今なら4000万曲が3カ月99円で聴き放題!

スマホを落下させない防止対策!これならスマホはずっと新品同様!

落下したスマホ 生活の知恵
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。スマホを買ってから、1年以上が経過したけど、傷が1つも付いていない、独身ブロガーのキシです。

今の時代、スマホは大切なツールなので、不注意で落下させたら、画面が割れて、普段の生活に、支障が出ます。

そこで今回は、スマホを落下させないために、自分がやっている防止対策を、ご紹介するので、ぜひ参考にどうぞ。

人によっては、難しいと感じるでしょうが、落下させるリスクを考えたら、これくらいは、我慢できるでしょう。

ただし、デメリットも存在するので、最初のアイテムと比べてから、どちらの防止対策を取るか、お決めください。

スポンサーリンク

スマホを落とさないためのアイテム!

一般的には、スマホを落下させないために、落下防止用のアイテムを使うのが、便利なのは知っているはず。

実際、使っている人に聞くと、スゴく簡単なので、スマホのヘビーユーザーは、こちらの方法がおすすめ。

金額は、1,000円から2,000円くらいなので、大切なスマホを守れるなら、かなりお安いと思いますよ。

ただし、アイテムの中には、当たり外れが多いらしいので、レビューなどを参考にして、購入してください。

スマホにカバーをする

般的な落下防止のアイテムは、スマホのカバーで、女性の場合は、手帳タイプを使っている人が、多いはずです。

最近のスマホは、薄くて大きいから、手帳タイプのカバーだと、持ちやすいので、落下を防げる思います。

仮に、落下させても、カバーをしてあるから、画面が割れたり、傷がつく可能性は、かなり減るでしょうね。

スマホにストラップを付ける

ガラケーの場合は、ストラップを付ける人も、多いでしょうが、スマホの場合は、付けないかもしれません。

しかし、スマホにストラップを付けると、かなり落下防止になるので、手軽に使えるから、とても便利です。

見た目は、ちょっと悪くなるけど、落下させるリスクを考えたら、ストラップを付けた方が、マシだと思います。

スマホにリングを付ける

スマホを、ポケットに入れる人は、ちょっとネックだけど、スマホにリングを付けるのも、落下防止におすすめ。

背面のリングに、指を入れるだけで、落下の防止になるから、手帳やストラップが嫌な人に、良さそうです。

特に、片手で使う人は、スマホを落下させやすいので、リングがあると、かなり防止になるでしょうね。

スマホに保護フィルムを貼る

万が一、スマホを落下させても、画面が割れる可能性を、格段に低くするためには、保護フィルムを貼ること。

頻繁に、落下させそうな人は、強化ガラスのフィルムにすると、簡単には割れないので、こちらがおすすめ。

フィルムを貼れば、カバンの中に入れても、画面の割れを防げるので、ガサツな人に、良いでしょう。

キシ
最低でも、保護フィルムは、必要でしょうね。

スマホを落下させないアイテムのデメリット!

スマホを、落下させないアイテムは、簡単なので便利な反面、デメリットも存在するので、注意が必要です。

お金を払って、購入したのに、デメリットの方が強すぎて、使い物にならないことも、ありますからね。

どのアイテムも、メリットとデメリットがるので、自分のスマホに合うアイテムを、探すようにしましょう。

スマホに合うカバーがない

スマホの種類によって、カバーが発売されていない、合う物が見つからない、このようなケースが多くあります。

特に、Androidのスマホは、いろいろなメーカーから、発売されているので、カバーを探すのが大変です。

他にも、手が小さい人は、カバーをすると持ちづらくなり、落とすかもしれないので、逆効果かもしれません。

ストラップを付けられない

ガラケーには、ストラップ用の穴があったけど、スマホの場合は、もともと、ストラップ用の穴がありません。

この場合、ストラップが付けられるカバーを、購入する必要があり、上記の同じ理由で、見つからないかも。

またスマホを使う度に、ストラップを手首などに、通す必要があるので、頻繁に使う人は、面倒でしょうね。

スマホリングが外れることもある

リングは、スマホの背面に、強力な粘着シールで、付けているけど、リングの種類によっては、すぐ外れます。

安心して、リングに指を入れていたとき、スマホからリングが外れたら、ほぼ間違いなく、落下するでしょうね。

また、粘着力が強いと、剥がすときに、スマホが壊れてしまうので、付け直しが利かないも、デメリットです。

スマホが思うように動かない

保護フィルムを貼ると、タッチの感度が悪くなってしまい、スマホが思うように、動かないことがあります。

これは、スマホの性能が原因で、実際に保護フィルムを貼らないと、タッチの感度がどうなるか、分かりません。

落下した際、画面の保護になるけど、スマホの操作性が、悪くなるので、判断するのは、ちょっと難しいです。

キシ
自分の場合、デメリットが大きいので、アイテムは使っていません。

スマホを落とさない方法!

スマホを操作する人

自分の場合、アイテムを使うと、デメリットを感じたので、これからご紹介する方法で、落下を防いでいます。

方法としては、全部で3つありますが、どれも落下を防ぐには、基本的なことなので、これを守れば大丈夫。

実際、自分のスマホは、2017年1月の購入から、すでに1年半が過ぎたけど、一度も落下はしていないんですよ。

ただし、スマホを使う時間は、かなり短いので、ヘビーユーザーの人は、ちょっと難しいかもしれませんね。

スマホを使うときは両手で操作

スマホを片手で操作すると、手から滑って、落下するかもしれないから、必ず両手を使い、スマホを操作します。

街中で見ていると、スマホを落下させている人は、片手だけで操作をしており、これは絶対に止めましょう。

左手でスマホを持ち、右手で操作をすれば、手から滑る心配がないので、スマホの落下を、防げるはずです。

歩きスマホを絶対にしない

最近、問題なのが「歩きスマホ」で、人にぶつかった拍子に、スマホを落下するケースが、多くなっています。

スマホを見て、歩いている訳だから、段差や柱などに、つまずいて転ぶこともあり、本当に危険です。

緊急を除き、スマホを落下させない、周りに迷惑を掛けない、この2点を考えて、歩きスマホは止めましょう。

スマホを使うときは座る

2つの方法をやっていても、スマホを不可抗力で、落下させることが、実際にあるので、注意が必要です。

そこで、座ってスマホを使えば、高さがない分だけ、スマホを落下させても、壊れる確率が、低くなるでしょう。

さらに、テーブルなどに置いて、スマホを使えば、絶対に落下しないので、座って使うことを、おすすめします。

キシ
どの方法も、スマホを落下させないためには、基本的なことですね。

スマホを落とさない方法のデメリット!

スマホを落下させない方法は、すぐにできることなので、とても簡単だけど、デメリットも存在するんです。

ライトユーザーなら、ご紹介した方法を、守れるだろうけど、ヘビーユーザーの場合は、ちょっと難しいかも。

もし、デメリットを強く感じる場合は、最初にご紹介したアイテムを使い、スマホの落下を防ぎましょう。

両手がふさがるので不便に感じる

スマホを両手で操作した場合、荷物や傘を持っているとき、スマホを使えないので、不便に感じるでしょう。

両手で操作性した方が、安全ではあるけど、両手を空ける必要があり、忙し人には、不向きかもしれません。

歩いて使えないと仕事に支障が出る

外回りをしている人は、忙しく移動をしながら、スマホを使うはずなので、座っている暇は、ないと思います。

便利のはずのスマホが、不便になってしまったら、本末転倒なので、これもデメリットに、感じるでしょうね。

座る場所がなかなか見付からない

通勤電車時は、座って使いたくても、座席が空いてないから、立ったままでしか、操作できないと思います。

他にも、イスがない場所だと、使うときに使えないので、落下が防げても、得策ではないかもしれません。

キシ
ライトユーザーなら、これをデメリットには、感じないはずですよ。

まとめ

ライトユーザーは、3つの方法を使い、ヘビーユーザーは、アイテムを使うことで、スマホの落下を防げます。

自分の場合は、ライトユーザーと言うこともあり、まだ一度も、スマホを落としておらず、今でも新品同様です。

アイテムは、標準で付いていたフィルムだけで、あとはなにもしてないから、3つを守れば、落下はしませんよ。

今の時代は、スマホがないと、なにをするにも不便だから、落下して壊れると、普段の生活に支障が出るかも。

スマホ本体も、決して安い物ではないから、お金の面を考えても、落下しない方法を、ぜひ守ってください。

キシ
スマホは、かなり高いので、落下して壊さないように、使ってください。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
生活の知恵
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番