40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

後悔しない生き方の手順!ポイントは上から順番に行動すること!

      2017/08/28

忠告する男性

あのとき、ああすれば良かった。生きていれば何度も後悔してしまうだろうけど、まさか数え切れないほどの後悔はしていませんよね?

人生は思っているよりもはるかに短く、40代を過ぎると坂道を転がる石のように、人生が早く進んでしまうから後悔をしていてはダメ。

後悔をしていると、なにをしても不安になり、思うように前へ進めなくなるから、良いことなんて1つもないんです。

そこで今回は、1から5である後悔しない生き方の手順をご紹介するので、貴重な時間をムダにしないで過ごしましょう。

時間をムダにできるのは20代くらいで、40代を過ぎると時間は貴重だから、有意義な人生を過ごすためにも後悔はしないように。

やりたいと思ったことはすぐに行動へ移す!

一生懸命に働くサラリーマン

まず後悔しない生き方をするためには、自分がやりたいと思ったことを、できる限り多く行動へ移す必要があります。

あとで「あのときにやっていれば良かった・・・」なんて言っても、時と場合によっては間に合わないので、チャンスは今しかありません。

冒頭でも書いたように、人生は思っているほど長くはなく、あっと言う間に過ぎてしまうので、悩んでいる時間がもったいない。

転職や結婚などは、人生を左右するので、すぐに行動へ移さない方が良い場合もあるけど、それほど大ごとではなかったらすぐやりましょう。

もしかしたら、実行して後悔することもあるでしょうが、やらないで後悔するよりも、やって後悔した方が人生は楽しいに決まっています。

1つ目の後悔しない生き方は、思ったよりも人生は時間が短いので、やりたいと思ったらすぐに行動へ移すようにしてください。

後悔しない生き方1

やりたいと思ったことは、すぐに行動へ移すこと。人生は思ったよりも短いので、チャンスを逃すのはもったいない。

キシ
「そのうち」とか「明日」なんて言ってると、あっと言う間にチャンスは消えてしまいます。後悔しないためには、すぐ行動へ移しましょう。

自分の行動に間違いはないと自信を持つ!

元気な男性

やりたいと思ったことを行動した際に、もしかしたら自分がやったことが間違いだったかもと、後悔してしまう場合があるでしょう。

途中で不安になってしまう気持ちも分かるけど、その不安な気持ちがさらに不安を呼び、成功するはずのことが失敗してしまうことだってある。

アントニオ猪木が、「出る前に負けること考えるバカいるかよ!」と言っているように、やる前から不安になっていたら成功する訳がありません。

どんなことも、自信を持って行動すれば成功する可能性は高いけど、自信を持たないで行動すれば失敗する可能性の方が高いに決まっています。

仮に失敗してしまっても、「失敗は成功の母」と言われるように、失敗が成功へつながることもあるので、自分の行動に自信を持ちましょう。

2つ目の後悔しない生き方は、やりたいと思ったことは間違いではないから、不安にならず自信を持って行動することです。

後悔しない生き方2

自分の行動に自信を持たないと、成功することが失敗することもあるので、悪いことは考えないようにしましょう。

キシ
後悔しない生き方のためには、行動に自信を持つことが大切。不安になる気持ちも分けるけど、そんな気持ちでは、成功なんて望めませんからね。

不安な気持ちを思いっきり叫んで吹き飛ばす!

叫ぶ男性

自分の行動に間違いはないと思っても、人間は心の弱い生きものだから、途中で不安になってしまうこともあるでしょう。

仮に心の強い人間がいたとしても、長く生きていれば何回か不安になることもあるはずなので、後悔しない生き方として恥かしくはありません。

でも、不安な気持ちのままでは、せっかくの行動がムダになってしまうから、不安な気持ちを吐き出すために思いっきり叫んでください。

この方法は自分も何度かやったことがあり、近所へ聞こえるくらいの大きな声で、思いっきり「絶対に成功するぞ!」と言ったんです。

言葉に出してしまうと、さっきまでのあった後悔の気持ちがすべてではないけど、叫びと一緒に吹っ飛んだ気がしてとても楽になりました。

3つ目の後悔しない生き方は、不安になってしまうことは仕方がないので、その不安を吹き飛ばすために思いっきり叫ぶことです。

後悔しない生き方3

不安な気持ちになるのは、どんな強い人でも持ってしまうことなので、そんなときは前向きな言葉を叫び吹き飛ばしましょう。

キシ
不安な気持ちを持つなとは言いません。時には持った方が良いこともあります。でも、不安を抱えたままはダメなので、叫んで吹き飛ばしてください。

後悔をするのではなく反省をして次につなげる!

日記を書いている男性

不安な気持ちを、言葉と一緒に吹き飛ばすことができなかった場合、この辺りで普通に後悔をしてしまう可能性が高いでしょう。

仮に、行動へ移したことが失敗してしまったとしても、後悔しない生き方をするには、ここで反省をすることが重要です。

後悔とは、行動したことに対して悔やむことで、反省とは、行動したことに対して評価を下すことになり、似ているようでかなり違います。

ある意味で、後悔しない生き方の一番の秘訣がここにあり、後悔してくよくよするのか、それとも反省して次につなげるのか、ここが人生の分かれ道。

人生は後戻りができないので、悔やんでるよりも自らの行動に評価を下し次へつなげれば、またすぐに行動へ移せるでしょう。

4つ目の後悔しない生き方は、仮に失敗したりダメだったとしても、後悔をするのではなく反省をして次につなげることです。

後悔しない生き方4

反省をするときは、あとから読み返せるように、ノートやスマホのメモ帳へ書き込むことをおすすめします。特にスマホは、いつでも読み返せるので便利です。

キシ
後悔しそうな気持ちになったら、すぐに過去の反省を読み返して、軌道修正をした方が、やりたいことの成功へ近づくでしょう。

反省をしたら後ろを振り返らずあとは忘れる!

後ろ姿

無事に後悔をせず反省ができたら、あとは最後の手段として後ろを振り返えらずに、前だけを見て再び行動をすることです。

反省したことは覚えている必要があるけど、後悔しそうになったことは必要ないので、そちららすべて忘れてしまいましょう。

実際に、なかなか上手に忘れることができず、昔を思い出して後悔しそうになったときは、3つ目でご紹介した「叫ぶこと」をしてください。

思いっきり叫べば、大抵のことは忘れられるので、何度もやっていればいつの間にか、振り返ること自体を忘れてしまうかもしれません。

人生は、過去をしんみり振り返るときがいつか来るので、そんな日が来るまでは真剣に後ろを振り返ることは、あまり必要ないでしょう。

5つ目の後悔しない生き方は、しっかり反省をしたあとは、もう後ろを振り向くことをせず、前だけを見て行動することです。

後悔しない生き方5

終わってしまったことは、やり直すことができないので、後悔する気持ちが出て来ないように、後ろを振り返らず前を進んで歩きましょう。

キシ
後ろを振り返るときも人生には必要ですが、過度に振り返っていると前方不注意で転ぶこともあるから、ほどほどにしましょう。

番外編.後悔している気持ちを受け入れる!

つい最近、あるテレビ番組を見て思ったのが、後悔をしていない人って、実は強がりを言っているだけのような見えました。

本当は後悔しているけど、事実を言ってしまったら情けない人に思われてしまうので、自分の心にウソを言っている気がします。

ウソを付くよりも、後悔をしているときは素直に認めた方が、自分の本当の気持ちを言える、強い人に見られるのではないでしょうか。

自分の心を素直に言えば、後悔している理由も見えて来るだろうし、その後悔している気持ちを糧に前へ進めると思います。

後悔しないように、1番から5番を順番でやったとしても、後悔してしまう場合は、思い切って「後悔している」と言って大丈夫。

番外編の後悔しない生き方は、本当に後悔しているときは、自分の心にウソを付かず、素直に受け入れることです。

番外編

後悔を認めることは、強い人にしかできないので、全く恥かしくないから、素直に自分の気持ちを受け入れましょう。

キシ
以前、知人に人生相談をしたとき、「自分の気持ちを素直に言えるのは、心の強い人にしかできない」と言われました。

まとめ

今回ご紹介した後悔しない生き方の手順!ポイントは上から順番に行動すること!はどうでしたか?

途中で順番が変わってしまう場合もあるけど、基本的には1つ目から始まり5つ目まで行けば、人生で後悔することは減るはず。

この中で一番に重要なのは、1つ目の「やりたいと思ったことはすぐに行動へ移すこと」で、まずここから始めてください。

2つ目以降は該当したときにやれば、後悔しない生き方ができると思うので、悩んだり困ったりしたときに読み直しましょう。

あとは順番通りにやって行くと、後悔しないように生きられるはずなので、楽しい人生にするためにもおすすめです。

キシ
若い頃なら、後悔して良いかもしれませんが、歳を重ねると時間は貴重なので、後悔しない生き方をするようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身40代イズム