初回30日間無料で音楽聴き放題!

一生独身の覚悟を決めたら必要なもの!40歳を過ぎたらすぐ準備せよ!

一生独身の覚悟を決めた男性 独身
スポンサーリンク
スポンサーリンク

40歳を過ぎて1人だと結婚するのが厳しくなるので、一生独身を覚悟した人も多いのではないでしょうか。

しかし、一生独身の覚悟を決めたはずのに、まだ1つも準備をしてない人が結構いるはずです。

そこで今回はプロ独身のキシが、一生独身の覚悟を決めたら絶対に必要なものを、6つご紹介します。

一応、自分はプロ独身を名乗っているから一生独身の覚悟をしており、現段階で準備を整えました。

結婚を諦めるときが訪れた場合は一生独身の覚悟を決めて、ご紹介する6つを手に入れてください。

スポンサーリンク

いざと言うときに頼れる兄弟姉妹や友人!

友達

一生独身でいる覚悟を決めても生きていれば困ることが、1つくらい起きるのでそんなときは誰かの助けが必要。

40代や50代になれば若さで乗り切れないから、独身だとしても誰かに頼る事態は必ず起こります。

そこでいざと言うとき頼れる人物が必要なので、友人知人兄弟姉妹との信頼関係を構築すること。

3つの中で血のつながった兄弟姉妹が頼りになるので、何か起きたときは「助けてくれ」と頼みましょう。

兄弟姉妹がいない場合は、友人や知人に事情を説明して、いざと言うとき助けてもらうことです。

ただし、一方的に「助けてくれ」は都合が良すぎるので、相手に何かあったときは必ず手助けください。

キシ
キシ

いざと言うときは誰かの助けがないと死んじゃいますよ。

病気や怪我の際に困らないための医療保険!

結婚をしていて共働きだったら、病気や怪我で入院しても一定の収入を得られますが、独身は違います。

病気や怪我で会社を休んだ際、健康保険共済組合給料の2/3を支給するけど、それとは別に入院費が必要。

大きな病気や怪我の場合だと、入院費の他に高額の手術費用が掛かるので、医療保険へ加入しましょう。

さすがに40代で医療保険に未加入は少ないだろうけど、加入してなければ一刻も早く加入すること。

独身の場合、死んでも受取人が存在しないので、生命保険よりも医療保険の方が保険料が安くてお得です。

40代だと保険料が高いので入院保障は5千円で仕方がないけど、若い人は1万円ぐらいをおすすめします。

キシ
キシ

自分の場合、入院費用は1日1万円になってます。

独身の人生を謳歌するために必要な生きがい!

40代のサラリーマン

結婚すれば奥さんや子供など家族ができて、家族を幸せにすることが生きがいになるはずです。

しかし、一生独身の場合は家族は存在しないので、既婚者とは別の生きがいを見つける必要があります。

死ぬまで楽しめる生きがいを見つけられれば、独身がツラくても頑張れるから必ず見つけてください。

例えば趣味を生きがいにする場合、以前の記事におすすめ趣味を紹介してるので参考にしましょう。

一生独身だったら家族がいないので好き放題にできるから、やりたい仕事をするのも良いかもしれません。

趣味にしろ仕事にしろ、生きがいを見つけることが一生独身でいる覚悟には、間違いなく必要ですよ。

キシ
キシ

自分の場合は今の仕事が生きがいですね。

死ぬまで一人でも快適に過ごせる終の棲家!

若い頃なら体力があるので何度も引っ越しをできるでしょうが、歳を重ねると引っ越しも大変です。

結婚をしていれば家族と住む一戸建てを買いますが、一生独身の場合はさすがに一戸建ては大きすぎ。

自分と同じ長男なら終の棲家を実家して、次男以降でお金に余裕があればマンションを買うのもあり。

将来的にのんびりしたいから田舎に住みたい人もいるだろうけど、田舎はお金が掛かるので止めましょう。

田舎は風光明媚ではあるけど、生活が大変なので家賃が高いから、今まで通り都会の方がおすすめ。

個人的に終の棲家にするなら、「駅・病院・スーパー」この3つが近くにある場所が、ベストだと思います。

キシ
キシ

自分は実家暮らしなので、終の棲家は決まりました。

最低限の生活ができるように潤沢な資金!

お金が貯まった女の子

独身の場合は家族が誰もいないから、既婚者よりもお金は掛からないけど、無いよりは有った方が良い。

特に年金の支給開始年が引き上げる方向らしいから、一人ぼっちの老後に備えて潤沢な資金が必要です。

総務省の「家計調査」だと世帯主が60歳以上で、無職世帯の1ヶ月の支出が約24万円も掛かるらしい。

ただし、これは既婚者の場合なので独身の場合だったら、半分くらいの12万円くらいは掛かるでしょう。

12万円くらいなら年金だけで大丈夫そうだけど、趣味や付き合いが多ければ、もっとお金が掛かります。

歳を取ってからお金を稼ぐのは大変なので、将来を見据えて早い段階から貯金をしてください。

キシ
キシ

1年で10万円の貯金すると、20年後には200万円ですよ。

死んだあとに家の処分などを任せる後継者!

独身でも死んだ後を考える必要があるので言い方が大げさだけど、早い段階から後継者探しが必要。

特に家を持ってる場合は、死んだ後に相続の問題が発生するから、後継者を選ばないと親族が大変です。

兄弟姉妹がいれば生きてる誰かが自分の財産を相続してもらい、誰もいなければ弁護士に相談すること。

まだ40代ぐらいならまだ大丈夫だろうけど、人生はどうなるか分からないので、目星は付けた方が良いかもね。

60代を過ぎたら後継者を選んだり弁護士に相談したり、財産分与の遺言書を書いた方が良いでしょうね。

財産が無くても死んだ後の始末があるから、後継者がいる場合は事前に頼むことを忘れないでください。

キシ
キシ

独身でも「立つ鳥跡を濁さず」なので間違えないように。

40歳になったら真剣に考えてください!

30代の後半に差し掛かるぐらいから、このままだ一生独身で終わると考えるかもしれません。

真剣に婚活すれば40代でも、結婚する確率は高くなるらしいけど、30代と比べたら低いのが現実。

実際、自分の周りにも40代の独身は多く知っている限りでは、結婚する予定も相手も全くいない。

結婚を諦めてない人は、まだ頑張れば可能性はあるので、婚活サイトに登録して頑張りましょう。

ある調査だと婚活サービスを使えば、低いと言われた40代の結婚確率が、40%になるらしいですからね。

逆に結婚を諦めた人は、一生独身が確定なので覚悟を決めたら、ご紹介する6つを手に入れてください。

キシ
キシ

派遣・契約・フリーランスは不安定だから婚活は厳しいでしょうね。

一生独身の覚悟を決めたら必要なもの「まとめ」

まだ30代の人なら一生独身の覚悟をは必要ないだろうけど、40代の人は本格的に覚悟してください。

40代になると、30代の頃と違い結婚へのハードルがかなり高くなるので、一生独身が頭を過ぎるはず。

まだ大丈夫と余裕の人も、40代から月日が凄く早く過ぎるので、のんびりしてたらかなりヤバいです。

一生独身の覚悟を決めたら、ご紹介した6つをすべて手に入れて、不安のない楽しい独身生活を送りましょう。

自分の場合は「潤沢な資金」が不足してますが、あとの5つは手に入ってるから、とりあえず一安心かな。

キシ
キシ

40代を過ぎると「光陰矢のごとし」がリアルに感じますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
独身生きるヒント
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番

COMMENT