40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

友達を作る方法!60代のへそ曲がりババアから秘訣を教えてもらった!

   

友達

歳を重ねるほど、友達を作るのが難しい。そう思っていたら、実際は違っており、60歳からでも可能みたい。

その証拠に、自分のへそ曲がりの母親(以後、うちのババア)は、60歳を過ぎ、友達ができたからです。

そこで今回は、うちのババアが60歳を過ぎてから、友達ができた秘訣をご紹介します。

うちのへそ曲がりのババアでも、友達ができたのだから、1人ぐらいは、なんとか作れるはず。

実際に作る方法は、スゴく単純なものなので、今まで閉じていた心の扉を、思いっきり開けることですよ。



息子から見てもへそ曲がりのババア!

自分も、自他ともに認めるへそ曲がりだけど、うちのババアは、さらにへそ曲がりで、とても友達ができるタイプには見えない。

昔から、歳を重ねれば、人間が丸くなると言うから、ババアも、60歳を過ぎれば、丸くなると思ったら、大間違いでした。

実際に、丸くなったのは体型だけで、性格の方は、歳を重ねるごとにエッジが効いて、息子としても頭が痛いです。

最近は、とても文章では書けないヘイトスピーチを、テレビを見ながら言っており、どう考えても、友達はできなさそう。

しかし、そんなうちのババアは、自分と比べものにならないくらい、たくさんの友達がいたんです。

キシ
文句の他に、言うことがないの?と思うくらい、うちのババアは、文句が多い。

そんなババアには友達がたくさんいた!

そんなへそ曲がりのババアの携帯には、自分よりも2倍以上ぐらい、登録がされており、ちょっと信じられません。

実際に、登録件数を見ると、100件以上は入っていたから、田舎暮らしの無職のババアとしては、かなり多いのでは。

昔からの友達から、つい最近にできた友達まで、大半は女性だけど、年齢も家庭環境も住んでいる場所も、かなり違います。

息子からすれば、へそ曲がりなババアと、友達になりたいなんて、相手も相当な変わり者だと、思っていました。

しかし、ババアの友達に会ったり、話したりすると、真っ当な人しかいなかったんです。

キシ
うちのババアは、ここ10年ぐらいで、一気に友達が増えています。

へそ曲がりババアの素晴らしい友達!

自分も、何度かあいさつ程度だけど、ババアの友達に会っており、実感としては、みなんさん優しい人たちでした。

あいさつはスゴく丁寧で、話し方も穏やかだから、うちのババアと、真逆の人たちに見えて、なぜ友達になったのか謎。

さらに、ババアから話を聞くと、元開業医だったり、元高級住宅地に住んでいたり、どう考えても、環境が違いする人ばかり。

わが家は、早くに父が死んでいるし、もともと裕福じゃないし、息子はポンコツだし、どこに共通点を見つけたのでしょうか?

そこで、うちのババアの友達の一人から、なぜ仲が良くなったのか聞いたので、秘訣が分かるかもしれません。

キシ
うちのババアは、ガラが悪い。しかし、友達は品が良い。謎です。

なぜうちのババアと友達になったか聞いた!

うちのババアの友達の一人から、なぜババアと仲が良くなったのか聞いたら、ある共通点が見つかりました。

10年以上前から、うちのババアは、腰痛を患っており、改善するために、スポーツクラブへ通っているんです。

スポーツクラブと言っても、田舎にあるクラブだから、大した設備はありませんけどね。

そこには、特に都会からの移住者が多く、話を聞けたのが、そのうちの一人の方でした。

共通点は同じ苦しみを味わっていたこと

うちのババアは、ヒドい腰痛持ちで、一時は手術も検討していたけど、運動することで改善して来ました。

同じように、その友達も腰痛を患っており、似たような苦しみを、味わっていたそうです。

その共通点が、ババアと友達になった理由で、苦しさを共有したから、友達になれたのでしょう。

実際に、楽しいことよりも、苦しいときの方が、意気投合ができますからね。

もしかしたら、友達を作る際も、恋愛でよく言われる「つり橋効果」が、関係あるのかもしれません。

キシ
ババアの友達の大半は、同じような症状を持っています。「怪我の功名」かもね。

なぜうちのババアは友達が作れるのか?

つい先日、うちのババアと話をしたとき、「そう言えば友達がまた増えたじゃん!」と、話す機会がありました。

ここ1カ月ぐらいで、急に仲が良くなった友達ができ、1週間に1回ぐらいは、わが家へ遊びに来ているんです。

そこで、うちのババアに、「なんでそんなに友達が増えるのさ?」と、思い切って聞いてみました。

話し掛けるのは自分から積極的にする

そのスポーツクラブで、うちのババアは、闇雲でなないけど、自分から話しかけるらしい。

自分から、話し掛けることで、相手の名前を知るようになり、それがきっかけで、友達になるそうです。

会話している場所に近づき耳を傾ける

ババアに、「話し掛ける相手の基準は?」と聞いたら、別の人との会話に、耳を傾けると言ってました。

会話を聞いているうちに、自分と合うか判断して、合いそうだったら、自分から話しかけるそうです。

話し掛ける相手には第一印象も大切

さらに、耳を傾ける人の基準を聞いたら、60年以上を掛けて培った、第一印象が決めてと、言っていました。

相手を見たときに、「この人とは合う」とアンテナが察知して、それから話に、耳を傾けるそうです。

キシ
第一印象で気になったら、話に耳を傾け、合うと分かったら、積極的に話し掛ける。これですね。

うちのババアに最も重要なことを聞いた!

上記の方法で、うちのババアに友達ができると分かりましたが、最も重要なことが、1つだけあるそうです。

ババアが言うには、「心の扉を常に開けていること」、これができたから、友達が増えたと言ってました。

確かに、以前のババアは、常に心の扉を閉じており、人を寄せ付けないオーラがあったけど、今は違います。

なにがきっかけだったのか、ババアに聞くと、ある人との出会いが、心の扉を開けたらしいです。

ある人との出会いが人生を変えた

ある人とは、初めてのスポーツクラブの友達で、仲が良くなったきっかけは、向こうから話しかけて来たこと。

ババアが言うには、とても気が合ったので、スゴく仲が良くなり、お互いの家を行き来する仲になりました。

自分も会ったけど、とても優しそうな人で、仲が良くなるにつれて、ババアの心の扉が、閉じなくなったんです。

人生は、出会いによって、変わると分かったから、ババアは心の扉を、開けるようにしたのでしょう。

縁は異なもの味なもの

縁は異なもの味なもの」とは、男女の間で使う言葉だけど、同性でも当てはなると、ババアは言っています。

ある一人の友達がきっかけで、ババアにたくさんの友達ができたから、本当に異なものであり、味なものです。

心の扉を開くだけで、簡単に友達ができる訳じゃないけど、閉じていては、絶対にできないと分かりました。

もし、あのとき友達になっていなかったら、今のババアの人生は、かなり退屈なものだったでしょうね。

キシ
心の扉が、閉まっていたら、少しでも良いので、開けるように心掛けましょう。

まとめ

以前は、歳を重ねてから、友達を作るのは、難しいと思っていたけど、考えが変わりました。

へそ曲がりの60代のババアでも、友達を作れるのなら、40代の自分でも、絶対に作れるはず。

実際に自分も、これからは心の扉を、できるだけ開けるようにして、生活を心掛けたいです。

もっと若い人は、簡単に友達が作れるだろうから、常に心の扉を開けて、生活をしてください。

ただし、世の中には、ヤバい人もいるので、第一印象と会話をチェックして、話し掛けるか決めましょう。

キシ
へそ曲がりのババアでも、友達が作れるので、普通の人なら、絶対に作れますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - おもしろ