40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

失敗しない田舎探し!移住するなら10個の条件をクリアした地域だ!

      2018/08/26

田舎の青空

こんにちは。自分の田舎は、住民の人間性を除くと、移住するなら、最高の地域だと思っている、独身ブロガーのキシです。

自分の田舎は、地元住民の人間性を除くと、最高の田舎なので、移住を希望する人は、似たような地域を、探すのがベスト。

そこで、自分の田舎を参考に、失敗しない田舎探しのポイントを、10個ご紹介するので、移住の際は、ご活用ください。

ただし、住民の人間性は、住んでみないと、分からない部分だから、自己責任と言うことで、よろしくお願いします。

ご紹介する10個のポイントは、事前に分かることなので、ネットを利用して、移住したい田舎を、しっかり調べましょう。

都会から移住している人が多い!

田舎の青年

移住した田舎に、昔から住んでいる人が多いと、新参者と扱われて、肩身の狭い思いするから、注意が必要です。

実際に、自分の田舎では、移住してきた人を、陰で「どこの馬の骨ともわからない」と、言っていましたから。

しかし、移住した人が多い田舎だと、移住者のコミュニティがあるので、昔から住んでいる人と、距離が取れます。

偏屈な田舎の住人とは、付き合わない方が良いので、移住者たちが多い田舎を、ぜひ探してください。

キシ
田舎の住人は、とても閉鎖てきなので、仲良くなるのは、大変ですよ。

若い世代が少しぐらい住んでいる!

大抵の田舎は、高齢化社会が進んでおり、若い世代が少ないけど、少しぐらい住んでいないと、絶対にダメです。

若い世代がいないと、地域の行事などを、やらされる可能性があり、休日などは、扱き使われますよ。

しかし、若い世代が住んでいれば、一緒にできるから、大変なことであっても、乗り越えられるでしょう。

おまけに、若い世代はリベラルだから、古い田舎の体質を、変えるために、頑張ってくれるかもしれません。

キシ
年寄りが多い田舎は、絶対に止めましょう。扱き使われるだけですから。

1時間くらいで都会に行ける!

ガラガラの電車

都会暮らしが長いと、希望した田舎であっても、退屈に感じることが、ときどきは、あるかと思います。

そんなとき、都会へ近い田舎に住めば、すぐに遊びに行けるから、ド田舎ではない方が、良いでしょうね。

実際、自分の住む田舎も、都心へ1時間ぐらいで、普通に行けるから、田舎と都会を、同時に楽しるのが良い。

サラリーマンの方も、通勤時間を考えれば、1時間ぐらいが限度なので、遠すぎないことが、ポイントですね。

キシ
365日間、ずっと田舎は、さすがに退屈しちゃいますよ。

過去30年を振り返り大きな災害がない!

最近の日本は、大雨で各地に、被害が出ており、移住した田舎で、起きたら場合、死ぬかもしれません。

そこで、事前に移住したい田舎で、過去30年間を振り返り、大きな災害の有無を、調べることがポイント。

祖母の話では、「大きな災害は30年に1回ある」と、生前に言っており、これくらい振り返れば、大丈夫でしょう。

大きな災害がなければ、移住しても大丈夫だし、もしあれば、どんな対策を講じたのか、調べてください。

キシ
土砂崩れがあると、命も家もなくなるから、本当に怖いです。

整備された大きな河川が近くにある!

河川

あくまでも、自分の感想なのですが、田舎暮らしをするなら、山と川があるのは、マストだと思っています。

大抵の田舎は、山が見えるはずなので、あとは近くに、河川があれば、散歩や釣りを、楽しめるでしょう。

ただし、整備された河川ではないと、洪水のときに、氾濫の危険があるから、事前のチェックが必要。

整備された河川、前述の災害、どちらも問題がなければ、移住する環境として、かなり良い地域ですね。

キシ
近くの河川が、清流だったら、最高ですね。

最寄駅や家の近くにスーパーがある!

今は、ネットショッピングが主流なので、大抵の商品は手に入るけど、生鮮食料品などは、ちょっと違います。

肉・魚・野菜などは、普段から買えないと、食べものに不自由するから、駅や家の近くに、スーパーが欲しい。

特に田舎は、物流が悪い地域だと、物価が高くなり、生活が大変だから、スーパーがないと、かなり困るはず。

ド田舎なければ、駅の近くにスーパーが、意外とあり、実際に自分の田舎も、スーパーがあるから、とても便利です。

キシ
田舎は、意外と物価が高いので、スーパーの有無は、重要ですよ。

光回線でインターネットが使える!

パソコンを打つ男性

田舎暮らしでも、やはりインターネットは、不可欠な要素なので、光回線の有無は、移住の際に重要です。

最近は、テレワークで働く人も、徐々に増えており、インターネットがあれば、どんな田舎でも大丈夫。

しかし、光回線がないと、通信速度が遅いので、仕事に支障が出るから、事前に有無を、調べましょう。

ちなみに、ADSL回線だと、YouTubeのような、ストリーミング動画を見る際、とてもイライラしますよ。

キシ
ちなみに、我が家は、今でもADSL。遅すぎて、困ります。

伝統的な行事が存在していない!

一見すると、伝統的な行事がある田舎に、魅力を感じるかもしれませんが、実際にやるとなると、話は別です。

見ている分には、魅力的であっても、実際にやる場合は、下準備などがあり、仕事を休まなければなりません。

実際に、友人の地域は、平日の夜は練習、行事の前日は、仕事を休み準備、とても大変だと、言っていました。

社交的であれば、行事があっても、大丈夫でしょうが、そうではない人は、行事の有無も、事前に調べましょう。

キシ
伝統的な行事は、見るものであり、参加するものでは、ありませんよ。

暑さや寒さが極端ではない!

暑い季節

夏が暑く、冬が寒いのは、気候として、当たり前ではあるけど、暑すぎる、寒すぎる、これでは、住むのが大変。

暑すぎると、体調が悪くなるし、寒すぎると、病気の心配もあるから、極端な気候の田舎は、避けるべきです。

田舎の夏は、涼しいと思う人が、多い気がしますが、実際の田舎は、スゴい暑さだから、注意してください。

寒さの方は、大雪が降ると、交通網がマヒして、陸の孤島になるから、1年の気候を、調べた方が良いでしょうね。

キシ
自分の田舎は、猛暑にもなるし、大雪も降ります。最悪ですね。

ガソリンの価格があまり高くない!

基本的に田舎は、移動手段が車になり、頻繁に使うので、ガソリン代が、とても掛かるので、注意が必要です。

例えば、友人の家の場合、会社へ行くのも車、駅へ行くのも車、買い物へ行くもの車、すべて車がないと無理。

前に書いた通り、田舎は物価が高いので、家計を考えると、ガソリン代が安い地域を、選ぶべきでしょう。

ちなみに、自分の田舎だと、ガソリン代が高すぎるので、わざわざ遠くのスタンドまで、給油する人がいます。

キシ
我が家の場合は、駅に近いので、車がなくても大丈夫です。

新宿を起点にするとおすすめの田舎は?

新宿駅

仮に、新宿駅を起点にした場合、上記の条件を、多くクリアしそうなのは、東京郊外の八王子方面がおすすめ。

緑に囲まれた高尾の場合、新宿までは、中央線も京王線も約45分、おまけに、ほぼ始発だから、座って乗れます。

駅の周りは、栄えているけど、バスで北側へ移動すれば、徐々に緑が増えて、東京都は思えない環境ですよ。

最近は、安く古民家も、賃貸物件であるらしいから、遠い田舎ではなく、近くの田舎に移住するのは、どうでしょうか。

キシ
神奈川になるけど、隣の相模湖駅も、1時間圏内なので、おすすめです。

まとめ

不便を承知の上で、田舎暮らしをするなら、条件は必要ないけど、そうではないなら、どれも重要なポイント。

移住したあと、事の重大さに気づいても、今さら戻れないので、事前に10個の条件を、チェックしてください。

特に、最近は自然災害が、増えているので、住みたい地域の災害の有無を、30年ぐらいは、振り返るべきです。

ただし、すべての条件を、無事にクリアしても、住民の人間性は、どうにもならないので、最後は出たとこ勝負。

勝負に負けた場合は、仕方がないので、また都会へ舞い戻り、1からチェックして、良い田舎を見つけましょう。

キシ
自分の田舎も、住民がまともなら、おすすめしたいですね(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身スタイル