40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

楽天モバイルの最大のデメリットとは?半年以上使って分かった事!

      2018/10/15

楽天モバイル

CMやネット広告で、やたら見掛ける楽天モバイルだけど、実際のところは、メリットとデメリットのどっちが多いのでしょうか?

料金だけを見れば、他の格安SIMの会社と、変わらないので、別の観点からメリットとデメリットを、見つけました。

そこで今回は、楽天モバイルを半年以上も、使っている自分が、メリットとデメリットをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スマホには、データSIM(SMSあり・なし)と、音声通話SIMの3タイプがあり、今回はデータSIM(SMSなし)をメインにします。

楽天モバイルは、メリットの方が多そうに見えますが、大きいデメリットがあるので、正直に言っておすすめできません。

楽天モバイルのメリット!

格安SIMの会社は、たくさんありますが、自分が楽天モバイルを選んだ理由は、まず4つのメリットがあるからでした。

逆に言えば、この4つがなければ、楽天モバイルからスマホを購入して、契約をしようとは、思わなかったでしょう。

楽天モバイルを検討している人で、4つのメリットに、興味がなかったら、違う格安SIMの方が、良いかもしれません。

楽天モバイルはスマホを安く購入できる!

楽天モバイルの一番のメリットは、やはりスマホの本体を、他の格安SIMよりも、かなり安く購入できること。

自分が買ったのは「P9 lite」で、他の格安SIMよりも、5,000円くらい安く購入できたから、かなりのメリットでした。

ただし、ご承知の通り、Androidのスマホは安く購入できるけど、iPhoneは全く安くならないので、勘違いしないように。

楽天モバイルは高速データ通信のOFFができる!

スマホで、メールのチェックやSNSを見る程度だったら、高速データ通信のOFFがあると、データ量を抑えられます。

楽天モバイルのアプリで、高速データ通信のONとOFFができるから、通信容量を抑えられるのは、かなのメリット。

ただし、楽天モバイルの話だと、多少は高速通信のデータ量を消費するので、こちらも勘違いしないでください。

楽天モバイルはデータの繰り越しができる!

今は、どこの格安SIMでも行っている、翌月へのデータの繰り越しを、楽天モバイルも、問題なくできるのがメリット。

ヘビーユーザーの人なら、翌月までデータが残らないでしょうが、ライトユーザーで、3.1GBを契約している人なら問題なし。

自分の場合、先月の繰り越し分が2.3GBもあるので、データを繰り越してくれると、翌月に動画を、余裕で見られます。

楽天カードなら楽天ポイントをためられる!

楽天モバイルの料金を、楽天カードで支払うと、100円ごとに1ポイントがたまるので、楽天を使っている人はメリットです。

さらに、音声通話SIM限定だけど、ポイントが+1倍になるので、楽天で買い物を頻繁にするなら、楽天モバイルがおすすめ。

スマホを購入する際にも、楽天ポイントを使えるので、ポイントをたくさん持っている人は、楽天モバイルが良いでしょう。

キシ
この4つの中だったら、スマホを安く購入できたことが、一番のメリットでした。

スマホを買う場合はメリットとデメリットがある!

楽天モバイルは、スマホ本体を安く買えるメリットがあるけど、契約する内容によっては、デメリットがあるんです。

特に、音声通話SIMで契約した人には、最低利用期間が付いており、途中で解約すると、違約金が掛かかります。

ただし、通話SIMの最低利用期間は、他の格安SIMもあるから、楽天モバイルだけのデメリットではありません。

楽天モバイルと他社の最低利用期間(通話SIM)

格安SIM 最低利用期間 違約金
楽天モバイル 12カ月 9,800円
DMMモバイル 13カ月 9,000円
OCNモバイルONE 6カ月 8,000円
FREETEL なし なし
mineo なし なし

これにプラスして、音声通話SIMの場合、新しい格安SIMに変更すると、MNP転出料も掛かるから、デメリットです。

ちなみに、楽天モバイル、DMMモバイル、OCNモバイルONEは、3,000円のMNP転出料がかかります。

ただし、最低利用期間のないFREETELとmineoの場合は、ちょっと違います。

補足情報!
  • FREETELは、契約月に解約するとMNP転出料が15,000円で1カ月ごとに1,000円ずつ下がり、13カ月以降は2,000円。
  • mineoは、12カ月以内が12,420円で13カ月以降は2,160円。

データSIMの場合の最低利用期間

楽天モバイルのデータSIMのみの契約は、最低利用期間がないけど、スマホと一緒に契約するときに、最低利用期間があります。

キャンペーンなどによって、違いはありますが、たいだい6カ月くらいだから、最低でも半年は使いましょう。

スマホを買った場合、データSIMでも最低利用期間があるから、大きなデメリットではないけど、少し気になるかもね。

キシ
最低利用期間があると、途中で解約したくても、違約金が発生してしまうので、デメリットですね。

デメリットだった通信速度制限撤廃がなくなった!

以前の楽天モバイルは、3日間の通信速度制限を行っており、かなりのデメリットでした。

3日間で、一定のデータ通信をすると、通信速度制限に掛かり、高速通信をできないのが、最大のデメリットだったんです。

それが2017年の3月から、3日間の通信速度制限が撤廃されて、通信量を気にせず、データ通信ができます。

ライトユーザーの人だと、データの繰り越しがあっても、3日間の通信速度制限があるので、すべて消費できなかったでしょう。

3日間の通信速度制限が、なくなったことで、デメリットが1つなくなり、選ぶ人が増えたのかもしれませんが、実は違います。

楽天モバイルのユーザーなら、分かっているだろうけど、最大のデメリットが、通信速度制限ではありませんよね。

楽天モバイルの最大のデメリットが、改善されない限り、今後のユーザーは、増えないような気がします。

キシ
3日間の通信速度制限が、なくなったことで、楽天モバイルのデメリットが、1つ減りました。

楽天モバイルの一番のデメリット!

砂時計

楽天モバイルのユーザーなら、分かっているだろうけど、とにかく楽天モバイルは通信速度が、ビックリするくらい遅い。

自分のようなライトユーザーですら、通信速度が遅いと感じるので、ヘビーユーザーの人だったら、もっと遅いと思うはず。

遅いと感じるのは、自分が使う時間帯で、毎朝ではありませんが、ストレスを感じるくらい、遅いときがあるんです。

特に、Twitterで画像をアップするときは、画像を圧縮して150KBしているのに、アップしている途中で止まります。

Twitterの読み込みも、途中で止まるから、朝にスマホを頻繁に使いたい人は、かなりのストレスです。

もしかしたら、ベーシックプランを予定しているから、速度は気にしない人も、いるだろうけど、それはとても危険な考え。

ベーシックプランは、さらに速度が遅いので、例え1日にネットを見る回数が、数回だとしても、気になるレベルです。

キシ
とにかく楽天モバイルは、初めて使う自分でも、かなり遅いと感じました。

楽天モバイルはおすすめできる格安SIMか?

楽天モバイルは、本体と一緒に契約するなら、メリットだけど、使い慣れてくると、デメリットに感じます。

特に、大手3社のキャリアで契約していた人は、楽天モバイルに変えて、速度が気になるかもしれません。

速度の遅さを、気にしない人なら、楽天もバルで良いけど、速度を重視する人は、止めた方が良いでしょう。

ただし、スマホの本体を安く購入できるのが、楽天モバイルのメリットなので、最低利用期間だけ使うのもあり。

初めてのスマホだったら、メリットが大きいけど、キャリアからの乗り替えは、デメリットの方が大きいです。

結論!
  • 初めてのスマホで、本体と一緒に契約する場合は、楽天モバイルはメリットの方が大きい。
  • キャリアからの乗り替え、ヘビーユーザーの人は、楽天モバイルはデメリットの方が大きい。
キシ
本体を安く買えるのが、楽天モバイルのメリット。SIMだけの契約するなら、他社の方が良いかもね。

まとめ

今回ご紹介した楽天モバイルの最大のデメリットとは?半年以上使って分かった事!は、どうでしたか?

最初、通信速度は気にしなくて、良いと思ったけど、使い続けていると、気になるものだと、よく分かりました。

楽天モバイルは、初めてのスマホの人に向きであり、キャリア組やヘビーユーザーには、あまり向いていません。

スマホ本体を安く買い、最低利用期間が終わったら、他社へ乗り換えるのが、ベストではないでしょうか。

自分の場合は、最低利用期間が終わったので、他社の格安SIMに変更しようか、これから検討中します。

キシ
やはり、通信速度が遅いのは、ライトユーザーでも、スゴいデメリットに感じました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

生活の知恵