40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

すぐできるスマホ依存症対策!あなたは1カ月で60時間も無駄にしてる!

   

スマホ依存の男性

こんにちは。スマホを使うのは、SNSとLINEがメインで、ゲームは全くしない、独身ブロガーのキシです。

自分は、大丈夫だけど、スマホが普及した結果、依存する人が出ており、社会的な問題になっています。

ある調べだと、平均使用時間は、1日約120分、1カ月60時間になり、時間の無駄使いは、かなりの問題。

そこで今回は、すぐできるスマホ依存症対策を、8つご紹介するので、身に覚えがある人は、すぐやりましょう。

どっぷり依存してる人も、ちょっとヤバい人も、早い段階から、対策を取れば、きっと依存が改善されますよ。

スマホの依存症になると危険がいっぱい!

スマホ依存の人も、そうでない人も、スマホを長い時間やり続けると、こんな危険があるので、注意が必要です。

最近は、社会問題にもなりつつあるから、早い段階で、危険性を理解すれば、依存せずに、済むかもしれません。

特に、最後の危険は、加害者になる可能性もあり、早く対策を取らないと、他人を傷つけてしまいますよ。

首や背中や腰が痛くなる

最近、特に言われているのが、長時間のスマホで首・背中・腰が痛くなる症状で、最も危険なのが、スマホ首です。

最悪の場合、頭痛やめまいが出たり、自律神経失調症なることもあるので、スマホ依存になる前に、対策を取りましょう。

精神的な不安定に陥る

スマホ依存に限らず、なにかに依存している人は、それが使えなかったり、なくなったいりすると、精神的な不安に陥ります。

精神的な不安にあると、仕事が手に付かなかったり、集中力がなくなったり、生活に支障をきたすので、こちらも危険です。

事故に巻き込まれる

依存している人は、歩きスマホやながらスマホをしているでしょうが、そんな状態が続くと、いつか事故に巻き込まれます。

駅・交差点・歩道などで、スマホに集中していたら、最悪の場合、電車や車にはねられて、命を失うかもしれませんよ。

他人を事故に巻き込む

歩きスマホをしていると、自分ではなく、他人に怪我をさせることもあり、実際に、死亡事故も起きているから、本当に危険。

自分が怪我をするなら、自業自得で済むけど、全く関係ない他人を、巻き込むと、最悪の場合、逮捕されるかもしれません。

キシ
スマホに依存しても、良いことはありません。すぐ対策を、取りましょう。

一番の原因は便利なアプリにある!

仲が良い友人

スマホ依存の原因は、便利なアプリだと思われ、実際に自覚のある人は、たくさんアプリを、使っていませんか?

生活をする上で、欠かせないアプリなら、仕方がないけど、必要のないアプリは、ダウンロードしない方が良い。

実際に、アプリ市場データを、提供するApp Annieが、利用状況の調査をすると、スゴい結果になりましたから。

スマホのアプリは100本以上

なんと日本人が、所持しているアプリは100本以上、実際に使うアプリは、1カ月で約30本、とてつもない数字です。

毎日のように、新しいアプリが登場しており、出る度に、ダウンロードをしている人は、かなり多いかもしれませんね。

1日のゲームは1時間以上

1日平均のゲーム時間は、Androidのスマホに、限定されますが、1時間を超えており、韓国に続き2番目の多さ。

ゲームとは別に、他のアプリや動画を、見たりするだろうから、日本人にスマホ依存は、やはり多いのでしょうね。

キシ
今は、すぐアプリに頼るから、スマホ依存になるのでしょうね。

自分の周りに2人もいたスマホ依存!

自分の周りにも、スマホ依存しているのが、高校生と中学生の姪っ子におり、暇があればスマホをしています。

具体的に、依存の基準が難しいけど、スマホに通信制限を、掛けられた場合は、ほぼ依存しているでしょうね。

実際に、2人の姪は、通信制限が掛かると、退屈だと言い出し、暇を持て余すから、かなりヤバいです。

ゲームをしたり動画を見る

姪っ子の2人は、暇があればスマホでゲームをしたり、動画を見たりしており、 何度か通信制限を、掛けられたそうです。

家にwi-fiがあっても、電車や車の中で、スマホをしているから、1カ月のデータ量を、簡単に使い切ると言ってました。

テレビを見ながらスマホを見る

自分が高校生の頃は、テレビを見るかゲームをするか、家にいるときは、2つだけしかなかったけど、今はこれにスマホが入ります。

テレビを見ながら、スマホをしているのは、どう考えても良くありませんが、大人でもこのパターンは、多そうすね。

腰痛になってしまった姪っ子

高校生の姪っ子は、もともと猫背で、姿勢が悪かったのに、スマホ依存が原因で、さらに悪化させました。

その結果、腰痛にまで発展して、高校生の身でありながら、整体へ通っており、叔父としては、呆れています。

キシ
若い世代は、ながらでスマホを使うから、依存するのでしょうね。

今すぐできるスマホ依存対策8選!

ガラケー

スマホがあれば、便利で楽しいのは、よく分かるけど、依存をすると危険なので、なにかしら対策が必要。

特に、姪っ子のように、姿勢が悪くて腰痛になったら、整体へ通うハメになるので、お金が掛かりますからね。

依存ではない人も、使い過ぎていると思ったら、1つぐらい対策を講じて、普段から気をつけましょう。

不要はアプリはすべて削除する

真っ先にやる対策は、アプリを使わないことなので、不要なアプリがあったら、すべて削除してください。

特に、暇つぶしにやるゲームのアプリは、貴重な時間を、ムダに使うので、今すぐに削除しましょう。

スマホがない時代は、アプリがなくても、生活できたのだから、削除しても、生活に支障は出ませんよ。

むやみにアプリをダウンロードしない

不要なアプリを削除しても、またアプリが欲しくなり、むやみにダウンロードしたら、同じことの繰り返し。

LINEなど、連絡に使うアプリは、ダウンロードして良いけど、遊び目的のアプリは、必要ありません。

特にゲームのアプリは、ハマったらやり続けるので、絶対にダウンロードするのは、止めてください。

スマホは取り出しづらい場所へ置く

依存する人は、外出しているとき、暇になると、スマホを取り出して、使っていることが多いはずです。

取り出しやすい場所に、スマホを置くから、使ってしまうので、取り出しづらい場所に、置いてください。

部屋の場合は、テーブルの上ではなく、手に届かない場所へ、スマホを置けば、頻繁に使わないでしょう。

面倒でも頻繁に電源を切る

電源が入っていると、ついスマホを、使ってしまうから、連絡を待っていない場合は、電源を切りましょう。

健康面だと、寝るにスマホを使うことで、眠れなくなるから、寝る数時間前には、電源を切ってください。

普段は、「機内モード」や「ウルトラ省電力」にすると、機能を制限できるから、こちらを、おすすめします。

暇つぶしの方法を別に見つける

アプリなくても、暇なときはネットを見て、スマホに依存をするから、他の暇つぶし方法が必要です。

暇なときは、勉強や読書をすると、自分のためになるから、資格の本や文庫本を、カバンに入れてください。

音楽を聴く場合は、スマホで聴いてしまうと、そのままネットを見るかから、別の音楽機器で、聴きましょう。

思い切ってガラケーに変える

依存度が高い場合は、ガラケーに変えると、必然的にスマホを、使えなくなるから、この方法がベスト。

もしくは、ガラホに機種変更すれば、少しだけアプリが使えるので、軽度の場合は、こちらが良いかも。

ただし、必要なアプリが、使えなくなるので、依存を改善できるけど、不便が生じるので、それがネックです。

低額の料金プランに変更する

データ通信量が多い場合、いつでも好きなだけ、ネットや動画を、見られるから、依存するのかもしれません。

そこで、データ通信量を少なくすれば、ネットや動画を見られないから、スマホ依存から、脱出できます。

プランとしては、3GBプランだと多いので、思い切って1GBプランに、変更するのは、どうでしょうか。

キシ
この7つの対策で、ダメだったら、最後の手段を、使うしかありません。

最後の手段は無料のスマホ依存防止アプリを使う!

最後の手段として、スマホ依存の無料アプリがあるから、気に入ったものを、使うようにしてください。

全部で3個ほど、ご紹介しますが、どれも使い方は、難しくないので、依存している人は、すぐ使いましょう。

ちなみに、ご紹介している依存対策アプリは、Androidが2個、iPhoneが1個、合計3個になっています。

BlackOut(Android)

「BlackOut」は、設定した時間や曜日に、全てのアプリがロックするので、スマホの操作が一切できません。

無料アプリでも、機能的には十分ですが、依存度が高い人は、有料アプリ方が、効果はありそうです。

外部リンク

BlackOut

タイマーロック(Android)

「タイマーロック」は、時間を指定すると、カウントがゼロになるまで、スマホの操作ができません。

勉強や仕事など、集中したいときにも、おすすめのアプリなので、学生や会社員にピッタリです。

外部リンク

タイマーロック

スマホをやめれば魚が育つ(iPhone)

「スマホをやめれば魚が育つ」は、スマホを使わないと、魚が育つ、ゲーム感覚で楽しめるアプリ。

ゲームにハマれば、依存の対策になるけど、ハマらなければ、普通に使いそうだから、ちょっと微妙かも。

キシ
スマホ依存を、アプリで治す。「毒は毒をもって制す」みたいですね。

まとめ

すぐできるスマホ依存症対策を、8つご紹介しましたが、やはり最後の頼みの綱は、便利なアプリでした。

便利なアプリが、スマホ依存の大きな原因だから、かなり皮肉だけど、改善されるなら、使って良いでしょう。

アプリを使わない場合は、他の7つの対策を、講じることで、一番におすすめは、データ通信量を変更。

データ通信量を、少なくすれば、頻繁に動画やSNSを、見られないので、スマホを使う機会が、確実に減ります。

とりあえず、始める場合は、「ながらスマホ」を、止めることから、スマホ依存対策を、講じてください。

キシ
スマホは、手段であり、目的ではないので、勘違いしないように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフハック