初回30日間無料で音楽聴き放題!

TM NETWORKの名曲ランキング・ベスト10!小室はマジで凄かった!

TMネットワークのアルバム 邦楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小学5年生のとき友達が貸してくれたテープで、TM NETWORKを初めて聴いたキシ(@kishi_999)です。

最近『Amazon Music』に登録したので、久しぶりにTM NETWORKのアルバムを聴きました。

久しぶりにTM NETWORKを聴いた感想は、懐かしいと同時にやっぱり名曲が多いと実感。

そこで今回はTM NETWORKの名曲から、勝手にランキングしたベスト10位をご紹介します。

30年以上の前の曲でもそれが名曲だったら、全く色褪せることなく今の時代でも聴けるんですね。

スポンサーリンク

TM NETWORKの名曲10位『RAINBOW RAINBOW』

第10位はファーストアルバムと同名の曲『RAINBOW RAINBOW(1984年に発売)』です。

小学生のときこのアルバムを友人から借りてファンになったから印象に残ってる1曲。

30年以上が経過しても斬新な曲に聴こえますね。

キシ
キシ

当時は友人の他にTMを聴いてる人なんていなかったです。

TM NETWORKの名曲9位『Human System』

第9位はアルバムと同名の曲『Human System』です。

この曲はイントロに特徴があり途中で『トルコ行進曲』が入ります。

盛り上がるサビが存在しない曲だけど、なぜか聴き入ってしまう名曲。

クセになるかもしれませんね。

キシ
キシ

心を落ち着かせたいときは『Human System』を聴くのがおすすめです。

TM NETWORKの名曲8位『GIRL』

第8位は7枚目のシングルだった『GIRL(1986年に発売)』です。

TMの作詞と言えば小室みつこさんだけど、この曲は神沢礼江さんが担当してる珍しい曲。

個人的にサビの英語の部分が大好きなので8位にしました。

キシ
キシ

この曲は聴けば聴くほど良い意味でサビが耳にこびりつきます。

TM NETWORKの名曲7位『Don’t Let Me Cry』

第7位はこちらも神沢礼江さんが作詞をした『Don’t Let Me Cry(1987年に発売)』です。

印象的なイントロと耳に残るサビがとてもカッコいいので、シングルにして良かったかも。

それくらい良い曲だと思います。

キシ
キシ

個人的にサビが終わったあと悲しく奏でるシンセの部分が好きです。

TM NETWORKの名曲6位『SEVEN DAYS WAR』

第6位は映画『ぼくらの七日間戦争』の主題歌だった『SEVEN DAYS WAR(1988年に発売)』です。

映画をモチーフに作られた曲なので、久しぶりに聴いたら若い頃の宮沢りえを思い出しました。

キシ
キシ

個人的に冒頭の『Revolution』の部分が大好きです。

TM NETWORKの名曲5位『JUST ONE VICTORY』

第5位はアルバム『CAROL』からシングルカットされた『JUST ONE VICTORY(1988年に発売)』です。

個人的にエコーが効いてないアルバムバージョンの方がおすすめ。

途中で別の曲が流れるのが凄く斬新でした。

キシ
キシ

最後にピアノだけ流れるのも凄くカッコいいです。

TM NETWORKの名曲4位『Resistance』

第4位はドラマ『痛快!ロックンロール通り』の主題歌だった『Resistance(1988年に発売)』です。

当時は歌詞の意味など解らずメロディの良さだけで聴いてました。

歌詞の内容はツラいときに聴く応援ソングでしょうね。

キシ
キシ

当時はテープのダビングだったので歌詞を知りませんでした。

TM NETWORKの名曲3位『Get Wild』

第3位はシティーハンターのディング曲だった『Get Wild(1987年に発売)』です。

歌詞の内容とアニメの世界観がピッタリだったので、印象に残ってる人も多いはず。

TMの名曲で『Get Wild』はやっぱり外せませんね。

キシ
キシ

初めてのTMが『Get Wild』の人ってかなり多いでしょうね。

TM NETWORKの名曲2位『Still Love Her』

第2位はこちらもシティーハンターのエンディング曲だった『Still Love Her(1988年に発売)』です。

情景の浮かぶ歌詞がこの曲の切なさを際立たせてます。

TMの失恋ソングならこの曲が間違いなくベスト1位。

キシ
キシ

『Still Love Her』はシティーハンターのエンディングにピッタリでしたね。

TM NETWORKの名曲1位『Self Control』

第1位は誰がなんと言おうと『Self Control(1987年に発売)』です。

初めて『Self Control』を聴いたとき、一発で『カッコいい!』と好きになりましたから。

『Self Control』のサビは何度でも聴いていられます。

キシ
キシ

『ノアの方舟』『エデン』など意味深の歌詞がカッコ良かったです。

TM NETWORKの全12枚のアルバム!

TM NETWORKは、オリジナルアルバムを全部で12枚ほど発売してますが、正確に言うと6枚です。

理由は1990年8月からTM NETWORKではなく、TMNにリニューアルしており別物だから。

ちなみに1999年からTM NETWORKに戻ったけど、こちらも自分の中では全く別物の感覚。

その結果、対象の曲は1984年から1988年に発売されたアルバムやシングルになりました。

6枚のアルバム!
  1. RAINBOW RAINBOW(1984年4月21日)
  2. CHILDHOOD’S END(1985年6月21日)
  3. GORILLA(1986年6月4日)
  4. Self Control(1987年2月26日)
  5. humansystem(1987年11月11日 )
  6. CAROL(1988年12月9日)

どんなアーティストもピークがありピークを過ぎると、曲のクオリティは下がってしまうのが常。

それを踏まえるとTMN時代よりTM NETWORK時代の方が、圧倒的に曲のクオリティは高かった。

特にクオリティが高かいのは『GORILLA』から『CAROL』の4枚で、ベスト盤と言っても良いレベル。

ちなみに上記の4枚の中でベスト1枚を選ぶなら、誰がなんと言おうと『CAROL』です。

キシ
キシ

とりあえず4枚のアルバムだけ聴けば大丈夫です。

TM NETWORKの名曲は『Amazon Music』で聴ける!

ご紹介した以外にも名曲が存在してるかもしれないので、全てのアルバムを聴きたい人もいるでしょう。

そんな人は『Amazon Music』に登録すると、TM NETWORKのアルバムがほぼすべて聴けるんです。

初めての登録する人は、キャペーンが適用されるのでかなり安く使えるから、ぜひお試しください。

ちなみに『Amazon Music』で、TM NETWORKのアルバムはベストを含めた10枚以上が、揃ってます。

初回30日間を無料で体験!【Amazon Music Unlimited】

TM NETWORKのアルバム!
  • 『RAINBOW RAINBOW』
  • 『CHILDHOOD’S END』
  • 『GORILLA』
  • 『Self Control』
  • 『humansystem』
  • 『CAROL』
  • 『キヲクトキロク』
  • 『SPEEDWAY』
  • 『QUIT30』
  • 『Gift for Fanks』
  • 『DRESS』
  • 『TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999』
キシ
キシ

これだけTM NETWORKを聴ければ十分ですね。

TM NETWORKの名曲『まとめ』

TM NETWORKの場合、TMN以降の音楽は小室サウンドになってる気がして個人的に好きじゃない。

あくまでもTM NETWORKは、TM NETWORKのサウンドであり、小室サウンドではありませんから。

それを踏まえるとTM NETWORKのサウンドは、1988年の『CAROL』までだと勝手に思っています。

ある程度、TM NETWORKの名曲を聴けば、ご紹介したランキングが正しいと分かるはずですよ。

だだし、個人的な思い入れもあるから疑問に思う人は、『Amazon Music』で全曲を聴いてください。

キシ
キシ

TM NETWORKは初期のアルバムが本当のTM NETWORKです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
邦楽音楽
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました