40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

子供がいるメリットとデメリット!独身男が4泊5日で親になった結果!

   

子供の足

結婚は諦めたけど子供だけは欲しい! そんな独身の人たちがいるらしいけど、現実に子供を持ったらどうなるか経験したことはありますか?

独身の自分の場合は、わずか4泊5日の疑似体験だったけど、子供を持つことのメリットとデメリットがよく分かりました。

そこで今回は、独身の自分が親の体験をした結果をご紹介するので、子供を欲しい人はメリットとデメリットを参考にしてください。

親の体験は、夏休みや冬休みになると姉が子供を連れて帰省するので、その際に何度も体験しており本当に大変です。

デメリットよりもメリットが上回っている人なら、子供が欲しいと思うけど逆だったら、今後は子供が欲しいと思わないでしょうね。

子供を持つ体験ができる条件!

自分の場合、姉に子供(女の子が3人)がいて夏休みや冬休みになると、一緒に実家へ帰省してくるので、その際に親のような体験をしています。

幸いなことに旦那は一緒に来ず、実家に住んでいるのは自分と母だけで、男の年長者が自分なり親のような体験ができるんです。

さらに、姉の子供を1週間ぐらい預かったことや頻繁に面倒を見たことがあったので、よそよそしい距離ではありません。

子供の母親である姉の前でも、普通に怒るし文句も言うし叩くので、少しくらいは気を使うけど、自分の子供のような感覚で接しています。

自分の場合はちょっとレアなケースだけど、もし該当したら試しに子供だけを預かって、子供を持つメリットとデメリットを体感してください。

主な条件!
  • 兄弟姉妹に子供がいること。
  • 兄弟姉妹の子供とよそよそしい関係ではないこと。
  • 家に来る際に義理の兄弟姉妹が来ないこと。
  • 兄弟姉妹の子供のわが子のように注意できること。
キシ
姉の旦那(義兄)が一緒に付いて来たときは、あまり子供の相手をしません。義兄の前では、あまり子供を怒れませんから。

子供がいるメリット!

子供

実際に子供を持ったわけじゃないけど、4泊5日で疑似体験をした感想としては、子供がいるメリットは全部で4つほどありました。

たぶん、実際に子供がいる親御さんも同じような気持ちを持っているはずなので、ほぼこれが正解なのではないでしょうか。

メリットだけを見たら、結婚ができなくても良いから、子供だけは欲しいと思ってしまう気持ちも分かるような気がします。

子供の笑顔で心が癒される!

子供の笑顔を見ただけで癒されると、テレビで親御さんが言っているのを見ますが、確かに子供の笑顔を見ていると癒されます。

小学生の高学年になって来ると、自我が芽生えて来てあまり癒されないけど、小学校の低学年ぐらいまでは、笑顔に癒されるのがメリットでしょう。

子供がいると家が明るくなる!

子供はいつも無邪気なので、ちょっと嫌なことがあってもそばにいてくれるだけで、その場を明るくしてくれるのがメリットです。

一緒に遊んでいると、嫌なことはすぐに忘れてしまうから、子供を持っているご家庭から楽しい声が聞こえてくる理由がよく分かります。

子供ために仕事を頑張ろうと思える!

わずか4泊5日しか一緒に入ませんが、一緒にいると子供たちの笑顔のために、頑張って仕事をしようと言う気持ちになって来ます。

テレビで子供の写真を手帳に入れて、どきどき見ている親御さんがいるらしいけど、子供の顔を見る度に仕事を頑張ろうと思えるのでしょうね。

子供がいると老後になっても寂しくない!

まだ自分が老後の年齢ではないので、経験している訳じゃないけど、子供がいれば老後が寂しくないと思う人は多いでしょう。

一緒に住んでいない場合でも、ときどき会いに来てくれたり、電話を掛けてくれたら、それだけで寂しさは解消されそうです。

キシ
一番に感じたメリットは、家が明るくなったことです。特に、小さい子供は元気なので、周りを明るくさせてくれます。

子供がいるデメリット!

子供がいるメリットは全部で4つもありましたが、メリットがあるなら当然のようにデメリットもあり、探すと同じく4つありました。

こちらも、子供をお持ちの親御さんが同じようにデメリットだと感じている部分だと思うので、ほぼ間違いないでしょう。

実際に4つのデメリットを目の前にすると、子供を持つのは口で言うほど簡単ではなく、とても大変だと感じるはずです。

子供がいるとお金が掛かる!

真っ先に、子供がいて感じたのがお金のことで、わずか4泊5日でも生活費にあれこれと、お金が掛かると分かりました。

子供にお金を掛けることが楽しいなら良いけど、裕福ではない場合や自分にお金を使いたい人は、子供がいるとデメリットでしょう。

子供がいるとうるさい!

子供がいると家が明るくなるのは良いけど、ときには静かにのんびり過ごしたいときもあると思うので、そんなときはデメリットに感じるでしょう。

特に小さい頃は、遊んでくれないと子供は駄々をこねるから、さらにうるさいくなってしまい、煩わしいと感じるかもしれません。

子供がいると自分の時間が減る!

これは当たり前だけど、子供がいればあれやこれやと面倒を見なければならず、自分の時間が思うように取れなくなってしまいます。

この場合、子供が小さい頃だけではなく大きくなっても、学校のことで面倒が掛かるから、自分の時間を大切にしたい人にはデメリットでしょう。

子供が言うことを聞いてくれない!

これも当たり前でしょうが、大きくなればなるほど子供は親の言うことを聞いてくれないので、自分の思うようには育ってくれません。

実際に自分も、姉の子供を赤ちゃんのときから面倒を見ているけど、大きくなって全く言うことを聞かないから、かなり手を焼いています。

キシ
中学生くらいになると、姉の子供は全く言うことを聞きません。このくらいの年齢から、デメリットの方が、多くなるような気がします。

メリットとデメリットを比べた結果!

子供がいれば、メリットもあると同時にデメリットもあるので、どちらに重きを置くかを決めれば、本当に子供が欲しいか分かるでしょう。

自分の場合は、わずか4泊5日であっても、かなり疲れてしまったので、正直に言って子供だけ欲しいとは思いません。

まだ子供が小さい頃なら、カワイイからメリットの方が多そうだけど、大きくなってくると言うことを聞いてくれず手を焼くだけ。

自分の場合は、姉の子供が女の子だったら面倒なことは少ないけど、男の子だったら思春期になるとかなり面倒なのでとても無理。

子供が女の子だったら、まだメリットがあるような気はする反面、男の子だったらデメリットしかないような気がしています。

キシ
高校生ぐらいまでだったら、デメリットの方が多く感じました。ずっと小さかったら良いんだけどね。

自分を愛せない人は子供を持つべきじゃない!

ダメを出している男性

毎年のように、姉の子供の面倒を数日間だけ見ていると思うのは、自分の子供じゃないから気楽に扱える部分があります。

その理由として、自分と似たような血が流れていたとしても、あとの血は全く関係ない血が流れているので、なにかあっても諦めが付くからです。

でも、自分の子供だったらなにか問題を起こしたときに本気で怒ると同時に、自分の子供なんだから問題も起こすと思うでしょう。

また自分を愛せない人は、言わば自分の分身であり一部である子供に対して、愛情が沸いてい来ないような気がします。

子供のミスは自分のミスであり、自分を愛せなければそのミスを許せないから、子供は持たない方が良いと思うのが自分の考えです。

キシ
この考えは、あくまでも自分が感じたことなので、異論などあるかと思いますが参考程度の気持ちで読んでいただけると幸いです。

まとめ

今回ご紹介した子供がいるメリットとデメリット!独身男が4泊5日で親になった結果!はどうでしたか?

わずか4泊5日であっても、子供がいるメリットとデメリットが分かるので、兄弟姉妹に子供がいる場合は、数日間だけ預かることをおすすめします。

ただし最初にも書きましたが、子供に気を使ってしまう距離感だと、実際の感覚とはほど遠くなるでしょうから、その点はご注意ください。

自分の場合は、生まれたときからずっと面倒を見て来たし、多いときには週1で遊んで上げていたから、親になったような感覚を得られたのでしょう。

でも、実際に子供が欲しいかと聞かれたら、4泊5日ぐらいなら良いかもしれないけど、ずっとだったらやっぱりデメリットが多いので欲しくないと答えます。

キシ
自分の場合は、子供がいた方がデメリットに感じました。もしかしたら、1年に2回ぐらい会うぐらいが、ちょうど良いのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身40代イズム