スポンサーリンク

MOS資格を簡単に合格する方法は対策テキストと問題集をやるだけ!

MOSの勉強をしてる男性生活の知恵
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。数年前に、履歴書の資格欄が寂しいので、MOS(エクセルとワード)の資格を取った、独身ブロガーのキシです。

今の時代、エクセルもワードも、使えて当たり前だから、仕事で不自由しないために、MOSの資格を、取る人も多いのでは。

そこで、MOSの資格を取りたい人へ、自分が約2週間の勉強で、エクセルもワードも合格した方法を、ご紹介します。

基本的な操作ができれば、2つのMOSの合格を、約2週間の勉強で可能だから、手っ取り早く取りたい場合、参考にどうぞ。

ただし、最後にも書いてある通り、MOSの資格を取っても、エクセルとワードを、使いこなせる訳ではありませんよ。

基礎知識があれば2週間ぐらいで合格できる!

自分は、エクセルとワードを、仕事で使っていたから、基本的な操作はできるので、初心者ではありません。

ただし、初心者じゃないと言っても、入力業務だけなので、表やフォーマットを、作った経験はほぼ皆無。

それでも、約2週間の勉強で、合格できたから、エクセルとワードを、使ったことがあれば、大丈夫でしょう。

タイピイング力が実は重要

2週間で、エクセルとワードのMOSに合格するには、勉強の他に、もう1つ重要なポイントがあります。

そのポイントは、的確に入力できるタイピング力で、タイピングがヘタな場合、合格できないかもしれません。

MOSの試験は、50分なので入力に手間取ると、試験時間が短くなり、全問を解けない場合があるでしょう。

おすすめのタイピングのソフト

勉強と同時に、タイピング力が必要なので、まずは自分の力を、「e-typing」でチェックしてください。

まず「腕試し」で、タイピング力を確かたら、文章やテンキーなど、自分の弱いジャンルを、克服しましょう。

キシ
タイピング力をつけるには、日頃から練習するしか、方法はありませんよ。

必要なのはFOM出版の対策テキスト&問題集!

自分が、MOSの資格を取る際、勉強に使ったのは、FOM出版が出している、エクセルとワードのテキストです。

立ち読み、アマゾンのレビュー、ネットの口コミ、いろいろな情報を精査した結果、FOM出版がベストだと判断。

結果的に、わずか2週間ぐらいで、エクセスもワードも合格したから、この2冊のテキストで、間違いありません。

自分は、Office2010でしたが、最新の2016年でも、同じことが言えるはずだから、大丈夫だと思いますよ。

古いバージョンで、試験を受けたい人は、中古の方が安いから、ヤフオクやブックオフで、探しましょう。

MOS Excel 2016 対策テキスト& 問題集

MOS Word 2016 対策テキスト&問題集

キシ
この2冊があって、しっかり勉強すれば、MOSに合格したも、同然ですよ。

問題を暗記するくらい勉強すれば合格できる!

自分の場合、実習と模擬試験の繰り返しで、徹底的に問題の傾向を、頭の中へ詰め込みました。

勉強時間は、平日で1時間から2時間、休日も同じくらいで、試験の前日は、1日中ずっと模擬試験。

基本的に、テキストの問題が、記憶するくらい勉強すれば、間違いなく合格するはずですよ。

その証拠に、試験を受けた際、模擬試験と似た問題が、たくさん出題されており、スラスラと解けました。

解説で基礎を学び、問題集で覚えたら、模擬試験で完璧にする、このパターンを繰り返して、合格を目指しましょう。

合格の秘訣!

問題を暗記するくらい、何度も模擬試験をして、頭に叩き込みましょう!

キシ
試験には、似た問題が多く出るので、暗記していれば、簡単に答えられますよ。

意外と知らないMOSの試験費用!

MOSを受けようと思ったとき、かなり衝撃的だったのが、試験の料金で、なんと1回につき約1万円も、掛かるんです。

試験の料金を知る前は、パワーポイントのMOSも、受けようかと思ったのですが、さすがに3万円は、キツいので却下。

もちろん、不合格でも1回につき、1万円が掛かるから、失敗すると経済的損失なので、モチベーションになるでしょう。

勉強に集中できない人は、「2万円をドブに捨てるつもりか?」と、自分に言い聞かせると、集中力が戻ります。

ちなみに、MOSは学割があり、学生なら2000円も、安く受けられるので、資格を取得するなら、学生のうちですよ。

学割が利く対象の学生

小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校ほか、当社の認める学校に在籍する児童・生徒・学生の方。

キシ
1つ1万円は、かなりの出費だから、1回で受かるように、モチベーションを上げましょう。

近所のパソコンスクールで試験を受けられる!

MOSの試験は、全国一斉が有名だけど、日時が合わない人も、いるだろうから、おすすめは近所のパソコンスークルです。

公式サイトから、「試験会場を探す 」→「試験会場の検索」→「バージョン」の順番で、自分の合う条件が、見つかります。

試験日を決める際は、土曜日を丸一日、勉強に当てられるので、日曜日がおすすめ。

ちなみに、全国一斉試験の場合は、「全国一斉試験」の1番から7番の手順で、試験を受けてください。

エクセルとワードの2つを受ける場合は、どちらが先でも構わないけど、自分の場合は、ワードが先でした。

キシ
自分も、日曜日に試験だったので、土曜日は、ずっと勉強してました。

合格してもらえるのはレポートと合格認定証!

MOSの試験が終わると、すぐに採点が始まり、あっと言う間に、合否が分かります。

その際に、試験結果レポートをもらえるから、セクション分析を見て、自分の弱い個所を、克服してください。

試験のレポート

合格してから、しばらくすると、郵送で「合格認定証」が届くので、それが一応、証明の代わりみたいです。

ワードの合格認定証

合格証書

合格認定証は、すべて英語だから、名前しか分からないけど、たぶん「おめでとう」とでも、書いてあるのでしょう。

エクセルの合格認定証

合格証書

ちなみに、「合格認定証」の再発行は、受験日より3年以内なら、3,000円(税込)で、再発行してくれます。

キシ
あと、カードがあった気がするけど、どこかへ行ったので、定かではありません。

ハッキリ言ってMOSは役立つ資格じゃない!

MOSの資格は、取得をしたからと言って、エクセルとワードが完璧かと言えば、実はそうではないんです。

せいぜい、スタート台に立ったぐらいで、大見得を切り、「エクセルとワードができます!」とは、言わないように。

実際に、資格を持ってない人の方が、遥かに使いこなしており、経験が重要だと、思い知らさたことが、ありましたから。

特に、合格のためだけ、MOSの猛勉強をした場合、テキスト以外のことが、全くできません。

履歴書を充実させる手段で、資格を取るのは有りだけど、資格を取ったから、即戦力になるかと言えば、たぶん違いますね。

キシ
MOSは、エクセルやワードの基本的な操作ができる、この程度の資格だと、思いましょう。

まとめ

役に立つかは別にして、MOSの資格があれば、一応、ワードやエクセルが使えると、面接などで言えます。

合格するには、FOM出版の「対策テキスト&問題集」を買い、2週間ぐらい勉強すれば、ほぼ大丈夫。

ただし、タイピングがヘタな人は、入力に手間取るので、先にタイピングの練習をしてください。

自分も、タイピングに自信がなかったから、基礎をしっかりマスターしたあと、勉強を始めました。

あとは、模擬試験の問題を、暗記できるくらい、勉強を重ねれば、間違いなく合格するでしょう。

キシ
ちなみに、今は全くワードもエクセルも、使わないので、初心者に戻っちゃいました。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。


生活の知恵
面白かったらシェアをお願いします!
キシのフォローを宜しくお願いします!
独身男のド定番

コメント