40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

節約できない人の特徴!節約したければ自分のお尻に火を付けろ!

      2018/02/28

節約できない人

節約したいけど、全く節約ができない!そんな人が、実際にいるけど、そんな人に、特徴があるのを知っていますか?

実際、自分の周りに、全く節約できない人がいるけど、その人の特徴を見る限り、今のままだと、節約できないでしょう。

そこで今回は、節約ができない人の特徴をご紹介しますが、一番の原因は、お尻に火が付いていないこと。

事実、自分のお尻に、ずっと前から火が付いており、いろいろな節約方法を試して、コツコツと節約してますから。

逆に言えば、お尻に火が付けば、是が非でも節約をするはずなので、節約したければ、お尻に火を付けてください。

最大の理由はお尻に火が付いていないこと!

実際に、自分が知っている節約できない人は、口では「節約しないとヤバい」と言うけど、全く節約をしていません。

本当に節約をしないと、ヤバい状態ならば、なにかしら、節約をするはずなのに、生活スタイルは以前と全く同じ。

ときどき、その人から生活苦の話を聞くけど、本気で節約しているわが家とすれば、「ふざけるな!」と言いたくなる。

何度か、節約を試みているらしいけど、お尻に火が付いていない状態では、結局は失敗して、元に戻るだけでしょうね。

もし、口先だけで節約したいと言っていたら、本当に節約しないと生活ができない人から、思いっきり喝を入れられますよ。

キシ
「節約しないと大変!」。本当にヤバい人は、たぶん、口には出さないでしょうね。

まだ余裕があるから本気で節約をしないんです!

大金

なぜ、お尻に火が付かないのか?それは、まだまだ今の生活に、余裕があるからなので、本気じゃないんですよ。

本当に、生活が苦しくなれば、否応なしに節約をしなければ、首をくくる事態が、起きるかもしれませんから。

余裕があるならば、節約をしても、どこかでタガが緩んでしまい、失敗に終わってしまうでしょうね。

節約することは、ダイエットと同じで、失敗するとその反動で、お金を使う場合があり、かなり危険です。

中途半端な状態で、節約をして失敗するなら、お尻に火がつくまで、やらない方が良いかもしれませんよ。

キシ
中途半端な気持ちで、節約を始めるくらいなら、まだやらない方がマシですね。

実は自分の姉がまさにこのタイプだった!

自分が知っている節約できない人。その人物とは、自分の姉のことで、頻繁にお金がないと言い、愚痴を言っています。

何度も姉は、節約の話をして来たので、その度に節約方法を、ご紹介したところ、返ってくる答えは、「やってみる」の一言。

しかし、しばらくしてから、節約の話をしたか聞くと、全くしておらず、今までの生活スタイルを継続しています。

詳細は分からないけど、共働きの姉夫婦(姉はパート)の総収入は、800万円ぐらいあるらしく、貧乏ではありません。

半分くらいの収入になれば、本気で節約するんだろうけど、年収が800万円もあれば、本気にはならないのかもね。

逆に言えば、世帯収入が800万円もあって、生活が大変と言うのは、ド貧乏のわが家にしたら、ふざけた話ですよ。

キシ
世帯収入が、800万円ある家の生活苦は、本当の生活苦ではありませんね。

わが家が節約できる理由!

財布

わが家が節約できるのは、スゴく簡単なことで、自分の稼ぎが悪く、お尻に火が付きっ放しだからです。

具体的な収入は、恥かしくてとても言えないけど、サラリーマン時代の1/3だから、なんとか生活できる状態。

そんな状態なので、否応なしに節約をしなければならず、本気でやらなかったら、首をくくるハメになるかも。

もし、自分の稼ぎが、それほど悪くなかったら、今やっている節約方法は、1つもやっていないでしょうね。

本当に、節約が必要な状態だと、姉のように、愚痴を言っている暇はないから、言える状態だったら、まだ大丈夫。

ただし、愚痴を言えない状態になってから、節約を始めても、手遅れの場合があるから、その前に気づいてくださいね。

キシ
愚痴を言えるのは、まだ大丈夫な証拠。本当にヤバくなったら、言葉なんて出て来ません。

まだ他にもある節約できない人の特徴!

節約できない人の特徴は、尻に火が付いていないことだけど、まだ他に3つほど、特徴があります。

もし、1つでも該当する場合は、節約をしても、すぐに止めてしまうので、性格を改める努力をしてください。

ちなみに、自分の姉は、1番目と2番目に該当しているから、節約ができるタイプではないみたいです。

面倒な作業がとても苦手

節約をすることは、安い商品をチェックしたり、家計簿を付けたり、面倒なことが多いので、これが苦手な人は、無理でしょう。

簡単にできる節約方法が、あれば良いけど、実際に、そんな方法はありませんからね。

生活水準を下げられない

節約することは、今の生活スタイルを、一変させる必要があるので、生活水準を下げられない人は、やってもムダです。

人間は、ぜいたくを覚えてしまうと、貧乏には戻れないので、かなり難しいでしょう。

部屋がスゴく汚れている

部屋がスゴく汚れている人も、節約ができない人の特徴で、このタイプは、無駄な物をたくさん買うことが多い。

必要な物が分からず、同じような物を、何回も買うから、節約ができないんですよ。

キシ
この3つの特徴があっても、お尻に火が付けば、否応なしに、節約ができるでしょうね。

自分がやっているおすすめの節約方法!

お金が貯まった女の子

ド貧乏のわが家の場合は、以下の4つの節約方法を使い、地味にコツコツと、無駄な出費を抑えています。

どれも基本的なことだけど、それすらできないから、生活が大変なので、文句を言わず、1つぐらいやりましょう。

逆に、1つもできそうにない人は、節約なんてせずに、収入を増やす方法を考えた方が、良いかもしれませんね。

水道光熱費を節約する

光熱費を節約するには、トイレとお風呂がポイントなので、今の使い方を改める必要があります。

実際の方法は、以下にご紹介してあるので、ぜひ参考にして、少しでも光熱費を節約しましょう。

スマホの料金を節約する

キャリアのスマホは、とても料金が高いので、契約に縛りがなくなったら、すぐに格安SIMに変えること。

実際に、自分も格安SIMを使っていますが、不便は特に感じないので、おすすめします。

ガソリン代を節約する

ガソリン代を節約したいなら、他の移動手段が、確立されている場合に限り、車を手放しましょう。

実際に、自分も車を手放しましたが、かなり節約ができたので、これはすぐにやるべきです。

不要な物を捨てて節約する

不要な物が多い場合は、部屋を掃除する必要があるから、断捨離をして、使わない物は捨てください。

お金になりそうな物は、オークションやフリマでお金に変えれば、一石二鳥ですよ。

キシ
これだけやれば、かなり節約できるはず。地道にコツコツと頑張ってください。

まとめ

一番の節約ができない理由は、お尻に火が付いていないことで、まだ余裕があるから、本気にならないのかも。

余裕がある状態が、ずっと続いている場合は、節約をしなくても、生きていけるから、特に問題はありません。

ただし、今の状態が悪化すると、いずれはお尻に火が付くから、ご紹介した節約方法を、すぐ実行しましょう。

車を手放すのは、家族がいると難しそうなので、手っ取り早いのは、スマホを格安SIMに、変えることですよ。

節約するのが面倒な場合は、最終手段として、収入を増やすしかないから、なにか副業を見つけてください。

キシ
副業も手段のうちだけど、面倒なことが苦手だと、たぶん無理でしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフハック