早く注文しないと間に合わないぞ!
スポンサーリンク

どん底から這い上がる3つのステップ!実際にどん底から生還した体験談!

どん底に落ちた男性人生論
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長く生きていれば、一度くらいどん底に、遭遇するもので、自分の場合も、1回ほど経験をしています。

自分のどん底は、全く仕事が決まらず、永遠に就職できないと、思ってしまい、本当にツラい時期でした。

そんな自分が、どん底から、這い上がる方法を、ご紹介するので、似たような状況で、苦しんでいる人は、参考にしてください。

どん底のときは、本当にツラくて、苦しいけど、這い上がったとき、人生に無駄な経験がないと、感じるはずです。

ツラかったり、苦しかった経験が、心を優しく強くさせるので、その経験を糧に、前へ進んで行きましょう。

自分が味わった人生のどん底!

失恋した男性

自分のどこ底経験は、過去に1回あり、そのときは本当にツラくて、1年間の記憶が、断片的にしかありません。

今までにも、どん底の体験は、少しぐらいあったけど、本当のどん底の深さは、想像を絶していました。

でも、いろいろあった末、どん底から這い上がれたから、今は良い経験だったと、心の底から思えます。

友人とのギャップに耐えられなかった。

自分は、派遣を止めたあとに、次の仕事が決まらず、永遠に就職できないと思い、どん底に落ちていました。

当時は、まだ20代だったけど、景気があまり良くなかったから、求人数も少なくて、スゴく競争率が高い時代。

100社以上に履歴書を送り、面接は1/10程度しかできず、自分は無用な人間だと、自暴自棄になっていたんです。

蓄えていたお金も、日に日に減って行くし、仕事が決まらない焦りから、将来が不安になり、眠れなくなる始末。

友人たちは、仕事・お金・彼女と欲しいものを、すべて持っているのに、自分は、なに1つ手に入れられないまま。

このまま自分は、就職ができず、そのうち、お金がなくなり、死んでしまうかもと、追い込まれていました。

結局、どん底の状態は、約1年間ぐらい続きましたが、這い上がれたのは、以下のことが、あったからです。

キシ
どん底のときは、なにをやっても、ダメな人間だと、思うんですよね。

どん底のときにやってはダメな3つのこと!

バツを出す男性

最初、どん底のときに、やったのは、以下の3つの方法だけど、これは、大きな間違いなので、止めましょう。

もし、やってしまうと、どん底から抜け出すどころか、もっと深みにハマってしまい、自分のようになるかも。

ただし、自分の場合は、本当のどん底に、落ちたからこそ、分かったことも、あるんですけどね。

原因を作った相手を恨んではいけない。

真っ先に、やってしまうのが、原因を作った相手を、恨むことで、実際に自分は、世間を恨んでいました。

しかし、そんなことをしても、どん底から這い上がれないし、もっとツラくなるだけだから、止めてください。

自分自身を卑下してはいけない。

どん底にいる人は、自分が愚かな人間だと、自らを卑下しますが、これも、やってはダメことです。

自分を卑下すると、今状態よりも、さらに惨めになり、気力を失った結果、這い上がれなくなるでしょう。

人や物に八つ当たりをしてはいけない。

どん底にいると、思うように事が進まないから、イライラしてしまい、人や物に八つ当たりをします。

でも、這い上がったときに、八つ当たりをした人や物を、失っている可能性があるので、これもダメです。

キシ
自分は、上記の3つをやった結果、さらにどん底を、体験しました。

どん底から這い上るにはきっかけが必要!

どん底にいるときは、誰のアドバイスも、耳へは入らず、特に身近な人からだと、逆効果のような気がします。

実際に自分も、親や姉や友人が、アドバイスをくれたけど、聴く耳を持てず、逆に、反発をしてました。

そんなとき、何も知らない知人から、「あなたは間違っている。周りに感謝が足りない。」と、説教をされたんです。

知人は、スピリチュアルな力を、持っている人だったので、自分の顔を見た瞬間に、何かを感じたのでしょう。

自分は、スピリチュアルを、信じませんが、なぜか知人の言葉が、心に刺さり、這い上がることを、決意します。

たぶん、身近な人よりも、何も知らない人の方が、這い上る「きっかけ」を、もらえるのかもしれません。

キシ
身近な人ほど、「おまえになにが分かる!」と、反発するんですよ。

どん底から這い上がる【初級編】

独身の男性

どん底から、這い上がるには、まず初級編の3つをやれば、片膝ぐらいまで、這い上がった状態になるでしょう。

ただし、1つ目の方法は、自然に待つしかないので、ちょっと大変だけど、そのときが来るまで、耐えてください。

その代わり、1つ目をクリアできれば、残りの2つや中級編・上級編へ、一気に進めるますよ。

這い上がる気持ちが出るまで待つ。

知人からの説教で、どん底から這い上がろうと、思いましたが、期間が長かったので、なかなか行動に移せなかった。

過去の経験から、中途半端に、這い上がると、元に戻るケースがあったので、ここはジッと待つのが正解。

時間は掛かるけど、這い上がる気持ちが、心の底から出た方が、すぐ行動に移せるので、しばらく、待ちましょう。

自分は、ちょっと時間が、掛かったけど、這い上がる気持ちが出たら、あっという間に、元に戻れました。

自分と友人を比べない。

自分の場合、友人と比べるから、惨めな気持ちになり、どん底から這い上れなかったので、比べるのを、止めました。

特に、友人たちは大卒で、自分は高卒だから、負けたくない気持ちが、逆に、原因だったみたいです。

言葉は悪いけど、友人は友人で、自分は自分。幸せかどうかは、他人との比較ではなく、自分がどう思うか次第。

そう思えるようになれば、友人と自分を、比べる意味がなくなり、気持ちが楽になれますよ。

どん底になったときの気持ちを話す。

初級編の最後は、信頼できる人に、今までの経緯を、洗いざらい話して、気持ちを吐き出すことです。

心の中に、どん底の気持ちが、残っていると、這い上がる際の足かせになるから、すべて話しましょう。

どん底だった思いを、すべて吐き出したら、過去を振り返らず、前だけを見て、進んでください。

自分は知人に、どん底になった原因、どん底だったときの気持ち、この2つを話して、スッキリしました。

キシ
今までのことを、洗いざらいすべて話すと、気持ちがスッキリしますよ。

どん底から這い上がる【中級編】

初級編の3つをクリアして、さらに、中級編の2つをクリアすると、ほぼ這い上がった状態に、戻るでしょう。

中級編まで来れば、完全に這い上がれるまで、あとひと踏ん張りだから、心配する必要は、ありません。

実際に自分も、ここまで来ると、トントン拍子に、どん底の状態から、遠ざかっていたと思います。

過去の自分を許してあげる。

ここまで来ると、なんで今まで、どん底に居続けたのかと、情けない自分に、憤りを感じるかもしれません。

でも、後悔したところで、時間は戻って来ないから、それも一つの経験だと思い、許してあげましょう。

自分が好きな人間にならないと、誰も好きになってくれないから、自己嫌悪するのは、終わりにしてください。

自分も、1年間も時間を、無駄にしたけど、過ぎたことなので、許しました。

持っている物を捨てる。

今までと、同じ環境にいたら、せっかく這い上がっても、昔を思い出す可能性があり、これは危険です。

そこで、過去の自分と、決別する意味でも、要らない物、捨てられる物を、できるだけ処分してください。

この際だから、部屋のインテリアを変えて、今までと違う環境に自分を置き、生まれ変わりましょう。

自分の場合、テレビの位置、机の位置など、部屋の模様替えをしただけで、十分に効果がありました。

キシ
自分を許し、過去を捨てれば、あとは、最後の仕上げをするだけです。

どん底から這い上がる【上級編】

元気な男性

ここまで来ると、ほぼどん底から、這い上がった状態なので、最後の仕上げをすれば、大丈夫です。

自分も、この辺りになると、過去と決別し、生まれ変わってるから、毎日が楽しく、感じられました。

上級編が終わったら思い、これからが、第二のスタートラインだと、新しい目標に向かい、頑張りましょう。

新しいことにチャレンジする。

どん底から這い上がれば、生まれ変わったと同じなので、思い切って新しいことに、チャレンジしましょう。

自分では、気づいてないだろうけど、どん底から這い上った人は、今までと、違った人になってます。

新しい趣味を見つけたり、違う友人を持ったり、積極的に新しいことをやって、人生を楽しんでください。

自分の場合は、友人がガラッと変わり、新しい発見が、たくさんあったので、とても良かったです。

どん底を味わったことに感謝する。

最後の方法は、味わった経験を感謝すれば、間違いなくどん底から、這い上がったことになるでしょう。

人生には、無駄な経験などなく、良い経験も悪い経験も、それが人生の糧になり、自分を大きくさせるんです。

特に、どん底を経験すると、痛みの分かる、優しい人間になり、他人のツラさを、理解できますよ。

自分も、どん底の経験が、あったからこそ、今の自分があるので、本当に良い経験を、させてもらいました。

キシ
どん底から這い上がり、生まれ変わったから、新しい自分を、見つけてください。

どん底から這い上がる「まとめ」

自分は、初級編から上級編まで、順番通りにやった結果、無事に、どん底から這い上れました。

結局は、1年間も掛かったけど、普通の人の場合、もっと早くどん底から、這い上れるでしょう。

どん底のときは、本当にツラかったけど、這い上がった今は、良い経験だったと、素直に言えます。

それに昔から、ツラい体験をした人間は、強くなると言われるので、少しぐらい、強くなれたはず。

ただし、どん底の体験は、1回あれば十分なので、二度と体験しないように、気をつけてください。

キシ
自分も、どん底の体験は、1回で十分ですね。二度目は、ご遠慮します。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。


人生論独身イズム
面白かったらシェアをお願いします!
キシのフォローを宜しくお願いします!
独身男のド定番

コメント