40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

この方法で願いごとが叶う!流れ星(流星群)が見られない時はペンと紙を用意!

      2017/06/28

流星群(流れ星)

今日(8月12日)は、ペルセウス座流星群が極大に見られる日です。数日前から、とても楽しみにしていたのですが、関東甲信地方は、残念なことにあまり天気が良くないので、流れ星(流星群)が見られるかはかなり微妙です。せっかく、たくさんの流れ星(流星群)が見られるのなら、願いごとを言って叶えたいと思いますよね。そこで、天気が悪い地方に住んでいるみなさんに、自分が試した流れ星(流星群)が見られないときでも、願いごとをする方法をご紹介します。かなりバカバカしい方法ですが、流れ星(流星群)を見て、願いごとを言う理由が分かったら、バカバカしいでは片づけられませんよ!

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日くらいに夜空で見られる流星群です。

特に2016年の今年は、極大の年でかなりの確率で流れ星(流星群)が見られるみたいです。

ちょうど、お盆休み期間中の人も多いと思うので、家族やカップルで真夏の天体ショーが楽しめますね。

都会にお住まいの場合は、周辺が明るすぎるから、流れ星(流星群)が見えにくいと思うので、どうしても、流星群(流れ星)を見たい人は、毎年8月12日、13日には、夜になると真っ暗になる田舎へぜひお越しください。

2016年の場合は、22時くらいが流れ星(流星群)のピークらしいので、もし、天気が良かったら夜空を見上げて欲しいと思います。

流れ星(流星群)が見られる方角は、どこからでも見られるそうなので、夜空全体が見られるような場所を見つければ流れ星(流星群)が楽しめそうです。

カップルで夜空を見上げながら、流れ星(流星群)を見るなんて、かなりロマンチックなので、ぜひ、彼女や彼氏と見て盛り上がってください。

自分の場合は、天気がダメっぽいので見られそうにないし、一人ぼっちなので、膝を抱えて曇り空を恨めしく眺める予定です。

キシ
夜空がキレイに見られる田舎に住んでいるのに、今日に限って天気が悪いとは、全く運がないです。

なぜ流れ星に願いを言うのか?

昔から、流れ星に見たら消える前に、願いごとを3回言うと、願いが叶うと言いますよね?

自分も何度か見たことがあるので、流れ星(流星群)を見たら急いで願いごとを3回言いましたが、みなさんも経験があるはずです。

この場合、流れ星(流星群)を見られる時間が短いので、大抵は「金、金、金」と3回言って人も多いのでは?

恥ずかしながら、自分もすぐに3回言える「金、金、金」を流れ星(流星群)を見たら言っています。

でも、なんで流れ星(流星群)を見て、願いごとを言うと、願いが叶うと言われるのでしょうか?

諸説あるのですが、簡単に説明すと「神様が夜空をめくって、地上をのぞき見たときに、光がもれてしまい、それが流れ星(流星群)となって現われる」らしいので、流れ星(流星群)に願いを言うと神様に届くと、言われているそうです。

昔の人は、宇宙や星に神秘的なものを感じていたから、このような発想になったのでしょうね。

では、なぜ3回も願いごとを言う必要があるのでしょうか?

それは、流れ星(流星群)が落ちる一瞬に、3回くらい言えるような、普段から思っている強い願いごとでないと、叶わないからだそうです。

ちょっと強引な説の感じもしますが、強く願いごとを思っているかどうかの、判断基準が3回だったのでしょうね。

どちらも諸説あるので、真意は分かりませんが、流れ星(流星群)がたくさん見られる日くらいは、テレビやスマホやパソコンを止めて、夜空を見上げて願いごとを言ってみるのも悪くなさそうです。

キシ
本当は夏の夜空よりも、空気が澄んでいる冬の夜空の方が、星がキレイに見えるんですよね。ただし、寒くて大変ですけどね。

流れ星が見られないときの対処法!

ノートとペン

本来なら、流れ星(流星群)を見て消える前に願いことを、3回言わないと叶わないのですが、なかなか流れ星(流星群)を見られるチャンスって多くないですよね。

そこで、自分が過去にやったことのある、天気が悪かったり、夜遅いから眠くて見られなかったりするときの、流れ星(流星群)に願いことを3回言う方法をご紹介します。

まず、家の中からどの方角で、流れ星(流星群)を見られるのかをチェックして、流れ星(流星群)が見られるだろう窓を決めてください。

あとは、そこに願いごとをコピー用紙などに3回書いて、あとは外からその願いごとが、見えるように窓に張って終わりです。

これなら、流れ星(流星群)に願いが見えるはず(神様に見えるはず)なので、きっと願いごとが叶うと思います。

かなりバカバカしい方法ですが、なぜ、流れ星(流星群)を見ると願いことが叶うのかを知れば、この方法がバカバカしいだけでは、片づけられないかもしれません。

では、なぜ人は流れ星(流星群)を見て、願いごとを言うと叶うのか?

先ほどの「神様が見てるいるから、願いごとを叶えていくれる」とは、ちょっと違いこちらの説は、かなり現実的なものです。

いろいろ調べると、確固たる理由はないのですが、一瞬しか見られない流れ星(流星群)に叶えたい願いごとを言うことで、願いを叶えようと努力する気持ちが芽生えるそうす。

いつ見られるか分からない流れ星(流星群)が、見られるときに願おうと思っているこは、相当に叶えたいことだから、流れ星(流星群)を見て願えば、自信にもつながって叶うのでしょう。

要は気持ちの問題なので、口で言っても紙に書いても効果は同じってことです(本当は神様が願いを叶えてくれると助かるんですけど)。

でも、これが正解なら、流れ星(流星群)に向かって「金、金、金」と言っても、効果は全くないってことですね。

これからは、下世話な願いごとを、流れ星(流星群)に言うのは止めようと思います。

今年の流れ星(流星群)には、もっと現実的な願いごとをして、実現できるように努力をします。

キシ
今年の願いごとは「逆流性食道炎が治りますよように」にする予定です。やはり健康が一番に大切ですからね。

追記.今度はオリオン座流星群!

なんと2016年の10月21日に、オリオン座流星群がピークを迎えるそうで、また流れ星(流星群)が見られるチャンスがやって来ました。

21日と22日には、九州と北海道で天気が良くないので、流れ星(流星群)を見るのはちょっと厳しそうですが、他の地域だったら大丈夫そうです。

方角は、東から東南東の空に見えて、1時間に10個くらいの流れ星が見られるでしょう。

流れ星(流星群)のピークは21日、22日ともに、午前2時から午前4時くらいだそうです。

完全に深夜の時間帯なので、起きて待っているよりも、目覚まし時計をセットして、寝てから起きた方が良いかもしれません。

自分も流れ星(流星群)を見たいのですが、さすがに午前2時から午前4時に起きるのは、かなりしんどそうなので、上記の紙に書く方法で願いことをしたいと思います。

たぶん、2016年に見られる流れ星(流星群)は、まだあるそうなのですが、観測する条件が整わないため、オリオン座流星群がラストチャンスみたいです。

ぜひ、10月21日と22日は深夜ですが、見られそうな人は、オリオン座流星群を楽しんでください。

もちろん、願いごとも忘れずに!

キシ
深夜の午前2時くらいから見られるそうなので、どうしても見た方は、寒さ対策を忘れないようにしてください。願いごとをするために、風邪をひいたら意味ないですからね。

まとめ

流れ星(流星群)が本当に願いごとを叶えてくれるなら、下世話でリアルな願いごとを言うのですが、そんな願いごとを、叶えてくれる訳はありませんよね。

でも、流れ星(流星群)に向かって願いを言うことで、自分が願いごとを意識するようになり、本当に叶うのなら、マジメに考えた願いごとを言おうと思います。

今日のような、たくさん流れ星(流星群)が見られるときに、夜空を見上げながら掛ける曲は「星に願いを」が良いと思うので、この曲を聴きながら、流れ星(流星群)に願いを込めましょう。

それとも坂本九さんの「見上げてごらん、夜空の星を」でしょうか?

今年がダメでも、来年があるので、毎年8月12日、13日は、夜空を見上げて、自分が叶えたい願いを星に込めてみてはいかがでしょうか?

キシ
自分の住んでいる田舎は、天気が良ければ見られそうですが、お盆が近くなると暴走族が頻繁に出没するので、雰囲気が台無しになってしまうかもしれません。
キシ
この記事はキシが担当しております。
★キシの担当記事一覧★

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - おもしろ