早く注文しないと間に合わないぞ!
スポンサーリンク

モテる男が女性にやっている9つの行動!大変だけどやるしかない!

会社でモテる男恋愛と結婚
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社に一人ぐらい、モテる男がいるはずで、顔は別にして、なにが違うのかと思ったことはありませんか?

実際に、自分も見たことがあるけど、モテる男は、評判を上げるために、こっそりやっていたことがるんです。

そこで今回は、モテる男がやっている行動を、9つほどご紹介するので、ぜひマネをして女性からモテましょう。

ご紹介する中には、マネするのが難しい行動もあるけど、半分くらいは自分の力で、なんとかなると思います。

独身であっても、結婚していても、女性からモテるためには、ぜひ一つでも多く行動をマネしてください。

余計なことは言わず相手を察している!

モテない男の場合は、つい余計なことを言ってしまい、女性を困らせてしまうけど、モテる男の行動は違います。

モテる男の場合は、余計なことを言わずに、相手を察しているので、女性は嫌な気分にならず、好感を持つそうです。

自分の場合は、後輩の女性が仕事で失敗したとき、場違いなこと言ってしまい、空気を悪くしたことがありました。

「大丈夫?」や「気にするなよ!」とかは、返って苦しめるから、なにも言わず接する方が、効果的なのでしょう。

ただし、なにも言わないけど、しっかり女性のことを見ている必要があるので、そこは間違えないように、ご注意ください。

キシ
自分の場合、的外れなことを、言ってしまったので、黙してから語らずが、良いのでしょうね。

困っている女性をさりげなく助ける!

仕事を助ける男性

モテない男の場合は、困っている女性を助ける際に、ちょっとアピールをしてしまうけど、モテる男は違います。

モテる男の場合は、周りから気づかれないように、さりげなく助けており、この「さりげなさ」がポイントらしいです。

自分の場合は、キライな女性だと、やっぱり差別をしてしまうので、それがダメだったのかもしれません。

助ける際は、その女性だけ分かれば良いので、周りから気づかれないように、そっと行動することでしょう。

でも、ついスケベ心が出て、露骨に行動してしまうから、まずは自制心を、身に付けるようにしてください。

キシ
「さりげなく」とは、分かっているんだけど、つい露骨になっちゃうんですよね。

どんな女性でも平等な行動を取る!

モテない男の場合は、興味のない女性やキライな女性に対して、差別をしてしまうけど、モテる男は違います。

モテる男の場合は、例えキライな女性であっても、他の女性と同じような行動を取るから、誠実に見えてモテるらしいです。

自分の場合は、ダメだと分かってはいるんだけど、やっぱりキライな女性を、平等に扱うことはできませんでした。

興味がなくても、キライでも、必ず周りの女性が見ているので、平等な行動を取らないと、ダメなのでしょうね。

どんな女性でも、平等な行動が取れる男は、もしかしたら、お寺で精神修業をしているのかもね。

キシ
自分は、まだ精神修業が足りないので、平等な行動を取れません。

話しを最後までしっかり聞いている!

話しを聞く男性

モテない男の場合は、女性が話しているときに、質問や反論をするかもしれませんが、モテる男は違います。

モテる男の場合は、相づちを打ちながら、最後までしっかり話を聞いてくれるらしく、それが女性に好評らしいです。

自分の場合は、話は聞いているんだけど、途中からしゃべりたくなって、ウズウズしちゃうから、それがダメなのかも。

女性が話すときは、意見を求めているのではなく、ただ話を聞いて欲しいだけだから、黙って聴くのが一番なのでしょう。

昔から、「話し上手は聞き上手」と言うので、普段から聞き役に徹する術を、身に付けるよう心掛けてください。

キシ
おしゃべりの人は、黙って話を聞くだけは、ちょっとツラいかもしれませんね。

話しの内容を否定をせず肯定している!

黙っている男性

モテない男の場合は、女性の話しの内容に対して、あれやこれやと否定してしまうけど、モテる男は違います。

モテる男の場合は、女性がどんな行動を取っても、広い心で受け止めてくれるから、女性は好意を寄せるみたいです。

自分の場合は、始めは肯定だとしても、途中からダメ出しをしてしまうので、ちょっと難しいかもしれません。

女性は、頭ごなしに否定されるのが、苦手みたいだから、否定する言葉を抑えて、肯定する言葉を発しましょう。

でも、男性が女性に話すと、大抵の場合は否定をされるので、これは一体どう言うことなのか、教えて欲しいですね。

キシ
女性は、勘が鋭いから、適当に肯定していると、すぐにバレるからご注意を。

女性のペースに合わせられる!

モテない男の場合は、自分勝手に行動したり、女性のペースを読みませんが、モテる男は違います。

モテる男の場合は、女性のペースを読んで合わせてくるから、女性は気配りができる男と、評価してくれるみたいです。

自分の場合は、好きな女性なら、ペースを読んで合わせるけど、苦手な女性の場合だと、自分勝手にやりますね。

女性は、自分勝手な男が嫌いなので、面倒だとしても、さりげなく女性のペースに、合わせるようにしましょう。

話すとき、歩くとき、食事のとき、かなり気を使いますが、モテるためには、このくらいの我慢は必要ですよ。

キシ
モテる男って、かなり疲れそうだけど、それを疲れたと感じないのが、本当のモテる男なのかも。

女性のちょっとした変化にも気がつく!

変化に気づく男性

モテない男の場合は、記憶力が悪い訳ではないけど、女性のちょっとした変化に気づけませんが、モテる男は違います。

モテる男の場合は、髪形や服装などの変化に気づくけど、あえて口に出さないのが、女性はうれしいみたいです。

自分の場合は、その手のことは敏感なので、すぐに気づく代わりに、問題なのは、すぐしゃべってしまうこと。

女性は、ちょっとした変化に気づいて欲しいけど、口に出して欲しくない場合があるので、見分ける力が必要でしょう。

たぶん、モテる男性は経験が豊富なので、言って良いこと、言って悪いこと、この2つを理解しているのかもしれません。

キシ
髪形の変化は、言って良いのかダメなのか、まだ自分には分かりませんね。

見えないところで優しくしている!

優しい男性

モテない男の場合は、全く優しくないか、みんなの前で優しくするだろうけど、モテる男は違います。

モテる男の場合は、他の人に気づかれないように、こっそり優しくするらしいので、それが女性の心をくすぐるみたいです。

自分の場合は、周りに人に見られると、恥かしくなってしまうので、こっそり優しくしているから、たぶん大丈夫。

女性は、男性から優しくされたいけど、周りの人に見られると気を使うから、見えないところでして欲しいのでしょう。

優しくない男はモテない。でも、露骨に優しい男もモテない。他の人から見られないように、優しくするのが正解です。

キシ
見えないところで、優しくするのは、周りの視線に神経を使うから、実はかなり疲れます。

女性に対して絶妙な距離感を持っている!

モテない男の場合は、女性に近づきすぎたり、または遠すぎたりしてしまうけど、モテる男は違います。

モテる男の場合は、近すぎず遠すぎず、女性からすると、絶妙な距離感を持っているらしく、それが良いみたいです。

自分の場合は、波長が合う女性なら、絶妙な距離感を保てるけど、そうでない女性は、距離感がめちゃくちゃ。

女性は、近すぎるとぶしつけに感じ、遠すぎると他人行儀に感じるので、距離感を重視するので気を付けましょう。

今までの行動は、マネがなんとかできそうだけど、距離感の場合は、女性と接する経験を、たくさん積まないとダメですね。

キシ
近すぎ!遠すぎ!って、モテない男性には、難しすぎるんですよ。女性の距離感って。

まとめ

全部で9つほど、モテる男性の行動をご紹介しましたが、モテない男でも、半分くらいはマネができますよね?

ただし、最後の距離感は、すぐマネをするのが難しそうなので、これは経験則でしか、身に付かないかもしれません。

それでも他の行動なら、努力をすればなんとかなりそうなので、モテる男になりたいなら、少しでもマネをしましょう。

ポイントとしては、どれも適度なアピール力が必要な気がしており、出るところと引くところ、ここが重要なのかも。

すべてマネするのは無理だけど、1つでも多くマネをすれば、女性の気持ちが分かる男として、評価されるはずですよ。

キシ
モテる男は、9つをサラッとやってしまうから、モテるのでしょうね。やっぱり難しいなぁ。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
結婚相談所比較利用者数 10万人突破!【ズバット結婚サービス比較】

たった1分の行動があなたの1年後を変える!結婚への第一歩は「結婚相談所の資料一括請求」

  • 結婚相談所比較利用者数 10万人突破!
  • 厳選10社に資料を一括請求できる。
  • 年齢は20代から40代まで大丈夫。
2018年顧客満足度No.1の結婚相談所【婚活ならゼクシィ縁結びカウンター】

出会い方を変えれば、縁が生まれる。ゼクシィがプロデュースする新しい形の結婚相談所所。

  • 2018年オリコン顧客満足度調査 結婚相談所 第1位。
  • 入会した方の10人に8人が1カ月以内に出会う。
  • 必要なお金は登録料3万円と月会費9,000円~のみ。


恋愛と結婚
面白かったらシェアをお願いします!
キシのフォローを宜しくお願いします!
独身男のド定番

コメント