40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

田舎に移住したら後悔する6つの理由!これがリアルな田舎の姿です!

      2017/10/02

田舎

自分は生まれてから、田舎に40年以上ずっと住んでいるので、田舎がどんなところかを、身が染みるほど熟知しております。

田舎は、のんびりして住みやすそうだから、移住したい人も多いでしょうが、現実の田舎を知ったら、後悔の連続です。

そこで今回は、40年以上ずっと田舎に住んでいる自分が、田舎へ移住したら後悔する6つの理由をご紹介します。

田舎に移住したあと、後悔しても手遅れなので、移住する前に田舎のリアルな姿を見てから、最終的な決断をしましょう。

昔から住めば都と言いますが、すべての田舎が都になるとは限らないので、淡い期待を持って田舎暮らしをするのは危険ですよ。

都会より食料品などが高いので金銭的に大変!

お金

みなさんが住んでいる都会は、スーパーやディスカウントストアがたくさあるので、価格競争が起こり食料品などが安く買えるでしょう。

でも、田舎だとスーパーが1つもあれば良い方で、ど田舎へ行けば個人商店のみで、食料品の価格が高くなってしまいます。

最近は電力の自由化で、電気代を安くなるそうだけど、田舎の場合は新規参入する会社がないので、電気代も安くなりません。

他には、ガソリン代、ガス代、水道代、電話代など、選べる会社が少ないから価格競争が起こらず、都会に比べるとかなり割高です。

テレビで、都会にある激安スーパーの特集を見ると、信じられないくらい食品が安く、田舎暮らしはお金が掛かると痛感します。

自給自足の生活をするなら別にして、田舎はなにかと物価が高いので、裕福な人ではないと生活するのが大変です。

都会で持ち家に住んでいるなら、物価の高い田舎暮らしをすると出費が増えるので、田舎へ移住したら後悔するでしょう。

後悔する理由1

スーパーがないので食料品は割高です。さらに、ガソリンやガスや水道は高いし、電気や電話は、自由化になっても、選べる会社がありません。

キシ
安いのは家賃ぐらいでしょうか。でも、都会のようなキレイな物件はないから、住みたいとは思いませんけどね。

交通手段が少ないから移動するのがとても不便!

田舎の駅

都会の便利な生活になれている人が、田舎暮らしを始めると真っ先に思うことは、車がないと不便なところでしょう。

田舎の場合は、都会のように頻繁にバスが走っていないし、そもそも路線が少ないので、交通手段は車がメインです。

家が駅に近ければ移動は楽だけど、田舎へ行けば行くほど駅が遠くなるから、必然的に交通手段は車しかありません。

コンビニやスーパーがあっても遠かったり、役場や病院や学校なども、歩いて行くには遠すぎて、移動は本当に不便です。

遊びに出掛けたくても、都会へ出るのは時間が掛かり、田舎で遊べる場所と言ったら、山と川ぐらいしかないので飽きます。

ちなみに自分が住んでいる田舎は、まだ光回線が入っておらす、満足にネットも見られないから、ネットで暇つぶしはできませんよ。

不便を楽しめるなら、田舎に暮らしても大丈夫だろうけど、不便が楽しめない人は、田舎へ移住すると後悔するはずです。

後悔する理由2

電車やバスの本数が少なく、交通手段は車がメイン。車がないと田舎では生活できません。都会へ出るのも、時間が掛かり大変です。

キシ
自分の家は駅から近いので、スゴく不便とは思わないけど、友人の家は、駅まで徒歩2時間くらい掛かります。

田舎のしきたりがヒドすぎて馴染めない!

お葬式

田舎には、伝統的な「しきたり」あり、良いとか悪いとか関係なく、その「しきたり」に、縛り続けられている場合があります。

どんなに面倒なことでも、昔からの「しきたり」だと言って守っており、、便利で楽な方法があっても変えられません。

例えばわが田舎では、誰かが亡くなると、他の住人に知らせるのですが、わざわざ1件ずつ訪問して伝えています。

普通に考えれば、電話を使った方が楽なのに、昔からのしきたりと言う理由だけで、何十年間ずっと同じ方法のまま。

伝統と言えば聞こえは良いけど、田舎の住人は新しいことを好まず、保守的な考えの集団なので、不便でもしきたりを変えません。

理にかなう「しきたり」だったら良いけど、理不尽な場合だったら、リベラルな都会の生活に慣れている人は、耐えられないはず。

田舎はしきたりを好む保守的な人が多く、リベラルな都会の人は理解に苦しむから、田舎へ移住すると後悔するでしょう。

後悔する理由3

リベラルな都会の人は、田舎にあるヒドかったり、理不尽だったりする「しきたり」に、馴染めないのでしょう。

キシ
何十年も住んでいる自分ですら、田舎のしきたりを理解できません。この点だけでも、都会に住んだ方が良いですよ。

ずっと住んでいるおじさんたちに見下される!

うるさいおじさん

往々にして田舎のおじさんは、女性よりも男性の方が偉い男尊女卑の傾向が強く、父がいないわが家のような人たちを軽視します。

また移住してきた人たちを、新参者とかよそ者と言って、同じように軽視して大柄な態度を取るので、本当に嫌な気分になるでしょう。

都会であっても、近所の人に会えば「こんにちは」ぐらい言うだろうけど、田舎のおじさんは、相手が自分より下だとあいさつはしません。

返ってくる返事は、偉そうな態度で「うん」や「はい」と言って、母子家庭や移住してきた人たちを、常に見下しています。

生まれてからずっと、田舎に住んでいる人であっても、それが女性であれば見下しているから、おじさんたちは話を聞きません。

田舎には、態度の悪いおじさんがおり、移住してきた人を見下すので、相手の年齢や住人歴が上でも、許せないでしょう。

態度の悪いおじさんが住んでいると、相手が死ぬまでずっと嫌な思いをすることになるから、田舎へ移住すると後悔するはずです。

後悔する理由4

田舎に住んでいるおじさんたちは、移住者や女性に偏見を持っており、見下しているから嫌な思いをするでしょう。

キシ
田舎には、態度の悪いおじさんが本当に多いです。もしかしたら、人を見下すのが、趣味なのかもしれません。

選挙になると面倒なことがたくさん増える!

選挙の立候補者

都会の選挙は、候補者の演説がうるさいくらいで済むけど、田舎の場合は、もっと煩わしいことが起こるのを知っているでしょうか?

まず選挙になると、近所の有力者やそのブレーンなどが、自分が推している立候補者の個票に、名前を書いて欲しいと頼みに来きます。

個票を断ると、確実に近所から村八分の扱いを受けるので断れないし、たくさんの人からお願いされるので、何枚も個票を書かされるんです。

他には、何度もお願いの電話が掛かってきたり、立候補者のブレーンからお願いされたり、面倒くさいことがいっぱい起きます。

投票日には、誰に投票したかを調べられたり、選挙へ行ったのかチェックされて、行っていない場合は、こちらも村八分です。

そんな選挙で受かるのは、お金持ち、田舎の有力者、どちらかのブレーンなど、私利私欲の塊のような人なので夢も希望もありません。

田舎に住んでいると選挙がある度に、個票や誰に投票するかなど、面倒なことに巻き込まれるので、田舎へ移住すると後悔するでしょう。

後悔する理由5

選挙があると個票や電話など、面倒なことがたくさん増えるし、最悪の場合は、村八分にされる危険性もあるでしょう。

キシ
数年に1回の選挙だとしても、その1回で地域が真っ二つに割れることもあるから、選挙期間は憂鬱です。

田舎は監視社会なのでプライバシーがない!

田舎の住人

常に田舎の住人たちは、住んでいる地域の安全を守るため、日夜ずっとご近所の監視活動しているのを、みなさんは知っていますか?

どんな仕事をしているのか、恋人はいるのか、誰と仲が良いのかなど、常に監視の目を光らせて、住人たちの行動を監視しているんです。

知人の女性の田舎では、知らない住人が「お宅のお嬢さんが、男と手をつないで歩いているよ!」と、知らせたと言ってましたから。

自分が彼女を家へ呼んだときは、周りにバレないよう家へ入れたけど、数日後には「いつ結婚をするんだ?」と、うわさになる始末。

さらに、個人的なことを話すと、すぐに他の住人へ周る連絡網が整っているので、田舎にはプライバシーなんて言葉はありません。

都会は、監視カメラがある監視社会と言われていますが、田舎の場合は住人の眼が、カメラの代わりになっている監視社会。

田舎の住人は、三度の飯よりも人のうわさ話が好きなので、監視されるのが嫌な人は、田舎へ移住すると後悔するはずです。

後悔する理由6

田舎の人は、他人の家を監視するのが大好きなので、プライバシーを尊重されたい人は、きっと耐えられないでしょう。

キシ
田舎は、社会主義国家のように、住民を監視している人がいます。CIAやKGBに入れるレベルの監視能力です(笑)。

まとめ

今回ご紹介した田舎に移住したら後悔する6つの理由!これがリアルな田舎の姿です!はどうでしたか。

ずっと田舎に暮らしていると、便利な方が住みやすいと思うのですが、なんでわざわざ田舎に移住したいのかが謎ですね。

わが家は持ち家の一軒家だから、簡単に移住をできないけど、もしできるとしたら、絶対に便利な大きな街を選びます。

この記事を読んでも、田舎へ移住したい人は、どんな地域性があるのかリサーチして、自分に合うかどうかを決めてください。

田舎に住んでいる自分の意見としては、移住したら後悔することの方が多いので、今まで通り便利な都会へ住み続けるのがおすすめです。

キシ
住めば都の田舎だったら、みなさんにおすすめするけど、現実は都にならなかったので、やはりおすすめできません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフハック