたスマホ。

音楽を聴くスタイルに合わせて決めましょう。

キシ
キシ

お金がある人はスマホ+防水スピーカーがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ガジェット音楽
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番

COMMENT