40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

独身アラフォーが絶対に譲れない結婚に求めるただ1つの条件!

   

理想の結婚相手

自分は結婚をしていない独身アラフォーなのですが、そんな自分にも結婚する相手の条件があります。この条件は、高いのか低いのか分かりませんが、絶対に譲れない究極の条件だと思っています。外見や性格よりも実は一番に難しい結婚相手に求める条件かもしれませんが、できればその条件の相手と結婚したい。独身アラフォーのみなさんも、究極の条件の相手を見つけて、幸せな結婚をしたくありませんか?

結婚するには未熟だった・・・

フラれる男

独身アラフォーのみなさんなら一度くらいは、結婚しようかと思った相手がいませんか?

自分の場合も、結婚を意識していた相手がいたのですが、残念なことに実を結ぶことなく別れています。

彼女なら条件の妥協ができますが、結婚の場合はそうはいかずに、何個か相手に結婚の条件を出さなければならなかったです。

まず自分は長男なので、実家で母親と一緒に暮らさなければならないこと、田舎の特有な村社会に対応しなければならないこと、この他にも結婚するために、相手に乗り越えてもらわなければならない条件が何個かあった。

それと同じように相手からも出された条件が何個かあったのですが(相手のこともあるので条件は省略)、自分はその条件を飲むことができなかったです。

相手は自分が出したいくつかの条件を全部ではありませんが、大部分を受け入れてくれたのに、自分はほぼ受け入れることができなくて、それが原因で別れることになってしまい、気が付けば独身アラフォーになってしまった。

今思えば、自分がもっと寛大な男であったなら結婚できたのかもしれませんが、当時の自分はまだ心が狭く未熟者で、本当に必要な結婚の条件が分かっていなかったのでしょう。

こんな条件は必要ない!

自分の場合は、外見や性格などはあまり気にせずに、好きになったから結婚したかっただけなのですが、普通は結婚相手にある程度の条件があります。

女性であれば、「高収入」「外見が良い」「長男ではない」「親と同居しなくてよい」「ギャンブルをしない」「家事を手伝ってくれる」「会話をして楽しい人」など数え上げればキリがないでしょう。

男性であれば、「料理が上手」「子どもが好き」「一緒にいて癒やされる」「タバコを吸わない」「外見が美人もしくはカワイイ」など男性もかなり条件があります。

男女ともに共通している条件は、「趣味や価値観が合う」「金銭感覚が同じ」「相性が良い」などです。

独身アラフォーの自分は、このなかだと「タバコを吸わない人」が条件ですが、本当に好きになってしまえば、タバコを吸っても吸わなくても関係ないでしょう。

これが独身アラフォーになると条件が緩和する人と厳しくする人がいますが、女性や男性が結婚相手に求めているこれらの条件って本当に必要なのでしょうか?

すべてを満たす必要がなかったとしても、条件が先行してしまうようでは、結婚相手が見付からない気がします。

仮に、条件とピッタリにハマる人が見付かったとしても、みなさんはその人を好きになれそうですか?

ただ1つの条件はこれ!

抱き合うカップル

結婚の条件とピッタリに当てはまる人がいたとしても、その人を好きになるかどうかは別です。

逆に好きになった人なら、結婚の条件とピッタリに当てはまらなかったとしても、結婚したと思うのではないですか?

要は、相手に求める条件に当てはまるかではなく、自分がその相手のことを好きかどうか重要なことだと思います。

事実、結婚相手は親の面倒を見ることになるから、長男とは絶対に結婚しないと言っていた女性が、長男と結婚して旦那の家族と同居しています。

好きになってしまえば、条件なんてどうでも良くなってしまうんです。

結婚する相手に求める究極の条件とは、相手のことを心の底から愛しているか、または心の底から愛せるか、いわば無償の愛を持てる相手かどうかです。

または、相手が自分のことを、心の底から愛してくれるかどうかでもあります。

独身アラフォーの自分の場合だと、相手に心の底から愛してくれることを求めるよりも、自分自身が心の底から相手を愛せるかどうかが結婚の条件です。

ある意味では、外見や性格などよりも一番に難しい条件なのかもしれませんが、それくらいに好きな人でなければ結婚しない方が良いと思っています。

これが究極の夫婦像!

理想の夫婦

テレビ朝日で放送している「しくじり先生」でかつみさゆり夫婦が登場した回を見たのですが、まさにこの夫婦が究極の条件を持ち合わせている夫婦だと思います。

かつみさんと言えば吉本の借金王としても有名で、副業をことごとく失敗し続けて、最大2億円もの借金を抱えているダメな男です。

そんな夫のかつみさんを見捨てることなく、さゆりさんは愛し続ける姿勢に驚かされたのですが、出演していた関根勤さんが「どうして別れなかったの?」と聞いたときのさゆりさんの答えが究極だったのです。

「家族だから、自分の家族が大変な時に見捨てられますか?」

「私は、かつみさんの家族だから、かつみさんがどれだけ困っても見捨てない。沈むときは一緒に沈むし、これからもずっとかつみさんに付いていく」

ちょっとしたことで離婚してしまう人が多くなった世の中で、これほどまでに相手のことを思えるなんて、さゆりさんは究極の奥さんです。

IT会社の社長と結婚して業績が悪くなったりすると、すぐに離婚しちゃうバカなアラフォー芸能人は、さゆりさんを見習うべきです。

この二人は自分がどんなことに遭おうとも、相手が幸せでさえいてくれたら、それだけで自分も幸せだと思える究極の夫婦です。

究極の結婚の条件とは、結婚する相手に持つ条件ではなく、自分自身が相手に抱く条件のことではないでしょうか?

まとめ

独身アラフォーの女子も男子も、結婚相手に求める条件があるとは思いますが、どの条件も自分に都合が良い条件だと思いませんか?

条件が悪いことだとは思いませんが、本当に結婚したい人には、条件なんて必要ないのではありませんか?

本当に好きな相手なら、どんな条件であろうとも一生付いていきたと思うので、そんな究極の条件を抱かせてくれるような相手に巡り合いたいですね。

独身アラフォーでもチャンスは少しくらいあると思うので、積極的にいろいろな人と出会えるように、いろいろな人たちと交流を持ちましょう!

自分の場合は、結婚線が途切れてしまったのでちょっと不安ですが、希望を捨てずにいろいろな人と交流を持とうかな。

独身アラフォーのみんさん、一緒にがんばりましょう!

この記事はキシが担当しております。

DOTIBAN管理人

DOTEIBAN専属ライターのキシ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

宜しければ下記の記事も読んでいただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 恋愛・結婚