40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

あの有名メンタリストが教える眠れない人が寝る方法の効果がスゴい!

      2018/10/15

眠れない男性

こんにちは。30代の後半を過ぎてから、若い頃と比べると、圧倒的に眠れない夜が多くなった、独身ブロガーのキシです。

20代の頃なら、睡眠時間が短くても、若さで乗り切れますが、30代の後半を超えると、乗り切るのは、かなりキツい。

睡眠導入剤を飲めば、簡単に眠れるので、寝られないとき助かるけど、頻繁に飲むのは、効果が薄れる原因になってしまう。

なにか良い方法はないか、いろいろ考えていたとき、テレビで有名なメンタリストが、寝る方法を教えてくれました。

教えてくれた方法は、なにも必要とせず、すぐにできるから、今日の夜からすぐ試せば、あっと言う間に寝られますよ。

以前は薬や食品で対処法を取っていた!

以前は、いざと言うときの睡眠導入剤、夕飯のときにおすすめの食材、この2つを使い、眠れない症状を治していました。

睡眠導入剤は、エチゾラム(デパス)を、処方してもらっており、どうしても眠れないときは、飲むようにしています。

エチゾラムは、病院に行き「眠れない」と言えば、処方してくれるので、まずは、掛かりつけの先生に、相談してください。

食材は、白米のことで、積極的に食べたら、眠れない症状が、かなり改善されたので、これも効果があったんです。

もちろん、これだけではなく、規則正しい生活をしたり、適度な運動も、寝るためには必要なので、勘違いしないように。

普段は、夕飯に白米を食べて、どうしても眠れないときだけ、睡眠導入剤を飲むすると、たぶん誰でも寝られるはず。

しかし、この2つの方法は、効果があると同時に、問題点も存在するので、毎日のように続けるのは、無理でした。

キシ
この2つの方法は、ときどきやる場合なら、特に問題はありませんよ。

しかしこの方法には問題点があった!

おいしいご飯

上記の2つの方法は、効果が間違いなくあるけど、毎日やるのは、いろいろと問題があるので、ちょっと無理なんですよ。

自分の場合、ある問題に直面したので、いろいろと考えた結果、今夜は絶対に、眠りたいときだけ、この方法を取ります。

他の人も、同じだと思うので、2つの方法の効果と、問題点を比べて、どちらを取るか決めた方が、良いかもしれません。

睡眠導入剤は効果が減る

睡眠導入剤は、冒頭に書いた通り、毎日のように飲み続けた場合、どうしても、効果が薄くなってしまいます。

実際に自分も、始めは半錠で大丈夫だったのが、飲み続けて行くうちに、1錠を飲まないと、効果が出なくなりました。

白米は体重が増える

白米は、夜に食べてしまうと、どうしても体重が増えるので、頻繁に食べるのは、さすがに無理があります。

特に、40代を過ぎると、代謝が落ちるので、簡単に太ってしまうから、毎日のように食べるのは、さすがに無理ですね。

キシ
夜に白米を食べると、簡単に1kgぐらいは、体重が増えますね。

そこで登場するのがあのメンタリスト!

睡眠導入剤も白米も、問題点があると分かり、普通に眠れないとき、どうするべきなのか、いろいろと考えていました。

そんなとき、あの有名なメンタリストが、簡単に寝られる方法を、教えてくれたので、実際にやってみたんですよ。

有名なメンタリストとは、テレビに出ているDAIGOさんではなく、米国のドラマに出ている、パトリック・ジェーンのこと。

有名メンタリストのパトリック・ジェーン

パトリック・ジェーンとは、米国のドラマ『メンタリスト』の主役で、相手の心理をすぐに見抜く、本物のメンタリスト。

本物と言っても、ドラマでの話だから、信用性に欠けると思うでしょうが、ジェーンの話しの内容は、本物とほぼ同じ。

かなり話しがズレたけど、ドラマ『メンタリスト』を見てから、寝る方法を知って試すせば、より効果が得られますよ

キシ
まずは、パトリック・ジェーンを、信じることから、始めましょう。

寝る方法は呼吸にヒントがあった!

ドラマ『メンタリスト』の中で、ジェーンが睡眠障害のある男性に、すぐ眠れる方法を、教えているシーンがありました。

ジェーンが、睡眠障害の男性に、教えた方法は、なにも使わないので、冒頭の2つの方法より、かなり簡単なんです。

実際に、睡眠障害の男性が治ったか、よく分からなかったけど、この方法なら問題点がないので、試す価値はあるでしょう。

呼吸するとき「1・2」と数える

ジェーンが言うには、吸うとき「1」、吐くとき「2」、この2つの方法で数えれば、簡単に寝られると、言っていました。

心の中で、息を吸いながら「1」と言い、息を吐きながら「2」と言う、これを繰り返すだけなので、かなり簡単ですね。

数えること以外は考えない

あと、もう1つポイントがあり、ジェーンは「1・2」と数える際、他のことを一切、考えないようにとも、言っていました。

眠れないときは、いろいろ考えてしまうので、「1・2」と数えることに、集中すれば、よく寝られるかもしれませんね。

羊を数えるのとはかなり違う

昔から、羊を数えれば、寝られると言いますが、自分の場合、数えている途中で、分からなくなり、逆に寝られません。

この説は、外国が発祥らしく、英語の「Sheep(羊)」と「sleep(眠る)」が、よく似ていたから、使われたらしいです。

キシ
始めは、半信半疑だったけど、実際に試したら、驚きの結果が出ました。

実際に試したら本当に寝られました!

寝ている男性

早速、メンタリストのジェーンが言った通り、息を吸いながら「1」、息を吐きながら「2」、これを繰り返しました。

始めの頃は、今日や明日のことを、つい考えてしまったけど、意識を呼吸と数に集中させて、寝るようにしたんです。

すると、いつの間にか寝てしまい、気がついたときは、朝になっていたから、ジェーンの方法は、本当に正しいと判明。

ちなみに、試したのは日曜日の夜で、いつも寝られない場合が多いから、普段の日に試すと、確実に寝られるでしょうね。

こんなシンプルな方法で、簡単に寝られるなら、睡眠導入剤も夜の白米も、これからは必要が、なくなると思います。

キシ
邪心は捨てて、呼吸と数に集中すれば、きっと寝られますよ。

まとめ

睡眠導入剤を飲む、白米を食べる、これらの方法は、毎日は続けられないので、完璧な方法とは言えません。

続けてやると、薬の効果が薄くなったり、白米で太ったり、問題点が多いので、毎日は厳しいですから。

しかし、心の中で、呼吸をしながら「1・2」と、数える方法だと、問題はないので、毎日でも続けられます。

ポイントは、吸うときに「1」、吐くときに「2」と、心の中で数えて、これを繰り返して寝るだけ。

余計なことは考えず、呼吸と「1・2」に集中すれば、必ずや眠りが訪れるので、ぜひお試しください。

キシ
この方法は、スゴく簡単だから、画期的なので、ぜひおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 生活の知恵