今なら4000万曲が3カ月99円で聴き放題!

スマホで音楽はダメ!リスクヘッジを考えてウォークマンに変えよう!

スマホで音楽を聴く男性 独身アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも。電車で移動の際は、最近ハマった米津玄師を、頻繁に聞いている、プロ独身のキシ(@kishimax_999)です。

電車に乗る際は、退屈だから、音楽を聴く人が、かなり多いだろうけど、もしかして、スマホで聴いていませんか?

スマホが1台あれば、電話、ネット、メール、LINE、カメラ、音楽、なんでもできるから、便利だと思っているでしょう。

しかし、1台の機器に、すべての役割を負担させるのは、リスクヘッジを考えると、ナンセンスでしかありません。

リスクヘッジを考えれば、音楽を聴く場合、ウォークマンがベストなので、記事を読み終わったら、お買い求めください。

スポンサーリンク

スマホの掛け持ち使いは緊急時の際にピンチ!

1台の機器で、複数の使い方をする場合、「掛け持ち使い」と、自分は呼んでおり、これは、最も危険な使い方。

例えば、スマホの電池が切れて、バッテリーも電源ケーブルも、持っていない場合、どうなるでしょうか?

電池が切れると、電話、LINE、ネット、カメラ、音楽、すべて使えないから、掛け持ち使いは、ダメなんです。

掛け持ち使いは、電池の減りを早くするから、リスクヘッジを考えると、機能を1つでも、減らすことが必要。

そこで、音楽を聴くなら、ウォークマンがあるので、電池の減りを抑えるために、今すぐ変えてください。

キシ
スマホは、大切な連絡手段なので、電池切れは、絶対に避けましょう。

電池の持ちの観点からスマホで音楽はダメ!

最近のスマホは、電池の容量も、かなり増えていますが、便利なアプリも多いから、その分だけ減りは早い。

そこに、音楽を聴くことで、電池の減りが、早くなるから、スマホで音楽を、おすすめできません。

モバイルバッテリーがあれば、音楽を聴いても、大丈夫ではあるけど、充電の面倒臭さが、今度は出て来ます。

代替品のウォークマンも、充電はするけれど、電池の持ちが違うから、1週間に1回すれば、ほぼ問題なし。

スマホで音楽を聴くと、電池が早く減るから、自分と同じように、心配の方は、ウォークマンで、聴きましょう。

キシ
音量を上げると、さらに電池の減りが、早くなるそうです。

帰る頃には電池切れが心配で音楽が聴けない!

昼休みに、スマホで動画を見たり、ゲームをする場合、電池を消耗するから、帰る頃は、かなり減っているはず。

そんなとき、音楽を聴くと、最悪の場合、電池が切れるから、音楽を聴かず、電車に乗ることも、あるでしょう。

毎日、音楽を聴いている人なら、なにも聴かず電車に乗ると、音楽がないことに、たぶん、耐えられません。

しかし、そこにウォークマンがあれば、なんの問題もなく、音楽を聴けるから、快適に家まで帰れますよ。

「NO MUSIC, NO LIFE」のように、音楽は必要不可欠なので、電池が心配なスマホで、聴かないように。

キシ
電車の中で、音楽を聴けないと、かなり耳が寂しいです。

スマホで音楽を1時間ずっと聴いた場合!

仮に、スマホで音楽を、1時間ずっと聴いた場合、どのくらい電池が、消費するのでしょうか?

実際に試したところ、動いているアプリなど、状況は様々ですが、自分のスマホだと、約5%ほど減りました。

片道1時間の場合、音楽で消費する電池は、最大10%ぐらいになり、掛け持ち使いは、やっぱり危険です。

わずか10%でも、他のアプリと、消費を合わせれば、消費量は大きくなり、電池切れの危険は、高まります。

掛け持ちで、スマホを使う場合、電池の寿命にも、影響するから、音楽を聴くのは、止めてください。

キシ
昼休みも、音楽を聴く人は、もっと電池が、早く減りますよ。

ウォークマンをおすすめする最大の理由!

ここまで読めば、スマホで音楽を聴くのを、止めようと思うでしょうが、問題なのは、音楽機器の選び方。

iPhoneユーザーなら、iPodを選ぶかもしれないけど、良い音質で聴きたいなら、絶対にウォークマンです。

音に拘る人に聞くと、iPodとウォークマンなら、明らかにウォークマンの方が、音質が上だと、言ってました。

電池の持ちは、1日に2時間で5日、合計10時間の使用でも、全く電池が減らず、安心して音楽を聴けます。

音質と電池を考えると、ウォークマンがベストなので、iPodと悩む方は、ぜひ、参考にしてください。

キシ
最近は、ハイレゾ対応もあるので、音質に拘るなら、やはりウォークマンです。

今のウォークマンは弱点も克服していた!

以前のウォークマンは、スマホに勝てない弱点があり、それがストリーミングサービスを、使えなかったこと。

スマホは、ストリーミングサービスを使えるので、曲を入れるのが面倒な人に、ピッタリな機器だったでしょう。

しかし、今のウォークマンは、弱点のストリーミングサービスも、使えるようになり、弱点を克服しました。

「Bluetooth(R)レシーバー機能」で、ストリーミングサービスを使えるから、完璧と言って、良さそうです。

仮に、弱点を探すとすれば、2万円台の価格だけど、充実した機能を考えたら、妥当な金額だと思いますよ。

キシ
ウォークマンが、1万円台になったら、間違いなく圧勝ですね。

進化したウォークマンはかなりスゴかった!

自分の持っているウォークマンは、2014年モデルの8GBタイプで、容量を考えると、かなり少ない方です。

mp4の音源(256kbps)を、ウォークマンに入れると、700曲ぐらいが限界だから、最低でも16GBは必要。

幸いなことに、最新のウォークマンは、最も少ない容量でも、16GBもあるから、たくさん曲を入れられます。

もちろん、ハイレゾ音源にも、対応しているから、高音質な音楽を聴けるのが、今のウォークマンの特徴。

入れる曲が増えて、容量が足りない場合は、SDカードが使えるから、最も少ない16GBでも、全く問題なし。

電池は、最大で45時間も持つから、充電を忘れ、カバンに入れっ放しでも、電池切れの心配は、ありませんよ。

キシ
スマホに、すべてを託すのは、スゴく危険なので、絶対に止めましょう。

音楽を聴くならスマホではなくウォークマン!

結論として、利便性を考えれば、スマホで音楽がベストだけど、電池の持ちを考えた場合、答えは違います。

スマホで、音楽を聴けば、電池の減りが早くなり、最悪の場合、電池が切れるので、正しいとは、言えません。

例えば、緊急時に、電池が切れたら、連絡手段がなくなるので、スマホに負担を掛けないのが、正しい答え。

そこで、電池の持ちが良く、音質も定評がある、ウォークマンに変えれば、電池切れを、回避できるんです。

なんでも、スマホに任せると、電池が切れた際、本当に危険だから、音楽くらいは、別の機器で、聴きましょう。

キシ
スマホに、すべてを託すのは、スゴく危険なので、絶対に止めましょう。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
独身アイテム
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番