40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

SMAP解散を知って壊れた信頼関係を修復するのは難しいと判明!

      2017/04/27

泣いている男性

一度は、解散を回避できたと思っていたのですが、結局、SMAPの解散が決まってしまいました。自分の場合は、あまりSMAPのファンではないけど、あれだけ長く活躍しているアイドルグループは少ないので、解散して欲しくないとずっと思っていました。育ての親と言われる、元マネージャーがいなくなってから、急転直下で解散まで突き進んでしまったSMAP。一度、壊れてしまった信頼関係を、修復するのは難しいってことが分かりましたが、なぜSMAPは、信頼関係の修復が不可能だったのかを考えてみたいと思います。

サラリーマンやOLで言うとこんな感じ!

SMAPの解散を、分かりやすくするため、サラリーマンやOLに置換えてみたいと思います。

ジャーニーズ事務所は、サラリーマンやOLにとって会社であり、元マネージャーは、信頼している会社の上司だとします。

サラリーマンとしては、自分を採用してくれた会社に恩義がありますが、一人前の社会人として育ててくれた上司にも恩義があります。

そんな会社の上司に「会社を辞めて独立するから一緒に働ないか?」と言われたら、サラリーマンやOLのみなさんはどうしますか?

採用してくれて給料をもらっているのは会社ですが、自分をサラリーマンやOLとして、立派に育ててくれたのは上司です。

雇ってくれている会社にも、自分を社会人として育ててくれた上司にも恩義はありますが、どちらかを選択しなければならないとき、サラリーマンやOLの人たちは、どちらを選びますか?

たぶん、これがSMAPに起こってしまったことでしょう。

もし、自分がこんな選択をしなければならなくなったとき、結婚していたら会社に残るでしょうが、未婚だったら上司について行くと思います。

家族がいれば養う必要があるから、成功するかどうかわからない上司の会社で、バクチを打つようなことはできません。

でも、未婚だったら、上司の作った会社が大きくなったとき、幹部になれるかもしれないので、上司について行きますが、これって、まさにSMAPと同じ選択の仕方なんです。

SMAPも、結婚してる木村さんと、未婚の中居さん、稲垣さん、草薙さん、香取さんに別れたので、アイドルグループだろうがサラリーマンやOLだろうが、考え方は一緒なのかもしれません。

元マネージャーとSMAPの関係は、約25年も続いていたのだから、その人がいなくなってしまって、やり方が変わったら、今までと同じようなモチベーションで仕事をするのは厳しいでしょう。

サラリーマンやOLなら、25年も同じ上司の元で、仕事をしてきたのに、いきなり違う上司がやって来て、今までと違うやり方で、仕事をやらされたら嫌ですよね。

新聞などでは香取さんが意志が解散の原因だと言っていますが、香取さんだけじゃなく他のメンバーも、グループとしてのモチベーションを維持するのが、大変だったのではないでしょうか?

キシ
大きな大きな愛情だけで、僕らはきっと強くなれるんだと思っていたのでしょうが、その大きな大きな愛情がなくなってしまったのでは、解散を仕方がないのでしょうね。

マネージャーが辞めた時点で結果は決まっていた

一度は、修復したように見えていたSMAPですが、あの謝罪会見はその場を取り繕っていただけで、本当の気持ちではなかったことが分かります。

あの謝罪会見から、テレビ番組(SMAP×SMAP)でも共演していたのに、なぜ修復が不可能だったのでしょうか?

あくまでも、個人的な意見になってしまいますが、「覆水盆に返らず」のように、一度バラバラになってしまった気持ちを、元に戻すことは不可能だったのでしょう。

一部の報道では、SMAPの元マネージャーは、香取さんにとって芸能人として育てくれた、母親のような存在だったらしいので、母親を裏切ってしまったことの罪悪感で、いっぱいだったのではないでしょうか。

SMAPとは、核である元マネージャーが中心になって作り上げたもので、その核が無くなってしまった時点で、解散することは防げなかったのでしょう。

中居さんや木村さんは、関係の修復を図っていたのかもしれませんが、盆からこぼれ落ちてしまった水を、もう戻すことはできません。

これは結果論ですが、元マネージャーが辞めてしまった時点で、一緒にジャニーズを辞めて活動するか、SMAPを解散して個人で活動するかの2択しか残っていなかったのでしょう。

サラリーマンやOLの場合だったら、同じ部署やグループで仕事をしていて、その上司について辞める派と会社に残る派が、どちらにするか多数決を取ったり、中心自分の決断で、会社に残ることになっても、同じ部署やグループにできてしまった溝は埋められませんよね。

SMAPの場合は、解散後もジャニーズ事務所に残ることになりましたが、サラリーマンやOLなら最初は異動を願い出るでしょうが、最終的には、会社を辞めてしまうと思います。

こんなことになって欲しくないですが、SMAPも解散してからジャニーズ事務所を、辞めてしまう人がいるかもしれません。

キシ
恋愛関係も、一度ダメになったら修復が不可能なので、元に戻らないのは仕方がありませんね。育ってきた環境が違うから、好き嫌いはイナメナイのでしょうね。

信頼関係の修復の可能性はあったのか?

SMAPの関係が修復することはありませんでしたが、一般社会でSMAPのようなことが起きてしまった場合に、どうやったら信頼関係の修復ができるのでしょうか?

一度、壊れてしまった信頼関係を修復するのは容易ではないので、かなり難しいとは思うのですが、可能性が全くゼロではありません。

SMAPの場合、信頼関係の修復をするために「冷却期間」を考えていたらしいですが、気持ちを冷静にさせるためにも「冷却期間」は必要です。

でも、SMAPの場合は「冷却期間」を設けるなら、解散した方が良いと思っていたらしいので、すでに「冷却期間」でどうにかなる状況ではなかったのでしょう。

SMAPではダメでしたが、「冷却期間」を取ることで、冷静なり信頼関係の修復の可能性があるかもしれません。

また、謝罪することや相手のことを受け入れることで、信頼関係の修復ができる可能性がありますが、ただ、信頼関係の修復をしたいから、謝罪したり相手を受け入れたりする場合はダメです。

心の底から謝罪したい気持ちや、本当に相手を受け入れる気持ちが芽生えていないのなら、無理やりに謝罪をしたり、相手を受け入れたりすることは逆効果です。

SMAPの場合も、心の底から相手を受け入れる準備や、謝罪する気持ちができていない状態で、活動をする必要があったから、信頼関係の修復ができなかったのでしょう。

あとは、今まで築いてきたものをすべて捨て、新しい気持ちで始められれば、信頼関係をゼロから作ることができる可能性があります。

初めて出会ったときのように、ゼロからまた信頼関係を築き上げられたら、修復ではありませんが、新しい信頼関係を築くことはできます。

でも、SMAPの場合は、ゼロから信頼関係を築こうとする気持すら、なくなってしまっていたのかもしれません。

これはかなり酷な考え方かもしれませんが、修復できる関係は、どんな方法を取っても修復できますが、修復できない関係は、どんなことをしても修復ができません。

SMAPも、元マネージャーがジャニーズ事務所を去って、ついて行かないと決めた時点で、信頼関係の修復はどんなことをしても、無理になってしまったのでしょう。

信頼関係の修復が無理だったら、壊れてしまった原因を、真摯に受け入れるしかできません。

それって、SMAPのサラリーマンもOLも、みんな同じだと思います。

キシ
人生は、出会いがあるから別れもある訳で、別れもあればまた出会いがあります。夜空ノムコウには、新しい明日が待っています。

まとめ

SMAPは、元マネージャーさんが作ったとっても過言ではないと思うので、その元マネージャーさんがいなくなった時点で、解散するのは仕方がなかったのでしょう。

これは、サラリーマンやOLにも言えるのでしょうが、約25年も同じ上司の元で働いていて、急に違う上司になって仕事のやり方が変わったら、モチベーションは上がらないですよね。

信頼関係が壊れてしまうと修復はとても容易ではありませんが、「謝罪すること、相手を受け入れること」「冷却期間」「ゼロから関係を築き直すこと」で関係が修復できるかもしれません。

でも、修復できるできないの前に、「覆水盆に返らず」だと言うことを、覚えておく必要がありそうです。

自分にも経験がありますが、壊れてしまったものって、どんなに頑張っても直ることはないので、良い意味で開き直って、生きて行くしかないと思います。

なにかが終わってしまうことは、とても悲しいことですが、なにか終わることは、なにか始まることでもあるので、SMAPのメンバーには、新たな活動で頑張って欲しいです。

キシ
解散するのが12月31日と言うことは、NHKの紅白歌合戦を、最後にしようとしているのでしょうか?もし、そうなら最後に歌うのは「世界に一つだけの花」でしょうね。
キシ
この記事はキシが担当しております。
★キシの担当記事一覧★

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - おもしろ