今なら4000万曲が3カ月99円で聴き放題!

独身のおすすめ一人旅行!疲れた心が癒される国内スポット10選!

一人旅行をする男性 幸せ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

独身の自分は、出不精だから、滅多に旅行はしないけど、いつか一人で、行きたいスポットが、10カ所ほどあります。

その10カ所は、どれもパワーが、もらえるスポットなので、仕事で疲れた体や心を癒すなら、ここしかないでしょう。

ご紹介するスポットは、一人旅行でも、全く問題ないから、夏休み、冬休み、大型連休などに、行くのはどうですか?

もしかしたら、パワーをもらった結果、恋人ができたり、出世ができたり、思わぬ幸運が、舞い込むかもしれませんよ。

自分の場合、実際に行ったスポットは、まだ1つしかないけど、時間とお金に余裕ができたら、すべて行きたいなぁ。

スポンサーリンク

独身の一人旅行は意外と出会いが多い?

カワイイ女の子

男性にしろ、女性にしろ、一人旅行をしたとき、意外と出会いがあるので、恋人が見つかるかもしれません。

実際、旅行先で働く人や地元の人と、付き合ったり、結婚したりする人は、そこそこ、存在しますからね。

そこで、一人旅行をしながら、出会いを求める人は、いつも以上に、積極的に、前のめりに、行動しましょう。

昔から、「旅の恥はかき捨て」と言うので、恥かしからず、いつも以上に、異性との出会いを、求めてください。

キシ
キシ

一期一会だと思い、積極的に、話し掛けましょう。

一人旅行の際はこのバッグがおすすめ!

一人旅行する際、専用のバッグを買うより、普段でも使える、バッグを買うのが、個人的に、おすすめです。

そこで個人的に、おすすめのバッグを、ご紹介しますが、ベストなバッグは、収納力のあるボストンバッグ。

ボストンバッグなら、ビジネスでも、普段でも、旅行でも、すべてに使えるから、1つ持っていると、凄く便利。

具体的に、どのボストンバッグが良いのかは、以下の記事に、書いてあるので、ぜひ、参考にしてください。

キシ
キシ
ボストンバッグは、いろいろなシーンで、使えるから、便利ですよ。
旅行やビジネスにおすすめのボストンバッグ10選!選ぶなら吉田カバン!
泊まりの旅行やビジネスの際、普段のバッグは小さいので、大きめのボストンバッグがおすすめ。特に、サラリーマンは、ボストンバッグがあると、スゴく便利ですよ。そこで今回は、旅行やビジネスに、おすすめのボストンバッグを、大好きな吉田カバンから、10個ほどご紹介します。

1.おすすめ一人旅行『北海道の神威岬』

神威岬

北海道からは、ニセコ積丹小樽海岸国定公園にあり、以前は女人禁制だった、とても神秘的な「神威岬」です。

神威岬は、テレビで知りましたが、天へと続く道のように見えて、心も体も癒すなら、ここだと思いました。

ただし、スゴく見通しが良いから、強風時は立入禁止なので、天気が穏やかな季節が、ピッタリでしょうね。

おすすめの季節は、空と海の青さと、鮮やかな花が咲く、春から夏なので、GWや夏休みに、行ってください。

あと、駐車場から岬まで、徒歩で20分ぐらい掛かるから、ブーツや革靴で行くと、足が痛くなるの要注意。

キシ
キシ

この絶景を見たら、嫌なことも、ツラいことも、すべて吹っ飛びますね。

2.おすすめ一人旅行『岩手県の中尊寺金色堂』

中尊寺金色堂

岩手県からは、義経の終焉の地で、有名な平泉にある、極楽浄土を具現した、絢爛豪華な「中尊寺金色堂」。

絢爛豪華な装飾は、夜光貝を使った螺鈿細工、今は使えない象牙など、当時の工芸技術が、駆使されています。

中尊寺金色堂は、以前から知ってたけど、テレビで見たとき、これは現地で見てこそ、価値があるスポット。

それに、テレビと実物の黄金では、違う色に見えるから、生きているうちに、極楽浄土を拝んでみたいですね。

ちなみに、中尊寺金色堂は、撮影が不可らしいので、実際に見るときは、しっかり目に、焼き付けましょう。

キシ
キシ

写真に撮りけど、フラッシュで、劣化するから、ダメなのでしょうね。

3.おすすめ一人旅行『栃木県の日光東照宮』

日光東照宮

栃木県からは、修学旅行で見た人も、かなり多いであろう、東照大権現が祀られている、「日光東照宮」です。

関東の人だと、修学旅行は奈良・京都が多いので、行ったことのない人が、意外と多いかもしれませんね。

日光東照宮の見どころは、芸術品のような陽明門、豪華で厳かな唐門、最も有名な三猿の彫刻、これらでしょう。

旅行する季節は、紅葉と一緒見ると、雰囲気がスゴく良いから、秋がおすすめだけど、混雑は覚悟してください。

以前から行われている、「平成の大修理」は、平成31年に終わるそうなので、修理後に、行った方が良いかも。

キシ
キシ

本来、修学旅行先は、大人になってから、行くべき場所でしょうね。

4.おすすめ一人旅行『山梨県の山中湖』

富士山

山梨県からは、実際に行ったことがあり、富士五湖の中で、富士山が一番キレイに見える、「山中湖」です。

いろいろな場所から、富士山を見ましたが、山中湖を超える場所は、絶対に存在しないと、断言できます。

山中湖から見る富士山は、湖→樹海→富士山で見えるから、邪魔なものが一切なく、絶景のロケーション。

おすすめの季節は、めちゃくちゃ寒いけど、空気が澄む冬がベストで、ダイヤモンド富士が、見られるかも。

ただし、山中湖は、富士五湖の中で、一番に標高が高いから、防寒対策をしないと、風邪をひくでしょうね。

キシ
キシ

日本人なら、一度は目の前で、本物の富士山を、見て欲しいです。

5.おすすめ一人旅行『石川県の聖域の岬』

聖域の岬

石川県からは、最近になった知ったスポットで、確実にパワーがもらえる、日本三大聖域の一つの「聖域の岬」。

聖域の岬は、テレビで見て知ったけど、こんな神秘的なスポットが、石川県にあるとは、かなり驚きました。

画像の「夢の扉」、遊歩道が作られた「青の洞窟」、実際に見たら、その神秘さに、身も心も癒されそうです。

ただし、辿り行くまでが、大変らしいから、カップルや家族より、一人旅行の方が、向いているでしょうね。

ちなみに、宿泊は、同じ岬にある「ランプの宿」が、良いらしいけど、人気があり過ぎて、予約すら取れません。

キシ
キシ

旅行をするなら、春がベストだけど、カニが好きなら、冬もありですね。

6.おすすめ一人旅行『三重県の伊勢神宮』

伊勢神宮

三重県からは、ご紹介するスポットの中だと、間違いなく、一番にパワーがあり、一番に有名な「伊勢神宮」。

実際に、伊勢神宮へ旅行した人から、いろいろな話を聴くと、やはり日本人なら、一度は行くべきスポット。

ただし、かなり大きいらしいので、すべてを周るためには、涼しい季節じゃないと、ちょっと無理でしょうね。

ゆっくり回った場合、最低でも3時間以上は、掛かるらしいから、のんびり一人で周るのが、ピッタリです。

伊勢神宮を、たっぷり見たあとは、疲れた体を癒すために、名物の「赤福」を食べて、お腹を満たしてください。

キシ
キシ

伊勢神宮を、すべて見るには、歩き回れる体力が、かなり必要ですね。

7.おすすめ一人旅行『京都府の伏見稲荷大社』

伏見稲荷大社

京都からは、数ある寺社仏閣の中でも、千本鳥居が神秘的で、パワーがありそうな、「伏見稲荷大社」です。

伏見稲荷大社は、修学旅行などで、行くことは少なく、金閣寺や清水寺に比べたら、学生に馴染みがないのかも。

しかし、大人になれば、伏見稲荷大社の良さが分かり、一度で良いから、千本鳥居を通りたいと、思うはず。

京都へ行くなら、やはり秋が一番だけど、めちゃくちゃ混雑するので、人混みが苦手なら、違う季節が良さそう。

ちなみに、千本鳥居の数は、千本よりも少ないらしいから、カウンターで数えるのは、どうでしょうか。

キシ
キシ

千本鳥居と紅葉は、見応えがあるから、混雑を覚悟で、行きたいですね。

8.おすすめ一人旅行『島根県の出雲大社』

出雲大社

島根県からは、11月になると、日本中の神さまが集まり、大混雑するらしい、縁結びで有名な「出雲大社」。

出雲大社は、伊勢神宮と並ぶ、日本で有名な寺社仏閣だから、やはり一緒に一度は、訪れたいスポットですね。

さらに、縁結びで有名な神社だから、まだ結婚を諦めてない、独身の人には、ピッタリの一人旅行先でしょう。

おすすめの季節は、神さまが集まる11月だけど、スゴい混雑らしいので、春や夏の方が、良いかもしれません。

ちなみに、出雲大社の参拝方法は、一般神社と違い、「二拝四拍一拝」なので、くれぐれも、間違えないように。

キシ
キシ

出雲大社の大しめ縄は、実際に見ると、かなりスゴいらしいですね。

9.おすすめ一人旅行『鹿児島県の白谷雲水峡』

屋久島

鹿児島からは、辿り着くまで、大変らしいけど、神秘的なパワーは、随一かもれいない、「白谷雲水峡」です。

白谷雲水峡は、鹿児島県の屋久島にあり、ゆっくり見たい場合は、最大で6時間ぐらい、必要と言われています。

屋久島の場合、観光と言うより、トレッキングがメインなので、レインコートや登山靴が、マストでしょうね。

仕事や私生活で、行き詰まったとき、白谷雲水峡に行けば、身も心も清められて、間違いなく元気が出るはず。

ただし、かなり歩くので、体力がない人は、無理だけど、屋久島全体に、パワーがあるから、行くだけOK。

キシ
キシ

ちなみに、白谷雲水峡にある森は、もののけ姫の森のモデルと、言われています。

10.おすすめ一人旅行『沖縄県の首里城』

首里城

沖縄県からは、同じ日本なのに、異なる文化が発展した、琉球王国の象徴的なお城である、「首里城」です。

首里城は、琉球王国の中心拠点であり、パワーが集中しているから、真っ先に、沖縄で行くべきスポット。

お城の他にも、園比屋武御嶽、歓会門、広福門など、パワースポットがあるから、ゆっくり周りましょう。

旅行する場合、本土は寒くても、沖縄は暖かいので、混雑するけど、年末年始の休みが、良いかもしれません。

実際、一人旅行をした友人は、レンタカーを借りて、首里城などを周ったから、このプランも、良さそうですね。

キシ
キシ

レンタカーがあれば、首里城のあと、斎場御嶽も見られますね。

『おすすめ一人旅行』まとめ

さすがに、10カ所すべては、一人旅行でも厳しいから、最低でも死ぬ前に、1カ所ぐらいは、行ってください。

山梨県民としては、「山中湖」からの富士山を、ぜひ見て欲しいけど、この中の優先順位は、ちょっと低いかな。

一人旅行で、真っ先に行くべきスポットは、結婚を諦めていない場合、縁結びの神さま「出雲大社」でしょう。

もしくは、「伊勢神宮」でも良いけど、自然のパワーをもらうなら、「神威岬」「聖域の岬」「白谷雲水峡」。

仕事で心や体が、ちょっと疲れたとき、有給休暇や連休を使って、パワーもらいに、一人旅行はどうですか?

キシ
キシ

富士山を見るなら、新幹線からではなく、山中湖へ、お越しください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
幸せ独身スタイル
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番