今なら4000万曲が3カ月99円で聴き放題!

元金融屋が教える貯金のコツ!地道に頑張ればあっと言う間に10万円!

貯金のできない男性 お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク

全く貯金ができない!そんな人は、貯金のコツを、全く理解してないから、お金を貯められないんです。

自分が金融屋の頃も、貯金のできないお客さんが、そこそこいたから、営業のついでに、コツを教えてました。

そこで今回は、元金融屋の自分が、お客さんに教えていた、簡単にできる貯金のコツを、ご紹介します。

金融屋と言っても、サラ金ではなく、全国にある金融機関で、お客様の貯金を、預かるマジメな仕事。

収入が多い人なら、1年間で50万円くらいは、あっと言う間に、貯金できるので、頑張ってください。

スポンサーリンク

地道にコツコツとお金を貯めるのが一番!

「地道にコツコツなんて面倒だ!」「一気にお金を貯めたい!」そんな考えの人が、いるかもしれません。

実際に、お客さんと話をした際、地道は苦手な人が、かなり多いけど、その考えが、貯金できない原因。

しかし、地道にコツコツに勝るものは、この世に存在してないと、自分は思っており、これは正しい方法。

もし、以下のようなことを、思っているなら、今すぐ考え方を改めて、上手に貯金をしてください。

株やFXなどには手を出さない。

株やFXなどの投資で、一発逆転を狙うのは、大きな間違いで、かなり危険を伴います。

利益を出すには、凄く知識が必要なので、素人がむやみに、手を出すべきでは、ありません。

宝くじを当てるなんて夢は見ない。

宝くじを当て、貯金をしようと思うのも、無謀な考えなので、絶対に止めてください。

ちなみに、年末ジャンボで、1等が当たる確率は、「1/20,000,000」ですよ。

危険な副業には手を出さない。

最近は、簡単にできる副業があるけど、その中には、危険な仕事があるので、注意が必要です。

特に、時給や報酬が、異常に高い仕事は、絶対に止めましょう。

キシ
財テクをするのは、しっかりした知識を、得てからにしましょう。

貯金のコツ①『貯金したい目標額を設定する』

大金

貯金をする場合、目標額を設定すると、モチベーションが上がるので、最初に決めるのが、貯金のコツ。

タイトルのように、10万円でも良いけど、稼いでる人なら、設定が低いので、もう少し多い額にしましょう。

稼いでいる人の場合、思い切って「1年間で50万円」ぐらい、大きな目標にすることを、おすすめします。

もしくは、100万円でも良いけど、現実的ではない場合、収入を考えて、目標額を決めた方が、良いですよ。

1年間で50万円を貯金するには。

1年間で50万円の目標額は、1カ月に約4万2千円なので、少し難しいかもしれません。

しかし、ボーナス併用にすれば、10万円×2回の貯金で、1カ月に2万5千円だから、達成できますよ。

キシ
ボーナスと併用すれば、1カ月に2万5千円だから、コツを学べば可能です。

貯金のコツ②『給料口座から積立定期をする』

目標額が決まったら、給料口座に、積立定期を設定するのが、貯金のコツだから、すぐにやりましょう。

給料を出す前に、口座から積立定期が、引き落とされてれば、自然と貯金ができ、お金が貯まりますよ。

ただし、1カ月の積立定期の額を、無謀な額にすると、普段の生活が大変になり、解約するかもしれません。

自分も、目標額をしてたとき、月に6万円もしていたら、普段の生活が厳しくなり、解約しましたからね。

積立定期をする際の注意点。

積立定期をする際は、自分の生活費などを考慮して、支障が出ない金額に、設定することが重要。

目標額が高い場合は、積立定期の期間を、2年や3年にして、1カ月の負担を、減らしてください。

キシ
積立定期なら、いつの間にか、貯金ができるので、この方法が一番です。

貯金のコツ③『カード類を発行しない口座を作る』

ATM

キャッシュカードやクレジットカードがあると、簡単にお金を使えるから、貯金をするのが、難しいはず。

そこで、お金を使えないように、カード類を発行しない、貯金専用口座を作るのが、貯金をするコツ。

カード類がない口座は、お金を出すのに、印鑑が必要なので、凄く面倒だから、基本的にお金が減らない。

積立定期が無理な人は、カード類を発行しない口座を作り、余ったお金を入金すると、お金が貯まります。

カード類を発行しない口座の注意点。

貯金専用口座を作っても、その口座に、お金を入れなければ、当たり前だけど、貯金ができません。

コツとしては、財布に溜まった小銭を、ATMなどで入金すれば、意外と簡単に貯まるから、おすすめです。

キシ
自分の場合、郵便局の口座を、2つ持っており、使い分けています。

貯金のコツ④『支払うときはお札を出して使う』

テレビなどで、貯金のコツは、お札を崩さず、小銭を使えと言いますが、自分の考えは、丸っきり逆です。

貯金をしたいなら、100円の物でも、お札を出して払い、たくさんの小銭が出たら、すべて貯金をしてください。

この方法は、お札がスグに減るので、「無駄使いが減る」「小銭の貯金ができる」、この2点がポイント。

家に帰ったら、財布に入っている小銭を、すべて貯金箱へ入れれば、あっと言うに、お金が貯まりますよ。

小銭専用の貯金箱を買う。

小銭貯金をする場合は、缶切りなどで開ける、簡単に開けられない貯金箱を、お買い求めください。

すぐ開けられる貯金箱だと、お金が減って来たら、500円玉を使ってしまうから、頑丈な物がベストです。

キシ
自分は、この方法を使い、小銭だけで10万円を、貯めました。

貯金のコツ⑤『無駄使いを徹底的に減らす』

最後の貯金のコツは、当たり前のことだけど、無駄使いを、徹底的に減らせば、お金が貯まります。

実際、以下の5つを、お客さんに教えたり、自分で心掛けたから、収入が少なくても、貯金ができました。

すべてやる必要はないけど、思い当たることがあれば、貯金をするために、1つでも、多くやりましょう。

ただし、最後の5つ目は、絶対に心掛けないと、貯金はできないから、必ず、マスターしてください。

コンビニには寄らない。

コンビニへ行くと、不要な物や安く買える物を、つい買ってしまうから、とても危険です。

暇だからと言って、コンビニへ立ち寄ると、お金を使うから、行く回数を減らしましょう。

規則正しい生活を心掛ける。

不規則な生活は、電気代・食費・治療費など、何かとお金が掛かるので、こちらも危険です。

夜は早く寝ること、食生活に気を使うこと、これらを守れば、無駄な出費が、減りますよ。

電気代や通信費を見直す。

電気代や通信費が、かなり高い場合は、契約内容を、見直さないと、お金は貯まりません。

特に、キャリアのスマホ代は、かなり割高なので、格安SIMに乗換えるのが、良いでしょう。

リンク

空腹時にスーパーへ行かない。

お腹が空いていると、つい買い過ぎるから、スーパーへ買い出しの際は、食後にしてください。

食後に行けば、食品を見ても、食べたいとは思わず、無駄な買い物を、かなり減らせますよ。

我慢ができる性格に変える。

貯金ができないのは、欲しい物を我慢ができず、すぐに買ってしまうのが、主な原因です。

そこで、我慢ができる性格に変えれば、無駄使いが減るので、以下の方法を、お試しください。

欲しいものを我慢する方法!これを習得すれば簡単にお金が貯まります!
お金があれば、欲しいものを買えるけど、貧乏だと買えないので、我慢をしなきゃダメ。でも、大抵の人は、我慢できず、欲しいものを、買ってしまい、お金が貯まらないはず。そこで、ご紹介したいのが、欲しいものを我慢する方法。これを習得すれば、貯金ができますよ。
キシ
余ったお金は、③のカードを発行しない口座へ、入金しましょう。

貯金のコツ『まとめ』

元金融屋として、お客さんに教えたことは、基本的なコツだけど、貯金をできない人は、基本ができません。

逆に言えば、基本を守れば、あっと言う間に、貯金ができるので、ご紹介した5つを、覚えてください。

収入が少なくても、5つをしっかり守れば、自分のような貧乏人でも、簡単に10万円が、貯まりましたから。

将来的には、物価の上昇、年金額の減額、増税など、さらにお金が掛かるから、貯金がないと厳しい。

今からでも、遅くないから、将来に向けて、地道に貯金をすれば、いざと言うとき、安心ですよ。

キシ
1年で10万円、10年で100万円、そう考えれば、凄いと思いませんか?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
お金独身スタイル
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番