40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

元会社員が半年ぐらい無職のままだとニートになってしまう5つの理由!

   

ニートになった男性

まだ自分が20代の頃、高卒から勤めていた会社を辞めることになって、しばらく無職でいたけど、気が付いたらニートになっていました。

会社員だった頃は、休みも取らずマジメに働いていたけど、会社を辞めて半年も過ぎれば、簡単にニートになってしまったんです。

そこで今回は、元会社員が半年ぐらい無職でいると、誰でもニートになってしまう5つの理由をご紹介します。

人間は他の動物と違い、環境に慣れることができるから、半年もあれば誰でもニートになれてしまうでしょう。

もしこれから、会社を辞めようとしている人は、ご紹介する理由に該当しないよう気を付けてください。

次の仕事を決めずに会社を辞めた!

会社を退職する際は、本来なら次の就職先を決めてから退職するべきだけど、決まっていない状態で辞めてしまいました。

仕事が忙しくて、休暇を取りハローワークへ通う余裕もなかったし、退職前の引継ぎが大変で、仕事探しを怠っていたです。

そんなこともあり、退職してからハローワークへ通うようになったけど、田舎に住んでいるから毎日通うのはお金が掛かります。

だいたい1週間に1回ぐらい行けば十分だったので、あとの6日はのんびり遊んでいたので、気が付いたらほぼニート状態でした。

就職活動はするけど、毎日のようにやる訳じゃないので、空いている時間が増えれば増えるほど、ニートに近づいて行ったような気がします。

ニートになった理由1
  1. 次の仕事を決めずに会社を辞めてしまった。
  2. ハローワークへは週1しか行かなかった。
  3. 残りの6日はのんびり遊んで暮らすようになった。
  4. 気が付いたらニートになっていた。
キシ
当時は、会社を辞めたい一心だったから、次の仕事のことなんて考えずに、辞めることで頭がいっぱいでした。

退職金があるからお金に困らなかった!

お金

会社員の頃は、田舎だから近くに遊ぶ場所はなく、友人を家に呼んで遊んでいたから、あまりお金を使っていません。

給料の1/3くらいは貯金をしていたし、退職金などで総額100万円近くもらえたので、かなりお金には余裕がありました。

お金があれば、急いで働く必要はないと思うようになってきて、上記のように就職活動はするけど、切羽詰った状態ではなかったです。

働く理由はお金を稼ぐことだけど、ある程度のお金があれば、今すぐに働く必要はないと、当時の自分は思ったのでしょう。

貧乏だったら、ニートにはならなかっただろうけど、なまじお金があると余裕ができてしまい、ニートになったのかもしれません。

ニートになった理由2
  1. 貯金や退職金でお金にかなり余裕があった。
  2. 無理をして働かなくても生活が十分できた。
  3. 急いで仕事を見つけなくても特に困らなかった。
  4. 気が付いたらニートになっていた。
キシ
貯金をたくさんしていたことが、結果として良かったのか悪かったのか。貧乏だとニートは厳しいですからね。

すぐに仕事が見つかると思っていた!

履歴書

前述で、次の仕事を決めずに会社を辞めたのは、当時はまだ若かったので、簡単に仕事が見つかると思っていたからです。

かなり昔の話なので、うろ覚えになっているけど、ハローワークの求人もそこそこあったはずなので、それほど心配していませんでした。

自分は学歴がない代わりに、経験値と若さがあったので、中小企業だったらすぐ就職できると、自信過剰になっていたのでしょう。

そんな状態だと良い仕事があっても、さらに良い仕事が出るのではと思うようになり、求人票を見ても即決しませんでした。

この時点で、世間一般的に言うニートのような状態になっており、自堕落のような生活がずるずると続いて行きます。

ニートになった理由3
  1. 仕事がすぐに見つかると思っていた。
  2. 会社員の経験が自信過剰な気持ちにさせた。
  3. もっと自分に合う仕事があると即決しなかった。
  4. 気が付いたらニートになっていた。
キシ
もっと良い仕事が見つかるはずだ。そんなことを思っていたら、あっという間に半年が過ぎ、ニートになっていました。

若かったのであり余るほど時間があった!

砂時計

20代の頃は、余るほど時間があったから、今日できないことは明日やれば大丈夫だと、感じるようになっていました。

1週間ぐらい全くなにもしなくても、まだまだ時間があり余っていたので、なにかに追われるようなことも焦ることもありません。

今日1日くらいなにもしなくても、明日やれば大丈夫だし、明日ダメでもまだ明後日そんな考えをしていたんです。

そんな日々が何日も続いてしまうと、まだ若いし時間があるから大丈夫な気がして、いろいろなことを焦らなくなりました。

余るほど時間があれば、急いで就職をする必要性を感じなくなるので、気が付いたらニートになっていたのかもしれません。

ニートになった理由4
  1. 若かったので時間が余るほどあった。
  2. 時間が余るほどあるから特に焦らなかった。
  3. 焦らないから仕事を急いで探す必要がなかった。
  4. 気が付いたらニートになっていた。
キシ
20代の頃は、湯水のように時間をムダに使っていましたね。今考えると、もったいないことをしたと後悔しています。

悠々自適な生活が楽しくなった!

悠々自適な生活

会社員だった頃は、有給休暇を全く使うことはなったし、夏休みが5日ほど与えられていたけど、3日ぐらいしか使えませんでした。

緊急の用件で、平日の夜や休日に会社へ呼び出されても、文句を言わずに仕事をしており、自分はマジメな会社員だったと思います。

そんなマジメに働いていた元会社員が、無職になり期限の定まらない休暇をもらうと、悠々自適な生活を過ごすようになりました。

会社へ行くこともないし、上司・先輩・お客さんに怒られることもなく、仕事ができない後輩に怒ることもありません。

ストレスフリーで、悠々自適な生活を過ごしていたら、あまりの居心地の良さが、自分をニートにさせてしまったのでしょう。

ニートになった理由5
  1. 会社を休まず働いていた自分が無職になった。
  2. 毎日が休みになり悠々自適な時間が過ぎた。
  3. ストレスフリーで居心地がとても良くなった。
  4. 気が付いたらニートになっていた。
キシ
マジメに働いていた分だけ、毎日が休みになると、居心地が良くなりました。こんな気持ちだから、ニートになったのでしょう。

気が付いたらニートになっていた!

当時は、まだニートではなくプータローと呼ばれている時代だったけど、自分は退職をして約半年後からニートになっていました。

ニートになってから脱出するまで、1年ぐらいはのんびり生活をしており、ニート歴は1年半ぐらいだったと思います。

再就職を決めた理由は、1年半もニートをしていれば、貯金がかなり危険な状態になっていたので、お尻に火が付いたからです。

たぶん、今ニートの人もお尻に火が付くようなことが起きれば、正社員は無理でも、バイトぐらいは始める気になるでしょう。

逆に言うと、ニート生活に満足していれば、お尻に火が付かない限り、ずっと同じ状態が続いていたかもしれませんね。

キシ
わずか半年もあれば、半年前までマジメな会社員が、ニートになってしまいます。ただし、自分だけかもしれないけど。

まとめ

今回ご紹介した元会社員が半年ぐらい無職のままだとニートになってしまう5つの理由!はどうでしたか?

順番通りではないけど、上記の5つの理由が複合的にマジメだった元会社員を、ニートへと変貌させてしまったのでしょう。

自分の場合は、退職をするまでに次の仕事を決めていなかったのが、そもそもの問題点なので、みなさんも気を付けてください。

人間は環境に慣れる生き物なので、全く会社を休まなかった自分ですら、わずか退職して半年もあればニートになってしまいます。

ニートにならないためは、例え居心地が良かったとしても、ニート生活に慣れないことしかありませんね。

キシ
今やっているフリーランスの仕事も、マジメな会社員に言わせれば、ニートに見えるかもしれませんね。笑

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフスタイル