40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

スマホを落として壊さないための3つの方法と4つのアイテム!

      2017/10/24

壊れたスマホ

みなさんは、スマホは今も新品と同様にピカピカですか?

もしかしたら、つい油断してスマホを落としてしまい、画面を割ってしまったり、傷を付けてしまったりしたことがある人もいるでしょう。

自分は、1日でも長く新品のままスマホを使い続けたいので、慎重に使うようにしています。

でも、ちょっとした油断で落としてしまう可能性が心配なので、大切なスマホをいつまで新品のように使い続けるため、スマホを落とさない方法と落とさないためのアイテムをご紹介。

これで落としてしまったら、もう諦めるしかありませんね。

スマホを落とさない方法!

スマホは決して安いモノではないので、できるだけキレイな状態を維持しつつ、長く使い続けたいはずです。

でも、駅や電車内でスマホを使っている人と見ると、画面が割れていたりあちらこちらに傷が付いていたりすることがあります。

たぶん、どこかでスマホを落としてしまい、大切なスマホを壊してしまったのでしょうが、自分だったらショックでしばらく立ち直れないかも。

そんなことにならないように、まずお金を掛けず簡単にできる、スマホを落とさないための方法をご紹介します。

スマホを使うときは両手で持つ!

画面の大きいスマホの場合は、さすがに片手だけで使うのはちょっと厳しいけど、「iPhone SE」のようなコンパクトなサイズだったら片手で使う人もいそうです。

また電話に出るときやメールを確認するくらいなら、片手で操作をしてしまう人もいるでしょうが、これは落下の危険があるので絶対にダメ。

通話だけだったら片手でも問題なく使えるけど、ネットやメールをする場合は、片方の手でスマホを持ち、もう片方の手でスマホを操作した方が安全です。

歩きスマホを絶対にしない!

最近、問題になっているのが歩きスマホなのですが、人にぶつかった拍子に、スマホを落としてしまう危険性もあります。

スマホを見て歩いている訳ですから、人だけじゃなく段差や柱などにつまずいたりぶつかったりしてしまい、スマホを落とすことがあるでしょう。

緊急の場合は仕方がありませんが、基本的には歩きスマホは周りの人が迷惑するだけじゃなく、大切なスマホを落としてしまう危険もあるので絶対に止めてください。

スマホを使うときは座る!

どんなにスマホを落とさないように注意しても、落としてしまうことはあると思います。

そこで、もし落としてしまってもスマホの画面が割れたり、傷が付かないようにするためには、できるだけ座ってスマホを使うように心掛けましょう。

落ちる高さが立って使うよりも座って使う分だけ、スマホの画面が割れたり傷が付いたりする可能性が低くなるので、できるだけ座ってスマホを使うようにしてください。

キシ
どの方法も、スマホを落とさないためには基本的なことだと思います。でも、基本的なことができないから、スマホを落としてしまっているのでは?

スマホを落とさないためのアイテム!

上記でご紹介した方法で、スマホを落とさないようにするのは良いですが、できればもっと簡単にスマホを落とさないようにした人もいるでしょう。

ここでは、家電量販店やネットで買えるアイテムを使って、スマホを落とさないようにする方法をご紹介します。

金額は、1,000円から2,000円くらいで購入できるから、全部を購入してどれが自分に合っているかを試すのも良さそうです。

ただし、アイテムの中には当たり外れが多いらしいので、よく調べてから購入することをおすすめします。

スマホにカバーをする!

スマホを落とさないためのアイテムで一般的なのが、スマホにカバーをすることで、特に女性で手帳タイプのカバーをしている人は多いのでは?

最近のスマホは、かなり薄くて大きくなったから、しっかりした作りのカバーがあった方が持ちやすく感じ、落とすこと減ると思います。

仮に落としてしまっても、カバーをしてある分だけ、画面が割れたり傷がついてしまう可能性が低くなるので安心です。

スマホにストラップを付ける!

ガラケー時代にストラップを付けていた人も多いでしょうが、スマホの場合はあまりストラップを付けている人は見掛けませんよね。

でも、ストラップをスマホに付けて手首に掛けておけば、仮にスマホを落としてしまっても、大丈夫なのでおすすめ。

本来なら、ガラケーよりも落とす可能性が高いスマホの方が、ストラップを付けている人が少ないのはちょっと不思議です。

スマホにリングを付ける!

最近、注目しているスマホを落とさないためのアイテムが、スマホの背面に強力な粘着テープで付けるだけのスマホリング。

スマホを使うときに、背面のリングに指を入れるだけで、落下の防止になるから手帳やストラップが嫌な人におすすめかも。

特に、片手でスマホを使うことが多い人は、スマホリングを付けると落とす可能性が減りそうですね。

スマホの画面に保護フィルムを貼る!

スマホを万が一、落としてしまった場合でも、画面に保護フィルムを貼っていれば、画面が割れる可能性が格段に低くなるそうです。

画面をさらに保護したい場合は、保護フィルムよりも、さらに画面を割れることを防げる強化ガラスもあります。

保護フィルムや強化ガラスは、落としたときだけでなく、カバンの中に入れて何かにぶつかったときでも、画面を守ってくれるので安心です。

キシ
落としてからでは遅いから、最低でも、スマホにカバーをしていた方が良いと思います。自分が買った「P9 lite」は最初からカバーが付属しているのでおすすめです。

スマホを落とさない方法のデメリット!

スマホを落とさない方法は、すぐにできることなので簡単だけど、当然デメリットも存在します。

自分のようなライトユーザーなら、スマホを落とさないための方法を守れるでしょうが、ヘビーユーザーの人はちょっと無理かもしれません。

そこで簡単ではありますが、スマホを落とさない方法のデメリットを、3つほどご紹介するので、自分に該当する場合は、アイテムを使った方が良いでしょう。

操作性は上がるが両手がふさがってしまう!

スマホを両手で使ってしまうと、荷物を持っているとき、傘を持っているときなどに、スマホを使えないことがあるでしょう。

両手でスマホを使った方が操作性は上がりますが、ちょっと使いたいときでも両手を使う必要がでてくるので、常に両手を空けている必要があります。

便利であるはずのスマホを使うために、荷物を置いたりするのは面倒だと思う人は、この方法がデメリットにしか感じないかもしれません。

歩きながら使えないと不便!

サラリーマンやOLさんで、外回りをしている人は、常に移動をしながらスマホを使っているでしょう。

前述の「スマホを使うときは歩かない」を守ってしまうと、時間のロスが出てしまい、仕事に支障が出てしまうかもしれません。

さらに、今もプレイしているか分かりませんが、「ポケモンGO」をしている人も歩きながらスマホが使えないとゲームができないので、この方法は無理でしょう。

座る場所が見付からない!

スマホは座って使う方法を守ると、通勤に乗っている満員電車で、絶対に座れないからスマホを使えなくて困ると言う人も多いでしょう。

落としたときの危険性を考えれば、座ってスマホを使うのが一番だけど、通勤電車の場合はなかなか座れないので、この方法を守るのは大変。

都会のような人の多い地域に住んでいる人は、満員電車に乗ることも多いと思うので、スマホを座って使うように限定するのはデメリットしかないですね。

キシ
スマホを落としたくはないけど、そのために不便なことが多くなるのは嫌だと思うなら、これらの方法は不向きです。お金を掛けずにスマホを落とさない方法は、基本的に面倒です。

スマホを落とさないためのアイテムのデメリット!

スマホを落とさない方法と同じように、スマホを落とさないために購入したアイテムも、デメリットが存在します。

お金を払って購入したアイテムなのに、デメリットが存在するのは最悪ですが、メリットのみのアイテムは見つかりませんでした。

どのアイテムも、メリットとデメリットがるので、自分の使い方に合ったアイテムを探すようにしましょう。

 自分に合ったカバーが見つからない!

カバーを使う場合は、自分の手の大きさに合ったスマホのカバーを探すと思いますが、スマホの種類によっては、カバーがあまり発売されていないことがあります。

特にAndroidのスマホの場合は、いろいろなメーカーから発売されているので、自分が欲しいカバーが見つからないことが多いです。

手が小さい女性の場合は、スマホにカバーをしてまうと、さらにスマホが大きくなってしまい、持ちにくくなることで落としてしまう可能性が高くなる場合もあります。

ストラップを付けられない!

ガラケーにはストラップのヒモを穴がありましたが、スマホの場合は、もともとストラップを通す穴が開いていないことがでしょう。

この場合は、ストラップが付けられるカバーを購入する必要があり、上記の同じような理由で欲しいのもが見つからないと思います。

またスマホを使う度に、ストラップのヒモを手首に通す必要があるので、頻繁にスマホを使う人には不便と感じるはずです。

スマホリングが外れることもある!

スマホリングは、スマホの背面に強力な粘着シールで付けているのですが、リングの種類によってはすぐに外れてしまうことがあります。

安心してリングに指を入れていたときに、スマホからリングが外れたら、確実にスマホの画面が割れたり傷がついてしまったりするでしょう。

またスマホリングは、スマホの背面に付ける必要があり、ポケットにスマホを入れる人には邪魔になるので、デメリットの方が高くなりそうです。

スマホが思うように動かない!

スマホの画面に保護フィルムや強化ガラスを貼ると、タッチの感度が悪くなってしまい、思うようにスマホが動いてくれないことがあります。

これはスマホの性能にもよるので、保護フィルムや強化ガラスを貼ってみないと、実際にタッチの感度がどうなるか分かりません。

画面が割れてしまうことが防げても、その分だけスマホのタッチ感度が下がってしまうのでは、デメリットの方が多いでしょうね。

キシ
スマホの種類によっては、自分にベストなアイテムが見つかるかもしれませんが、アイテム自体にもメリットとデメリットがあるので、どちらの割合が高くなるかで判断した方が良さそうです。

まとめ

自分と同じライトユーザーなら、すぐにできる「スマホを落とさない3つの方法」で、スマホを守ることができるでしょう。

でも、仕事やゲームでスマホを頻繁に使うヘビーユーザーの人は、「スマホを落とさない3つの方法」だとデメリットの方が多そうです。

それなら「スマホを落とさない4つのアイテム」からどれか一つを選ぶのが良いですが、アイテムによって向き不向きがあるので、自分に合ったモノをしっかり選びましょう。

自分の場合は、初めからカバーと保護フィルムが標準で付いていたから、しばらくの間は「スマホを落とさない3つの方法」を守りながら使いたいと思います。

スマホを落とさない3つの方法

1.スマホを使うときは両手で持つ!

2.歩きスマホを絶対にしない!

3.スマホを使うときは座る!

スマホを落とさない4つのアイテム

1.スマホにカバーをする!

2.スマホにストラップを付ける!

3.スマホにリングを付ける!

4.スマホの画面に保護フィルムを貼る!

キシ
スマホは安い買いものではなかったと思うので、できるだけ長く使えるためにも、落として壊さないよう大切に使いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフハック