40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

雨の日に聴きたい名曲10選!こんなシチュエーションがよく似合う!

      2017/10/25

雨が降って傘を差している女性

1年のうちで、雨が降ることの多い梅雨や秋の長雨の季節を、みなさんは好きですか?それとも嫌いですか?

雨が好きな人も嫌いな人も、今回ご紹介する雨が降っているときに、ぜひ聴いて欲しいおすすめの10曲を聴くのはどうでしょうか?

この10曲を聴けば、雨が好きな人はもっと好きになり、雨が嫌いな人は好きになってしまうかも!

雨におすすめの曲は、主に1980年代後半から1990年代後半を中心にご紹介しますが、この時期に青春時代を過ごしていた人は、絶対に聴いたことがあるはずです。

今回は、雨の曲を聴く際にピッタリのシチュエーションも合わせてご紹介するので、その場面に遭遇したら聴いてください。

徳永英明の雨の名曲(1986年)

最初に、ご紹介する雨の季節におすすめな曲は、徳永英明さんが歌う『レイニーブルー』です。

『レイニーブルー』は、1986年1月に発売されたシングルで、徳永英明さんのデビュー曲としても有名ですが、これだけ有名なのにオリコン最高位は31位。

発売された直後よりも、徳永英明さんが有名になってから、世間に広まった曲なのかもしれませんね。

そんな『レイニーブルー』を聴く際のシチュエーションは、女の子にフラれたときに雨に打たれながら聴くと、ピッタリではないでしょうか。

キシ
『レイニーブルー』をカラオケの十八番にしている40代の人もいるのでは?ただし、かなり上手じゃないと難しい曲ですね。

松任谷由実の雨の名曲(1987年)

2曲目にご紹介するのは、ちょっとマニアックかもしれないけど、松任谷由実さんが歌う『霧雨で見えない』です。

この曲は、1987年に発売された松任谷由実さんの『ダイアモンドダストが消えぬまに』に収録されています。

自動車のCMソングで使われたので、タイトルは知らなくても、一度くらい『霧雨で見えない』を聴いたことがあるのでは?

そんな『霧雨で見えない』を聴く際のシチュエーションは、思い出にふけりながら、霧雨に打たれて聴くのがピッタリでしょう。

キシ
『霧雨で見えない』は、盛り上がる曲ではないけどしっとりとした曲なので、霧雨感が良く出ているのではないでしょうか。

X JAPANの雨の名曲(1989年)

3曲目にご紹介するのは、今回ご紹介する中で唯一のハードロック(もしくはヘヴィメタル)のカテゴリーになるであろうX JAPANの『ENDLESS RAIN』です。

『ENDLESS RAIN』は、1989年に発売されたX JAPAN(当時はX)の2枚目のシングル曲で、メンバーの奇抜な髪形に当時はかなり驚きました。

デビュー曲の『紅』の次に発売された『ENDLESS RAIN』ので、また激しい曲だと思ったら、しっとり聴かせる曲でまた驚かせてくれたX JAPAN。

そんな『ENDLESS RAIN』を聴く際のシチュエーションは、止むことなさそうな雨に濡れながら聴くのが似合いそうです。

キシ
X JAPANと言えば、ファンの人がいろいろな意味でスゴいから、ちょっと敬遠していたけど、良い曲がたくさんあったんですよね。

森高千里の雨の名曲(1990年)

4曲目にご紹介するのは、自分と同世代だったら雨に合う曲と聞かれて、真っ先に思い出すのが森高千里さんの『雨』ではなでしょうか。

森高千里さんの『雨』は、1990年9月に発売された11枚目のシングルで、アルバム『古今東西』にも収録されています。

初めて『雨』を聴いて、一瞬で森高千里さんのファンになってしまい、すぐに『古今東西』を購入してしまいました。

そんな『雨』を聴く際のシチュエーションは、冷たい雨と一緒に、過去の思い出を流し去りたいときがおすすめです。

キシ
森高千里さんは、アイドルでありながら、作詞の才能がスゴくありましたね。それに当時も可愛かったけど、今も可愛いのがさらにスゴいです。

ASKAの雨の名曲(1991年)

5曲目にご紹介するのは、いろいろと世間を騒がせてしまったASKAさんだけど、名曲の『はじまりはいつも雨』です。

『はじまりはいつも雨』は、1991年3月に発売されたASKAさんの3枚目のシングルで、CMで使われたことがきっかけで大ヒットしました。

ASKAさんが、この時代にお薬に手を出していたのか分からないけど、『はじまりはいつも雨』をまたいつかテレビで聴きたいですね。

そんな『はじまりはいつも雨』を聴く際のシチュエーションは、晴れやかな気分のときに、雨が止みそうな夜空を見ながら聴くのはどうでしょうか。

キシ
ASKAさんがやってしまったことはダメだけど、曲にはなんの罪もないので、以前と同じように聴けるようになると良いですね。

中西保志の雨の名曲(1992年)

6曲目にご紹介するのは、一発屋のイメージがあるけど、歌は抜群に良かった中西保志さんの『最後の雨』。

『最後の雨』は、1992年に発売された中西保志さんの3枚目のシングルで、オリコン順位は最高で16位だったけど、ロングヒットした代表曲でもあります。

実は、自分もシングル盤を持っていましたが、他にヒットした曲がなくて、一発屋のような歌手になってしまいました。

そんな『最後の雨』を聴く際のシチュエーションは、降られた彼女を思い出して、ドシャブリに濡れながら聴くのが似合うでしょう。

キシ
後にも先にも、中西保志さんには『最後の雨』しかないけど、この曲があるだけでもスゴいんだよね。カラオケで歌っている人も多そう。

小泉今日子の雨の名曲(1993年)

7曲目にご紹介するのは、今も昔もアイドル中のアイドル、キョンキョンこと小泉今日子さんの『優しい雨』。

『優しい雨』は、1993年2月にリリースした小泉今日子の34枚目のシングルで、作詞をキョンキョンがしていることでも有名。

キョンキョンは、歌が決して上手ではないけど『優しい雨』も含めて、名曲がたくさんある本物のアイドルではないでしょうか。

そんな『優しい雨』を聴く際のシチュエーションは、しとしとと雨が降る中、禁断の恋を思い出して聴くのが合いそうです。

キシ
キョンキョンは、本当に名曲が多いアイドルですね。記事の内容からちょっとズレてしまうけど、個人的にキョンキョンの曲では『怪盗ルビィ』がおすすめです。

Mr.Childrenの雨の名曲(1994年)

8曲目にご紹介するのは、今の若い人たちでも、聴いたことがあるかもしれないMr.Childrenの『雨のち晴れ』です。

『雨のち晴れ』は、1994年に発売されたMr.Childrenの4枚目のアルバム『Atomic Heart』に収録されています。

自分も『Atomic Heart』を持って聴いて、『雨のち晴れ』を聴くと、「狛江ってどこにあるんだろう?」とよく思っていました。

そんな『雨のち晴れ』を聴く際のシチュエーションは、最近ちょっとツイていないなぁと思ったときに、雨を見ながら聴くのがピッタリですね。

キシ
Mr.Childrenの4枚目のアルバム『Atomic Heart』は、ハズレの曲がない素晴らしいアルバムですね。たぶん40代にはマストのアルバムなのでは?

スピッツの雨の名曲(1995年)

9曲目にご紹介するのは、あまり有名な曲ではないけど、1970年代生まれだったら、聴いたことがるだろうスピッツの『あじさい通り』です。

『あじさい通り』は、1995年に発売されたスピッツの6枚目のアルバム『ハチミツ』に収録されていました。

アルバム『ハチミツ』は、スピッツの代表曲でもある『涙がキラリ☆』や『ロビンソン』も収録されていたので、自分と同世代なら持っている人も多そう。

そんな『あじさい通り』を聴く際のシチュエーションは、あじさいがキレイに咲く6月頃に、雨に濡れたあじさいを見ながらひっそりと聴くのが似合いますね。

キシ
スピッツのアルバム『ハチミツ』は、本当に良い曲があるので、若い人にもぜひおすすめしたい。40代の人なら、もちろん持っていますよね?

浜田省吾の雨の名曲(1997年)

10曲目の最後にご紹介するのは、かなりマニアックになってしまうけど、自分が大好きな浜田省吾さんの『雨のささやき』です。

『雨のささやき』は、もともと1977年に発売された2枚目のアルバムに収録されていますが、自分がおすすめなのは、1997年に発売された『初夏の頃』のバージョン。

古いバージョンの方は聴いたことがないけど、アレンジをしてセルフカバーをした『雨のささやき』の方が世代を問わずに聴けるでしょう。

そんな『雨のささやき』を聴く際のシチュエーションは、歌詞の内容にもある通り、好きな人のことを思い浮かべながら梅雨の6月頃に聴くのがベストです。

キシ
『初夏の頃』には、浜田省吾さんが20代に作った名曲をリメイクしているので、今の若い世代でも聴けるアルバムになっています。

まとめ

今回ご紹介した「雨の日に聴きたい名曲10選!こんなシチュエーションがよく似合う!」はどうでしたか?

おすすめの雨の曲は、1986年から1996年に掛けての曲だったので、この頃に青春時代だった人は最低でも1曲以上を知っているしCDを持っていたはずです。

雨が降っていると聴きたくなる名曲を聴けば、雨が恋しくなるかもしれないので、雨が嫌いな人は、ぜひスマホやiPodなどに入れて聴いてください。

個人的には、森高千里さんの『雨』とMr.Childrenの『雨のち晴れ』もおすすめだけど、あまり有名じゃない浜田省吾さんの『雨のささやき』もおすすめです。

キシ
今回ご紹介した曲を聴くと、雨が待ち遠しくなってしまうかもしれませんね。今度は、晴れの日にピッタリの曲をご紹介しようかな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍