スポンサーリンク

秋に1着は欲しいメンズファッション!これが大人のマストアイテムだ!

秋のファッションファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。9月を過ぎると、少し肌寒くなってきて、長袖やジャケットなどが欲しくなる、プロ独身男のキシです。

まだ初秋なら、夏のファッションができるけど、さすがに仲秋を過ぎたら、秋らしいファッションが、絶対に必要。

そこで今回は、秋に1着は欲しい、大人のメンズファッションを、ご紹介するので、お気に入りの1品を、見つけてください。

秋の場合、夏物では薄すぎるし、冬物では厚すぎるから、ちょうど良いファッションがあると、着回しが良いでしょうね。

今回は、スタンダードなアイテムから、トレンドのアイテムまで、秋にピッタリのメンズファッションを、揃えましたよ。

基本的には春の洋服を秋で着れば大丈夫!

基本的に、秋のファッションは、春モノを使い回して、大丈夫だから、新しい服を買わなくても、ある程度は大丈夫。

ただし、春のファッションは、爽やかなカラーが多いので、秋に着たら場違いな感じが、出てしまうかもしれません。

夏の暑さが残っていれば、爽やかなカラーでも、ある程度は大丈夫ですが、本格的な秋を迎えたら、着るのは止めましょう。

秋のファッションは、ブラウンやチャコールなど、秋らしい濃いカラーを、取り入れたいので、1枚は欲しいところ。

あとは、トレンドも一緒に抑えると、秋のファッションは完璧なので、ぜひご紹介するアイテムを、参考にしてください。

キシ
インナーなら、春物を着て大丈夫だけど、トップスやアウターは、ダメですね。

ハイクオリティーなレーザジャケット!


レーザージャケットは、男性なら1枚は欲しい、秋のファッションアイテムで、大人の魅力を出せるから、ぜひおすすめ。

上記のレーザージャケットは、別注モデルのコラボ商品で、かなりレアな1枚だから、個性を出したい人にピッタリ。

ただし、フェイクレザーではなく、本物のラムレザーだから、価格が10万円を超えており、ちょっと手が出ないかも。

ちなみに、画像のラムレザーは、肌触りも耐久性も抜群なので、お手入れをすると、長く着られるから、本当に良い品。

カラーは、ネイビーとボールドがあり、着回しを考えると、ボールドは、少し難しそうなので、ネイビーがおすすめです。

キシ
やはり秋は、レザージャケットが、よく似合いますね。

1枚あると便利なステンカラーコート!

秋の場合、日中は温かいので、薄着でも大丈夫だけど、日が落ちると涼しくなるから、薄手のコートがあると便利。

そこでおすすめは、ステンカラーコートで、どんな服装にも合うから、秋にはマストのファッションアイテムの1つ。

カラーは、秋も春も着たい人は、ベージュがおすすめで、秋をメインに着るなら、カーキやネイビーが、良いでしょう。

ちなみに、画像のステンカラーコートは、帝人の繊維を使っており、手触りやクッション性が優れており、かなりおすすめ。

おまけに、形態回復性にも優れており、折り畳んでも大丈夫だから、バッグに入れて持ち運んでも、大丈夫ですよ。

キシ
形状回復性があると、バッグに入れても、型崩れしないから、安心ですね。

秋にもおすすめしたコーディガン!

コーディガンは、春のマストアイテムとして、かなりメジャーになったけど、引き続き秋も、おすすめのアイテムです。

秋の場合は、明るいカラーではなく、ネイビーやチャコールグレーなど、深みのあるカラーにすると、季節と合いますね。

暖かいときは、袖をまくって着ても良いし、寒くなったら、インナーを厚くして着きれば、初秋から晩秋まで大丈夫。

ちなみに、画像のコーディガンは、特殊な糸を使ってるから、シワになりにくいので、袖をまくって着ても、心配は無用。

ただし、コーディガンは、丈が長いので、身長が低い人だと、あまり似合わないから、その点に、ご注意ください。

キシ
コーディガンは、スタイルに自信がないと、着るのは難しいかな。

セットアップも似合うテーラージャケット!

テーラージャケットは、春にもマストのアイテムだけど、秋の場合は、カラーや柄を変えることが、おしゃれのポイント。

春のジャケットは、ライトグレーなどの明るいカラー、秋のジャケットは、ネイビーなどの濃いカラーが、似合います。

あとは、春と同様に、セットアップで着ても、スゴく似合うから、同じ素材のパンツを買うのは、どうでしょうか。

ちなみに、画像のジャケットは、秋らしいグレンチェック柄なので、春も着たい場合、明るいMD.GRAYがおすすめ。

初秋は、インナーをカットソーにして、仲秋は、インナーをニットにすれば、秋の2/3ぐらいは、活躍してくれそうです。

キシ
柄が苦手な人でも、グレンチェック柄のネイビーなら、あまり目立ちませんよ。

存在感のあるクルーネックニット!


秋に、ちょっとそこまで、出掛けたいときは、アウターなしでも暖かい、厚手のニットが1枚あると、かなり便利です。

おまけに、ニットは秋だけではなく、冬も使えるトップスなので、早めに買っておくと、その分だけ長く着られます。

ニットの場合、安物だと糸がすぐ解けたり、目が粗くて透けたり、恥かしい思いをするから、質の良いニットがおすすめ。

ちなみに、画像のニットは、イタリア製の糸を使い、片畦編みで作られているから、重厚感が出て、大人の男性にピッタリ。

だだし、お値段が4万円以上するので、お財布に余裕がある人じゃないと、手が出ないから、そこがネックかもね。

キシ
高い服は、その分だけ長持ちするので、先行投資と思えば、良いのかもね。

インナーでも着られるプルパーカ!


パーカ(パーカー)は、トップスとインナーのどちらでも、着られるから、季節に関係なく、1枚は欲しいアイテムです。

パーカのカラーは、他のファッションと同じように、春は明るい色、秋は濃い色、このパターンが、ベストでしょう。

それを踏まえると、春と秋に着たい人は、ホワイトやグレー、秋をメインに着るなら、グリーンやロイヤルパープルがおすすめ。

ちなみに、画像のパーカは、シンプルな作りだけど、よく見ると表面が、ワッフル組織になっており、個性が出ています。

初秋はトップス、仲秋はレイヤード、晩秋はインナー、パーカは、汎用性があるので、秋に必要なアイテムですね。

キシ
パーカは、レイヤードで着ると、大人っぽく見えるから、40代でも大丈夫です。

流行をしっかり抑えたギンガムシャツ!

2017年も、チェック柄がトレンドでしたが、引き続き今年も、トレンドなので、1枚は抑えたい、秋のアイテムです。

そこで、おすすめなのが、黒白のギンガムシャツで、これだと流行が終わっても、普通に着られるから、1枚あると便利。

ショップの店員が言うには、細かいチェック柄だと、大人っぽく見えるで、40代以が着ても、全く問題ありません。

カラーも、おすすめの黒白なら、全くハデではないし、他の服にも合わせやすいから、かなり着回しが良いでしょう。

40代以上なら、細身のタイをして、パンツにインすると、大人の着こなしになるから、ぜひ今年の秋に、お試しください。

キシ
チェック柄は、目が大きいと、子供っぽいから、選ばないように。

パンツはワイド以外ならどれでも大丈夫!

最近は、男性の間でも、ワイドパンツがトレンドなので、引き続き秋も、注目されており、欲しい人がいるでしょう。

しかし、ワイドパンツは、女性からの評判が悪いので、似合う人を除き、秋のファッションとしては、おすすめしません。

特に、大人の男性が、ワイドパンツを穿くと、短足だったり、子供っぽく見えたりするから、基本的にはダメです。

ちなみに、画像のワイドパンツを、40代の男性が穿いた場合、暴○団のように見えるから、かなり危険だと思います。

ワイドパンツは、スタイルに自信がある人、実際に穿いて似合った人、これらの人だけ、穿くようにしてください。

キシ
自分は、身長が177cmほどありますが、全く似合いませんした。

まとめ

冒頭にも書きましたが、秋のファッションは、春物を使い回して問題ないから、すべて新しく買う必要は、ありません。

しかし、カラーやトレンドを考えると、新しく1着は、揃えた方が良いので、ご紹介した7着を、参考にしてください。

ちなみに、ご紹介した7着の中で、一番におすすめのアイテムは、かなり高級だけど、ラムのレザージャケットですね。

レザージャケットは、男の定番アイテムだから、できればフェイクじゃなくて、本物のレザーを、おすすめします。

お金がない人は、ステンカラーコートぐらいなら、手が出ると思うから、秋のファッションとして、取り入れましょう。

キシ
自分の場合、お金が全くないので、春物を着回します。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。


ファッション
面白かったらシェアをお願いします!
キシのフォローを宜しくお願いします!
独身男のド定番

コメント