40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

お茶で風邪予防!一番におすすめなのはノンカフェインの柿の葉茶!

   

お茶を飲む男性

独身で独り暮らしが風邪をひくと、看病してくれる人がいないので、普段から風邪の予防に、気を使っているのでは。

風邪を予防するには、昔からお茶が良いと言われており、毎日のように飲んでいる人も、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、風邪予防に効果のあるお茶から、ノンカフェインの「柿の葉茶」を、特におすすめしたいのでご紹介します。

特に、乾燥する季節は、ちょっと油断して風邪をひいてしまうから、風邪を予防するために、お茶を飲んでください。

わが家の場合は、1年中ずっと「柿の葉茶」を飲んでおり、なんとか健康を維持しているので、手放せなくなりました。



風邪の予防にはお茶を飲もう!

お茶を飲む男性

風邪予防にお茶が良いのは、昔から有名な話で、インフルエンザにも効果があるらしく、必ず飲んでいる人も多いのでは。

ポイントは、20分に1度ほどお茶を飲むことで、のどに付着したウイルスを胃に流し込み、胃酸が作用を弱めるそうです。

水でも大丈夫らしいけど、お茶に含まれているカテキンが、抗酸化作用などが期待できるので、効果的と言われています。

実際に飲む量としては、コップで半分くらいと言われているから、50mlから100mlを目安にして、お茶を飲んでください。

冷たいお茶よりも、温かいお茶の方が、胃に負担をかけないので、お茶が冷めないマイボトルで、持ち歩きましょう。

キシ
職場の場合は、2Lのペットボトルのお茶だと、たくさん飲めるから良さそうです。

お茶でうがいすると風邪予防になる!

頻繁に、水分補給をすると、飲んだ分だけトイレの回数が、多くなってしまうので、それが面倒な人もいるでしょう。

そんな人には、お茶でうがいをするだけでも、風邪予防に効果があるから、のどが乾燥する前に、うがいをしてください。

もちろん、飲むのと同じように、インフルエンザ予防の効果があるから、飲めないときは、うがいをすることです。

茶に多く含まれるカテキンは、抗酸化作用、抗菌・抗ウイルス作用など様々な生理学的作用を持ち、基礎的な研究によりインフルエンザウイルスに対する感染抑制効果が確かめられています。

引用:お茶の新知識
URL:http://www.japanese-greentea.net/dictionary/new_knowledge04.html

風邪予防の他にも、口臭や虫歯の予防にもなるので、食後にお茶のうがいをすると、一石三鳥かもしれませんね。

キシ
飲んで良し、うがいして良し、お茶は健康のための必需品です。

ただしお茶の飲み過ぎは弊害がある!

風邪やインフルエザの予防に、効果的と言われるお茶だけど、1つだけ問題があり、それがお茶に含まれるカフェイン。

カフェインの過剰摂取は、健康を害すると言われており、有名な不眠症の危険の他にも、まだリスクがあるんです。

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。

引用:食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A
URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

一般的に健康な成人の場合、1日に400mgまでが、カフェインの許容範囲で、単純に計算すると、お茶の場合は約2Lぐらい。

1日の水分をすべてお茶にした場合、確実に許容範囲を超えるから、他の水分と併用しないと、健康を害するかもしれません。

キシ
カフェインは、胃を荒らすと言われており、消化器系が弱い人も、ダメっぽいかな。

そんなときにおすすめなのが「柿の葉茶」

柿

お茶が、風邪やインフルエンザの予防に良いと分かったのに、飲み過ぎると健康を害するのは、かなり問題でしょう。

しかし、そんな問題も、わが家が数年前から、飲み続けている「柿の葉茶」の場合だと、すべて解決してくれます。

自分の場合、逆流性食道炎だから、カフェインがダメだけど、「柿の葉茶」なら問題なく飲めるから、手放せません。

ノンカフェインだから飲み過ぎても大丈夫

柿の葉茶は、ノンカフェインなので、どんなに飲んでも問題がないから、緑茶よりも絶対におすすめです。ノンカフェインなら、寝る前に飲んでも、不眠症になる心配がなく、枕元にも置けますよ。

ビタミンCは緑茶の20倍もある

緑茶には、健康に良いビタミンCが、豊富に含まれているけど、柿の葉茶の場合は、さらに多く含まれています。柿の葉茶は、緑茶やレモンの約20倍くらい、ビタミンCが含まれるから、おすすめです。

カキタンニンが体を健康にする

柿の葉茶に含まれる「カキタンニン」は、健康にとても良い成分で、一番に有名なのが、高血圧の予防になること。他にも、ダイエット効果があると言われており、飲み続けたいお茶ですね。

抗酸化作用で老化を防ぐ

さらに柿の葉茶には、抗酸化作用のある「ポリフェノール」も、豊富に含まれているから、老化を防ぐ貴重なお茶です。ストレス対策にも、効果があるから、40代以上の人は、積極的に飲みましょう。

花粉症にも効果がある

柿の葉茶のポリフェノールは、「アストラガリン」と言い、アレルギーを緩和するらしく、花粉症にも効果があるそうです。花粉症の人は、3月を過ぎたら、柿の葉茶が手放せませんね。

柿の葉茶の飲み方

柿の葉茶のタンニンは、貧血の原因になるらしいけど、飲み方に注意すれば、問題はありません。基本的に、空腹時に飲まなければ、大丈夫らしいので、心配な人は時間に気をつけましょう。

キシ
問題なのは、ペットボトルの「柿の葉茶」が、売っていないことですね。

わが家がおすすめするのは「柿の恵み」

柿の葉茶

前にも書いた通り、柿の葉茶は緑茶とは違い、ペットボトル飲料として、販売されていないから、知らない人も多いでしょう。

でも、アマゾンなどで検索すれば、いろいろなメーカーから販売されおり、わが家は「柿の恵み」を、愛飲しています。

「柿の恵み」がおすすめな理由は、1袋5gのティーパックなので、やかんに入れるだけだから、とても簡単なんです。

価格は、5gが32パック入って約830円、「1パック=1L」だから、約32Lが作れるので、1日83円で飲める高コスパ。

他には、ちょっと面倒だけど、急須で入れるタイプにすれば、100gで約400円だから、こちらの方がお得かもしれません。

キシ
自分の場合、緑茶は全く飲んでおらず、2年以上ずっと柿の葉茶を、愛飲しています。

お茶を持ち歩くならマイボトルを買おう!

温かい柿の葉茶を飲むなら、冷めないステンレスボトルがおすすめで、実際に自分も買いましたが、これは本当に便利。

朝、沸騰したお湯でお茶を作り、ステンレスボトルに入れると、1日中ずっと温かいから、お茶を飲むにはピッタリ。

ステンレスボトルのメーカーは、何社か存在するけど、やはり一番に有名なサーモスを、個人的にはおすすめします。

サーモス クイックオープンタイプ

クイックオープンタイプは、飲む際にフタを開けたら、その場に置くタイプで、一般的なステンレスボトルと言えるでしょう。シンプルな作りなので、洗うのがとても簡単です。

サーモス ワンタッチオープンタイプ

ワンタッチオープンタイプは、フタを開けて置く必要がないから、すぐに飲めるので、かなり便利です。その代わり、洗う際がちょっと面倒なので、そこがネックかもしれません。

キシ
自分は、ワンタッチオープンタイプを持ってます。ちょっとだけ、飲むのにコツが要りますね。

まとめ

お茶は、風邪やインフルエンザの予防ができるから、乾燥する季節は飲んだり、うがいに使ったりしましょう。

カフェインが気になる人は、おすすめの「柿の葉茶」に変えれば、安心して飲めるので、ぜひお試しください。

ノンカフェインだと、夜に飲んでも問題なし、子供や妊婦さんでも安心だから、緑茶よりも良いのでは。

またカフェインの取り過ぎは、胃を荒らす原因になるので、胃が弱い人も「柿の葉茶」なら、全く問題なし。

自宅では、急須に入れて飲み、会社では、ステンレスボトルに入れて持ち歩けば、冷めないからおすすめです。

キシ
「柿の葉茶」は、味にクセがないので、子供からお年寄りまで、飲めるお茶ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 健康・美容