40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

思い出して!通っていた学校の校則(規則)が厳しくなかったですか?

      2016/08/07

スカート

夏の全国高校野球選手権の予選を見ていて、ふと高校生の頃を思い出したのですが、通っていた高校の校則(規則)が、理不尽とまでは言わないけど厳しかったこと。進学校でもなんでもない普通の高校が、なぜ、そこまで校則(規則)を、厳しくする必要があったのか?自分たち、か弱き子羊の生徒は、か弱き大人の代弁者の教師に言いなりだったのですが、みなさんの通っていた学校の校則(規則)は、自分の学校のように厳しかったですか?

どこにでもある普通の高校です。

校舎

自分が通っていたのは、山梨県にある普通の県立高校。

偏差値は、低い方から数えた方が早いレベルの学校だったのですが、生徒の80%以上は、大学や専門学校へ進学する高校でした。

ちなみに、自分は、母校の20%以下にあたる高校を卒業して、すぐに就職した生徒の一人です。

今は、どこの高校もブレザーが一般的でしょうが、当時の母校はまだ男子の生徒は学ランで、詰襟が苦しかったです。

そんな自分が高校生だった頃は、1990年の前半のまだ携帯電話なんてなかった時代で、たぶんポケベルはあったと思うのですが、持っている生徒を見たことがないので、たぶん校則(規則)で禁止されていたのでしょう。

今は、授業中に携帯電話(スマホ)を使わなければ、持ってくること自体は校則(規則)で禁止されていないみたいで、普通に携帯電話(スマホ)をしながら登校している母校の生徒を見掛けます。

さらに、自分が生徒だった頃は、茶髪は校則(規則)で禁止になっていたのに、女の子が茶髪で登校している姿を何度も見ているので、時代が変わったんですね。

自分たちが生徒だった頃よりも、確実に校則(規則)が緩くなっているのは、保護者からの反発があったのか、それとも生徒たちが反発したのか、どっちにしろ母校は校則(規則)の厳しい学校ではなくなったみたいです。

今、思い返してみると、なぜこんなに校則(規則)を厳しくして、生徒を縛るする必要があったのか、よく分りませんが、反発する生徒が少なかったのが不思議でなりません。

もちろん、自分も校則(規則)や教師に反発しない、従順な生徒の一人でしたけどね。

制服にとても厳しかった!

自分の通っていた高校では、男子の生徒の夏服は、学校の校章が入ったワイシャツしか着てはいけないと言う、意味が分らない校則(規則)がありました。

ワイシャツは、白い色のみ着用して良いなら理解はできるのですが、校章が入ったワイシャツだけと言うのがよく分らないし、女子の生徒は、白いワイシャツなら、校章が入っている必要はないんです。

それも、男子の生徒の校章が入ったワイシャツは、半袖しか作っていないので、半袖で寒い日は、風邪をひきそうになってしまいます。

そんな寒いときは、長袖の普通のワイシャツを着て登校したら、すぐに職員室へ行って「学校指定のワイシャツを着て来なかった届け」を提出する必要があります。

もし、学校の校章が入ったワイシャツを着ていないことがバレてしまうと、すぐに生徒指導室へ呼ばれます。

女子の生徒の場合は、確かスカートから膝が見えてしまうと校則(規則)違反になっていたと思うので、一番上にある画像のようなスカートの丈だったら、こちらもすぐに生徒指導室へ呼ばれます。

今の高校生なら、一番上の画像くらいスカートが短い女の子が普通なのかもしれませんが、自分が通っていた頃にこんな短いスカートの女子の生徒を見たことがありません。

基本的に、自分の母校は、なにか問題が起きたら、すぐに生徒指導室へ呼ばれるシステムになっています。

たぶん、職員室だと体罰をしたらバレてしまうので、密室の必要があったのでしょうね。

寝ぐせがあっても大丈夫!

次に厳しいと思ったのが、男子の生徒は、ムースやジェルやミストなどの整髪料を、髪の毛にを付けてはいけないことです。

ヒドい寝ぐせのボサボサ頭だと注意されるだけで済みますが、整髪料を付けいていた場合は、こちらもすぐに生徒指導室へ呼ばれます。

1回目は注意くらいで終わるのですが、何度も同じことで生徒指導室へ呼ばれると、その場で髪の毛を洗わされるそうです。

最悪のパターンは、バリカンで丸刈りになるのですが、そもそも何で生徒指導室にバリカンがあったのか、今でも不思議で仕方がありません。

寝ぐせで髪の毛がボサボサの男子の生徒より、整髪料で髪の毛を整えている男子の生徒が怒られるなんて、今考えるとちょっとおかしいですよね。

整髪料を使って身だしなみを整えることがダメって、社会人なったときに、真逆になるので、この校則(規則)は絶対に間違っていると思うのですが、こんな校則(規則)の高校って他にあるのでしょうか?

すぐに切って来い!

女子高生

整髪料ぐらいで、生徒指導室へ呼ばれてしまうわが母校なので当然ですが、髪形の校則(規則)もかなり厳しいです。

基本的に、前髪はすべて「オンザ眉毛」ならぬ「オンザ目」が決まりなのですが、前髪が目に掛かってしまうと、ド定番の生徒指導室へ呼ばれて、最悪の場合はその場で髪の毛を切られます。

それは、男子の生徒も女子の生徒も同じなのですが、もしこの画像のような女の子が当時の母校にいたら、登校してすぐに生徒指導室へ呼ばれますね(髪の毛も茶髪だし)。

なんで前髪にそこまで、こだわるのかが分らないのですが、確か勉強中に前髪が長いと集中できないからと言っていたような気がします。

でも、前髪が長かろうが短かろうが勉強する人は勉強するし、勉強しない人は勉強しないんですけど、当時の母校の教師は生徒と同じくらい頭が悪かったのでしょうね。

自分の母校は、基本的に一に見た目、二に見た目、三、四がなくて五に見え目の外見重視の校則(規則)です。

そんなに見た目が大切なのか?と思ってしまうくらい、制服や髪形を校則(規則)で縛っていたのですが、自分が知らない先輩方が相当にヤンチャだったのかもしれまんせんね。

そんな制服や髪形にとても厳しい学校のなのに、なぜか茶髪のパーマで、2学期の始業式に挑んだ同級生のチャレンジャーがいたのですが、教師に襟をつかまれて、そのまま体育館の後ろへ連れて行かれ、5人くらいの教師からボコボコにされていました。

母校では、ちょっとハメを外して校則(規則)を破るくらいなら、丸刈り程度で済ませてくるのですが、思いっきりハメを外すと、教師からフルボッコに遭うバイオレンスな高校でしたね。

その同級生のチャンレンジャーは、しばらく学校をお休みすることになり、久しぶりに見たときには、どこかの修行僧かと思うようなキレイな丸刈りになっていました。

それと、母校では、生徒が問題を起こすと、すぐ丸刈りにしてしまうので、昨日まで普通の髪形だった先輩や同級生が、急に丸刈りになっていると、なにか問題行動をしたのだとすぐ分かります。

校則(規則)ではないけれど・・・

母校には校則(規則)ではないのですが、不文律の先輩への伝統的なしきたりが、昔から何個かありました。

例えば、3年生は、最上階に教室があるのですが、その階には(フロア)には、1年生は絶対に行ってはいけないとか、1年生は廊下の真ん中を歩いてはいけないなどがあったと思います。

あとは、廊下で上級生にすれ違う際は、部活動の先輩であろうがなかろうが、絶対にあいさつをすること、そんな不文律のようなしきたりがあったはずです。

上級生へのあいさつの場合は、男子の生徒だけのしきたりだったと思いますが、部活動の先輩の場合は、男子でも女子でも直立不動で立ち止まって、上級生にあいさつをしないと、あとで先輩たちから痛いプレゼントが待っています。

自分たちが3年生になった頃は、こんな決まりがいつの間にかなくなってしまって、下級生たちは好き放題していたと思いますが、自分たちが1年生の頃の上級生は、どんなことがあっても逆らってはいけない人たちだったです。

ヘタをすると、教師よりも上級生の方が怖かったくらいですから。

高校を卒業して、20年以上が過ぎている今の時代には、こんな軍隊みたいな絶対服従の高校は、存在しないんでしょうね。

他の高校はどうだったのか?

高校生のカップル

田舎に住んでいると、同級生のほとんどが同じ高校へ行くので、あまり他の高校の校則(規則)って知らないんですけど、社会人になって付き合った女の子に、校則(規則)のことを聞いたことがあります。

その女の子は私立の女子校に通っていたのですが、男性と付き合うなんて当然にダメで、他の高校の男子の生徒と、通学途中に話をすることすら許されていなかったそうです。

さらには、持ち物検査でカバンを勝手に開けられて、男の子からのラブレター(今は書く人なんていないでしょうけど)が見つかっただけで、最悪の場合は親の呼び出しされるみたいです。

自分の母校は、共学だったので女子と付き合ってはダメなんて校則(規則)はなかったと思うのですが、女子校はとても厳しいところなんだと思いました。

ところが、そんな厳しい学校へ行っているのに、その女の子は付き合っていた彼氏がいたと言っていたので、ちょっと驚きました。

厳しい校則(規則)に、縛られれば縛られるほど、生徒は反発したくなってしまうのかもしれませんね。

まとめ

高校生の頃を思い出すと、そこそこ理不尽な校則(規則)に縛られていたんだと思うのですが、当時は反発をほとんどしなかったので、自分たちは従順な高校生だったのでしょう。

でも、今の世の中で当時の母校のような校則(規則)があったとしたら、反発をしてそこそこ理理不尽な校則(規則)は、すぐに変えられるのかもしれません。

それに、少子化で高校も生徒の取り合いをしていると思うので、ヒドい校則(規則)があっただけで学校の評判が落ちて入学したいと思う生徒が減るから、今はかなり校則(規則)も緩くなっていると思います。

ただ、アラフォーのおじさんから言わせてもらえるなら、自由とはルールがあった上で成立するものだから、学生時代に理不尽であろうとも、厳しい校則(規則)に縛られるのは、自由を学ぶ上で、勉強になると自分は思いますよ。

でも、今からもう一度、高校生時代に戻らされたら、今度は絶対に、校則(規則)や教師に反発する生徒になるでしょうけどね。

キシ
この記事はキシが担当しております。
★キシの担当記事一覧★

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身40代イズム