今なら4000万曲が3カ月99円で聴き放題!

昭和vs平成の卒業ソング22選!別れや巣立ちの際に聴くと泣ける!

卒業式 邦楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3月の終わりが近づくと、つい聴きたくなるのが、学生時代の卒業ソングで、自分の場合は、昭和の曲が多いです。

40代以降なら、同じ昭和の卒業ソングだろうけど、30代未満の世代は、平成の卒業ソングを、聴くことが多いでしょうね。

そこで今回は、昭和vs平成の卒業をソングをご紹介するので、学校のみならず、いろいろな卒業の際に、聴いてください。

ご紹介する22曲は、学校の卒業式だけでなく、故郷や会社からの卒業の際にも、聴くとピッタリの曲を選びました。

前半が昭和、後半が平成に、分かれているけど、すべての年代の人が、卒業ソングとして、聴いたことがあるはずですよ。

スポンサーリンク

翼をください|赤い鳥

昭和46年(1971年)に発売されたのが、赤い鳥の『翼をください』で、学校の授業で歌った人も多いのでは。自分の場合、この曲が歌謡曲だと知ってのは、大人になってからなので、当時は普通の合唱曲だと、思っていました。

キシ
『翼をください』は、最近の若い世代も、合唱曲として、歌うのでしょうか?

心の旅|チューリップ

昭和48年(1973年)に発売されたのが、チューリップの『心の旅』で、学校の卒業式より、生まれ育った町を、卒業するときの方が、似合うかもしれません。電車に揺られながら、『心の旅』を聴いたら、絶対に泣いてしまうでしょうね。

キシ
財津和夫さんの声が、とてもキレイなので、さらに涙を誘います。

卒業写真|松任谷由実

昭和50年(1975年)に発売されたのが、松任谷由実さん(当時は荒井由実)の『卒業写真』で、この曲は、学生時代を思い出させる卒業ソング。『卒業写真』を聴いたら、学生時代に好きだった人を、思い出す人も多いでしょうね。

キシ
学生時代に、思い入れがない人でも、『卒業写真』を聴くと、なぜか泣けますね。

いい日旅立ち|山口百恵

昭和53年(1978年)に発売されたのが、山口百恵さんの『いい日旅立ち』で、たくさんのアーティストが、カバーしていることでも有名。曲を聴けば分かるけど、スゴく寂しい内容なので、ひっそりと旅立つ卒業ソングですね。

キシ
ひっそりと一人で、町を出て行くときに、ピッタリの卒業ソングかも。

贈る言葉|海援隊

昭和54年(1979年)に発売されたのが、海援隊の『贈る言葉』で、実際の卒業式に歌った人も、かなり多いはずです。自分も、小学校の卒業式に歌った記憶がり、卒業ソングと言うと、真っ先に『贈る言葉』を、思い出しますね。

キシ
40代だったら、海援隊の『贈る言葉』を、卒業式に1回は、歌いましたよね?

乾杯|長渕剛

昭和55年(1980年)に発売されたのが、長渕剛さんの『乾杯』で、この曲も定番の卒業ソングとして、かなり有名。『乾杯』は、ムキムキの長渕剛さんバージョンより、ひょろひょろの長渕剛さんバージョンが、個人的には好きですね。

キシ
大人の卒業式があったら、絶対に『乾杯』を、歌うでしょうね。

想い出がいっぱい|H₂O

昭和58年(1983年)に発売されたのが、H₂Oの『思い出がいっぱい』で、この曲も卒業式に、歌ったことがあるのでは。自分の場合は、音楽の授業で歌った記憶があり、卒業ソングとしても好きだけど、普通に懐かしい曲としても、大好きです。

キシ
『思い出がいっぱい』は、サビの部分が、本当にイイですね。

卒業|尾崎豊

昭和60年(1985年)に発売されたのが、尾崎豊さんの『卒業』で、学生時代に不良だった人は、これが定番の卒業ソングだったでしょうね。でも、実際の尾崎豊さんは、マジメな生徒だったらしいので、校舎の窓ガラスは、割ってないでしょうね。

キシ
尾崎豊さんの『卒業』を、卒業式で歌ったら、ちょっと問題になりそうですね。

卒業|斉藤由貴

昭和60年(1985年)に発売されたのが、斉藤由貴さんの『卒業』で、尾崎豊さんのあとなのは、やっぱりなにか縁があるのかも。この曲は、歌詞がとても良いので、作詞を見ると松本隆さんだったから、ヒットしたのは当然ですね。

キシ
今の若い人は、斉藤由貴さんが、アイドルだったなんて、絶対に知らないだろうなぁ。

卒業-GRADUATION-|菊池桃子

昭和60年(1985年)に発売されたのが、菊池桃子さんの『卒業-GRADUATION-』で、昭和60年に3曲も、卒業のタイトルが付く曲が出ていたとは、ちょっと驚きました。歌唱力は別にして、久しぶり聴くと、やっぱり良い曲ですね。

キシ
菊池桃子さんも、アイドルだったけど、若い人は知らないでしょうね。

じゃあね|おニャン子クラブ

昭和61年(1986年)に発売されたのが、おニャン子クラブの『じゃあね』で、今で言うとAKBグループと同じです。解散コンサートの映像で、『じゃあね』を歌っていたから、親衛隊やファンの人は、卒業ソングとして、すぐに出て来るのは。

キシ
自分も、「夕やけニャンニャン」が好きで、夕方によく見てました。

この街|森高千里

平成2年(1990年)に発売されたのが、森高千里さんの『この街』で、故郷を思う気持ちが、歌われているので、卒業にピッタリなのでは。歌の途中で、熊本弁の語りがあるので、熊本県の人に、定番の卒業ソングかもしれませんね。

キシ
『この街』は、捻り過ぎた気もするけど、良い曲なので、ぜひ聴いて欲しいですね。

浪漫飛行|米米CLUB

平成2年(1990年)に発売されたのが、米米CLUBの『浪漫飛行』で、巣立ちの際にピッタリの卒業ソングです。これから、進学や就職のために、故郷を出る人が聴いたら、背中を押してもっている気分になり、元気が出るでしょうね。

キシ
元気に旅だとう!そんな気分にさせるのが、『浪漫飛行』ですね。

my graduation|SPEED

平成10年(1998年)に発売されたのが、SPEEDの『my graduation』で、平成生まれの人なら、これが定番の卒業ソングかもしれません。しかし、すでにこの曲ですら、20年も前になっているから、10代の場合は、違ったりして。

キシ
SPEEDのメンバーの1人が、政治家になるとは、当時を知る者として、本当に驚きです。

桜の雨、いつか|松たか子

平成12年(2000年)に発売されたのが、松たか子さんの『桜の雨、いつか』で、学校の卒業ではなく、好きな人との卒業にピッタリの曲。学生さんだったら、卒業して好きな人と、離ればなれになる場合に、聴くとピッタリでしょうね。

キシ
『桜の雨、いつか』は、大人の卒業ソングかもしれませんね。

YELL~エール~|コブクロ

平成13年(2001年)に発売されたのが、コブクロの『YELL~エール~』で、この曲は、卒業する人たちへの応援歌でもあります。新しい世界へ飛び込むのは、たくさん不安があるけど、『YELL~エール~』を聴けば、勇気が出るはずです。

キシ
卒業する人たちが、歌うのではなく、見送る人たちが、歌う曲でしょうね。

3月9日|レミオロメン

平成16年(2004年)に発売されたのが、レミオロメンの『3月9日』で、10代の人たちは、真っ先にこの曲を、選ぶのでしょう。しかし、PVを見れば分かる通り、実際は卒業ソングではなく、友人の結婚式を祝うために、作られたらしいです。

キシ
『3月9日』のPVには、若い頃の堀北真希ちゃんが、主役として出ています。

三国駅|aiko