今なら4000万曲が3カ月99円で聴き放題!

マジで面白いサンドウィッチマンのネタ!5本のDVDから見つけたぞ!

DVDを見て笑う人 おもしろ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも。漫才やコントが好きなので、昔からお笑い番組を、よく見ている、プロ独身のキシ(@kishimax_999)です。

最近は、いろいろな芸人がいるけど、やはり一番に面白いのは、サンドウィッチマンで、漫才もコントも秀逸。

そこで今回は、サンドウィッチマンの面白いネタを、2012年から2016年のDVDの中から、厳選してご紹介します。

評価としては、面白いが○、普通が△、面白くないが×、この3つで評価するので、ぜひ参考にしてください。

最後に、一番に面白いネタと、おすすめの1本を、それぞれ発表するので、買うかレンタルしましょう。

※ちなみに、2011年以前のDVDもありますが、個人的な見解で、2012年以降に、限定しております。

スポンサーリンク

サンドウィッチマンライブツアー2012!

2012年に行われた、全国13公演のライブツアーの中から、東京公演をDVDにしており、ネタは漫才が2本、コントが4本、合計6本が見られます。

○コント(スポーツジム)

伊達ちゃんがジムに入会する人、富澤がジムの店員で始まるコント。つかみの「坂本一生ネタ」は、個人的に好きだけど、若い人は、知らないかな。このコントは、富澤のボケが、バンバン出て来るので、笑いが止まりません。あと「ホットドック割引券」は、最高に面白いです。

○漫才(救急車・家庭訪問)

冒頭は、ライブ定番である、小島さんイジリからスタート。その後、救急車のネタに入り、自分が好きなのは、「ダンシング谷村」。途中から、家庭訪問のネタに変わますが、時間が短かったので、まあり膨らまなかったけど、「赤の担任」は、かなり面白かったです。

×コント(泥棒)

富澤が泥棒で、伊達ちゃんを縛り、部屋を物色するコント。冒頭で、自分の名前と目立し帽子を、脱いじゃうところが、面白かった。オチは、伊達ちゃんが、女装癖の警官だったこと。個人的には、また見ようとは、思わないかな。このネタは、テレビでも見たことがないですね。

△コント(学習塾)

伊達ちゃんが塾の講師、富澤が回りくどい無職の生徒、塾を舞台にしたコント。ナイフのくだりは、バカバカしくて、笑えます。ちょくちょく、伊達ちゃんが、富澤の面倒な質問を、絶妙なタイミングで、無視するのが、良いですね。ただし、途中で中だるみ感があり、もう一歩だったかな。

×コント(いたわる男)

富澤がカメラマン、変な格好をしている通勤中の伊達ちゃん。このネタは、ハッキリ言って、面白くないから、飛ばして大丈夫。サンドイッチマンのDVDには、1本ぐらいこんな感じのネタがあり、実験的な感じがします。このネタで、一番にウケているのは、本人たちですね。

○漫才(寿司屋)

富澤が寿司屋、伊達ちゃんがお客さん、このネタは、かなりテレビでやっているから、見た人も多いはず。途中まで面白いけど、ウンコのネタは、ちょっと安易すぎるので、ここがダメな気がする。天然と洋食のくだりが、個人的に好き。できれば、もう少し長いバージョンが、見たいかな。

キシ
キシ

2つの漫才は、定番の面白さなので、見て損はありませんよ。

サンドウィッチマンライブツアー2013!

2013年に行われた、全国12公演のライブツアーの中から、北海道公演をDVDにしており、ネタは漫才が2本、コントが5本、合計7本が見られます。

△靴屋さん(コント)

富澤が靴屋の店員、伊達ちゃんがお客、接客するところから、ネタが始まります。相変わらず、富澤が面倒臭い。当店限定の靴の部分は、もう一つ盛り上がりに欠けてたかな。防臭スプレーの部分は、凄く好き。そのあとのオチも含めて。最後の方で、富澤の畳み掛けるボケが、面白いです。

○ヒーローインタビュー(漫才)

冒頭は、クマ牧場の話、次に小島さんイジリ。そのあと、ヒーローインタビューのネタに入り、伊達ちゃんが選手、アナウンサーが富澤。奥さんが、「ビールの売り子」は、凄く面白い。一言シリーズも好き。このネタは、テレビでも、何回かやっているので、見た人も多そうですね。

△キャディー(コント)

伊達ちゃんがキャディー、富澤が回りくどい無職の男、2012年の学習塾で、登場した人物と同じ。設定が変わったけど、ネタの感じは、学習塾に似ています。前回は「カニパン」だったが、今回は「アメリカンドック」。落ちも、ほぼ同じだから、前回のネタで十分でしょう。

○旅館(コント)

富澤が失礼な旅館の女将、伊達ちゃんがお客。いきなり始まる、富澤のボケが、凄く面白いです。「お茶」「ドッチボール」「しょんべんから夕食」も、かなり面白い。富澤のボケが、ほぼすべて笑えるから、何度でも見たいコント。落ちは、ちょっと弱かったけど、大好きなネタですね。

×女将の男(コント)

今度は、伊達ちゃんが女将で、富澤がお客。伊達ちゃんの頭が、出落ちになっているけど、あまり面白くない。終始、伊達ちゃんのキャラで、ウケを狙っているから、ハマらないと、ハッキリ言って、面白くありません。個人的にも、このネタは、1回だけで十分。オナラのネタは、しつこいかな。

△面接(コント)

伊達ちゃんが面接する人、富澤が刑務所から出所後に、面接を受ける人。設定が面白いけど、心の中の声を、出すのは好き嫌いがありそう。タバコの番号の部分は、凄く面白い。途中から、カミナリが登場して、心の声が被りすぎて、ネタに集中できないのが、ちょっとネックかも。

○保険屋さん(漫才)

富澤が保険屋、伊達ちゃんがお客さん。こんな失礼な保険屋がいたら、絶対に嫌だけど、見ている分には、凄く面白い。1分のお願いが、120秒に増える部分は、個人的に好き。最後の方は、時間の関係もあり、ボケの連発で面白いけど、できれば、もう少し長いネタで、見たかった。

キシ
キシ

最後の「保険屋」の漫才は、本当に面白いので、ぜひ見て欲しいです。

サンドウィッチマンライブツアー2014!

2014年に行われた、全国13公演のライブツアーの中から、北海道公演をDVDにしており、ネタは漫才が2本、コントが4本、合計6本が見られます。

△エステ(コント)

富澤がエステ店の店員、伊達ちゃんがお客さん。いつも通り、富澤がイラッとする店員役で、伊達ちゃんのボティをいじり、笑いを取ります。ネタとしては、大きな盛り上がりが、あまり存在しないので、クスクス程度が、限界でしょう。ドカンと来る笑いがあれば、○になったかな。

△歯医者(漫才)

冒頭で、お客さんをいじり。そのあとに、小島さんが登場。ネタは、富澤が歯医者、伊達ちゃんが患者。いつも通りの展開ですが、こちらも、大盛り上がりする部分は、特になかったので、ちょっと残念なネタかも。最後の落ちも、普通だったから、1回で十分かもしれません。

×パンダ(コント)

伊達ちゃんが動物園の園長、富澤が飼育員。お客さんが、パンダを見るために、動物園が大繁盛するコント。しかし、パンダが死んでおり、困惑する展開。ふざけた園長、マジメな飼育員、伊達ちゃんと富澤が、いつもと逆になっています。ネタとしては、あまり面白くないです。

○ストリートミュージシャン(コント)

伊達ちゃんがストリートミュージシャン、富澤が回りくどい無職の男。2012年と2013年に、それぞれ登場した男と同一人物。今回は、話の途中で、裂けるチーズを食べています。過去3回の中だと、今回のネタが、一番に面白い。トゥルースの部分は、F1ファンだと、大爆笑するでしょうね。

△哀川頂(コント)

伊達ちゃんが哀川頂、富澤がマネージャー。名前から分かる通り、伊達ちゃんが、哀川翔のモノマネをします。哀川頂が結婚のメッセージビデオを、マネージャーと撮影しながら、一悶着ある話。ハーフのタッキナルディで、笑えるかどうかが、ポイントですね。

○お礼の手紙(漫才)

伊達ちゃんが、富澤の子供の面倒を見たお礼に、書いた手紙を読むネタ。手紙には、幼稚園で覚えた昔話を、読むところから、本題に入ります。話は、桃太郎がベースで、いろいろな太郎が登場。始めは、盛り上がりに欠けるけど、ハブとマングースぐらいから、かなり盛り上がります。

キシ
キシ

個人的には、ストリートミュージシャンが、一番に面白かったです。

サンドウィッチマンライブツアー2015!

2015年に行われた、全国15公演のライブツアーの中から、北海道公演をDVDにしており、ネタは漫才が2本、コントが4本、合計6本が見られます。

○カラオケ(コント)

富澤がカラオケ店の店員、伊達ちゃんがお客さん。予想通り富澤が、面倒くさい店員になり、伊達ちゃんをイライラさせます。プロレスファンは、途中で出てくるミルマスカラスに、大爆笑でしょうね。「L→R」と「大江千里」で笑えれば、このコントの虜なので、大好きになると思いますよ。

○引越し(漫才)

まず冒頭の部分に出た、TKOの団扇が、まず面白い。その後は、いつも通り小島さんの登場。ネタは、伊達ちゃんの部屋の隣に、富澤が引越してきて、挨拶をするところから、始まります。個人的に、「ボンカレー」と「僕の息子」と「パイプオルガン」が、好きなので、ぜひ見て欲しいです。

△パソコン教室(コント)

富澤がパソコン教室の講師、伊達ちゃんが生徒。富澤が伊達ちゃんに、パソコンを教えながら、笑いが起きます。個人的に好きなのは、クリックが3回で、「ハットトリック」の部分。最後の落ちは、大爆笑じゃないけど、思わず「上手い!」と、言ってしまうでしょうね。

×小麦が香る男(コント)

富澤が冴えないサラリーマン、伊達ちゃんがパン屋。ネタとしては、伊達ちゃんのキャラで、笑いを取るストリーだから、キャラにハマらないと、全く笑えません。サンドウィッチマンの二人は、楽しそうだけど、自分はハマらなかったので、このコントを見るのは、もうないでしょうね。

△建築士(コント)

富澤が建築士、伊達ちゃんが施工主。建築士の富澤が、伊達ちゃんの家を建てるために、訪問するとこから、ネタが始まります。冒頭の「チクシ ケン」で、かなり引っ張りますが、ここが面白くないと、ダメかもしれませんね。後の部分は、普通に面白いけど、大爆笑まではなかったです。

×ラグビー(漫才)

サンドウィッチマンの二人が、高校時代にラグビー部なので、ルールの説明をしながら、ネタに入ります。冒頭に、「男塾」のネタが出るけど、マンガを見ていない人は、さっぱり分からないでしょう。ネタの時間も短く、話もあまり膨らまないので、ちょっと失敗な漫才に見えました。

キシ
キシ

前半の2本は、面白かっただけに、後半のネタが、ちょっと残念に感じました。

サンドウィッチマンライブツアー2016!

2016年に行われた、全16公演+東京特別公演のライブツアーの中から、北海道公演をDVDにしており、ネタは漫才が2本、コントが3本、合計5本が見られます。

△写真館(コント)

富澤が写真館のカメラマン、伊達ちゃんが写真を撮りに来た人。お見合い写真を、取りに来た伊達ちゃんが、カメラマンの富澤に、いじられまくるネタ。シャッターを切る間で、笑いを取れるのは、さすがと思わせます。あと、写真の例えツッコミは、本人を知らないと、笑えないかもしれません。

△洋服屋(漫才)

冒頭は、いつも通り小島さんの登場。サインは、かなり面白かった。ネタは、富澤が服屋の店員、伊達ちゃんがお客さん。「ワンショルダーのタンクトップ」と「1万800円飛んで」は、凄く好きです。全体に面白かったけど、ドカンとウケる部分が、あまりなかったので、そこが惜しいかな。

○蜂の巣駆除(コント)

富澤が蜂の駆除業者、伊達ちゃんが蜂の駆除を依頼した人。冒頭の会話から、富澤の面倒臭さが全開。伊達ちゃんを、プーさんと呼ぶのは、かなり面白い。ボンバーマンの部分は、自分が世代なので、めちゃくちゃ笑いました。最後の蜂を、駆除する場面は、ちょっと長すぎるかな。

○保育園(コント)

富澤が保育園の園長、伊達ちゃんが保育園を探す親。最初のイスの部分は、古典的だけど、やっぱり笑っちゃいます。あと、大事マンブラザーズバンドを、知っている人は、絶対に笑うでしょう。ネタの時間は、長めですが、全体的に、ジワジワと笑う場面が多く、全く気になりません。

○犬の散歩(漫才)

伊達ちゃんが犬の飼い主、富澤がその犬を可愛がる男。冒頭で、富澤の細かいボケが、さく裂します。個人的には、富澤が伊達ちゃんを、体でブロックするのが好き。あと、富澤が、要所で上手なことを、何度か言いますが、相変わらず、ウザい感じが、クセになる面白さですね。

キシ
キシ

このDVDの場合、漫才よりも、コントの方が、面白かったですね。

コントと漫才のネタでどれが一番に面白い?

コントのネタで、一番に面白かったのは、2014年の「ストリートミュージシャン」で。富澤のキャラに、やっとハマりました。

2012年と2013年のフリで、2014年が面白く感じるから、事前に「学習塾」と「キャディー」は、必ず見てください。

漫才のネタで、一番に面白かったのは、2013年の「ヒーローインタビュー」で、何回か見てるけど、その都度、笑います。

あと、一発目の漫才の前に、必ず小島さんの話があるけど、すべて面白い内容だから、飛ばさずに、見ましょうね。

キシ
キシ

おすすめのDVDは、やはり2012年から、順番に見るのが、良いでしょうね。

サンドウィッチマンのネタ「まとめ」

サンドウィッチマンは、漫才でもコントでも、凄く面白いから、テレビがつまらないとき、ぜひ見ましょう。

特に、気分が冴えないとき、落ち込んだとき、サンドウィッチマンのネタを見ると、元気が出るはずですよ。

自分の場合、ご紹介したDVDは、すべてゲオでレンタルしましたが、買うよりもお得なので、こちらがおすすめ。

特に、キャンペーン中だと、旧作なら1本50円なので、サンドウィッチマンのDVDを、たくさん借りられます。

2017年の最新作は、まだ見ていないので、レンタルが開始したら、そのうち追加するので、ご期待ください。

キシ
キシ

漫才もコントも、どちらも面白い芸人は、サンドウィッチマン以外に、存在しませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
おもしろ
面白かったらシェアをお願いします!
独身男のド定番