40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

独身は楽しい!結婚するより独身でいた方が良い5つの理由!

   

独身を楽しんでいる男性

40歳を過ぎると、結婚するのが難しくなると言われていますが、すでに40歳を過ぎてしまった自分は、ほぼ結婚できる可能性がなくなりました。

もちろん可能性がゼロではないけど、淡い期待を持つくらいなら、独身の方が楽しいと思えるようにした方が楽しい人生を送れそうな気がします。

そこで、今回は結婚している人よりも、独身でいた方が良い理由を5ほどご紹介します。

これを読めば、独身だってそれなりに楽しいと思うし、結婚しない方が良いかもしれないと、思う人がいるでしょう。

ただし、全く真逆の「こんな生活は寂しすぎる」と思って、結婚したくなる人もいるかもしれませんので、その人は婚活を頑張ってください。

独身は時間が自由に使えるから楽しい!

時計

既婚者の人に聞きたいのが、結婚していると土日の休みなどを、自分の好きなように使うのが無理ではありませんか?

例えば、休日に独りで遊びに行きたくても、結婚している場合は、奥さんが許してくれなければ、遊びに行くことができないはずです。

休日は奥さんに頼みごとをされたり、子どもがいれば面倒をみたり、結婚していると自由に使える時間なんてありませんよね。

子どもが大きくなれば、面倒を見なくても済むのでそれまでの間は、結婚して子どもがいるとの自分の時間が奪われてしまう気がします。

でも独身の場合は、口うるさい奥さんや子どもがいないので、時間をどう使うのは自分が決められるので、家族に許可を得る必要はありません。

結婚していなければ24時間はすべて自分の時間で、誰にも制約されることはないから、時間を自由に使える独身は楽しいです。

「せっかくの休みなのに、自分の時間がないなんて絶対にイヤだ!」と思う人は結婚をせず、今のまま独身の方が良いでしょう。

キシ
付き合っている段階で、彼女が束縛するタイプだったら、確実に結婚すると自分の時間はないでしょうね。

独身は収入のすべてが自分のモノになる!

お金

結婚している場合は、サイフのヒモは奥さんに握られるでしょうから、自分が働いて稼いだお金なのに自由に使うことはできません。

既婚者でサラリーマンの平均的なおこづかいの金額は、約4万円らしいのですが、収入がどのくらいか分からないけどこれは少ない。

特に、趣味の多い人や付き合いの多い人は、お金がとても掛かるから、もっと自由にお金を自分のことに使いたいと思うのでは?

夫婦で共働きをしていれば、もう少しおこづかいが多いのかもしれないけど、子どもがいれば、将来のことを考えて貯金をする必要があるから、やっぱりおこづかいは少なくなりそう。

それに比べて独身の場合は、生活費と貯金の残りが自分で好きに使えるお金になり、趣味や付き合いに思う存分に使えます。

奥さんや子どもがいないと、生活費は1人分だけで済むし子どもの将来のために、預貯金をする必要もありません。

家族を養うためだから仕方がないのは分かるけど、自分で稼いだお金を自由に使えないなんて、絶対にイヤだと言う人なら、今のまま独身の方が良いでしょう。

キシ
共働きだったり高給取りだったら良いけど、薄給だったら自分の欲しいものなんて、めったに買えないのでは。

独身は自分のことだけを考えれば良い!

喜ぶ男性

結婚をしていれば、前述の2つのように時間もお金も自分の好きなように使うのは、限りなく不可能に近いでしょう。

真っ先に考えるのは、奥さんや子どものことだから、自分のことは後回しになるので、二の次か三の次になってしまうはずです。

仕事を辞めたくても、家族のことを考えれば簡単には辞められないし、転職をすることだって家族がいれば、自分で勝手に決める訳にはいきません。

亭主関白の人だったら別だけど、肩身の狭い男性も多いはずなので、お風呂の入る順番や食事の時間や出掛ける場所など、すべて奥さんや子どもが決めているのでは。

でも独身なら、自分のことを最優先に考えられるので、調子が悪かったら寝ていれば良いし、家族のために無理をすることはありません。

おなか空いたら食事して、お風呂に入りたいときにお風呂へ入り、自分で行きたい場所に出掛けられるから、自分のことだけを考えれば良いんです。

亭主関白になれるなら別ですが、なにかを決めるのもなにをするのもすべて自分で決めたい人は、今のまま独身の方が良いでしょう。

キシ
いつの時代も女性は強いので、男性が好き勝手に決めらるようになるのは、永遠に不可能かもしれませんね。

独身は責任がないから気楽に生きられる!

喜んでいる男性

結婚をしていれば、奥さんや子どもを養う義務があるので、男性の方に重い責任がのしかかっているでしょう。

家族が増えれば家が欲しくなるから、数千万円もする家を購入して、30年近い住宅ローンの責任抱えてる男性だっているはずです。

最近は少子化とは言え、一人の子どもが大学を卒業するまでに掛かるお金は、最低でも3,000万円くらいする試算もあります。

結婚をすれば一家の大黒柱として、大きな責任を持たなければならないから、その責任の重圧に耐えるだけの精神力が必要でしょう。

でも独身なら、広い家を購入する必要もないし子どもに掛かるお金も要らないから、お金の責任は全くありません。

独身は誰かを支える必要もないので、自分さえしっかりしていれば、特別に大きな責任は掛からないから気楽に生きられます。

責任を持った方が男として大きくなれると思う人は別にして、責任を背負わず気楽な人生を望むなら、今のまま独身の方が良いでしょう。

キシ
責任を生きがいにできれば、楽しかもしれないけど、ただの重荷になるだけだったら、独身の方が良いですね。

独身は誰ともで恋愛ができるからハッピー!

キスをしているカップル

最近は芸能人の不倫の話題が頻繁に出ますが、一般の男性で結婚されている方は、不倫や浮気なんてしたことはありませんよね?

男はスケベな生きものなので、キレイだったりカワイイ女性を見てしまうと、気持ちが動いしてしまいますが結婚している男性はダメ!

愛する奥さんや子どもがいるのに、影でこそこそと女性と会っていることがバレてしまったら、最悪の場合は離婚ですからね。

素人ではなくキャバ嬢のようなプロが相手だったとしても、奥さんは絶対に嫌でしょうから、結婚している男性は他の女性にうつつを抜かすことは許されません。

でも独身の場合は、奥さんがいないので誰と付き合おうが制約は全くなく、モラルとしてはダメだけど複数の女性とだって付き合えます。

彼女がいなければ、プロの女性と遊んだって誰からも怒られないので、恋愛が自由にできるのが独身の良いところです。

奥さんがいれば他の女性なんて要らない男性は別にして、女性からモテモテだったり女性が大好きだったりする男性は、今のまま独身の方が良いでしょう。

キシ
モテる男性で女性が大好きなら、独身でたくさん恋愛した方が楽しいでしょうね。たぶん、男性なら誰でも憧れてしまうのでは?

1つだけある独身が結婚に勝てないこと!

仲が良い家族

他にも独身でいる方が良いことはありますが、ただ1つだけ独身が結婚に勝てないことがあって、その1つがなんだか分かりますか?

独身の人は気が付いているだろうけど、どうしても結婚に勝てない1つのことは、奥さんと言う心の安らぐ場所があることです。

もちろん結婚が永遠に続く訳じゃないから、絶対とは言わないけど、愛する奥さんがいつもそばにいてくれるのは、最高に心が安らぐでしょう。

独身だって彼女がいれば心が安らぎますが、結婚とは違い恋愛は不確かなものだから、そんな関係がずっと続くとは限りません。

仕事が終わり家に帰って来れば、奥さんや子どもがいれば、心が安らいでツラい仕事も頑張れそうなので、独身には眩しすぎる光景です。

人がうらやむような光景がいつまで続くか知りませんが、そんな心が安らぐ時間があるのは、結婚していないと味わえません。

心なんて安らぎたくない人は別にして、奥さんや子どもから心の安らぎを求めたい人は、結婚をした方が良いでしょう。

キシ
心の安らぐ場所が家にあるのは、独身からするとうらやましいです。ただし、結婚している人のすべてが、そうだとは言わないですけどね。

まとめ

今回ご紹介した独身は楽しい!結婚するより独身でいた方が良い5つの理由!はどうでしたか?

結婚したら良いことが、たくさんあるのは分かっているけど、独身でいることだって良いことはあるんですよ。

ただし書いているときは、独身もそれなりに楽しく生きられると思ったのですが、読み直してみるとちょっとだけ寂しい気持ちになりました。

できることなら結婚をしたいけど、結婚するのが無理なら独身の良さを知って、思う存分に独身を楽しんだ方が良いですね。

そんなことを言いながら、3年後くらいにこっそり結婚していると面白いのですが、どう考えても無理でしょうね(笑)。

キシ
結婚をしている人生も良いだろうけど、独身でいる人生だって良いことはあります。要は気持ち次第ですからね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 恋愛・結婚