40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

意外と知らない疎外感を感じたときその場を逃げずに乗り切る方法!

   

疎外感を感じている男性

疎外感とは、周りの人から疎まれる感覚で、実際に感じた経験がある人は、かなり多いのではないしょうか。

自分の場合も、疎外感に苦しめられて、大変だったけど、乗り切る方法を見つけたら、楽になりました。

そこで今回は、疎外感を感じた際、その場を逃げずに乗り切る方法を、5つのシチュエーションからご紹介します。

実際に、5つのシチュエーションの経験があるけど、なんとか乗り切れたので、試す価値はあるはずです。

どうしても耐えられない場合は、逃げても構いませんが、逃げるとクセになるから、その点はご注意ください。



コンプレックスがある人は疎外感を感じやすい!

自分は、疎外感を感じやすいタイプで、何度も経験をしているけど、なぜ頻繁に感じるのか、考えてみました。

すると、疎外感の根底には、誰かと自分を比較して、気持ちが萎えるコンプレックスが、原因だったんです。

自分の方が相手よりも、いろいろな面で劣ると思う人は、疎外感を感じやすいから、特に注意してください。

ルックス学齢収入家庭など、生きていれば誰にも、コンプレックスを持つ環境は、たくさんありますから。

自分に自信を持てば、コンプレックスがなくなり、疎外感も感じないと言うけど、実際にはかなり難しい。

そこで、以下の疎外感を感じる場面に、遭遇した場合は、ご紹介した方法を試して、乗り切るしかありません。

キシ
誰でも、ご紹介するシチュエーションで、疎外感を感じた経験が、1つはあると思いますよ。

会社のお昼休みに話し相手が誰もいないとき!

ダメな昼食

会社のお昼休みは、楽しく食事をしたいところですが、自分の場合は、基本的に一人ぼっちで食べることが多い。

周りを見ると、スゴく楽しそうなので、疎外感を感じるけど、本来の食事は、黙って食べる物なのでは?

それに、くだならい会話に時間を費やすなら、本を読んだり、勉強をしたり、自分のために使った方がマシ。

最近は、短時間の昼寝は、健康に良いと言われているので、30分くらい寝て、英気を養うのもありでしょう。

もし、お昼休みに疎外感を感じても、一人なら好きなことをできるので、むしろ好都合だと思ってください。

キシ
自分の場合は、お昼休みに読書をしたり、外へ出て散歩をしたりしています。

既婚者だらけで独身者が自分だけだったとき!

独身の男性

休憩時間の会話中、気がつくと、話題が奥さんや子供がメインで、独身が自分だけなことが、何度もありました。

独身だと、会話に入るのは無理なので、疎外感を感じますが、話の内容を聞くと、独身の方がマシと思えるはず。

さらに、自由な時間がない、子供の面倒が大変、奥さんがうるさい、そんな話を聞くと、時間の無駄でしょう。

結婚しても、幸せとは限らないから、疎外感を感じても、今の生活が楽しいなら、気にする必要はありません。

とりあえず、話に耳を傾けながら、「結婚は大変ですね」と心の中で思い、自由の優越感に浸ってください。

キシ
最近は、独身の人も増えたので、前よりも疎外感を、あまり感じないのでは?

職場が大卒だらけで自分のみ高卒だったとき!

仕事中のサラリーマンとOL

サラリーマン時代、周りの男性社員の大半が、大卒だったことがあり、高卒の自分は、疎外感を感じていました。

高卒だと、学歴コンプレックスを持っており、大卒が疎外していない場合でも、勝手に感じることが多いはず。

実際、大卒の人たちは、高卒を見下す人もおり、自分も経験したから、疎外感を感じるのは、仕方がないかも。

しかし、仕事ができない大卒は多く、疎外感を感じさせる連中がいたら、付き合うほどの人ではないでしょう。

また大卒なくせに、高卒の自分と同じ会社なら、大した奴じゃないと思えるので、全く気になりませんよ。

キシ
高卒で、疎外感を感じたら、仕事で見返してやり、立場を逆転してやりましょう。

恋愛話の際に自分が経験不足だったとき!

ラブラブのカップル

自分の場合、学生時代はデブで全くモテなかったから、今までの恋愛経験は、片手があれば、十分なレベルです。

そんな自分を知っているのか、これみよがしに、恋愛話をしてきて、疎外感を感じさせる連中がいました。

恋愛経験が少ないので、会話に入ることもできず、悔しい思いをしましたが、恋愛は数ではなく質なのでは。

それに、恋愛経験を自慢する奴なんて、大した恋愛をしてないはずだから、疎外されるのは喜ぶべきでしょう。

もしくは、恋愛経験が豊富な連中と、住んでいる世界が違うと思えば、疎外感は感じないと思いますよ。

キシ
顔やスタイルが、自分と全く違うなら、疎外されるのは、仕方がないかも。

正社員の中に一人だけ派遣やバイトだったとき!

イヤミな社員

派遣社員、パート、アルバイトの人は、正社員の人たちから、疎外感を感じることが、頻繁に多いのでは。

自分も経験があり、相手の真意は分からないけど、見下されている気がして、精神的にツラかったです。

でも、よく考えれば正社員の中に、一人だけ派遣やバイトでいるのは、疎外感を感じて、ごく当たり前なこと。

給料も違えば、待遇も違うので、疎外感を感じるのは当然だから、これなら受け入れるしか、方法はありません。

疎外感を、感じたくないなら、正社員になって、働くしかないので、ハロワへ行って、転職活動をしましょう。

キシ
自分も頻繁に感じるけど、この疎外感を乗り切るには、正社員になるしかありません。

疎外感を感じるのは被害妄想かもしれない!

本当に、周りの人から疎外されているなら、上記の方法をすることで、なんとか乗り切れるはずです。

しかし、疎外感の場合は、あくまでも自分が感じることであり、本当に相手が、疎外しているかは分かりません。

最も高い可能性として、被害妄想のパターンが多く、ただの思い過ごしのこともあり、真偽の判定は難しい。

特に、冒頭のコンプレックスを持っている人は、被害妄想を持つ傾向らしいので、自分が感じているだけかも。

疎外感を感じても、疎外されていない場合もあるから、あまり敏感に反応しない方が、精神的に楽でしょうね。

キシ
頻繁に、疎外感を感じるようだったら、疎外されているのは、本当かもしれません。

疎外感を感じることは人生の修行だと思え!

ご紹介した5つの方法でも、疎外感を乗り切れなかった場合は、人生の修行だと思うのは、どうでしょうか?

自分を鍛える修行と思えば、人として成長ができるから、ツラかったとしても、多少は耐えられるはずです。

本当の修行に比べたら、疎外感を感じる時間は短いので、滝行をすると思ったら、疎外感の方が楽だと思います。

どうしても、耐えられなかった場合は、逃げ出して大丈夫だけど、できれば修行のために、耐えてください。

疎外感を耐えられたら、人として辛抱強くなり、他のことも耐えられるので、最後の手段にどうぞ。

キシ
疎外感が1日中の場合、逃げても良いけど、1時間ぐらいなら、耐えられますよね?

まとめ

コンプレックスを持つ人は、疎外感を感じやすいので、5つのシチュエーションの際は、特に注意してください。

疎外感が大きくなると、精神的に病むから、ヒドくなったら大変なので、ご紹介した方法を試しましょう。

別の方法では、自分に自信を持つと、疎外感が感じにくくなるけど、かなり難しいので、おすすめはしません。

自信を持つよりは、疎外感を感じても、受け流す方が早いので、5つの方法でダメなら、こちらがおすすめ。

人間は、結局のところ、最後は一人ぼっちになるから、早いか遅いかだけなので、あまり気にしないことですね。

キシ
会社で感じるなら、仕事が終わると、解放されるので、気にしなければ、大丈夫でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフスタイル