40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

独身税ってなに?子育てママの負担を独身が背負うのは間違っている!

   

お金

つい最近、ある新聞に載っていた「独身税」が話題になっており、独身者が読むと、かなり驚く内容になっていました。

簡単に言うと、子供を育てるママの負担を、独身者が背負う内容で、どう考えても、受け入れられる税金ではありません。

こんな税金が導入されたら、独身者は怒り心頭だけど、実は2004年に自民党の子育て小委員会で、独身税の提案がされたらしいんです。

かなり前の話なので、今は議論されていないだろうけど、自民党で独身税の導入を、議論していたことに驚きました。

実際に独身税は、導入されないでしょうが、もし導入することになったら、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

ママたちのために独身が税金で負担する?

ママ課は市のプロジェクトの名称で、30~40代の女性7人が参加した。メンバーが「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」と質問したのに対し、阿久澤氏は「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と述べた。課員はこのほか、健康な高齢者が多い自治体では税負担を下げる仕組みの導入や、たばこ税増税などを提案した。

引用:かほく市ママ課「独身税」提案 財務省主計官と懇談
URL:http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20170830302.htm

2017年8月30日の北國新聞のウエブ版に、上記の記事が載っており、一部の人たちの間で話題になっていたらしいです。

実際に自分も、Twitterで知りすぐにホームページを見たのですが、この内容だったら、話題になるのは当然でしょう。

この記事のポイントは2つあり、1つ目は「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」と言うところ。

2つ目のポイントは、「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と言った、財務省の阿久澤孝主計官のところ。

新聞に載るくらいだから、どっちも本気なのかもしれないので、もしかしたら、本当に導入する日が来るのかもしれません。

キシ
財務省の人が出て来なければ、軽く受け流せたのにね。後述にあるたばこ税の増税には、もろ手を上げて賛成だけど。

なぜママさんたちの負担を独身者が背負うのか?

散歩する家族

記事の内容がこれしかないので、よく分からないけど、なんでママさんたちの負担を、独身者が背負うのか分かりません。

「結婚し子を育てると生活水準が下がる」と言ってますが、その代わり子供と旦那がいて幸せなんだから、十分なのでは。

独身の自分からしたら、生活水準が下がっても、結婚はしたいし子供も欲しいので、その負担を誰かに背負わそうとは思わないです。

もし独身者に背負わすとしても、アベノミクスとは名ばかりで、実際は日本の景気が上がっていないから、独身者だって生活はカツカツ。

仮に独身税を導入しても、そのお金はお国が懐に入れて違うことに使うから、ママさんたちの生活水準が上がらないでしょうね。

本気度がどこまでなのか、この記事を読んで分からないけど、自分勝手な人たちと言われても、仕方がないような気がします。

キシ
「ママ課は市のプロジェクトの名称で、30~40代の女性7人」が、どんな生活水準なのか、ちょっと見てみたいですね。

財務省の阿久澤孝主計官は本気で言ってるのか?

あと一つ驚いたのは、財務省の阿久澤孝主計官の「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」で、これは本当なのでしょうか。

後述でご紹介しますが、かなり前に議論されていたらしいけど、阿久澤孝主計官の言い方だと、現在も議論されているかのようでした。

これから日本は、人口が減って税収が見込めないから、人口を増やさない独身者に、税金を負担させようとしているのかもしれません。

財務省がどんな理由で、「独身税の議論はある」と言っているのか分からないけど、本当にこんな税金が導入されたら最悪です。

もし財務省が、未婚率の上昇を止める理由に、独身税の導入を考えていたら、頭が悪いとしか言いようがありませんね。

キシ
お国のやることは、いつも理解不能なので、そのうち本当に導入する日が来たりして。

実際にブルガリアで実施されていた!

ブルガリアの国旗

独身税なんて、どこの国も導入されていないと思ったら、1968年から1989年の間、ブルガリアで導入されていたらしいです。

当時のブルガリアも、日本と同じように少子化が進んでいたから、独身税を導入して結婚を促そうとしたのでしょう。

でも、結果は真逆になり、出生率は独身税の導入前より、導入後の方が下がってしまったらしく、大失敗に終わりました。

失敗の理由の一つに、税率が収入の5%から10%だったらしく、独身者の生活が苦しくなってしまい、結婚ができなくなったらしいです。

日本もブルガリアの二の舞になりそうなので、独身税の導入を考える暇があったら、他のことに時間を割くべきでしょう。

キシ
1989年は、ブルガリアが民主化したときなので、民主化が遅れていたら、もっと独身税が続いたかもしれませんね。

自民党で独身税の提案された内容!

日本では2004年12月、自民党の子育て小委員会にて、柴山昌彦衆議院議員が(極論としてだが)提案した事で、この語が知られるようになった。

引用:独身税とは -はてなキーワード-
URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%C8%BF%C8%C0%C7

自分は、北國新聞の記事で初めて独身税のことを知ったけど、2004年の段階で議論されていたとは、さらに驚いてしまいました。

詳細を読むと、賛成の意見の「独身税を課すことで結婚を促す」は、全く賛成できないけど、お国が言いそうな内容です。

でも、ちょっと驚いたのが、「子持ちの既婚者は子供の養育費を払っているのに、独身者は払ってないので不公平だ」でした。

子供がいるんだから、養育費を払うのは当たり前で、それを不公平と言われても、独身者としてはお門違いも甚だしいです。

むしろ、子供がいて養育費を払う、子供がいないから養育費を払わない、この考え方が公平ではないでしょうか。

キシ
養育費の問題は、読んで本当に驚きました。不公平の意味を間違えすぎていますね。

独身税を導入するメリットとデメリット!

独身税を導入しても、未婚率が減るとは思えないので、メリットがあるとしたら、お国の税収が潤うだけでしょうね。

これから、さらに独身者が多くなると予想されているので、お国としては導入して、税金をガッポリ取りたいところかもしれません。

仮に、かほく市ママ課が言うように子育ての支援に、独身税が使われるか不透明で、どうせお国が別のことに使って終わりです。

デメリットの方は、どう考えても独身を理由に税金を課せられるなんて、不公平だから絶対に止めるべきでしょう。

ブルガリアが失敗したように、独身税を作っても結婚する人が増えることも、子供が増えることもないので意味がありません。

はてなキーワードの記述では、憲法違反になるとも書いてあるから、独身税の議論するだけ時間のムダだと思いますよ。

キシ
お国は、税収を確保するために、大義名分は「結婚を促す税金」と言って、独身税を作るかもしれませんね。

まとめ

今回ご紹介した独身税ってなに?子育てママの負担を独身が背負うのは間違っている!はどうでしたか?

本当に独身税が導入されるとは思わないけど、一部の人が導入を願っていると分かったことには、かなり驚きました。

かほく市ママ課は、この記事が載ったことで、苦情の電話がたくさん来ていそうな気がするけど、大丈夫なのでしょうか。

本人たちが、どこまで本気だったかは分からないけど、かなりこの話題でSNSが盛り上がっているので、発言を後悔しているかも。

お国には、税収を増やしたいのは分かるけど、独身者から税金を取ろうなんて、ふざけた考えをしないようにお願いします。

キシ
独身税がダメになっても、お国のことだから、なにか違う税金を考えるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身40代イズム