40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

簡単に彼女を作る方法は心が弱っている女性を好きることって本当?

      2017/07/22

初々しいカップル

独りぼっちで寂しいから彼女を作りたい、そんな男性が彼女を簡単に作れるかもしれない方法は、心が弱っている女性を好きになること。

以前にある芸能人が、「心が弱っている女性は恋に落ちやすい」と言う恋愛論を語っていて、実際に成功したらしいので本当かもしれません。

そこで簡単に彼女を作る方法は、心が弱っている女性を好きになることなのか、実際にその女性と恋愛関係になった自分がご紹介します。

ある芸能人が言っていた通り、簡単に彼女を作ることはできたけど、実は彼女になってくれたあとの付き合いが大変なんですよ。

簡単に彼女を作りたいなら心が弱っている女性が良いけど、その女性が彼女になってくれたあと、どんなことが起こるのかは最後まで読んでご確認ください。

心が弱っている女性は恋に落ちやすい?

考えるサラリーマン

まだ島田紳助さんがテレビに出ているとき、日本テレビの法律の番組で、「心が弱っている女性は恋に落ちやすい」と言っていました。島田紳助さんのことは嫌いだけど、この恋愛論は正しいと思いながら、そのテレビ番組を見ていた記憶があります。

これは男性でも女性でも同じで、心が弱っているときは、誰かに支えて欲しいと思った経験がありませんか?仕事のこと、恋愛のこと、家のことなど、悩んでいるときに優しくしてもらうと、心が動いてしまうと思うんです。

自分も仕事でトラブったときに、悩みを聞いてくれた女性を好きになったので、弱っているときほど簡単に人を好きになるのかもしれません。島田紳助さんも「弱っている動物が捕まえやすいように、心が弱っている女性も捕まえやすい」そんなことも言っていました。

確かに、元気に動いている動物は捕まえるのが難しいけど、弱っている動物は俊敏に動けないので捕まえやすいですからね。

動物と一緒にされる女性は、怒るかもしれないけど、島田紳助さんの恋愛論は理解できますよね?そんな島田紳助さんが言っていた恋愛論を、自分は実際に経験したことがあるんです。ビックリするくらい簡単に彼女が作れたので、この恋愛論は絶対に正しいでしょう。

キシ
島田紳助さんは嫌いだけど、彼の恋愛テクニックは本当に役に立つことが多かったです。見た目があんなでも、女性にモテるのは恋愛テクニックはスゴい。

自分も実際に心が弱っている女性と恋愛をした!

ラブラブなカップル

これからご紹介するのは、自分がまだ若かった頃に、心が弱っている女性と恋愛をしたときのこと。詳しくは書けませんが、自分が勤めていた会社の職歴は先輩なんだけど、年齢は自分より年下だった女性との話。

仕事のことはよく話をするけど、プライベートなことは全くお互いに知らないまま、数が月が過ぎた頃にある出来事が起こります。その女性がお昼休みに元気がない様子で、会社の外のベンチに座っていたのを見掛けたので、声を掛けたのがすべてのきっかけでした。

仕事のことで悩んでいたらしく、会社では自分の方が後輩だけど、社会人としては先輩だったので、いろいろとアドバイスをして上げたんです。それから、ときどき会社の昼休みやメールで悩みを聞いていると、いつの間にかその女性を好きになっていました。

しばらくして女性から「会社を辞めることに決めた」と相談されたときに、チャンスはそんなに残されていないと思い、メールで告白をしたらあっさりOKの返事が来たんです。

どうせフラれても会社で会うことはないから、気にしなくて大丈夫くらいの気持ちで告白をしたので、まさかこんな簡単にOKをもらえてビックリ。付き合い始めた頃は、彼女が本当に心が弱っていることが行動などに出ていて、自分が頼りにされていると実感しました。

これはうぬぼれではなく、彼女は自分がいないとダメになっていたと思えるくらい、自分のことを頼っていたんですよ!最初の頃は・・・。

キシ
職場でしか会ったことがないのに、今思うとよく告白したなと思います。たぶん、自分の中で勝算があったから、強気に出られたんでしょうね。

心が弱っている女性を彼女にすると落とし穴がある!

メールを見てショックを受ける男性

自分は恋愛が上手ではないのに、ことのほか順調に進んで、見事に心が弱っている女性の彼氏になりました。でも、話はここで終わりではなく、しっかりオチがあるのを知っていますか?

彼女を作るには「心が弱っている女性」が良いと分かったけど、問題なのは弱ってしまった心が元通りになったらどうなるかです。「溺れる者はワラをもつかむ」と言うように、もしかしたら、その女性はワラをつかむ気持ちで、自分のことを好きなったのかもしれません。

逆に言えば、その女性が特に心が弱っていなかった場合、自分と恋愛関係になったかはかなり怪しい。もちろん、それは自分にも言えて、彼女の心が弱っていたから可愛く見えた部分もあり、普通に元気だったら好きになっていなかったとも考えられます。

動物が弱っていると愛おしくなるけど、獲物をガンガン捕獲している元気な動物には、全く愛おしくないと同じかも。最初の頃は、心が弱っているから自分のことをスゴく頼っていたので、かなり順調に付き合っていたのですが、彼女の心が治り出してからが問題でした。

付き合いだした頃とは全く違い、弱った心が治った彼女は男なんて必要がないくらい、とても強い女性だったことが分かったんです。

中間をバッサリとカットしますが、簡単に言えば心の傷が治ったので、彼女は自分から飛び立つことを決めてしまいます。

キシ
女性の性格にもよるけど、強い女性ほど心が弱ったときに、優しくしてくれた男性のことを好きになっちゃうのかもね。自分は運が良いのか悪いのか・・・。

最終的に心が弱っている女性を彼女にするとどうなるか?

失恋をした男性

最初の頃は、彼女が心が弱っていたせいもあり、自分のことをスゴく頼りにしてくれていたので、関係はとても良好。自分で言うのもなんだけど、彼女は自分に惚れているとモロに分かるくらいだったので、男の立場としてはかなり楽でした。

告白したのは自分だけど、彼女の方が自分に惚れているから、主導権を握っているのは自分の方。でも、弱っていた彼女の心が次第に治ってくると、当初は自分が握っていたはずの主導権が、徐々に彼女へ移行し始めたんです。

さらに、彼女の方が自分に惚れていたはずなのに、彼女が元気になって行くと、自分の方が彼女に完全に惚れてしまっていました。半年ぐらいが過ぎた頃には、彼女の心は完全に回復しており、この頃から以前のように自分のことを頼りにはしていなかったのでしょう。

次第に、彼女は自分を頼りにしなくなり、やりたいことを一人で勝手に決め、気が付いたときにはどこかへ飛んで行ってしまいました。

簡単に言えば、心が弱っていた彼女が元気になり、自分は捨てられてしまったんですよ。

捨てられるまでにはいろいろな過程がありましたが、結局は弱った心が治った彼女にとって、自分が必要な存在ではないから捨てられたのだと思います。

キシ
彼女からすれば、別れた原因はすべてあなたにある!と言うでしょう。でも、彼女の心がまだ弱っていたら、別れていなかったと思いますよ。

心の弱った女性を彼女にするのは危険!

バツを出す男性

答えとして「心が弱っている女性」を彼女にするのは、結果的にハッピーエンドにならない可能性が高いです。ケガをしてしまった鳥が、助けてもらい元気になったら、どこかへ飛んで行ってしまうように、女性も同じことが言えます。

島田紳助さんが言っていた「弱っている動物が捕まえやすいのと同じように、心が弱っている女性も捕まえやすい」は正しかったです。でも、女性に里心が付かなければ、鳥と同じように、どこかへ行ってしまう可能性は高いでしょう。

もちろん、これは自分の経験談であり「心が弱っている女性」を彼女にしても、すべて失敗するとは限りません。弱った心が治って飛んで行く女性もいれば、飛ぶこともなくその場所に住みついてくれる女性も、きっといるはずですから。

飛んで行ったのは自分が好きになった女性だけだったのか、それとも一般的な女性も同じなのかは分かりませんが、ハッキリ言えるのは「心が弱っている女性」は彼女にしやすいこと。

しかし、弱った心が治ってしまった女性と恋愛関係を継続できるかと聞かれたら、自分の場合は不可能だと答えるます。

信じるか信じないかは人それぞれですが、真実かどうか知りたい場合は、「心が弱っている女性」を彼女にして体験をするしかありません。もちろん、結果的に別れたとしても、当ブログは一切の責任を持てませんので悪しからず。

キシ
昔から「簡単に手に入るものは簡単に失う」と言うので、簡単に作れた彼女も同じことなのでしょうね。

まとめ

今回ご紹介した簡単に彼女を作る方法は心が弱っている女性を好きることって本当?はどうでしたか?

自分が経験したように、彼女を作るには心が弱っている女性が良いけど、その彼女との関係が長続きするとは限りません。

ちょっと寂しくて彼女が欲しいと思っている程度なら良いけど、本気で彼女が欲しいときに、心が弱っている女性を選ぶのは危険です。

特に40代を過ぎてから、彼女に捨てられるのは精神的にかなりキツくなるので、捨てられる可能性を踏まえて心が弱っている女性とお付き合いください。

もし自分の目の前に、心が弱っている女性が現れたとしても、同じような目に遭いたくないので、次は絶対に自分からはアクションを起こさないでしょうね。

キシ
すべての女性とは言いませんが、弱っている女性を彼女にしやすいのは事実でしょう。もちろん、それなりの努力は必要ですけどね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 恋愛・結婚