初回30日間無料で音楽聴き放題!

【2019年版】パソコン音痴が選んだ10万円以下の最強ノートパソコン

ノートパソコングッズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Windows7のサポートが2020年1月に切れるのでノートパソコンを買い替えたい!」

長らく活躍してたWindows7のパソコンは、2020年1月14日をもって使えなくなるそうです。

自分のノートパソコンもWindows7なので、消費増税や駆け込みで混む前に購入する決意をしました。

しかし、自分はハード面のパソコンに詳しくないパソコン音痴なので、どれを選べば良いか分からない。

そこでパソコンに詳しい友達のナカキさんの協力を仰ぎ、10万円以下の最強ノートパソコンを探しました。

ナカキ
ナカキ

こんにちは。ナカキです。パソコンなら任せてください。

ナカキさんはパソコンを自作する人だから、彼のお墨付きがもらえるノートパソコンを買えば大丈夫。

ちなみに、自分はノートパソコンを以下の条件で使うから、同じタイプの人は購入を検討してください。

  • 基本的に机の上から移動しない。
  • Microsoft Officeは使わない。
  • フォトショとイラレを使う。
  • ネットを見ながら音楽を聴く。
  • パソコンでゲームは全くしない。
  • 動画などのデータが大量にある。
  • CDをレンタルして焼くことが多い。

スポンサーリンク

最強ノートパソコは『HP Pavilion 15-cu1000』

先に答えをご紹介しますが、10万円以下のノートパソコンで最強なのは、間違いなく『HP Pavilion 15-cu1000』です。

具体的になにが良いのかは後ほどご紹介するとして、現段階でこのノートパソコンを超えるものはありません。

ちなみに、パソコン音痴の自分がナカキさんと相談して、ノートパソコンを選ぶ際に重視したスペックは以下5点。

  • CPUはCore i5以上。
  • メモリは8GB以上。
  • ストレージはSSDとHDDのデュアル。
  • キレイに見えるディスプレイ。
  • DVDドライブが内蔵。

この条件で価格が10万円以下なら、最強ノートパソコンと言って問題ないでしょう。

これからノートパソコンを買う人は、上記の条件をクリアしたものを選んでください。

『HP Pavilion 15-cu1000』のスペック

項目内容
液晶サイズ15.6 インチ
CPUCore i5 8265U
1.6GHz/4コア
ストレージHDD:1TB
SSD:128GB
メモリ8GB
解像度フルHD (1920×1080)
ディスプレイIPSディスプレイ
グラフィックスインテル UHD グラフィックス 620
ドライブDVD±R/±RW/±RDL
Microsoft Office無し
その他HDMI x1
USB3.1 Gen1 x2
USB Type-C 3.1 x1
SDカードスロット x1

詳しいスペックも後ほどご紹介しますが、パソコンに詳しい人なら、これで十分だと分かるでしょう。

実際、ナカキさんに見てもらったら「これで10万円以下は凄いです!」と、お墨付きをもらいました。

ナカキ
ナカキ

お金があればSSDを256GBにした方が良いですけどね。

10万円以上出せれば、自分もSSDを256GBにしたいけど、10万円以下なら128GBが限界です。

あと自分が思ったマイナス点はUSBポートが2つだけなので、3つだったら天下無双と言えたかもしれません。

キシ
キシ

これだけ揃って10万円以下はちょっと凄くないですか?

あとは、上記のスペックにした理由が分かれば、最強ノートパソコンが『HP Pavilion 15-cu1000』だと分かるはずです。

CPUは『Core i5』を選ぶのが良い理由

CPUとは、パソコンの基本性能を決める重要な部品で、グレードが高ければ高いほど性能が良いです。

突然ですが、みなさんは「松竹梅の法則」を知っていますか?

松竹梅の法則」とは、松・竹・梅ランクの商品があったとき、真ん中の竹を選ぶ心理。

実際に松ランクだと高いので手が出ない。しかし、梅ランクだと安くて失敗するかもと思うはずです。

これをCPUに置換えると、『Core i7』だと高くて手が出ない。『Core i3』だと安くて失敗するかもと思うでしょう。

『Core i7』は4コアのCore iシリーズ上位モデル。『Core i5』は中位モデル。『Core i3』は3つの中で最も価格が安いモデル。

そうなると選ぶべき真ん中の『Core i5』で、高くもなく安くもないから、これを選べば間違いありません。

ちなみに『Core i5』は、画像や動画の編集を行うミドルユーザーやライトユーザーに適したCPUです。

キシ
キシ

自分はフォトショとイラレを少し使うぐらいです。

フォトショとイラレを使うと言っても、簡単なロゴや画像に文字を入れる程度なので、ライトユーザーです。

ナカキ
ナカキ

ゲームをやらなければ『Core i5』で十分ですよ!

ゲームをやるなら『Core i7』が必要だけど、フォトショとイラレぐらいなら『Core i5』でも問題なし。

フォトショやイラレを使わなくても、「松竹梅の法則」を考えると『Core i5』を選ぶのが正解ですね。

CPUは松竹梅の法則から考えると『Core i5』を選びましょう。

メモリは『8GB』を選ぶのが良い理由

メモリとは、データなどを記憶する部品で、例えると作業台のようなもので大きいほど作業が捗ります。

今のパソコンのメモリは、4GB8GB16GBの3つがメインで、大きいメモリほど価格が高いです。

メモリを選ぶ際もPUと同じ「松竹梅の法則」を使い、高くもなく安くもない8GBが良いでしょう。

ちなみに、自分の使っているノートパソコンのメモリは4GBなので、さすがにWindows10では少なすぎ。

ナカキ
ナカキ

過度のマルチタスクをしなければ8GBで大丈夫です!

自分が同時に行うのは、ネットを見ながら音楽を聴くフォトショとイラレを同時に使う。この程度。

ネットを見ながら音楽を聴き、それと同時にフォトショやイラレを動かす人は、16GBが良いのかもね。

ちなみに、パソコン通のナカキさんのパソコン(デスクトップ)のメモリは、32GBもあるそうです。

キシ
キシ

16GBにするほどノートパソコンを酷使しないです。

Windows7のノートパソコンなら4GBでも十分ですが、さすがにWindows10では最低でも8GBは必要ですね。

メモリは過度のマルチタスクにならなければ『8GB』を選びましょう。

ストレージは『デュアル』を選ぶのが良い理由

ストレージとは、パソコンのデータを長期間保管する装置。大きいほどたくさんのデータを保管できます。

一昔前のストレージと言えば、HDD(ハードディスクドライブ)だけでしたが、これからはSSDが主流。

SSDとは、ソリッドステートドライブと言いHDDよりも、すぐにデータを読み込める優れたストレージ。

さらに、音が静かで消費電力が少ない振動や衝撃に強いHDDよりも壊れにくい。などの特徴があります。

ナカキ
ナカキ

今の時代にSSDのないノートパソコンを買っちゃダメです。

当初はSSDなんて必要ないと思ってたけど、ナカキさんの助言でSSDがあるノートパソコンを選ぶことに。

ただし、SSDは容量が大きいほど価格が高いので、大容量のSSDを10万円以下のノートパソコンには無理。

そこで考えたのがSSDHDDデュアルストレージ(ストレージが2つ)が使えるノートパソコンでした。

デュアルストレージにすれば、価格が抑えられる上に容量不足の心配も減るから、まさに一石二鳥。

ストレージの容量は、10万円以下だとSSD 128GBHDD 1TBが限界なので、これがベストでしょう。

キシ
キシ

お金がある人はSSDが256GB以上のノートパソコンを選びましょう。

ちなみに、パソコン通のナカキさんのパソコン(デスクトップ)は、SSDをデュアルにして合計1TBもあるそうです。

ストレージはSSDとHDDの『デュアルストレージ』を選びましょう。

光学ドライブに『DVDライター』が必要な理由

光学ドライブとは、CD・DVD・BDを読み込んだり書き込んだりする装置。

一昔前はWindowsのOSMicrosoft Officeを、DVDで読み込みましたが、今はダウンロードをして使う時代。

それを踏まえると光学ドライブは要らないし、ましてやDVDライターなんてもっと要らないと思うでしょう。

ナカキ
ナカキ

ドライブが必要なら外付けにするのも有りですよ。

実際にナカキさんのパソコン(デスクトップ)は、ドライブを滅多に使わないので、外付けにしたそうです。

しかし、自分の場合はCDをレンタルしてノートパソコンに落としたりCDを焼いたりするから絶対に必要。

他にもバックアップを取る際に、DVDライターがあればデータを残せるので、自分には必要でした。

キシ
キシ

外付けのHDDとDVDライターがあればバックアップは万全です。

CDをレンタルしない。CDを焼かない。DVDでバックアップを取らない。そんな人はDVDライターは不要。

逆に自分と同じタイプの人は、絶対にあった方が良いので、始めから付けた方が良いですよ。

光学ドライブはバックアップのために『DVDライター』を選びましょう。

ディスプレイは『フルHD』が必要な理由

ディスプレイとは、文字や映像を表示する機器でモニターとも言います。

あと心配なのはディスプレイの性能だけど、フルHD(1920×1080)であれば問題ないそうです。

例えば今使っているノートパソコンのディスプレイは、WXGA(1366×768)しかありません。

しかし、パソコンでDVDの映画などを見る場合、WXGAではキレイな映像を最大限に映すのは不可能

逆にフルHDならDVDの映像を十分に映し出せるから、最低でもディスプレイはフルHDを選びましょう。

ナカキ
ナカキ

フルHDにすると画面が広がり作業効率がありますよ。

実際にWXGAのノートパソコンだと、表示が大きいから作業スペースが狭くなるのがネックでした。

ナカキ
ナカキ

ただし、文字が小さく感じるかもしれませんよ。

標示が大きくなる代わりに、文字などが小さく見えるらしいけど、まぁそこは仕方がないと諦めます。

キシ
キシ

不安だったから家電量販店へフルHDのパソコンを見て来ました。

実際にフルHDのノートパソコンを見たけど、慣れれば大丈夫そうだったので、心配は要りませんね。

ディスプレイは、DVDなどをキレイに見るために『フルHD』を選びましょう。

1つだけ最強ノートパソコンに弱点があった!

ショックを受けた人

ここまでくれば『HP Pavilion 15-cu1000』が最強ノートパソコンだと分かってもらえましたよね?

しかし、最後に最強ノートパソコンにも1つだけ弱点があり、それは納期がめちゃくちゃ遅いこと。

自分は5月中旬に注文をした際、納期がどのくらいか尋ねたら6月中旬から下旬と言われたんですよ。

人気のノートパソコンだから注文が増えすぎてしまい、全く生産が追い付いていないのかもしれません。

急ぎでノートパソコンを欲しい人は、最強ノートパソコンでも1カ月以上は待てないでしょうね。

しかし、考えようによっては納期が遅れても、良いことがあるのを知っていますか?

キャンセルできる日までノートパソコンをチェック

納期が遅れるぐらい人気の『HP Pavilion 15-cu1000』だから、似たスペックのノートパソコンが出るかもしれません。

仮に『HP Pavilion 15-cu1000』よりもスペックが高く、価格が同等のノートパソコンが出たらそちらを選ぶべきです。

キャンセルができる日までは、他のノートパソコンをチェックしながら、気長に待つのはどうでしょうか。

キシ
キシ

納期が遅いのは最強ノートパソコンの宿命ですね。

まとめ

すべての条件が揃ったノートパソコンを、HP・Lenovo・DELL・mouse computerなどから調べました。

調べた結果、すべての条件をクリアしたのは『HP Pavilion 15-cu1000』だけなので、選択肢は一択。

15万円くらい出せれば、mouse computerなどにもありますが、10万円以下だとHPしかありません。

自分と同じ条件でノートパソコンを使う人は、『HP Pavilion 15-cu1000』を買ってください。

ただし、注文した5月中旬の段階で納期が1カ月以上かかるから、気長に待てる人だけですけどね。

キシ
キシ

納期が気になる人は購入前にHPのサービスへ問い合わせをしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
グッズ暮らしの知恵
\ この記事をシェアする /
独身男のド定番