スポンサーリンク

電気シェーバーを比較して購入するならランニングコストがポイント!

悩んでる男性独身アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも。最近、電気シェーバーの切れ味が、悪くなってきて、剃り残しが増えた、プロ独身のキシ(@kishimax_999)です。

電気シェーバーを、比較してから購入する際、初期費用や剃り味を、チェックするだろうけど、それでは足りません。

もう1つだけ、比較する際に、チェックする項目があり、それが今回ご紹介する、電気シェーバーのランニングコスト。

以前、ご紹介した記事を基に、各電気シェーバーのランニングコストを比較して、どれが最もお得かを、発表します。

「安物買いの銭失い」を、避けたい男性は、しっかり比較してから、自分に合う電気シェーバーを、お求めください。

※表記の価格は、全てアマゾンが、対象です。

ポイントは電気シェーバーのランニングコスト!

お金

電気シェーバーを、比較する場合、基本的に「価格」と「切れ味」、この2つをチェックするのが、一般的です。

しかし、もう1つだけ、電気シェーバーを比較する際、「内刃」と「外刃」の価格を、比較する必要があります。

内刃と外刃は、消耗品であり、価格が高い場合、ランニングコストが掛かり、損をするかもしれませんよ。

内刃と外刃の寿命は2年くらいが目安。

メーカーによって、内刃と外刃の寿命は、多少の誤差が生じするけど、平均した場合、約2年ぐらい。

パナソニックや日立の場合、外刃の寿命は1年だけど、メンテナスをしっかりやれば、2年は余裕です。

ちなみに、電気シェーバーの交換期間は、各メーカーの指示通りに、計算をしています。

バッテリーは気にしなくて大丈夫。

バッテリーも、消耗品ですが、上手に使い続ければ、10年くらい持つので、あまり気にしなくて大丈夫。

ポイントは、バッテリーが切れそうなときに、充電すれば良いから、頻繁に充電するのは、止めましょう。

キシ
最低でも3年に1回は、内刃と外刃を、交換してください。

内刃と外刃を交換しない場合の悪影響!

内刃と外刃の寿命が来ても、ヒゲが剃れているうちは、交換しなくても大丈夫だと、思うかもしれません。

しかし、内刃と外刃の交換を、先延ばしにすると、大切なお肌に、悪影響を及ぼすから、お止めください。

ヒゲを剃るときは、一緒に肌の表面も剃るから、角質層が傷ついたり、削れたりして、肌に悪影響を及ぼします。

最悪の場合、角質層のダメージが原因で、ニキビができてしまうから、内刃と外刃の質は、重要なんです。

ヒゲを剃ることは、大切なお肌に、ダメージを与えるので、寿命が来たら、内刃と外刃を、替えましょう。

キシ
大切なお肌が、ボロボロだと、女性から嫌われちゃいますよ。

シェーバーのランニングコスト①『ブラウン』

ブラウンの電気シェーバーは、「シリーズ5 5147s」がおすすめだと、以前の記事で、書きました。

シェーバー本体の価格は、9,675円(税込)。替え刃の価格は、内刃と外刃が一体で、2,997円(税込)。

刃の交換を、1年6カ月に1回で、計算すると、合計6年間ほど使った場合、替え刃の金額は、11,988円(税込)。

本体と替え刃を、合計すると、6年間の合計額は、21,663円(税込)です。

キシ
ブラウンの合計価格、21,663円が、今後の目安ですね。

シェーバーのランニングコスト②『フィリップス』

フィリップスの電気シェーバーは、「5000シリーズ S5076/06」がおすすめだと、以前の記事で、書きました。

シェーバー本体の価格は、6,620円(税込)。替え刃の価格は、内刃と外刃が一体で、3,432円(税込)。

刃の交換を、2年に1回で、計算すると、合計6年間ほど使った場合、替え刃の金額は、10,296円(税込)。

本体と替え刃を、合計すると、6年間の合計額は、16,916円(税込)です。

キシ
フィリップスは、本体格が安い分だけ、合計額が安いですね。

シェーバーのランニングコスト③『日立』

日立の電気シェーバーは、「S-blade RM-LF800」がおすすめだと、以前の記事で、書きました。

シェーバー本体の価格は、5,210円(税込)。替え刃の価格は、内刃が1,403円(税込)、外刃が1,944円(税込)。

刃の交換を、内刃が2年に1回、外刃が3年に1回、合計6年間ほど使った場合、替え刃の金額は、8,197円(税込)。

本体と替え刃を、合計すると、6年間の合計額は、13,407円(税込)です。

キシ
この中だと、本体も替え刃も、断トツに日立が安いですね。

シェーバーのランニングコスト④『IZUMI』

IZUMIの電気シェーバーは、「Z-DRIVE IZF-V937」がおすすめだと、以前の記事で、書きました。

シェーバー本体の価格は、8,220円(税込)。替え刃の価格は、内刃と外刃が一体で、2,859円(税込)。

刃の交換を、1年に1回で、計算すると、合計6年間ほど使った場合、替え刃の金額は、17,154円(税込)。

本体と替え刃を、合計すると、6年間の合計額は、25,374円(税込)です。

キシ
IZUMIは、替え刃の目安が、1年なので、コストが掛かり過ぎますね。

シェーバーのランニングコスト⑤『パナソニック』

パナソニックの電気シェーバーは、「ラムダッシュ ES-ST2Q-K」がおすすめだと、以前の記事で、書きました。

シェーバー本体の価格は、7,561円(税込)。替え刃の価格は、内刃と外刃がセットで、3,700円(税込)。

刃の交換を、2年に1回で、計算すると、合計6年間ほど使った場合、替え刃の金額は、11,100円(税込)。

本体と替え刃を、合計すると、6年間の合計額は、18,661円(税込)です。

※ラムダッシュは、外刃は約1年、内刃は約2年が、交換の目安だけど、セットなので、2年にしています。

キシ
パナソニックは、本体と替え刃の価格が、この中の平均値ですね。

ラニングコストだけで選ぶなら『日立』

本体替え刃6年間の場合
ブラウン9,675円2,997円11,988円
フィリップス6,620円3,432円10,296円
日立5,210円3,397円8,197円
IZUMI8,220円2,859円17,154円
パナソニック7,561円3,700円11,100円

※価格は11月3日現在で税込。

替え刃の金額だけなら、IZMIが最もお得ですが、交換期間が短いので、6年間だとかなり割高。

逆に、日立の場合、内刃が3年も持つので、6年間で比べると、この中では、最もお買い得です。

ただし、日立の電気シェーバーは、あまり人気がないので、それを踏まえると、微妙か気がします。

コスパを考えた場合は「パナソニック」

トータルのコスパで、電気シェーバーを考えた場合、品質の良さから、パナソニックが一番でしょう。

替え刃の価格は、一番に高いけど、6年間で考えると、真ん中くらいだから、選んで損はなさそうです。

期間を無視した場合は「IZUMI」

IZUMIは、替え刃の期間が、1年なので、割高になるけど、期間を無視して、2年に1回なら、かなりお得。

2年に1回だと、替え刃代が「8,577円」なので、価格は日立の次になり、コスパ最強かもしれません。

キシ
ヒゲが薄ければ、2年に1回の交換で、「IZUMI」を、おすすめします。

『電気シェーバーを比較』まとめ

電気シェーバーは、本体の価格や剃り味も、重要だけど、それと同じくらい、替え刃の価格も、重要です。

剃り味が良くても、ランニングコストが高い場合、別の電気シェーバーの方が、良いときも、ありますから。

最安値の日立は、合計額が安いけど、評判が微妙なので、金額だけで選ぶ人のみ、お買い求めください。

メーカーの期間を守れば、フィリップスとパナソニックが、5つの電気シェーバーの中で、最もお買い得。

2年に1回にすれば、IZUMIがおすすめで、あとは切れ味が、どのくらい悪くなるか、それだけでしょうね。

キシ
電気シェーバーは、本体代と同時に、必ず替え刃代も、チェックしましょう。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。


独身アイテム
面白かったらシェアをお願いします!
キシのフォローを宜しくお願いします!
独身男のド定番

コメント