40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

パスワードを管理する際にアプリやエクセルよりも安全な方法があった!

   

カギとキーボード

こんにちは。自分は、ネットショッピングが多いので、パスワードが増えてしまった、独身ブロガーのキシです。

パスワードは、セキュリティを考えると、同じものを使うのは危険だから、各サイトごとに、変える必要がある。

各サイトで、パスワードを管理する場合、アプリやエクセルが一般的だけど、やはりセキュリティが不安。

そこで今回は、自分が実際にやっている、一番に安全なパスワードの管理方法を、特別にご紹介します。

2つとも、アナログな方法ですが、安全にパスワードを管理するなら、これが一番ではないでしょうか。

アプリでパスワードを管理する方法!

スマホで、ネットを見る人は、アプリを使いパスワードを、管理をしている人が、多いのではないでしょうか。

アプリを使えば、簡単にパスワードの管理ができるので、面倒なことが嫌な人には、ピッタリかもしれません。

ただし、セキュリティが脆弱だと、パスワードを盗み取られる危険があり、アプリが万全な方法とは言えない。

おまけに、アプリを使うために、またパスワードが必要なので、最良の方法とは、言えない気がします。

それでも、アプリでパスワードを管理したい人は、自分は使わないけど、無料で使える3つが、良さそうです。

1Password

『1Password』は、パスワードの他に、アカウント、クレジットカード情報など、いろいろ管理できるアプリ。ただし、このアプリは外国製なので、使い方が少し分かりにくいことがあり、それがネックかもしれません。

PasswordManager

『PassManager 』は、セキリティソフトで有名な、トレンドマイクロ製だから、かなり安心して使えます。ただし、有料版でしか、使えない機能があるので、無料のアプリが良い人には、それがネックでしょうね。

Password 3 Lite

『Password 3 Lite』は、アカウントとパスワードの管理に特化している、とてもシンプルなアプリ。ただし、このアプリは、iPhoneのみなので、Androidでは使えず、さらに中国製なので、それがネックになりそうです。

キシ
アプリの場合、スマホがダメになると、大変そうなので、自分はおすすめしません。

セキュリティ会社でパスワードを管理する方法!

パスワードを、無料アプリで管理をする場合、機能が限定されてしまい、使いにくい場合があるでしょう。

そんな場合は、セキュリティ会社のアプリやソフトで、パスワードを管理するのが、一番かもしれません。

ノートン、マカフィー、トレンドマイクロなど、有名なセキュリティ会社が、アプリを作っていますからね。

金額は、1カ月間で約1,000円前後ぐらい、これを安いと思うなら、パスワードを管理してもらってください。

ただし、ネットショッピングする程度なら、パスワードを管理するだけに、お金を払うのは、かなり大げさ。

大金持ちなら、セキュリティ会社に、お金を払うべきだけど、普通の人なら、無料アプリが良いのでは。

キシ
パスワードの管理に、お金を払うのは、さすがに無理ですね。

「エクセル」でパスワードを管理する方法!

無料アプリだと不安、有料アプリだとお金がもったいない、そう思ってる人は、「エクセル」を使うのが便利。

「テキスト ドキュメント」でも、管理をできますが、見やすさで言ったら、どう考えても「エクセル」の勝ち。

サイト名」「アカウント」「パスワード」「備考」などを、表に作って管理すれば、ほぼ問題ありません。

「エクセル」の使い方に、若干の不安がある人は、MOSの勉強をすると、すぐ覚えるので、ぜひ参考にどうぞ。

「エクセル」に鍵をかける方法

セキュリティも、「ファイル」→「情報」→「ブックの保護」→「パスワードを使用して暗号化」をすれば、ほぼ完璧。保護を解除する場合は、「パスワードを使用して暗号化」の欄を、空白にするだけです。

パソコンが壊れると見られない

「エクセル」なら、シンプルで安全面も高いから、一見するとこの方法が、ベストのように思えます。ただし、パソコンがダメになったり、ウイルスに感染したりすると、保存したパスワードが見られません。

頻繁に使う場合は見るのが面倒

「エクセル」で管理すると、パスワードを忘れた際は、その都度、開く必要があり、面倒に感じるかもしれません。意外と「エクセル」は、重いソフトだから開くまでに、そこそこ時間が掛かりますからね。

キシ
管理だけなら、「エクセル」がベストだけど、見るのがちょっと面倒です。

アナログな紙と写真が一番に安全な方法です!

ノートとペン

今までの方法だと、スマホやパソコンに、なにか問題が起きたとき、すべて見られなくなる可能性がある。

それを踏まえると、やはりアナログではありますが、紙と写真を使うのが、ベストな方法だと言えます。

自分もこの方法で、パスワードを管理していますが、バックアップもあるから、これがベストですね。

厚手の紙にパスワードを書く

まず、厚手の紙を用意して、「サイト名」「アカウント」「パスワード」「備考」などを、ペンで記入しましょう。ちなみに、厚手の紙は、情報カードがおすすめです。

書いた紙をコルクボードに貼る

次は、パソコンデスクの近くの壁に、コルクボードをつけ、パスワードなどを書いた、厚手の紙を貼るだけ。アナログだけど、これなら盗まれないので、とても安全ですよ。

バックアップ用の写真を撮る

念のため、バックアップ用に、パスワードなどを書いた、厚手の紙をスマホで、写真に撮りましょう。紙を紛失しても、スマホで見られるから、これなら安心ですね。

キシ
アナログではあるけど、この方法が一番に安全だから、ぜひおすすめします。

おすすめなパスワードの作り方!

ここからは、少し余談になるけど、パスワードを作る際、つい同じ文字を、使い回ししていませんか?

同じパスワードは、覚えやすいけど、仮に盗み取られたら、すべてサイトに入られてしまい、とても危険です。

そこで、簡単に覚えられて分かりにくい、パスワードの作り方を、ご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ベースのパスワードを作る

最初は、名前に生年月日などをプラスして、ベースのパスワードを、作ることです。生年月日の他には、住所の番地、電話番号の末尾などを、プラスしましょう。

サイトごとに文字をプラスする

最後は、ベースのパスワードに、各サイトごとの文字を、プラスすれば完成です。これなら、簡単に覚えられて、分かりにくいから、安全なパスワードができます。

キシ
もちろん、ベースのパスワードは、できるだけ、複雑な文字にしましょうね。

まとめ

面倒が苦手な人は無料アプリ、無料がプリが不安な人は有料アプリ、どちらも不安な人は、「エクセル」で管理。

「エクセル」でも不安な人は、紙と写真を使うのが、パスワードを管理する上で、一番の方法でしょうね。

多少の面倒はあるけど、紙と写真の場合は、安全にパスワードを見られるから、間違いないと思います。

実際に自分も、コルクボードに紙を貼って、パスワードを管理しており、すぐ見られるから、本当に便利。

あとは、簡単に覚えられて、分かりにくいパスワードを作ると、管理する方法は、完璧ですね。

キシ
便利に使うためには、アナログな方法がベスト。どちらも便利は、危険ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフハック