40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

とんかつが美味しいチェーン店!かつ久は名店と同じクオリティだった!

   

かつ久の看板

こんにちは。健康のために、揚げ物を控えているけど、ときどき、無性に食べたくなる、独身ブロガーのキシです。

揚げ物の代表と言えば、やはり「とんかつ」で、食べたくなったとき、以前は、某チェーン店に行って、食べていました。

しかし、この前お弁当で食べたら、あまり美味しく感じなっかったので、新しいとんかつ店を探すべく、探索を開始。

探索の結果、すかいらーくグループが経営する、「かつ久」と言うとんかつチェーン店を、東京都のH市で発見!

店舗数は少ないけど、味はスゴく美味しかったので、これからのとんかつチェーン店は、「かつ久」で決まりかも。



「かつ久」は全国で3店舗しない!

かつ久・元八王子店

「かつ久」は、すかいらーくグループのチェーン店で、揚げ物メインに展開している、かつ料理専門店のファミレス。

すかいらーくグループなので、初めは全国展開しており、有名な「かつ料理専門店のファミレス」と思ったら、実は違います。

そもそも、店舗は全国どころか、関東地方にしかなく、わずか3店だけなので、見掛けた人は、かなりラッキーかも。

「かつ久」の3店舗の場所

店舗名 所在地
かつ久 元八王子店 東京都八王子市元八王子町2丁目1925−1
かつ久 大和鶴間店 神奈川県大和市下鶴間2782−1
かつ久 久喜店 埼玉県久喜市久喜中央4丁目10−58

ちなみに、東京都・神奈川県・埼玉県に、各1店舗ずつあり、場所も都市部ではないから、知らない人も多そうです。

でも、人気が出れば、これから徐々に増えて、全国展開するかもしませんね。

キシ
「かつ久」が、どんどん増えて行き、早く全国区になって欲しいですね。

「かつ久」が他のチェーン店と違うところ!

一見すると「かつ久」は、普通のチェーン店に見えますが、主な3つの特徴があり、これが美味しさの秘訣みたい。

実際に、自分も食べた際、本当に美味しく感じたから、イメージとしては、本格的な「とんかつ専門店のファミレス」。

一応、お店のホームページを見ると、以下のような特徴があり、これを目当てに、行く価値はありそうですね。

豚肉は宮崎県産の霧島黒豚とチルド熟成豚

霧島黒豚は、通常の豚よりも50日間ほど、長く育てられています。チルド熟成豚は、数日間じっくりと、チルドで熟成。どちらの豚も、甘みがあって、美味しいです。

ヘルシーなオイルで健康に気を使っている

揚げ油は、体に良いオレイン酸が、100%のオイルを、使っています。食べたあとも、胃もたれがしにくいで、胃が弱い人でも、安心して食べられるフライです。

ご飯は食物繊維が豊富なもち麦ごはんを使用

トンカツを食べる際は、ご飯を食べ過ぎてしまうから、健康面が気になるけど、「もち麦ごはん」なら、食物繊維が豊富なので、少しなら食べすぎても、大丈夫です。

キシ
最後の「もち麦ごはん」は、健康に気を使っている人に、ぜひおすすめしたいです。

お店は落ち着いた雰囲気があります!

待合室

お店の中は、他のお客さんがいたので、撮影できなかったから、代わりに待合室を、掲載しました。

実際の席も、待合室と同じように、落ち着いた感じだから、ゆっくり食べたい人に、おすすめのお店です。

客層は、平日の昼間だったので、子供はいなかったけど、通常のファミレスとは、少し違うかもしれません。

子供が苦手な人、静かにゆっくり食べたい人、そんな人に、「かつ久」は、ピッタリだと思いますよ。

キシ
席は、適度な広さがあり、長く座っていても、疲れないから、長居しちゃうかもね。

メニューはとんかつが中心のチェーン店!

メニュー表

「かつ久」は、かつ料理専門店なので、メニューを見ると、フライが中心になっており、どれも美味しそうです。

メイン料理は、とんかつだけど、他の豚の料理アジフライエビフライなどもあり、肉がダメな人でも大丈夫。

価格は、700円台から1,600円台まで、かなり幅があり、メインは「霧島黒豚」を使った、豚の料理でしょうね。

霧島黒豚の他だと、最近は長崎産の「あじ」にも、力を入れているみたいなので、次回は食べてみようかな。

キシ
最も安いのは、ランチの熟成ロースかつ定食で、790円(税抜)は、かなりお得です。

注文したのは「とんかつ」と「豚の生姜焼き」

お店へ行ったときは、2人だからシェアしようと決めて、悩んだ末に選んだのは、「とんかつ」と「生姜焼き」。

注文したときは、11時30分くらいで、お客さんは少なかったのに、調理時間は、少し長いよう感じました。

時間に余裕があったから、今回は大丈夫だったけど、忙しいランチの場合は、ちょっと不向きかもしれません。

とんかつはサクサクで美味しかった

とんかつ定食

自分が食べた「とんかつ」は、チルド熟成豚ロース肉を使っている、「おろし熟成ロースかつ定食」。

価格は、ランチだと890円(税抜)で、通常の場合と違うのは、豚肉の量が20gだけ少ないこと。

とんかつは、おろしポン酢につけても、サクサク感が残っており、スゴく美味しく食べられました。

お店特製ソースもあったので、そちらでも食べましたが、とんかつの王道の味がして、美味しかったです。

生姜焼きの豚肉が甘くて美味しかった

豚の生姜焼き

連れが食べた「生姜焼き」は、お店自慢の霧島黒豚を使っている、「霧島黒豚の生姜焼き定食」。

価格は、通常と同じ量なのに、100円も安いも1,290円(税抜)で、これはプレミアムランチだから。

同じ量で100円も安いなら、「霧島黒豚の生姜焼き定食」を食べる場合、絶対にランチがお得。

食べた感想は、霧島黒豚がスゴく甘く、生姜のタレにピッタリで、ご飯がめちゃくちゃ進みました。

麦もちごはんは白米だけよりも美味しい

もち麦ごはん

写真は、食べかけなので、かなり申し訳ないけど、「かつ久」の特徴である「もち麦ごはん」。

麦ごはんは、少しクセがあるので、自分は苦手だったけど、この「もち麦ごはん」は、全くクセがありません。

普通の白米と、味は同じでありながら、体に良い麦を使っているから、健康志向の人は、このご飯がおすすめ。

他に、「みそ汁」と「香の物」がついており、自分は「香の物」の塩加減が、絶妙で美味しかったです。

ゴマを擦ると美味しさがアップ

ゴマ

このお店が、少し変わっているのは、店員が持ってきた「あたり鉢と棒」で、とんかつに使うしい。

食べ方としては、とんかつに特製ソースをかけ、その上にすりゴマを乗せると、美味しくなるそうです。

実際に、自分も食べましたが、ゴマの香ばしさが、美味しさをアップさせたので、味変には良いかも。

ただし、鉢が小さいので、ゴマをする際に、飛び出してしまうから、そこが改善点でしょうね。

おかわりはもちろん自由

おかわり用のごはん

他のチェーン店と同じく、ごはん、みそ汁、キャベツは、どれもおかわりが自由で、お茶漬けも作れます。

ご飯は、前述の「もち麦ごはん」があるので、サイドメニューの「とろろ」を頼めば、とろろご飯も作れる。

さらに、画像の左端に見えますが、おかわりが自由で、無料のカレーがあり、コスパはかなりスゴいです。

キャベツは、たくさんの量が常にあり、ドレッシングは6種類もあるので、何度も食べたくなるでしょう。

最後のお茶がとてもうれしい

ほうじ茶

フライを食べたあとは、少し胃が持たれるので、冷たいお水よりも、できれば、温かいお茶が飲みたい。

そう思っていたら、タイミングよく店員が、「ほうじ茶」を持って来たので、ちょっと感激しちゃいました。

ほうじ茶は、食後に飲むと、脂肪がつきにくくなるらしいから、とんかつを食べたあとには、まさにピッタリ。

さらに、ほうじ茶は緑茶と比べて、カフェインの量が少ないから、カフェインが苦手な人にも、嬉しいですね。

キシ
店員さんのサービスも、スゴく良かったら、1時間30分くらい、長居しちゃいました。

お土産に買ったカツサンドも美味しかった!

お土産のかつサンド

帰り際に、お持ち帰りメニューに気づいたので、美味しそうに見えた「かつサンド」を、1つ買いました。

「かつサンド」は、メンチとヒレの2種類ありましたが、やはり定番のヒレを食べたいので、こちらをチョイス。

価格は、3個入りが500円(税抜)で、他のお店より、ちょっと高いけど、その分だけ美味しいはずです。

かつサンド

「かつサンド」のかつは、かなり分厚さがあり、1個でもボリューミーで、これなら3個で500円に納得。

食べたのは、購入して5時間後ぐらいなのに、「とんかつ」は、まだサクサクしており、美味しかったです。

ソースも、しっかり掛かっており、濃い味が好きな人だったら、最高の「かつサンド」ではないでしょうか。

キシ
今度、行くことがあったら、また「かつサンド」を、お土産にしたいですね。

まとめ

どんなお店だったか、よく分からなかったので、ちょっと心配だったけど、「かつ久」は良いお店でした。

「とんかつ」は、衣が大きいけど、量は多くないので、某チェーン店とは違い、胃がもたれることはなし。

お店が一押しの「霧島黒豚」は、スゴく甘みのある味で、今度はとんかつを、食べてみたいですね。

もちろん、どちらの豚の臭みもないし、適度な歯応えで、お歳をめした人でも、安心して食べられますよ。

とんかつが食べたいとき、ご近所に「かつ久」があったら、ダマされたと思って、ぜひ一度、入ってください。

キシ
「霧島黒豚」は、本当に美味しかった。ファミレスで、この味は、ちょっとスゴいかも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフスタイル