初回30日間無料で音楽聴き放題!

冬のおすすめメンズ・アウター5選!40代が持つべきド定番アイテム!

真冬の中の男性ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「今年の冬は新しいアウターを着て街に出掛けたい!」

オシャレに見られたいけどファッションに疎いから、どの服を選べば良いか分からない40代の男性はいませんか?

ファッションは流行があるので選ぶのが難しいですが、ド定番のアウターだったらファッションに疎くても大丈夫。

そこで冬のおすすめメンズ・アウターから、どんな世代でも似合うド定番のマストアイテム5着をご紹介します。

購入する際は店舗へ行くのも良いけど、口車に乗せられて似合わない服を買わないためにネットでの購入がおすすめ。

実際に自分もご紹介するアウターを何着か持っており、冬のド定番アイテムだから必ず1着はお買い求めください。

冬にマストなメンズのPコート8選!ポイントは丈とシルエット!
冬にマストなメンズのアイテムと言えばPコート。自分も持っているけど、Pコートは流行り廃りがないので、オシャレじゃない人にも必要です。そこで今回は、おすすめのメンズPコートを8着ほどご紹介します。Pコートを選ぶ際のポイントは、丈の長さとシルエットに気をつけて、選びましょう。

スポンサーリンク

実際に自分が持っている3つのアウター

ご紹介する冬のアウターの中で実際に自分が持っているのは、Pコート・モッズコート・ダウンジャケットの3つ。

基本的には、勝負用のアウター・通常用のアウター・近所用のアウター、この3つを用意すれば大丈夫です。

頻繁に出掛ける人でもご紹介する5着をすべて買う必要はないから、自分の体形に合う服だけをお選びください。

冬の始めと終わりに着る『Pコート』

Pコートはタイトに作られていることが多く重ね着をするのが難しいから、冬の始めと終わりにおすすめのアウター。

クソ寒い真冬に良い『モッズコート』

モッズコートは素材がしっかりしており、真冬でも暖かいから12月から2月の時期におすすめのアウター。

コンビニへ行く際は『ダウンジャケット』

ダウンジャケットはジーンズにスニカーでも似合うから、近くのコンビニへ行くに持っていると便利なアウター。

キシ
キシ

アウターが3着あればかなり着回しが利きますよ。

賢くネットで洋服を購入する方法

パソコン

冬のアウターが欲しいと思った際、店舗へ行き実物を見たり試着をしてから購入を決めるのが一般的です。

確かに店舗へ行って購入するのも良いけど、1円でも安く購入するならネットのアウトレットがおすすめ。

ただし、ネットで購入する際はブランドによってサイズの違いがあるから、事前の確認をする必要があります。

事前に確認とは、欲しいブランドのアウターを事前に試着してどのサイズが自分に合うか調べること。

自分もネットのアウトレットでアウターを購入しており、事前に試着してるから失敗は一度もありません。

特定のブランドを買い続ければ試着をせずにサイズが分かるので、お気に入りのブランドを見つけましょう。

キシ
キシ

冬のアウターはブランドによって肩幅が違うから注意してください。

今冬のおすすめアウター①「メルトンPコート」

冬に着るアウターと言ったらド定番なメルトンのPコートで、ご紹介した通り自分も冬に着ています。

Pコートにはルーズなものとタイトなものがあるけど、引き締まって見えるからタイトがおすすめです。

ただし、Pコートの種類によっては肩幅の大きさに違いがあるので、サイズを選ぶ際は注意してください。

カラーは定番のグレーかブラックにすると、どんなスタイルにも合わせられるから1着あると重宝します。

勝負用ならショートのPコート。普段用ならルーズなPコート。選ぶ際はこのパターンが良いでしょうね。

【CAMBIO】ミドル丈メルトンPコート

キシ
キシ

メルトンのPコートは真冬だとかなり寒いので止めましょう。

今冬のおすすめアウター②「ダッフルコート」

流行ったり廃れたり何度も繰り返してますが、ド定番のダッフルコートは冬に持つべきアウターです。

ダッフルコートの場合、前を留めるのがトグル(ボタン)だけなので、真冬になると寒いのがネック。

でも、最近のダッフルコートはトグルとは別にファスナーも付いてるから、真冬でも問題ありません。

カラーは無難なグレーなども良いけど、たまには冒険してあまり見かけないブルーやレッドもおすすめ。

丈の長さはショート丈の方がスッキリに見えるので、勝負用に欲しい人はロング丈を選ばないように。

【THE SHOP TK】 ダッフルコート

キシ
キシ

ただし、ショート丈でファスナーがあっても真冬は厳しいです。

今冬のおすすめアウター③「トレンチコート」

冬のアウターで大人感を出したいなら、仕事でも遊びでも着られるトレンチコートがおすすめです。

ただし、肩章のあるトレンチコートをなで肩の人が着ると、かなり貧相に見えるからご注意ください。

最近は肩章がなくてもトレンチコートと呼ぶから、なで肩の人はシングルトレンチを選びましょう。

カラーはベージュ系も良いけど、トレンチコートはタイトに着ないから締まって見えるブラック系がベスト。

丈の長さは身長が180cm以上ならロング。180cm未満ならショート。このパターンがすっきり見えますよ。

【CAMBIO】トレンチコート

キシ
キシ

自分は『なで肩』なのでトレンチコートは持っていません。

今冬のおすすめアウター④「モッズコート」

ドラマで主演の織田裕二が着たことから、冬のド定番アウターとしてモッズコートが大流行しました。

さすがに同じモッズコートは恥ずかしいので、カラーや形が違えば普通に着ても全く問題ありません。

モッズコートの良さはどんなスタイルにも合うから、ちょっと出掛けたいときに1着あると便利なところ。

カラーは定番のカーキやグリーンが良いけど、織田裕二を気にする人はブラウンやブラックでしょうね。

丈の長さはショート丈のモッズコートだと普通のコートに見えるから、やはりロングをおすすめします。

【glamb】ベイリーモッズコート

キシ
キシ

モッズコートはトップスの重ね着も楽しめるファッションです。

今冬のおすすめアウター⑤「ダウンジャケット」

ダウンジャケットはドラマ「HERO」で木村拓哉が着たことから、冬のド定番なアウターになりました。

ご紹介するアウターではダウンジャケットが一番に暖かいので、実用面で選ぶならこれしかありません。

最近は軽くて薄いダウンジャケットが多くなったので、着ぶくれが心配な人も問題なく着られますよ。

カラーは木村拓哉と同じキャメル系だと恥ずかしいので、ブラック・グレー・ネイビーが良いでしょう。

丈の長さはダウンジャケットだと短くても暖かいから、カッコよく見えるウエストぐらいがおすすめです。

【URBAN RESEARCH】 NANGA×DOORS ダウンジャケット

キシ
キシ

ダウンジャケットなら薄いトップスでも大丈夫です。

冬のおすすめアウターに似合う靴は?

冬のファッションは夏のようにスニーカーではなく、アウターによってブーツを履いた方が良いときがあるんです。

そこでご紹介した5つの冬のアウターを着る際、スニーカーとブーツのどちらが良いのかを簡単にご紹介します。

スニーカーが似合う今冬のアウター

スニーカーが似合うのはダッフルコート・モッズコート・ダウンジャケットの3つで、あとの2つはあまり似合いません。

特にトレンチコートを着る際はスニーカーを履くと、スタイリッシュさが台無しになるので絶対にお止めください。

40代のおじさんに似合う定番の人気スニーカー!人気4大ブランド編!
40代のおじさんになると若い頃とは違い年齢に合うスニーカーを履くのがオシャレの基本。そこで今回は40代のおじさん向けにメンズの人気スニーカーを4大ブランドから4足ご紹介します。この4足があれば完璧ですよ。

ブーツが似合う今冬のアウター

ブーツが似合うのはご紹介したすべての冬のアウターで、どれを着たときでも似合うから1足ぐらいは買いましょう。

Pコートの場合はシンプルなブーツにして、モッズコートの場合はワークブーツにすると、よく似合いますよ。

40代に似合う人気メンズブーツ8選!4大ブランドなら間違いなし!
40代でもオシャレに見られたいならブーツが必要。実際に自分は2足持っているけどブーツがあるとオシャレの幅が広がります。そこで今回はおすすめのメンズブーツを、4大ブランドから8足ご紹介します。最低でも1足はブーツを持った方が良いですよ。
キシ
キシ

おすすめは勝負用がブーツで普段用と近所用がスニーカーです。

冬のおすすめメンズ・アウター『まとめ』

ファッショに疎い人でもご紹介した冬のアウターがあれば、着回しが利くのでぜひお買い求めください。

ご紹介したのは5つアウターですが、すべて必要はないから勝負用・普段用・近所用の3つがあれば大丈夫。

普段用や近所用はモッズコート・ダウンジャケット、勝負用はPコート・ダッフルコート・トレンチコートがおすすめ。

基本はダーク系のカラーがおすすめだけど、1着ぐらいはオシャレを重視して違うカラーにしましょう。

5つのアウターは流行に左右されず長く着続けられるので、多少は高くても品質を重視した方が良いですよ。

キシ
キシ

品質の良いアウターなら10年くらいは余裕で持ちますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ファッション
\ この記事をシェアする /
独身男のド定番

COMMENT