初回30日間無料で音楽聴き放題!

独身でも幸せな人生を過ごしたいなら忘れてはいけない3つの心得!

蓮独身
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「一人ぼっちの独身人生でも幸せだと思える人生にしたい」

一人ぼっちな独身でも幸せな人生を送りたいですが、実際に幸せをつかむのは雲をつかむように難しいもの。

でも3つのことを守れば、幸せな人生を送ることは可能だと、人生の大先輩に教えてもらいました。

そこで今回は独身が幸せな人生を過ごすために、忘れてはいけない3つの心得をご紹介します。

3つの心得を単純なことだけど、すぐ忘れるから幸せが逃げたりつかめなかったりするらしいです。

幸せな独身人生を送りたい人は、3つの心得を普段から忘れないように、精進しながら過ごしましょう。

スポンサーリンク

『感謝の気持ちを絶対に忘れないこと』

今の自分があるのはいろいろな方の助けがあったお陰。

自分を含めて人は愚かだから、今の自分があるのは自分の力だと、勘違いをすることが多いです。

自分の力だと勘違いしたら、助けてくれた人たちへの感謝を忘れ、傲慢な人間になってしまいます。

さらに傲慢になった人間は、神様やご先祖様からのご加護も忘れ、自分勝手な人間になるでしょう。

そんな感謝を忘れた人間はいつか必ずしっぺ返しを食らいます。

早く気づけばしっぺ返しが軽く済むけど、全く気づかない人は何倍にもなって返って来るから危険です。

軽いしっぺ返しなら耐えられるでしょうが、重いしっぺ返しなら死ぬこともあり得るんですよ。

ちょっと話は逸れるけど、漫談家の綾小路きみまろさんが、以下のようなことを言ってました。

『俺が俺がの我を捨ててお蔭お蔭の下で生きろ』

人生を幸せに過ごすには、我を捨ててお蔭の気持ちを忘れないことです。

今の自分があるのは自分の力ではなく、いろいろな人たちのお蔭だから、感謝の気持ちを忘れないでください。

キシ
キシ

喉元過ぎれば熱さを忘れる。こんな人間になってはダメです。

『必ずしも自分が正しいと思わないこと』

自分は間違ってない。間違ってるのは向こうの方だ!

トラブルを起こしたとき。言い争いになったとき。いがみ合ってるとき。人は上記のように思うでしょう。

しかし、自分は正しいことでも、相手からすれば間違ってることが、たくさんあると気づかなければダメ。

以前、自分も正しいと思い行動したことが、実は大きな間違いで大変な経験をしました。

でも、行動してるときは正しいと思ってるので、他人が傷ついてるとも相手を傷つけたとも思いません。

結果的に自分の取った行動で自らも傷つけしまい、彼女や友人などいろいろなものを失いました。

同じ悲劇を繰り返さないためには、必ずしも自分が正しいと思わないことです。

誰かを傷つければ、必ずその報いが自分に返ってきます。

何か発言するとき、自分が正しいと思うでも相手が傷つく場合は、発言を控えましょう。

自分が正しいからと言って、何でも言って良いとは限りませんからね。

キシ
キシ

口は災い元。言葉に出す前によく考えましょうね。

『おごらず慎ましく謙虚に生きること』

人の「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」は恐ろしい。

自分が気づかないうちに、上記の3つを買うことがあり、軽く感じていると幸せな人生は送れません。

「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」は本当に遅しいので、どんなことがあっても絶対に買ってはいけません。

その証拠に人生の大先輩は、「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」で潰された人が、何にもいると言っていました。

最悪の場合は、「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」が生霊となり、その人を呪うこともあるらしいですよ。

では「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」を避けるにはどうするべきか?

答えは簡単で、おごらず慎ましく謙虚に生きれば、「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」を買うことはありません。

最近はSNSで幸せアピールをする人がいるけど、そんな人は確実に「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」を買います。

さらに「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」を買うことを全くしてなくても、知らぬ間に買うこともあるんです。

他人の心の内は誰にも分からないから言動には注意してください。

「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」を買わないために、おごらず慎ましく謙虚に生きましょう

キシ
キシ

自分が他人を「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」するものダメですよ。

 

絶対に3つの心得を忘れてはいけません!

ご紹介した3つの心得は凄く単純なことだけど、人間は愚かなのですぐ忘れてしまいます。

早く気づけば大丈夫だけど、全く気づかない場合は、幸せを失うことになるでしょう。

自分の人生を振り返ると幸せを失ったときは、確かに3つのことを忘れていました。

  • 感謝の気持ちをすぐに忘れる。
  • 自分が正しいと勝手な行動をする。
  • 謙虚さを忘れ横柄な態度を取る。

結果的に自分は、上記の3つをすべて忘れてしまい、仕事・彼女・友人を失っています。

今になれば愚かな自分に気づくけど、当時は3つを忘れており全く気づきませんでした。

仕事や彼女(家族)や友人を失いたくないなら、3つのことを忘れてはいけません。

幸せを失ってから気づいても手遅れなので、普段から3つの心得を肝に銘じましょう。

キシ
キシ

当時を思い出すと自分の愚かさに反吐が出ます。

今が幸せだと言うことを理解してください。

「幸せな人生」と言うと、裕福な生活を思う人もいるでしょうが、その考えは間違っています。

大変なことがあるけど、ご飯が食べられて布団の上で寝られるだけでも、実は幸せなことなんです。

でも、ご紹介した3つの心得を忘れると今の幸せに気づきません。

何で自分がこんな目に遭うんだと、嘆いてるかもしれません。

以前の自分も同じように、今の幸せに気づかず境遇を嘆いてるときがありました。

しかし、最初の感謝の気持ちを理解したときから考え方が変わりました。

どんな人生であれ、こうやって生きられることが幸せなんだと分かったんです。

貧乏でも独身でも退屈でも生きていれば、挽回できるチャンスはあります。

それにチャンスがあること自体、とても幸せなことなんです。

今の人生が不幸だと思う人は自分を見つめ直してください。

どんな人にも、幸せだと思える部分が必ずあるはずですから。

キシ
キシ

自分は必ず朝と夜、感謝の気持ちを込めて仏壇に手を合わせています。

幸せな人生に必要な3つの心得『まとめ』

今回ご紹介した3つの心得は、人生の大先輩からお告げのような意味で、教えてもらいました。

信じるか信じないかは、みなさんにお任せするけど、独身でも幸せになりたいなら信じることです。

別に宗教染みた言葉ではないし、内容を読めば誰でも納得する心得なので、信じられますよね。

初めは自分も半信半疑だったけど、過去を振り返ったらすべて当てハマりまったので、間違いありません。

今思うと単純なことだからこそ、愚かな自分はすぐ忘れるので、大切な幸せを失ったのでしょうね。

自分と同じ目に遭いたくない人は、絶対に3つの心得を忘れないよう心掛けながら生きてください。

キシ
キシ

この記事の意味が分かる人はきっと幸せになれますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
独身
\ この記事をシェアする /
独身男のド定番

COMMENT